--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/03/10 (Thu) ぼちぼち1年。

この家に暮らすことの一番の楽しみを、
”庭作り”に見つけようと思って、此処に来た。
それからもうすぐ一年。

が。

庭、無理。
あきらめました。
夏の終わりには、心が折れた。

というわけで。
マンションのときよりももっとささやかな、
最小限の、私のベランダガーデン。
つまるところ。
リビングの私の定位置からマイ植物が見えれば、それでいいのだ。
とわかった。

20160310164858cc8.jpeg

黄ばみたる沈丁の香のやはらかし

こちらは開花早々の頃。お部屋でふと香る、しあわせ。
20160221001633ae8.jpeg

沈丁の下枝(しづえ)もらひて部屋に置き


で。先日の記事で触れました、リボベジ小松菜。
20160310164845099.jpeg
プランターに突き刺して水やってただけで、
こんな本格的になっちゃってさ。。

ヤバイ。奥の底には花芽が、、、
20160310164912349.jpeg
薹が立たぬうち引っこ抜いて食べたいような。
菜の花咲かせてみたいような。

間をとって、菜花にしてから食べようか、、、、


スポンサーサイト

ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/14 (Tue) 現住居の懸案事項2

ベランダから庭を見下ろす。

画像左側のもう少し先が、私道に面した東端。
niwa712_convert_20150713185627.jpg

右端の物置が、南西の角。
monooki712_convert_20150713185656.jpg

物置、、、というより、倉庫です、これ。
画像だとこじんまり見えるけど、実物やたらデカい。
6畳一間くらいある、、ウソウソ3畳かな。
それというのも、義父が鮨屋をやっていた頃の資材保管庫でしたから。
その資材もすでに整理処分されており、現在必要な道具・物品に混じって
本金の不要品あれこれが、とりあえず入れておかれたまま。
、、って、あーすみません私の要不要園芸用品も、です。

にしてもこの場所は、この庭で一等地!のはず。植物にとっては。
物置置くにはなんとももったいない、南側に日光を遮る物がないのです。
物置の手前までは、南に隣家の壁面が迫っており
境界際の細長い植栽スペースは、冬期にはほぼ日陰となります。

そのような事情の一方で、
私に伴ってここへ来た植物たちのほとんどは
晴れてこの地に根付くのを待って、待って、、待ち続け、、、
、、、、ている。いまだに。。

待ってる間に、あれもこれも弱ったり瀕死になったりしてるんですよね。
で、助けるためにベランダへ上げてケアするしかないものが次々出て、
結局またもやベランダガーデン主体か!?
ってそんな調子では、いずれベランダの床が抜けるんではという心配も。
それらの鉢は、ベランダ西半分のLDK側に集中。

beranda712nisiue_convert_20150713185822.jpg

既存の物干竿受けが超〜高位置で、私にはかろうじて
ハンガーを引っ掛けられるだけの高さなのです。
そのため、寝室側の東半分(画像手前)に置き型の物干を設置。
この付近は足元確保のため、鉢はあまり置けません。

うーーーん。
2台分ある駐車スペースが芝生でなければ、半分植栽しちゃうのにな。。
・・というのはあくまでも私の心の中のつぶやきだけど。

物置を撤去(替わりに手頃な大きさのを、北側の裏庭に設置)したら
その一等地には、以下の皆さんを・・・
今年健気にも死にそうに弱々しく開花を経た
クレマチス2鉢、ヒメクチナシ、ルリマツリ、ニオイバンマツリ。
今年は咲けなかった墨田の花火ほかアジサイ4鉢。

みんな!植えてあげるから、どうかどうか、もう少し持ちこたえてね。

本金さん、梅雨明けたらどうか早いとこ頼みますよ!お願いね!!

ただし。地植で巨大化しては困るジャカランダとネムノキは、
この先もずっと、ドデカ鉢で生きてってもらうことになります。
ごめんね。。

ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(0) |


2015/07/10 (Fri) 梅雨晴や夫の誕生日を忘れ

本金ぽん、誕生日おめでとう!
私の歳に追いつきましたな。ふっふ。

って、本金が仕事の打ち合わせで出かけてから気がついて、アセった。。
ごめんねごめんねー(U字工事調で)
昨夜午前零時に言いたかったのに、本人爆睡だったんだもん。

ちなみに、もはや腹ぽんのおっさんなので、敬称は「ぽん」だぞ。

プレゼントは、このビオトープ。ということで。
suirenbati712_convert_20150713185546.jpg
先月メダカを10匹入れたけれど、降り続く雨で水質が悪化したせいか?
数日前に6つの骸を回収。。(作業は本金)
しかし生存確認できているのは1匹、、、数が合いません。。。

梅雨でダメになったのは、メダカにとどまらず。
睡蓮鉢の手前に映ってるクリスマスローズも、生死不明の現況。うう。。

まあそんなかんじですが、私のガーデニング魂(ってほどでもない;)は
旧住居にてフル活動時代の70%くらいのレベルで、なんとか保持中?

南向きの細長〜いベランダ
画像奥、ベランダ東端に置いてあるパキラとジャスミン・ホワイトプリンセス。

蔓ものすくすく成長中
ジャスミン系あれこれと、今年2度目の開花中ハニーサックル。

ベランダ目隠し
西端でも、ホワイトプリンセスがいいかんじに茂ってきてます。

yasai_convert_20150710163504.jpg
苗で植えた青じそ。2〜3枚を3回ほど、もう収穫してます。便利。
手前の挿し木は、モロヘイヤ(葉っぱを食べた残りの茎)と羽衣ジャスミン。
卵パックで発芽中のは、バジルとイタリアンパセリ。


・・・ひとまずこれにて。
ガーデニング話、次回へつづく。

ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(0) |


2011/11/17 (Thu) 指がみどりになってきた

ikanaide.jpg



指が6本あるのは、うちのイモたん・ヒデの片手です。



pakiraup.jpg


でもこれは、パキラの葉っぱのあかちゃんでした~!


pakira.jpg


おとなの葉っぱはこんなに巨大。(ちなみに、左手前の物体も葉っぱです。)

ほんの数日で、いっちょまえの若葉に成長してしまうのがすごい。




**************************************




11月の庭1

秋の朝。私の庭。



aoitori.jpg

青い鳥も来ています。



katasumi.jpg

片隅にも朝日はやってきます。



hyukera.jpg

ヒューケラと、ジャスミン・ホワイトプリンセス、ヘデラの寄せ植え。


habotan.jpg

↑葉牡丹(とってもかわいいミニサイズ♪気温が上がったら紫色が褪せてしまった。。)
  &
↓野牡丹。

nobotan.jpg

ノボタン・コートダジュール。
本当は、日本の 紫紺野牡丹 が欲しかったんだけど、なかなか見つからず。




そして秋の昼。

晩秋だというのに、私の庭はいまだわさわさ。。なんとなく黄ばんでいるのが秋らしい?

akinohiru.jpg


hsgt.jpg

ちょっとわかりにくいですが、
今頃またハニーサックル(グラハム・トーマス)返り咲いてるし。


matoru.jpg
あまり繁ってくれないマートル(銀梅花)ですが、
春にたくさん開花して黒い実だけは、たわわ。

よくわからないのでフラッシュ撮影。
matoruf.jpg



巨大でんでんむしも、下の方でじっとしているよ。

dendenmusi.jpg





趣味は何かと訊かれたら、

ガーデニング!と答えよう。




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2011/05/18 (Wed) 一番花

tokeisou1.jpg

春が近づいても去年の蔓がほとんどつるっぱげのまま、どうなってしまうのか!?と、

トケイソウおまへの気持ちがわからぬよ

てな気分でいましたが、つるっぱげ部分をかなり残しながらも、つぼみ続々出て、
今朝一番花が咲きました。

挿し木で増えたやつらも、草丈は小さいながら皆いっちょまえにつぼみつけてます。



ごぶさたしておりました。
みなさまお元気でお過ごしでしたでしょうか。

私は・・・

3.11ショックからずるずると、ブログ書く気持ちにならなくて。

元気なんですけどね。

ともあれ更新する気になったということは、元気がいよいよ本物だということでしょう。



これからぼちぼち、以下の記事upしてまいります。

●俳句

●おおつか音楽祭 (今年のおおつか音楽祭、とても楽しかったんです♪)

●私の庭


で、夕方になるとこんな不思議なかんじになる、白花の紫露草。

       紫露草‐夕方の白花




ではまた。



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2010/09/15 (Wed) 朝顔の藍の深さやこぼれ種

