FC2ブログ
post image
Read this post

一年前の話。

昨年12月23日。ニールペヤングの音楽仲間兄貴様宅へおじゃましにギターを積んで、車で160kmほどの距離を移動。ゴールデンレトリバーちゃん2頭の盛大な歓迎でソファに押し倒される幸せを知る。奥様(しぇんぱ〜い♪とお呼びすることにした。)のお心遣いにもカンゲキ!ご夫妻と楽しいひとときを過ごさせていただき、仲間入りを禁じられたゴールデンちゃんたちが悲しげな声で忍耐の限界を訴える頃、おいとま。まだ冬至の翌日、外はも...

post image
Read this post

若かりし母の日記や花菜漬

3月初めに中途のまま下書保存していた記事があった。年が改まる前に、upしてしまいます。**********この1年…1年とは、昨年3月からということになるけれど。そうなのだ。昨年1月に母が亡くなり、しばらくは平気だった。いきなり激しい悲しみに襲われるようになったのは3月に入って間もなくのこと。何をしていても、なんの前触れもなく、日々何度となく突如フラッシュバックする映像。それはことごとく、母をサイドシート...

post image
Read this post

あみあみおばば誕生

★ベビー小物1作目。昨年秋。知人のお孫さん3人目の初女子に、ベビーピンクのコットン糸で、スタイ。★2作目。自分のほぼマゴに。★3作目。友マゴくんに。子供の頃に会ったことのある友娘ちゃん、とっても喜んでくれて。入園式に着けてくれたそうです♪嬉しかった〜ありがとう!ちなみにこれ、ほぼマゴのいっちょまえな姿からヒントを得て作成しました。★4作目は、ほぼマゴにも3とほぼ同じフォーマル風スタイを。(画像なし)★5作目か...

post image
Read this post

日記買ふ戦火くぐりし女学生

母、加藤(旧姓)Y子。昭和4年、江東区深川生まれ。生家は電機店、父親は当時でいう電気技師。なかなか子宝に恵まれなかった両親は、男児を養子とした。すると間もなく授かったのが、Y子だった。さらに3年後、妹が生まれた。しかし、ほどなくして生母が病死。姉妹は、母親の顔も記憶に残らぬ幼さだった。その後継母を迎えるが、愛らしい妹ばかりが可愛がられたと聞いたことがある。母の人生を大きく変えることになった…という言い...

post image
Read this post

手始めの写真整理や雪もよひ

(「親を送る」カテゴリ追加しました。)母の写真整理に手をつけることもできぬうちに父も逝ってしまってさ。末っ子としては、兄や姉に分ける&デジタル保存して共有したい。と思いつつ。「整理」という段階までは、なかなか進まず。仕事と結婚の岐路にいた母の日記 "NURSE'S DIARY 1951" リライトは、Wordで縦書き文書に直し、注釈入れ、校正しました。きょうだい3人分を紙に出力して、鈴宿にもupしようかな。若かりし母の日記を読...

Read this post

スマホ用テンプレート設定しました

久々にテンプレートの衣替えしようと思ったら、大好きな作家さんが退会してしまったのか😱愛用してたテンプレ作品使えなくなってて、作家名も登録無くて…😭んで、初めての試みでスマホ用テンプレも設定してみました。カテゴリが見られるタイプにしてみた👍pc画面はpc用なので、別物です。大好きだった、赤飯さ〜〜〜んお世話になりました😭お元気で❣️...

post image
Read this post

父母や紫露草ふたつ咲く

7月4日、父がこの世を去りました。九十二歳、老衰。母より1年半遅れて、旅立ちました。この歳にして。両親ともこの世にもう居ないことの心細さ寂しさがじわじわと身に沁みてくる梅雨寒でありました。東京大空襲を生き延びて出逢った、父よ母よ。ありがとうございました。そして、おつかれさまでした。...

post image
Read this post

アフリカの雛菊抱くや土の色

平成最後の誕生日。黄色の花の明るさは格別☀️オステオスペルマム。別名、アフリカンデイジー。夕方になると、カップ状に少し閉じてきます。それを見ると、プリンが食べたくなるのです。画像、奥に写っている鉢は、昨年のアザレア。黄変した葉がありつつも、ピンクのつぼみをいくつもつけています✨ニールペヤング変わらぬ愛をありがとう⚠️なんてこった💦今年は2人の誕生日の元号が違うんだ‼️...

Read this post

1951年、母の或る一日。

3月23日 金曜日いよいよ今日はお別れ。長島の小父さんと荷作りに大変オフに急いでおべんとう作る。海苔巻の芯は、玉子焼とデンブと青い漬菜。それに玉子のおすし。きれいだ。折詰にしたとこは春の野のよう食べるに惜しい、眺めていたい。それでも充分出来た。小さく切って並べて三箱、包み紙もお箸も入れて、昨夕のすし折が早速役に立った。それからもう一箱は妹へ。八人で写眞とる。みんな落着かないで七時頃病院に別れを告げる。...

post image
Read this post

桜でんぶと薄焼き玉子

母もこの内裏雛を、とても愛でてくれていた。一昨年のこの季節に、母に宛てた私の手紙。春野の花の淡い絵柄の便箋に。母の日記帳の、最後一冊の後ろの方の頁に栞のように挟んであった。*******恋しきは母の太巻 雛飾る運動会や遠足のお弁当。その記憶は続く。9か月を過ごした懐かしの病院へ、信州へと、大切な仲間たちが一緒に行ってくれたあの日も。車の中で、ウマイウマイと大喜びで賑やかに皆で食べた、母の心尽しの巻...

post image
Read this post

空耳に母ことほぐやカランコエ

昨日夫が花鉢をたずさえて帰宅。おかげで忘れずに迎えた本日、結婚記念日。そして彼は、朝も早よからスネア背負ってバンドリハに出かけた。それで私は久々にPCでブログ更新する気になり、近況報告など。******なんといっても、これです。   母ロス、おそるべし。そういえば、母は毎年‥必ず、ではないけれど‥結婚○周年おめでとう!と、メールか手紙か電話をくれたっけ。それで思い出したという年も何度かあった。誰よりも...

post image
Read this post

はじめまして、新たな歌舞伎座。

ありがたくも、ニール本金ペヤングのお仕事絡みで頂いた五月大歌舞伎 夜の部 一等席チケット2枚。海老蔵さんも出ます。開場まで40分ほどあるので、地下の木挽町広場や5階ギャラリー回廊をふらつく。5階から屋根を眺める。顔出しパネル発見。顔出しすぎない程度に、藤娘になってみた。思わず母に画像送ろうとする。何かにつけ、その癖がいまだに抜けない。悲しいね。。。夕食のお弁当を買って、2階席へ。5列目。首を伸ばして花道の...

本田鈴雨(ホンダスズメ)
Page top