P9142163up.jpg

秋の光になりました。
それは、5月から一日も休まず開花し続けている合歓の花にも、ご褒美のように。


P9142163-474.jpg



今年はベランダリニューアルで、朝顔はお休みしたのですが。

P9142156a.jpg

こぼれ種から出た芽をそのままにしていたら、つぼみがついて。
絡む範囲が限られているので、蔓は適宜切り詰めていたら、立派な開花。 

つぼみが赤紫だったので、濃ピンクの花(ちょいがっかり;)だと思い込んでいたら。
恋しい恋しい、あさみブルー。

初日(一昨日)に4つ。2日目も4つ。今日も4つ咲きました。
画像は昨日の花のうち、こちら方向に咲いたもの。



朝顔が咲いたプランターは、給湯タンクから向こう半分のベランダエリア。
物干し場があるので、鉢やプランターはできるだけ置かないことにしてたのに。

P9142164a.jpg

実は、西側ベランダでちょこっと野菜でもできればなぁ・・と思い
種子から育てたモロヘイヤを3本、深めのプラ鉢で育てていたのですが。

周辺に遮るものがない7階。南北を吹き抜ける風の強さは、半端じゃなくて。
一番丈夫に成長してそこそこ太くなっていた1本が、ある日根元からポッキリ折れました。

残った2鉢を南側に移動すると、少しですが収穫できるまでになりました。
おひたしにするほどではないけど、汁物に入れる程度にはじゅうぶんな量。色も濃いです。

さらに、バジルの4本立てが2鉢加わり、ほかにロニセラの鉢と時計草の挿し木苗の鉢。
朝顔出現のプランターには、蔓日々草とワイヤープランツが、もさもさわさわさ増殖中。

まあそもそも、物干し場に鉢を置きたくなかったのは、土が飛ぶからでした。
でも飛ばない土に統一したのと、プランターはもう土が見えないほど繁茂したので、OKさ。



そうそう、時計草の水挿し、発根率は80%くらいか?
もー、時計草屋さん始めたくなっちゃうくらいですわ。

で、親株からはいまだにいくつも新しい芽が伸びてます。
そのうちの1本が。

P9062136a.jpg
網戸に絡むヤツまで出現。。。(それより網戸掃除しろよ。って話かな。。)

この数日後、うっかり網戸を開けてしまったので、誘引してあげました。



時計草とは、まことにおばかなやつよのう。そこがかわいいんじゃがな。




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(2) |


2010/08/21 (Sat) 覗かれて冷房切りぬ時計草

それは7月初めのある日。

某ホームセンターで宿根草を物色中、強烈な視線を感じて振り向くと・・・

P7071967a.jpg


ぎょぎょっ;
おたくさんは、ひょっとして、、めだまおやじ。。。


それは、支柱に収まりきらない蔓をぎゅうぎゅうに巻かれている、時計草の鉢。
ちょっと花どきを過ぎたらしく、なんと680円(だったかな)に値下げされてます。
でも2つ咲いてるし、まだまだつぼみもたくさんついている。

こ、これは。
あ、あれだ。。

ペットショップで仔犬ちゃんと目が合ってしまった。という、アレ。。。


時計草はシェードガーデンの人気者らしいので、欲しい気はしてたのよね。
でもあの花って、、どうよ。。。
と、昔の私なら、ちょいグロなあの花を庭に欲しいとは思わなかった。
しかし歳を取ると、味のあるものに魅かれるものらしい。

ま、なによりお買い得だったしね。


帰宅した夕方さっそく、たっぷりめの7号鉢に植えつける。
もちろん蔓をほどいてね。。

いやはやその蔓の、長いこと長いこと。
それも、あっちもこっちも束ねるように巻かれてるから、すごいこんがらかりよう。。
ホームセンターの扱いじゃ、こんなもんか。。かわいそうに。。。

ずいぶん日が長い頃であるにもかかわらず、作業完了したら夜でした。
2時間かかっておりますた。。。


支柱には、ハニーサックル用に設置してあったワイヤートレリスを
とりあえず一つ壁際に持ってきて、こんなかんじに。
P7071962a.jpg

先日の記事と同じ画像ですが、これが4週間経過時点。(右端がトケイソウです)
P7302000a.jpg


8月17日の様子。
蔓がぐんぐん伸びて、つぼみも3つ育ってます。
P8172079.jpg
このうち二つは、一昨日・昨日と開花しました。



それと、何週間か前に、手入れ中誤って剪ってしまった部分。
つぼみごと切り落としちゃったのがもったいなくて、水に挿しておきました。
P8072034.jpg

結局つぼみは開くこともなく枯れてしまいましたが・・・

P8172074.jpg
1本伸び始めていた根が、いつの間にか2本になったと思ったら・・・

3日でさらにこんなんなってた。
P8202087.jpg

ううう。土に植えてやらねば。
無事苗に育ったら、欲しい方お申し出くださいな。。



にしても時計草の生命力、おそるべし。

P7302013a.jpg


あちこちから新芽を伸ばして、そこにどんどん花芽がついて。
きみはいったいどこまで行くの?


そんなこの子の、一日限りの花の横顔。

P7071972a.jpg


やっぱ相当変だよね。。。。。



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(3) |


2010/08/18 (Wed) 吸へよとや蕊ふるはせてすひかづら

P8122059.jpg

これは先週木曜日の夕焼け。茜に垂れ下がる仙人の髭。




ごぶさたしておりました。

本金の盆休みが終わってみると、どうも太ったような気がする
ベランダガーデナーすずぼんでございます。

みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。

ついに東京も38℃を体験ですね。
せっかくの5日間の休暇も、猛暑と渋滞忌避で遠出せず。
来客と実家行きのほかは室内で、二人静(ふたりしづか)。


さて私はといえば、あれから3ヵ月。
日々土にまみれ汗を流し、黙々とガーデナー修行を積み。
このたび晴れて、ベランダガーデナー宿根草部門初段免許を取得。(んなもんあるかいな) 


ベランダ緑化を思い立った5月そして6月は、ちょうど植物の植え替えに適した季節。
毎日1~2鉢と無理しない程度に土いじりをするうちに、
少しずつだけれど庭づくりができるほどの体力を得たのでした。

(ただし、重たい鉢を運ぶなど力仕事を欲張ると肘に痛みが出て、
 調子に乗りすぎたことに気づき、自重。・・・の繰り返し。。。)

そのかわりweb活動する余裕は全くなくなり(ごめんなさい!)、しかしそのぶん、
夜は疲れて寝つきが良くなりました。(といっても就寝時間は相変わらず午前1時ですが;)

そして気づいたのは、ガーデニングは無心になれるということ。

一度抱えてしまった大きな悲しみは、たぶん時間とともに僅かずつ遠ざかるのでしょう。
けれど、深さ大きさはそのままに、、薄らぐことは決してなく。
何を見ても何に触れても、、、日々自分の一番大切な愛する人に支えられていながらも、、、
日常の中で見るもの・思うことすべてに、どうしようもなく、悲しみの片鱗は宿っていて。

それが。
我が家の小さな庭のことを考えているとき、草木や土に触れているとき、だけは
悲しみはひとかけらも私にやって来なかった。


・・・と、
夢中で私なりの庭づくりをした、3か月でした。
とはいえ、先々のメンテナンスを含めいろいろな面で限界のある、マンションのベランダ。
第二次緑化プロジェクト(笑)は、ひとまずここまで。



P8172081.jpg

現在は、瑠璃茉莉が花盛り。



こちらは少し前の様子。

P7302000a.jpg

P7302016a.jpg



以下、撮り溜めたたくさんの画像からいくつかを。



ブラックベリーも植えてみました。
エコキュートの給水タンクの側面に本金がきっちり取り付けてくれたラティスに、誘引。

P7251987.jpg

黒く完熟した実は、ほとんどがNくん(階下のKさんちのイケメン2歳児)のお腹に。

                    P7251984.jpg

収穫後、今年の蔓は根元から切り去りました。来年伸びるシュートだけ残して。



5月からずっと花咲き芽吹き続けて繁茂した合歓の木にも、絹さや生っちゃうし。。
味噌汁に入れようかと。(うそですから)

P8072054.jpg

                            P8072055.jpg



あーそういえば、6月に夏ぐみも食べたんだった。

P6101869a.jpg

熟すまで残ったのは7つ。渋くて甘酸っぱい、懐かしい味。

                 P6101863a.jpg


そうそう、睡蓮鉢も5月は美しかった。

P5171663a.jpg


そうそう、山紫陽花も美しかった。

P6171893a.jpg

             P6171902a.jpg




・・・とこんなかんじで、南のベランダは表の庭。

蔓ものを主体とした緑化に、ほぼ成功したかしら。

脇役ながら、去年苗を購入した初雪蔓
ワイヤープランツ(父の日に贈る花の鉢を選んだついでに買った、80円の苗。)が
しっかり増えて大活躍。


大好きなハニーサックル(ロニセラ/忍冬=すいかずら=吸蔓)は、3種植えてしまった。

よく見かける日本原産種のほかには、ロニセラ・セロチナとロニセラ・グラハムトーマス。
いずれも芳香種ですが、セロチナは蔓ばかり繁って花が付かず。
グラハムトーマスはよく咲いたけれど、夕方~夜以外は香りが全然ない。

やっぱり香りが最高なのは、このロニセラ・ジャポニカ(すいかずら)。

P6021821a.jpg

ああ初々しかったこの頃が、懐かしい。。P6021828a.jpg
P6021833a.jpg

7月初旬を最後に、花を付けぬまま。。さびすぃ。。。


ほか、ホスタヒューケラゼラニウム(ペラルゴニウム・シドイデス)、
アイビー類(ヘデラなど)やグラス類(ミスキャンタス黒竜)、シダ類など、
耐陰性があって虫と病気に強いものを、いろいろ。


とか言いながら、寄せ植えの彩りに一年草も三つ四つ、、、

予定外に、紫陽花数種ももらってしまった。(来年咲いたら画像up予定)


さらに。
北側を「裏庭」としたくて、南側で不要になった花台とウッドプランターを設置。
最初に植えたのは、姉の裏庭から掘ってもらった紫蘭
ついでに、抜かれて打ち捨てられていたドクダミシダ(種類不明)も。
(義兄に「そんな雑草欲しいなんて」と笑われた。。。)
夏ぐみの鉢も、アブラムシ発生の時点で、北側に移動。。(隔離ともいう。。。)



いやぁしかし。

北側は日陰とばかり思い込んでいたら、けっこう西日が当たります。





それに、、、




今年もまたが吹き溜まり始めておりまする。。



すでに3匹、ここで最期を迎えましたのじゃ。。。





            ・・・・・・・(-人-)・・・・・・・・・・・・




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(4) |


2010/05/12 (Wed) 合歓の葉のそくばくふはりうしろから

といっても、ベランダの合歓の木はやっと葉が広がり始めたところ。
かわりに、こちら。



        P5051577.jpg


ジャカランダ。

亜熱帯では街路樹になっていて、紫の花盛りの大木は、本当にみごとなようです。

日本では観葉植物として売られています。

これ、やっとオットに買ってもらったバースデイプレゼント

   P5051582.jpg葉の美しさに一目惚れ。

でもまだ環境に慣れないのか、葉がいつも垂れ気味です。。だいじょうぶだろうか。。。




こちらは、ホワイトデーの(だったのかしら?)水草寄せ植え。

     P5121631.jpg


花も咲いていたので、水上葉のまま水に入れず育ててます。
いまだに細々と咲き続けて、なんて健気なんでしょ。。。

    P5121634.jpg


ちなみに、一緒に購入したオットセレクトの方は、水槽用。
光量不足か、すでに終末の気配濃いかも・・・・・・・・・・・・(画像ナシ!)




昨年結婚記念日のハイドロカルチャー寄せ植え。

冬場は元気がなくて心配でしたが、春になったらとたんに新芽が出て色艶よくなりました。

       P5121641.jpg





草花が元気になると、人間も元気になるって、すごいことじゃのう。






とか言ってる間に、今日から交流戦じゃよ!!!!!





ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(2) |


2010/05/12 (Wed) ありえないことも過去へと青嵐

お元気ですか そして今でも
読んでいるといって下さいますか



・・・・

おひさしぶりです

4月にちょっと体調がおかしくて、静かにしておりました。

それが、人工関節の関節ばかり3箇所が関節痛で、すわ感染か
最悪、抜去か

と、一時は戦々恐々の日々。。っていうのはほんの5日間ほどだけど
しかしそれがおさまってからも膝の調子が悪くて、エンブレルの間隔を5日ほどに詰めました。

こりゃあ5月の診察日には、エンブレル月8回&リウマトレックス再開・・ってことになるかな・・・
と予想。。

さらに、3月に久々ハメはずして飲んだら引いた風邪をずっとひきずってる本金の風邪、
ついに私もおすそわけにあずかっちまったし。


そんなわけで、頭痛や目の疲れを避けてPCから遠ざかっていたら(読書はそこそこ;)
すっかりweb活動意欲も萎えきってしまい、肌で感じる世界だけに生きたくなったりして。

mixi退会してブログも閉鎖しちゃおうかしら。

な~んて考えちゃったのであった。



でも、やめるのやめました。

それはたぶん・・・




P4241557.jpg
(夏ぐみ開花。)


                    P4241560.jpg
(元は、ここに引っ越した当初父がくれた鉢植えでした。だから、このベランダで最初の花。
 今年も、あちこちの鉢に飛んだ種子から咲きました。)


P4191549.jpg
(まるでニオイバンマツリの下草状態。。そういえばこれ、名前きいてなかったな。。。)






私の小さな庭にも、草木の芽が萌えいで花が咲きだしてくれたから。





勝手に寄せ植えができておった。。
(沈丁花の挿し木の鉢)     P5051568.jpg




ハゴロモジャスミンも無事(なのか、、?)花は咲いてくれたけれど・・・
P5111613.jpg
去年の葉は全部落ちて、新しい葉がほとんど出てないんですけど。。。うう。。。。
とりあえず花が終わったら、植え替えます。





あ、それで。
連休後にはすっかり体調回復しました。

7日の診察日に出されたのは、いつもどおりエンブレル4筒(4週分)で。
よかったよかった。







   
     夏 立 つ や 泣 か ぬ 日 ひ と つ 戻 り 来 ぬ    鈴雨






ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(6) |


2009/08/18 (Tue) ごぶさたでした。

なんということでしょう。

歌会のことも書かぬまま、盆休みもあっという間に終了。

朝夕には秋の気配も。



・・・盆休み前の画像でしつれいしますだ。


2009y08m11d_212953306.jpg
やっと濃いピンクが咲いて、3色揃いました。


2009y08m11d_212855573.jpg
でも花はみんな向こう側に。。というのは当たり前ですが。。。ちょとサビシイ。。。。


2009y08m11d_213055326.jpg
天井では混乱が起きてしまい。。本日現在はさらに悲惨な状況になっております。。。
来年はこのへんを改善しなければ。



切花mixのプランターにも花がいろいろ咲きまして。


2009y08m18d_200314731.jpg
トイレに飾っている、この超丈夫なかれら。キク科というかキンセンカ系?(名称不明)
画像ではわかりませんが、赤~ピンクの色が強烈で、トイレ入るたびにちょっと引く。。。


その頑強なかれらに押しのけられて、こちらは発育不良。。
2009y08m11d_212753855.jpg
それでもほそぼそと咲いた草花を、なんとか切花に。(小さなヤグルマギクもあり)

サルビアを小さくしたような、チェリーセージ似のは、サルビア・コクシネア。
水をたくさん吸い上げ葉先からぽたぽたと垂らしてしまい、花も落ちてしまう。
どう考えても「切花」向きではありませぬ。

その後、キンセンカ似のは葉が白カビ病になってしまったので、全部根元から切りました。
本当に丈夫で花は咲き続けていたのですが、感染したらいけないので。
そしたらたちまち主のように君臨してきたのが、サルビア・コクシネア。

タネの袋には22種の花の名が書いてあるけど、開花確認できたのはわずか5種。。
せめてあとブルーサルビアくらい咲いてほしい。。。



こちらは、先月末からしばらく飾っていた、剪定した朝顔の蔓と、オオバギボウシの花。

2009y08m11d_212632106.jpg
どうせ捨ててしまうのだからと活けた蔓は、光合成できない葉が黄色くなりつつ
それでも2週間くらいなんとか生きてました。。




・・・うーん。
トイレ画像で終わるのもなんだかなぁ。。。

ということで。
むりやり。



衝撃画像!!!

イモリの幽体離脱の瞬間を激写!!!
ゆ~う~た~い~り~だ~つぅ~~~♪



                                         おそまつ!



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2009/07/24 (Fri) 昔語りと合歓の花

2009y07m23d_205354867.jpg

合歓の木、擬宝珠、羊歯、河原撫子(花は終了)を購入、
寄せ植え用の木製鉢にポットごと集めました。


*****************


ベランダ緑化計画について検討していたとき(“木”化計画より以前)、
姉に借りた園芸雑誌の、山野草のページに惹きつけられた。

思えば私はもともと、茶花に活けるような植物・・山野草系が好きなのだった。

そのことに気づき、具体的に欲しい植物を考えてみた。

ムラサキツユクサ
カワラナデシコ
バイモユリ
シラン
ギボウシ
シダ系
ヤマアジサイ
グミノキ

・・・・・・・・・・・・・・

わかった!

な~んだ。子供の頃庭で親しんだ草花が刷り込まれてるんだ。

小学校卒業まで過ごした生家の庭は、もともと祖父の好みでつくられていたのだと思う。
祖父は私が2歳か3歳のときに亡くなっているのだが、父の父である人の嗜好は
私の遺伝子にちゃんと残されているようだ。

その庭に、まだ三十代だった父が、(畳一畳ほどだろうか)小さな池を掘った。
内側をコンクリートで固め、周囲をさまざまな石(漬物石大?)で縁取り、
布袋葵(ホテイアオイ)を浮かべ、金魚や、川で採ったタナゴを泳がせていた。
オタマジャクシもいたような気がする。(庭に主みたいなウシガエルもいたから?)

そんなふうに記憶をたどると、けっこういろいろと覚えているのが不思議なほどだ。

庭の左側奥、垣根のそばには、棕櫚(シュロ)の木が3本。
夏には祖母が、棕櫚の葉でハエ叩きを作って使っていた。
葉の中ほどから先端まで分かれている部分を切り落とすと、程よい大きさになる。
私も一緒にいくつも作って、遊びの道具にしたっけな。

棕櫚で団扇を作ったといえば、天狗の葉団扇、八手(ヤツデ)もあった。
庭の隅に暗がりを作っていたからだろうか、あまり近寄らなかった気がするが。

中央より右寄り、庭の主役は、渋柿のたくさん生る大きな柿の木
父が焼酎を霧吹きして、樽柿にしていた記憶がある。

いちばん右奥の、隣家との境の塀の角には、ひっそりと茂る茱萸の木(グミノキ)。
でも毎年(春か夏か秋か?忘却)橙色~赤い実がたくさん生って、
その愛らしさと渋くて甘酸っぱいせつない味が好きだった。

沈丁花の記憶が最も明確なのは、雪に埋もれている姿だ。
花に雪、というのが印象的だったのか。

柿の木の手前の花壇には、父と私が花を咲かせた。
特に幼い頃のもので覚えているのは、ダリア
桔梗の株も、父と植木市で買ったものだ。

紫露草なんて、涙が出るほど懐かしい。
庭のあちこちで、雨に濡れて咲いているイメージがある。

池の傍に群生していたのは、擬宝珠(ギボウシ)。
現在はホスタとしてずいぶんと多彩な品種が出回っているようだが
あの庭にあったのは、どの品種だろう。
アイボリーの斑が入った美しい葉と、淡い薄紫の楚々とした花姿も好きだった。
羊歯は、木の陰や池の傍のあちこちにあった。

紫蘭(シラン)はなかったと思うが、葉蘭(ハラン)があったはずだ。
運動会や遠足だろうか、お弁当のおにぎりは、母が庭から摘んできた
大きな葉で包んでから、バスケットに入れてくれたっけ。

祖母が大切にしていたのは、万年青(オモト)だった。
地植えも鉢植えも、たくさんあった。万年青コレクターだったのかな。
祖母といえば、弁慶草の優しい淡紅の花も思い出す。

裏庭には棚があった。
たくさんの房を垂らし豪華に咲き匂っていた藤色のグラデーション。
が、藤棚→毛虫、という刷り込みもある。。。

裏木戸のそばには青木があった。
斑入りの葉の緑と、ひっそりと咲くチョコレート色の花に
やはり春の雪が薄く積もっていた情景は、いまも鮮明に記憶している。

玄関脇には、垣根と部屋の窓との間に無花果(イチジク)の木。
実も食べたけれど、あの白いミルクのような液の記憶の方が鮮明だ。
その周りには数珠玉(ジュズダマ)の茂み。
熟して乾燥した実を友達と採って、首飾りにしたり、ままごとに使ったり。

そして玄関前の側溝沿いには、玉簾(タマスダレ)の白い花が咲き並んでいた。
5歳くらいの頃だろうか、7つ上の姉が、花を摘んでカチューシャのように連ねたのを
私の髪にピンで留めて飾ってくれたことがある。
嬉しくてそのまま外にいたのだろう、家の前の路地を通ったおとなのお姉さんが
にこにこと私を見ながら通り過ぎて、すごく恥ずかしかったけれどなんだか嬉しかった・・
という思い出がある。

たしか水色の額紫陽花もあったのだが・・・
裏庭だったか、無花果の近くだったか。よく覚えていない。

ほかにも忘れている草や木が、まだまだあるだろう。

雑草では、オオバコやゼニゴケ・・・土の匂いも一緒に蘇る。
花壇を縁取っている煉瓦や石をひっくりかえすと、コオロギとかいろいろ虫がいて。
さまざまな雑草や、夏の裏庭の白粉花(オシロイバナ)は、ままごとの必需品だったなぁ。

そして贅沢なのは、裏のお宅の立派な桜。
春にはいつも、板塀のあちら側のみごとな桜花を借景にしていた、我が家の縁側。
そのお宅は表側が商店街に面したお店で、誰からも「下駄屋さん」と呼ばれていた。
庭に1度おじゃました記憶があるけれど、桜の木しかない、がらんと広い印象だった。



・・・・ありゃりゃ。

すっかり昔語りになってしもうた。。。



********************



というわけで、以上の他合歓の木(ネムノキ)に憧れていたので、苗を購入。
苗とはいえ、すでに枝ぶりが整っていて、花(つぼみ)がたくさん。
2009y07m23d_205237546.jpg




合歓の花ってこうやって開くのね。
2009y07m23d_205457818.jpg
起きぬけらしい。思わず笑わせてくれる、情けない姿です。ネムノキというよりオネボケ。

2009y07m23d_205543363.jpg
だんだん覚醒してきます。

2009y07m23d_205712161.jpg
風に梳かれて、ほぼ起きますた。


2009y07m23d_205126043.jpg
合歓の花は、一日で終わって落ちます。
届いてから10日、毎日次々と開花。今日もきれいに咲いてました。



2009y07m23d_205835351.jpg
こちらは朝顔。
最も成長の早い左端のは、絡ませネットのゴールを過ぎてどうしようかと迷ってます。。
そのわりには、つぼみが見当たらず。

今年は全体的に、蔓ばかりが伸びて葉の間隔が空いてるし。
花が咲いても小さいのではないかと思います。・・咲いてくれれば、の話ですが。。。




ムラサキツユクサとグミノキの画像も、、またいずれ。





ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2009/07/13 (Mon) ベランダ(緑化 改め)木化計画:使用後

<使用後>画像。本日も強風。

2009y07m13d_175445538.jpg

2009y07m13d_175405330.jpg

2009y07m13d_175159820.jpg
とりあえず、本金の(雑巾絞るとほぼ乾く&破れが生じる、バ●ぢから、、あ、いや;)
素晴らしい手腕で数箇所しっかりと留めてもらいましたが、、、
完璧を期すなら、物干しに嵌まるようDIYするしかないですな。
(あたしにノコギリは無理だと思うけど。。)



伸びの良い方のハゴロモジャスミン、どこへゆく。。
2009y07m13d_175114244.jpg
でもラティスには直接絡まないよね?しばらく自由にしててください。



強風で瀕死だった「切花mix」プランター、花台に下げたら元気回復。(右下)
2009y07m13d_175311453.jpg



ぎょえぇ~~今朝発見!
遅れてきた青年、、ではなく朝顔。あんたはんの絡む場所、どうしよう?
2009y07m13d_175233598.jpg




・・・と、こんなかんじにリニューアル。

ベランダの全長は、550+数cm。
なので、使用したラティスとウッドタイルは、

下部側面に、90×180を3枚。
上部側面に、30×180を3枚。
鉢の設置面に、45×45のウッドタイルを、12枚。

なので、木化部分は540cmにきっちり揃いました。


本当は、落ち着いたダークカラーにしたかったのですが、
30㎝幅のラティスがこの色しかみつからず。
オーダーするほどお金かけられないし。

早くこれくらい色が落ちてくれるといいんだけど。(ベランダ床のウッドタイル)
2009y07m09d_164220234.jpg




あるいは・・・

無臭柿渋+墨汁で塗装(布拭き)しようかと目論んでおります。。



だって。

私の目指す庭の方向性が、見えてきたんだもん。

それについても、また今度。



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(4) |


2009/07/13 (Mon) ベランダ(緑化 改め)木化計画:使用前

梅雨とはいえ、曇り空で強風の続く日々。

風で死にそうじゃ!助けてくれ!!
という叫びが、わが耳について離れぬ日々。
2009y07m10d_155815140.jpg

2009y07m10d_155748687.jpg


そんな中、危険を冒して・・・
本金、網を張る。
2009y07m09d_163732468.jpg

2009y07m09d_163834125.jpg
朝顔だけは、風除けのための移動をしてあげられない・・ごめんよ。。
耐えて咲いておくれ。。。



ハゴロモジャスミン、こちらの鉢も蔓が伸びてくれました。
2009y07m09d_164058718.jpg



というわけで、<使用前>ベランダ画像。

2009y07m10d_155855359.jpg

2009y07m10d_155919859.jpg




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(0) |


2009/06/19 (Fri) ベランダ緑化計画倒れ

(前記事)←というわけで、
いささかの余力を充てることができるようになった、ベランダ園芸。

久々のベランダ画像など。



2009y06m19d_184812484.jpg
あさみ」の子孫。(でも色はどれが出るかわからない・・)
間引きをしたくないので、余分なしで蒔きました。9つ芽が出たかな。
出てこないのは、1つか2つか・・・




大きい方のプランター2つには、切花ミックスという種をばらまき。

2009y06m19d_185109178.jpg

2009y06m19d_185003363.jpg

かなりテキトーな蒔き方したので、どの程度咲いてくれるか・・自信ないっす。。。




そしてメインの花台は、こんなにごちゃごちゃになっちまった。

2009y06m19d_185640995.jpg

昨春だったか、テラコッタの同型鉢で統一しようと画策するも、挫折。
今春改心した結果、こんな統一感のない仮鉢だらけとなりますた。。。

以下、挫折の経緯を少々。

まめに植え替えるのが面倒なので、仮鉢でそこそこ成長した苗を、
いきなり大きな鉢(これで統一したかった)に植え替えたところ、
みんな元気がなくなっちまった。
鉢が大きいと、いつもたっぷり水分を吸収できるため成長しなくなるのだそうな。
ちょっと厳しめな環境にないと、ヒトも植物もダメなのじゃ。

園芸初心者の無知ゆえの過ちであった。

教訓。 植え替えは、ひとまわり大きな鉢に。


さてその花台の、上段左側前面にあるのはハツユキカズラ
ベランダ壁面緑化計画をたちあげて、まずは
丈夫で落葉しないツル性植物を検討し、最初に購入した苗数株。
1ヶ月以上たつと思うけど、あまり伸びない。でも元気だ。

が、これは蔓が「絡む」というより「這う」だけなので、グランドカバー向けだそうだ。




でその3日後には、蔓のしつこそうなハゴロモジャスミン2鉢を追加購入。

2009y06m19d_185501302.jpg

花はほぼ終わっていたもので、こちらの鉢は新芽がにょきにょき。
からみた~~い
この殺風景な壁面に、ネットを大々的に渡して、めざせ壁面緑化!!!

2009y06m19d_185541890.jpg
・・・もう1つの鉢は、新芽がさっぱり出てこんとです。。(なぜかいきなり九州弁)


しかし、這わせたい壁面は日が当たらない。私の計画では、
壁面に近い床(日照は、夏は短く冬は長い)に鉢を置いて、蔓をネットに誘引する。
蔓は日の当たる方へと伸びるので、うまく誘引すれば側面を覆うはず。というもの。

が、先日見に来てくれた姉が言うには・・・
日当たりを好む花だから、このまま壁面に這わせるのはかわいそう・・
というか無理がある?
まずはあんどん仕立てのようにして、来春までの間に蔓をできるだけ増やし
育ててあげた方がいいよん。そしたら植え替えもしてあげてね♪とのこと。

どうしよう。

ね~、姉ちゃん、こんなに伸びてきたよ~。
壁に這わせてみてもいい???(むりやり;)




一方、室内では現在、この子を可愛がってます。
届いて3週間ほど環境に慣らし、ひとまわり大きい鉢に植え替えました。
それからそろそろ3週間。花芽も順調については咲いて、元気でうれしい。

2009y06m19d_185901227.jpg

体重計の上に置いてみた。スパティフィラム
(本当はこのスペースに観葉植物を置きたかったが、光量不足。)
蔓モノ苗注文ついでに購入したもの。あと、ベランダの花台に
レモンマートルミモザカシアもあり。


2009y06m19d_190020521.jpg

ここも定位置ではないが。。



おまけ。

2009y06m19d_185729365.jpg

オリヅルランの繁殖力かなし。(ベランダの鉢から切除。。)

2009y06m19d_185806208.jpg



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(4) |


2008/04/04 (Fri) なんてぇやつだい!(;;)

2008y04m04d_152200902.jpg

咲いちまいやがった・・・・

例の、アジアンタムに同居中の縷紅草です。


なんとけなげなことでしょう。なんと愛おしいことでしょう。
まだ双葉もしっかりして、蔓さえ出ておりませんよ。

小さな小さな蕾らしきものがついたときは「もしこれが蕾だとしても、咲くまい」と思っていました。

紅い色が出てきてもまだ、咲くまいと思っていました。
咲くならそろそろのようだけど・・と見ていた昨日も、咲かずに落ちるだろうと思っていました。

今朝真っ先に見てみたら・・・
みごと紅い花が、傘を閉じた形に開きかけていました。

午後になるのを待って、撮影。


もちろん室内の暖かさで、芽生えてそのまま育っちゃった、ということなんですが。

こんなに早く花を咲かせるのは、やはりこの環境では長生きできないことを悟っていて、
だから子孫を残すために、これほどまでに生き急いでいるのでしょうか。。

せつないのう。。。


2008y04m04d_152303502.jpg
画像だとわかりにくいですが・・もう一つ、小さな小さな蕾らしきものがついてます。。


双葉が出てひょろ~っと伸びてきたときに、引っこ抜かないでおいて、よかった。



ほか、室内にはピンクのベコニアが咲き続けておりますが・・ベランダは・・・
沈丁花と水仙の後なにも花がなくて、今年の春は寂しいです。。
暖かくなってから源平蔓を外に出しましたが、さすがに花は長持ちしませんでした。

日本桜草は、やっぱり死なせてしまっていた。。。
心配なのは、甲子園蔦。未だ発芽の気配なし。。。



おまけ画像。
先日、実家の庭から3本切ってもらった貝母百合
2008y04m04d_152440691.jpg

2008y04m04d_153032437.jpg
水に活けてから、ずんずん伸びました。これは特に奔放な1本。

この貝母百合、実家に何株もあるので、来年は鉢に植えてもらう約束をしました。

これを活けるなら、やっぱり陶器か籠の花器が必要だな。。
結婚するとき、花器はほとんど処分してしまったのが悔やまれる。。かも。。。





ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(0) |


2008/02/01 (Fri) よみがえってね桜草・・

桜草を死なせてしまった。かもしれない。。

昨年は・・立春の頃こちらは3月。。

今年は・・・・雑草の芽が3つ、あとはまっさらな土のみの鉢です。。。

植物の休眠期って、水はほとんどやらないでいいのかと思って・・・
昨秋に葉がすべて枯れて、土の上には何もなくなってからというもの、
今年に入るまで、ほとんど水を与えず。。

たしか去年は、1月にはもこもこ芽が出てきたという記憶があったので、
年が明けてからは、乾いたら与え、と毎日チェックしていたのですが。

だめです。。
ごめんなさい、桜草。。。


・・・と、どよよ~~んとしていても仕方ないので・・・・

昨年、父が挿し木して根付いた、最初の花をひとかたまりだけ咲かせた沈丁花。
地味ながら、枝分かれして順調に育ち、ことしは3つの花の集落。
2008y02m01d_170820578.jpg

鼻を近づけると、香りがほのかに。
満開で匂い立つのが楽しみです。


こちらは、チューリップ「ピンクダイアモンド」の芽。
2008y02m01d_170905933.jpg
こんなに成長遅いもの??
つーか、咲いたらラッキー☆というところですもんね。。



話は変わりますが。

昨晩、可哀想なオットが深夜まで会社に詰めていたので、帰宅待ちの遅くなりついでに
深夜のNHK“ダーウィンが来た!”再放送で、コウロコフクチョウという鳥の求愛ダンス見たんです。

左右の翼をパシッパシッと打ち合う様といったらもう、、、笑っちゃいつつ、スゴイ!と
目を離せなくなり、オットの就寝後も、一人で観つづけてしまいました。。眠いのに。。。

動きのキレがすごすぎます。
動画どこかにないかな~と探したんですが、なかったので、せめてこちらを。
でもやっぱり、動いてるとこ見ないと全然わかんないな。。。

機会がありましたら、ぜひ見てみてください。

すべては種を遺すため。

鳥のその必死さが、可笑しくもせつないです。



<追記>

桜草、調べてみたら、盛夏から現在まだ休眠期だそうな。
寒い時に水やりすぎると、夜間に土が凍ったりして×だ。

3月に植え替え、それから発芽だって。。
去年の発芽~開花は異常だったのかしら。。。

父は、まだしばらく(2年くらい?)そのまま放っておけば大丈夫だって言ってたけど・・・
ひょっとしてそのうち芽が出るのかな?(希望・・・


ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(4) |


2007/12/25 (Tue) 萌え




    ぬばたまの闇つきぬけし芽のひかりあはれ春にも咲けぬと知らで


2007y12m25d_160642835.jpg
そうです・・・昨年の“ピンク・ダイアモンド”から分球した球根、みごと発芽。。。



開花時期がそれぞれ12月と1月の水仙8株、混合で植えたもの。
2007y12m25d_160547755.jpg

たぶん、つぼみをつけているのが12月開花のものでしょう。。
植えたのが遅すぎて、まだ葉が十分伸びてませんがな。。。



源平ちゃんも、無事育っておりますよ~
2007y12m25d_173454313.jpg
寒くなってからは室内ですが、こんなに新芽が。
春には里親様のもとへ、と考えております。



甲子園蔦は屋外で越冬させます。
葉はまだ落ちていませんが、地味に紅葉しております。
春に無事芽吹いたら、源平ちゃんと一緒に里子に出しますからね~



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2007/11/20 (Tue) 甲子園蔦・その後

あれから・・・
2週間前でしたか、根元をオットにすっぱりと切ってもらい、挿し木をしました。

2007y11m20d_200023603.jpg
(すでに発根していた源平蔓を植えたのも、一緒に撮影。)

以前アドバイスをくださった、ドロアシスコップさま。
また参考にさせていただきました。ありがとうございます!


源平ちゃんは、この画像を撮影して数日後には全部、新芽が出てきました。

蔦は・・・
全部で5本に分けたのですが、小さい方の仮鉢の2本は・・だめかも。。
そもそも本来は、いまごろ落葉する時期ですからねぇ。。
どうなることやら。春を待ってみるしかないのかな。。。



で、朝顔のあったプランターには、姉宅で爆発的に増殖した水仙の球根を植える予定ですが。
早くしないと。。




それから、ひとつショックなことを知りました。


この前がんばって植えた、チューリップ。

姉の話によると、分球でできた球根を植えても、次の春にはまだ花をつけないらしい。
咲かせるには、もう1年育てなければならないそうです。。
でも病気になりやすいから、難しいんだって。。。

だから、現在市販されているチューリップは、だいたい1年草扱いなのだとか。

分球させないためには、深く植えなければならないので、庭でないと無理らしいです。


チューリップの育て方を聞いてみたら、この話。
それを聞いて、かなーりがっかりしながら、植えたことを話したら・・・

あ~ごめん言わなきゃよかったね。。でも、せっかくだから咲くまで育ててみたら?
・・・それに、ひょっとしたら来年咲くかもしれないし


と、なんかとても申し訳ながられました。。。(←変な日本語???)
が・・・次のひとことに、同じO型の血を感じた妹なのでございました。

でもきっと、本金タンやさしいから、またチューリップくれるよ








というわけで。


めでたし、めでたし。






ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(10) |


2007/10/30 (Tue) がんばったぜ。(追記あり)

チューリップ(ピンクダイヤモンド)の球根を、植えました。

 購入時に付いていたタグの「育て方」のとおり、球根は掘り返さぬまま、
 土を完全に乾燥させた鉢を、風通しの良いところにずっと置いておきました。
 で、本日、初めて掘り返したわけです。

 おおーできとるできとる、コドモ球根が~ 
 ・・・でも、ちょっと小さいんじゃ・・・と思いつつ・・・
 ・・・気づくと、手が勝手にニンニクのつもりで剥きかけていましたアブナイアブナイ

 元の株に各3つくらいずつできていて、大きめで良さそうなのを選び
 7つほど(?・・アバウトです。。)を、6号だか7号の鉢(?・・アバウトです。。。)に。
 球根用の肥料を買っておいたので、それを下の方に少し入れました。

 残りの球根・・・どうしよう。捨てるのもなんだか。。。
 夫からのバースデイプレゼントの子孫だし。。
 こういうとき庭だったら、だめもとで適当に植えておくんだけど。とりあえず放置。
 
 無事に芽が出たら、画像upしま~す(花盛りは、こんなかんじです)


●発根していた源平蔓3本を、仮鉢に植えました。
 何本根付くかわかりませんが・・・根付いたら、まずはSくん、よろしく。


●甲子園蔦の、枝別れしていない方の1本・・・発根の兆しのある方を、植えました。
 元の母体の枝の方は、夫にきれいにカットしてもらってから、挿し木します。


●沈丁花を、大きめのテラコッタの鉢に定植しました。


●源平蔓を剪定。
 花がついたときに伸びた部分と、秋口ににゅ~っと伸びてきていた蔓を、全部カット。
 全体をちょっとコンパクトめに整えました。来年も花がよく付くように。
 



がんばったね、鈴雨ちゃん




あとやることは・・・

●朝顔の整理。
●空芯菜とバジル・・・もう葉の色が衰えているので、終わりにしなきゃ。
●各鉢に、追肥をやる。・・・って、この時期でいいのかしらん。。





さて、園芸ネタの画像は撮影しないうちに日が暮れてしまったので、
久々にペットちゃんたちを。(セリフ入りです♪ひさしぶり。。)


恐竜たちは、秋が深まってますます元気。少し寒い方が活動的です。
「はぁ~ええ季節やなぁ。ネイルも乾きが速くて助かるわ。なぁヒデやん。」「(・・・昨日のロザたんの皮、美味しかったなぁモリ・・・)」

最近また成長したみたいですねん。熟女は美へと進化しつづけるんやな。

「ちょっとアンタ、最近めっきりキャメラ向けなくなったやん。どうかしたんか?元気出し。4コマもちゃんと描きや。なぁヒデやんも声かけてやりいな。」「・・なんかぼくちん、、後ろ足が変な向きになってて、、、しびれて動けないモリ。。」




新たに入居してきたエビくん、デカすぎです。
小さい古参たちが、よくこうやって乗っかってます。。何故???
「ボクチン怪獣エビラ操縦シテマース!ツマツマツマ。。」「ギャハハハハ、、クスグッタイッス、チビ先輩、、、背中ツマツマシチャイヤーン♪」



リビングの水槽が苔苔してきたので、苔取り部隊に入居していただきました。
やっぱりオトシンクルスは、オトシン・ネグロより可愛い。。。
色白だし、つぶらなおめめだし。
3匹みんな仲良しだし。
ヲヲーッココノ苔ゲキウマダネ!!!

ボクラ色白ナカヨシトリオ♪チカラヲ合ワセテガラスピカピカ♪コノポジションハ表彰台サ、金・銀・銅!




はぁ~~~・・・
水槽の中って、平和だわ~~~~~・・・・・






ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(6) |


2007/09/20 (Thu) 起死回生

2007y09m20d_145728502.jpg


甲子園の、(勝利の美酒に酔った夫が誤って一枝折ってしまった)蔦でございます。

あれから、葉はすっかり枯れてしまいましたが、
水に生けて発根を待つ間に、ついに新芽が元気に開きました。

根はまだだけど、もう土に植えちゃっても大丈夫かしら??



ちなみに・・・

これでも、ひと枝だったんでございます。
2本に分けましたが、さらに分けると、4~5枝になりそうです。。


育ってきたら、どのようにいたしましょう。

いっそ、アイビー・マンションにしちゃいたいけどな~。
夏は涼しいよね。東京都は、壁面緑化推進してるし。

な~んっつっても、蔦は葉が落ちますからねぇ。管理が大変。
つか、そんなのマンションじゃ禁止されてるに決まってるよね。

壁に這わせるわけには、いかんのう。


で、考えたんですけど、盆栽作りにするのってどうかしら???

・・・と書いてみてから、ただいまググってみたところ。


ひゃああああ~~~世の中には、同じこと考える人たくさんいるのね~~~


ご覧ください!!!
なんてなんて、みごとなんでしょう~~
種から・・・というところが、またすごいです!




これで決まりじゃ。
わしも、甲子園蔦盆栽つくるで~~~~~




・・・・・って・・・・・





盆栽の作り方?育て方?学ばなきゃ。。。。。




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(14) |


2007/09/07 (Fri) 台風だいじょうぶでしたか?

関東直撃。


被害を受けてしまわれた方々、心よりお見舞い申し上げます。



我が家はおかげさまで、深刻な被害はありませんでした。

が・・・・


農家の方のご苦労の、ほんのほんのほんの万分の一くらい・・・
わかった気がしました。。。



昨夜のうちに、ベランダの鉢ものはすべて引っ込めて
風がいちばん来ない、窓のわきのあたりに並べて置きました。

特に、源平蔓は根元に近い幹がまだ細く、逆に上部は葉や花がかなり繁っており
強くあおられると根元から折れるかもしれないので、室内に。(差別、、?)



どうしようもないのが、プランター。

空芯菜の生育中の二つは、大きくてとても上げ下ろしできない。
朝顔の方は少し小さいけれど、ロープに絡んで頑張ってるし。

ただ、空芯菜は、
「今夜のうちに収穫しておいた方がいいかな・・・」
と思いもしたのですが。

でももう雨風ひどかったので、自分の体のために、やめておきました。



で、今朝です。


朝顔は、今朝二つの開花があったらしい。(昨日咲いたブルーの株のです)
が、無残な姿。。たぶん、咲くに咲けなかったのでしょう。
すでに、昨日の花殻と見分けつかないくらいの花殻状態です。。。

蔓も、折れてロープからぶら下がってしまっているのが2本。。


そして、空芯菜。

これは、、ちょっとダメージ大きかったです。
あんなに元気に育っていた株が・・・

茎が折れてしまったもの。
倒れかかって、土から半ば根がのぞいているもの。

そして、ほとんどの葉は、先がちぎれてしまった。
傷んでダメになってしまった葉も、半分以上。

それでも、再生を期待して。
新たな芽が出るよう、大規模に刈り取りました。

元気に生き残った葉と、傷んだところを取り除けば食べられる葉を
ていねいに選り分けて茎からはずして野菜室に一時保管。

今夜の味噌汁に入れたらほんの少しになってしまうだろうけど・・・

収穫に感謝して、いただこうと思います。



嵐に耐えたもの、耐えられなかったもの・・・

植物への愛しさが胸に押し寄せてきた、本日のベランダなのでございました。。




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(6) |


2007/08/30 (Thu) 物々交換?

昨日のことです。


あの後バジルはがんがん育ち、花芽が出現!!!
マズイ、マズイよ、、早く収穫しないと!花咲いちゃったら弱っちゃう!!!
と焦りつつも、収穫したらすぐソース作らなきゃ、、でもまだ松の実買ってない、、、
そうなんです。まだ買い物に出かけるのも控え、できるだけ安静を確保する日々。

とりあえず花芽だけ落とし、、でも放っておいたらまたすぐ別の枝に出ちゃう。。


そんなところに、救いの手が~~
体調がまだ万全でない私のために、実姉が
掃除機かけてあげるよ~と、来てくれるって!

そしたら、途中どこかで松の実を買ってきてちょんまげ

と頼み、掃除はいいから(一昨日私が死力を尽くして掃除機かけたばかりなので!)
シャンプー手伝って~と甘えました。
(自力よりずっと気持ちいいけど、夫の指力にはほど遠く、ちと物足りなかった。。)


で、バジリンコ!!!

撮影する余裕はありませんでしたが、前回の倍以上、たっぷりできました。
いつもの壜と少し大きめの壜に、たっぷり二つぶん。

姉に一つ、感謝を込めて。
ポテトチーズシャウエッセンに使ったらと夜メールがあり、たいそうよろこばれ。

大きめの方のは、下のフロアの奥様に。
夜になってからまず電話で一報、それからお届けに。
ご主人もいらして、しばらく立ち話。今度4人で食事に行くことになりました。

帰りがけ、奥様から、また頂戴してしまいました。

2007y08m30d_164723679.jpg

2007y08m30d_164533941.jpg


ポトスと、折鶴蘭。
「作っておいたんですけど」とのこと
ポトスは、水苔だけで植えてあります。なるほど、これも手軽でよいですね~。

以前、あまり日が当たらなくても大丈夫な植物を玄関ポーチに置きたい
という話をしたことがあるので、それを覚えていてくださったのと・・・

バジルソースのお届けをお待ちくださってたんだわ~♪うれしい♪♪

そんなたのしい物々交換      つづく




なお、撮影のためスピーカーの上に置いてみましたが、定位置ではありません。
音質のためにも、スピーカーの上には物を置くべからず。特に水物は厳禁だし。

でも、、ちょうどいいんだよね、、、、(と夫の留守にこっそり置いてみる。。)

2007y08m30d_163234030.jpg

このさつまいも。ハンギングにしたい。。
床ではこんなです、、これどーするよ。。。って芋がらですから食べるしか。。。
2007y08m30d_164304136.jpg



ついでに、ただいまの朝顔。
2007y08m30d_164920277.jpg


ついでに、1回収穫後の空芯菜。
2007y08m30d_164828703.jpg

先日の収穫。これで5本分。
2007y08m30d_162345360.jpg

油と相性が良いので、炒めるのがいちばん美味しいのですが
量がそれほどないので、油揚げを加えてお味噌汁にしました。
量はちょうど。私としては、くせがなさすぎて物足りなかったけど。。

野菜のストライクゾーン狭すぎ!な夫は、収穫物を見ただけで戦々恐々。
食後「クセなさすぎだったな~」とつぶやく私に、坊ちゃん育ちは
「え~でも茎が多かった!!!」と、文句のたまいやがりました。。

あのさー、空芯菜って名のとおり茎ががらんどうなんだからね!?
だから、茎も普通に食べられる、いやむしろ食べやすい野菜なんだよ!?!?

・・・・わかりましたよ。次回から、味噌汁には葉っぱしか入れませんよ。
まぁ炒めちゃえば気にならないんですけどね。


んでもって、最後にこの画像、、、で本金さらに引いちゃうな。。。
2007y08m30d_165026422.jpg


この黒い粒。土ではないです。こんなとこ(排水溝)に、こぼしてないもん。
では何か???・・・それは・・・虫のう●ちだろな。。。

だって昨年、学んだのです。
同じような物体を発見し、最初は土だと思って気にしなかったのですが
片してもまた朝になると出現しており。。

げっっ虫の糞

と気づいて、よく見たら~、、ルリマツリの葉が虫喰いに~~、、、、
たまたまその時点で犯人を逮捕。密封の刑に処して生きたままゴミへ。。。
・・・って、、犯人だとか刑だとか、、、何の罪もないのに。。。

ごめんよ、、ちょうちょのあかちゃん。。。。


さて今年も、排泄主を捜索中ですが、どこにも虫食い葉がないのがナゾです。。
が、ニオイバンマツリが怪しいと睨んでおります。
縁が少しだけ縮れたようになってる葉が、いくつかあるので。

姉によると、
昼間は土の中にいたりするから、夜探さないとわかんないかも。
だそうです。。

幼虫(の容姿)とはどうしても和解できない、罪深い私。。。。。





  水遣ればにわかに匂ひ立つバジル 雨にぞ濡るる幸しらぬまま







ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2007/08/17 (Fri) 準備OK!

2007y08m17d_113417280.jpg


あさみの孫たち、時間差はありましたが、ちゃんと10本揃いました。
発芽率100%!えらい~

で、お盆休み最終日に、夫がロープ張り。
今年は、花がもっと見やすいように、プランターのフックをこちら側にしました。

今年もきれいに咲いてね~



バジルも元気。もう少し繁らせてソース作ったら、おすそわけ。
2007y08m17d_112208382.jpg




こちらは空芯菜(くうしんな)。
モロヘイヤの季節になるまでの春~初夏、有機栽培のものを時々購入していました。
くせがなくて夫にも食べやすいようなので、重宝しそうです。
一度にそこそこの量を収穫するため、先発隊の根元に蒔き足して株を増やしました。
2007y08m17d_112350209.jpg

さらに、空いていたプランター一杯分を追加。
2007y08m17d_112440591.jpg




相変わらず咲きまくっている、源平蔓。
2007y08m17d_112658309.jpg

その名から、いかにも日本的なイメージですが、じつは熱帯原産の植物。
だから寒さに弱く、いまこの暑い時期に、いちばん元気なのでしょう。



こちらは、お初です。やっと花がつきました。
今日二つ咲いて、つぼみが一つ。
春先に苗を購入して植え替えておいた、匂蕃茉莉(ニオイバンマツリ)。
2007y08m17d_112551503.jpg

花色が紫から白に変化して、ジャスミンのような香りがするはず・・・
なのに、全然匂いません。。葉の色もいまいち。。。

ここは、風と日照が強すぎるのかな。
隣に置いてた沈丁花もちょっと弱ってきたみたいなので移動したし。
そういえば源平蔓も縷紅草も、風を避けて花台に移動したら元気になったのよね。



最後に・・・

2007y08m17d_124738810.jpg

先日のさつまいも、本格的水栽培にしたら、こんなに茎がにょきにょきと~
うーむ。。何処へ向かうのでありましょう。。。




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2007/08/03 (Fri) 風はバジルの香り

・・・は、いいんですけどね。

風、強すぎだってば。。

今年のバジルは、プランターに植えつけず仮鉢のままでいいか~と思っていたら、
これなら風を避けて移動できるじゃ~ん見た目悪いけど、軽くてラクだし。
それでも、大きく繁ってきた方のバジちゃんが、風にあおられてさんざんの様子。
2007y08m03d_194658734.jpg


バジルソースにじゅうぶんな量収穫できるまで、
もっと繁れ~もっと繁れ~と欲を出して摘まずにいたのですが。

昨日今日の強風で、主幹ごとすっかり傾いてしまい、、
さすがに可哀想なので、撮影後すぐ収穫。
一番下の芽1対を残して、全部摘みました。

新葉が出てさらに枝分かれしながらもりもりと繁るまで、しばらくは
葉の大きさも密度も少なめ。よって、風に激しく煽られることを回避できる。
その間に、ここの風にじゅうぶん慣れて幹がしっかりしてくれることでしょう。

というわけで、できました。
2007y08m03d_193020488.jpg

いや~ハーブは鮮度が命ですからね、すぐ作っちゃわないと。
急なことで、松の実買ってなかった。にんにくと粗塩とオリーブオイルのみ。

できたての、みどりいろ~
ちょっと壜が小さかった、、、
もったいない一心でフードプロセッサーからはらって入れてたら、ちょい山盛り。。
蓋閉めるとはみだしそうなので、ひとさじ味見。生だけど、うま~

あ、そうそう、昨日。
出かけるときに駐車場で、下のフロアの奥様と遭遇。
今年も春にじゃがいもいただいたきりだったので、「いただきっぱなしで~;」
なんて話になりまして。そしたら奥さん、

今年はバジルどうですか~

って!うれしい~覚えてくれてたのね~~
このひとことで、またおすそわけしちゃおうと、がぜん張り切っちゃったのですが。

残念ながら今回は、松の実入ってないし。。まずはウチで食べないと。。。

まぁ梅雨も明けたことだし、これから陽射しが多くなれば、どんどん育つからな。
次回のために、松の実忘れず買っておかねば。




さてさて。現在のベランダに育っているものたちを紹介します。


源平蔓の全景。(夕方撮影でちょい暗。)新たな花芽がどんどんついてます。
てっぺんに蔓が出てきた、、と思ったら、そこにも花が。
2007y08m03d_192907664.jpg



昨年のみつばのプランターには、今年もたくさん出ました。でもそろそろ終わり?
そのかわり、5月ごろ出現した青じそ!薬味に大活躍を続けてます。
最初「大葉は我が家には1本でちょうどいいわ~♪」と思っていたら、
摘んでも摘んでも繁るわ繁るわ、、だれか摘んでって~、、、、状態です。。
2007y08m03d_193131651.jpg



沈丁花の仮鉢に、松葉牡丹が出てきて、花咲きました。
2007y08m03d_193608068.jpg



お待たせしました。あさみの孫たちです。
5粒ずつ、プランター2つに蒔いたのですが。今年は発芽率5割かな。。。
2007y08m03d_194013171.jpg

2007y08m03d_194121579.jpg



空芯菜も出ました。昨日1本だったのに、今日見たら3本。
プラス、下の画像の芽は、明日ふたばが開くでしょう。
2007y08m03d_193709667.jpg

2007y08m03d_193855879.jpg



おまけ。
ディフェンバキア・カミラの花。
最初に咲いた方(花穂の右側に、付け根が茶色っぽくなった包葉が見えます。)は
この倍ぐらいのみごとな花でした。
撮影しようと思っていたら、たった1日ですっかり包葉に包まれてしまい。残念。
2007y08m03d_193305906.jpg




で・・・株分けしたこのカミラちゃんとタムくんは・・・・

とりあえず生きてはおりますが、、どこまで再生してくれるやら、、、、
現在私の最も懸念するところでございます。。。。





ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2007/07/30 (Mon) リセットすべし。

さまざまな事物をリセットすべく過ごした、この土日。



土曜日は・・・


液晶テレビ購入。(本日届きます)
リビングに、レグザ(42型)。
寝室にアクオス(20型)…これは、ベッド上から見やすいように壁掛けにする予定。

我が家からブラウン管TVがなくなります。


圧力炊飯ジャー購入。
夫が一人暮らし用に購入し、8年半ちかく使った炊飯ジャーよ、おつかれさま。




さて、昨日。

まずは、政治のリセットも願いつつ、雨の投票へ。



その後、ラミー水槽を、夫がリセット。

石を入れてあったためか、水質がどうしてもアルカリに傾きがちで、
気温が高くなってからというもの、黒や茶色の藻と苔に悩まされていた。
今度は石を設置せず、土を洗って敷き直し水草を植栽。いずれ流木を・・設置?

水槽内の環境が安定するまでの間、生体は全部アカヒレ水槽に同居。
こちらの水質の方が合うらしく発色絶好調なラミーの群れに、
アカヒレがすっかり混じっちゃって、なんだか仲良くやっている様子。



私も頑張ったんでやんす。


昨冬から立ち枯れたまま、私の非力では抜けなくなっていたバジル等ハーブ類を
やっと夫に除去してもらいました。
かなり根を張っていて、引くのも掘るのも抜くのも土を落とすのも、
夫の力技を以ってしても、なかなか大変な作業でした。ありがたや。

そこに土を蘇生させる培養土を入れ、空芯菜(エンツァイ)を種蒔き。
朝顔のプランターにも培養土を入れて、一晩水に浸けておいた種子を蒔きました。


さらに、観葉くんたちもリセット。

ディフェンバキア・カミラは、6月頃、もともとの主幹に花が二つ咲いて
以降衰えてきていた様子なので、脇目を二つ選び、株を切り離しました。
ほかにも脇から出た幹がけっこう太くなっていたのですが、
どれも下の方の葉が落ちてしまっていたので、おもいきって処分。

選んだ株は、しばらく植え替えたくないので大きい鉢に植えました。
あと、新葉が美しくて捨てがたい穂先を1本、水に挿してます。発根を期待。


アジアン・タムも、新葉が出ては下葉が枯れ…のサイクルが速くなっていて、
かなり根が詰まっているのだろうと、ずーっと気になっていたのですが。

鉢から抜いたら、土を抱いた大きい団子状になった根が、すっぽりと。。

これも、きれいな葉数枚を残した小さい株にして、独立。
残りも芽の出そうな株を小さめに整えて、もとの鉢に土を足して植え直し。


いやはや、かなり疲れました。
特に、アジアン・タムの株分け・・・大変だったよ~。。。

そのぶん、達成感は格別でしたが。




わが阪神タイガースも、借金返済して貯金1!!!

昨日もキモチいーい試合だったしー!!!!!



リセットした鉢やプランター、そして水槽は、植物が無事成長して
そこそこ見栄えが良くなったら、画像でご紹介しますね~~


ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(4) |


2007/06/05 (Tue) 朝顔の種まき

朝顔の種をもらってくださったかたがた、すみません!!!

5月に蒔くのがベストかもしれません・・でした。。

昨年7月に蒔いても十分楽しめた・・・という頭があるせいか、なかなか。。


我が家のベランダでは現在、みつば青じそパセリ収穫&生育中。

ベビーリーフは、8回収穫後、花芽が出てきた頃を最後の収穫に全部刈り取って、終了。
9回食べたということですね。便利でおいしく、なかなか楽しめました!

7回目の収穫。
けっこうたっぷりな量。でも多すぎず。

最初の花芽です。
花芽



で、今年も、バジルと朝顔は育てたいと思っております。

さらに、大きめプランターひとつ、切花にもなるワイルドフラワーを咲かせよう・・・
と思っていたのですが、これはもう、、時すでに遅し、か。。。


というわけで、とりあえず朝顔は、私にかまわず蒔いていただければと思います。すみません;




朝顔の蒔き方

① 種の丸みの部分に1箇所、カッターで表皮に傷をつけると発芽しやすくなる。
② 一晩、水に浸けてふやかしておく。
③ 水はけと日当たりの良い(東~南側)場所、1~2㎝の深さに蒔き、軽く土をかぶせる。 
  ※たしか昨年調べたときに、45㎝プランターで3,4本が理想だと書いてあった気がします。
   発芽後間引きをするか、最初からその間隔で蒔くか。迷うところですが。。
④ つるがちょっと伸びてきたら、支柱やネットを設置して、絡む場所を作ります。

参考までに、こちらもどうぞ。

http://www.asahi-net.or.jp/~wu3s-tnmt/asagao/asagao_howto.htm




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2007/04/12 (Thu) 園芸に博愛主義はNGですな。

非力なわたくしが、がんばっております。

自分をほめてあげたい。

(もうじゅうぶんほめてますが。。)




昨日。


プランターの古い土に、再生用の撒くだけでOKの培養土を入れて、にんじんを植えました。
最初は、購入してある新たな土にまるごと入れ替えようかと思っていたのですが。

そのプランターは、昨年みつばを収穫していたもの。
途中、青じそも何本か出てきて、薬味に活躍してくれました。

雨が降っても濡れないベランダです、収穫期が終わって枯れてきてからは
水をやることもなく、プランターの土は、からからに乾燥していました。

でも、たぶんここには、みつばや青じその種子が眠っているはず。
プランターが再生されて、芽が出てきたらうれしいな。

植えつけた5本のにんじんの芽もあるけど、少しの間葉っぱを収穫できればいいだけだし。

というわけで、にんじん&みつば&青じその、ささやかな菜園を期待。


それから、ひなげしの咲いた鉢を整理。

ひなげしは、もう主な花は終わり、うまく育てなかった小~さいのが
まだちょこちょことありましたが、かわいそうゴコロをシャットアウトしつつ、全部抜いて。
雑草もきれいに抜き去り。

鉢に残ったのは、デカデカとブットく育ってしまったベコニアと、
伸び悩んでいる貝母百合・・・本来なら、そろそろ花期なのでは??

かなり悩んだ末、ベコニアくんには身を退いてもらいました。。ゴメンヨ。。。
で、貝母百合3株だけにしたところ、かなり水はけが悪いことを確認。



さて、本日。


貝母を助けんがため、鉢の土を全部入れ替えることに。

株を掘り出してから、鉢をひっくり返して土をぽっこりとあけてみたら・・・
なんと!鉢底穴のネットさえも包み込んで、ものすご~い迫力の根が
張り巡らされていたのです。
たぶん、ベコニアでしょう。抜いたとき、ほとんど主根だけでしたから。

これでは、貝母ちゃん育っていけませんがな。。

ネットを取り出して洗って敷き直し、鉢底石を敷いて、花と野菜用の土の封を切って投入。

貝母百合を3本寄せ植え、、、と思ったら、どうも1本は違うな。
百合といえば百合みたいではありますが、貝母の葉と比べると、
艶があって、先端が尖っていない。

確かなのは、これも実家の庭にある植物だってことだ。。

とにかくまぁ、一緒に植えておきました。花が咲いてくれればいいな。




こうやって考えてみると、すんごい差別しまくりですよね。。

抜いて捨てたベコニアなんてさ、芽が出てまもなくの頃から咲き続けて、、
それはそれは頑丈で立派な姿だったんだ。でもね、、、
独立させるにしても、うちはベランダ。そこまで余裕ないのよね。
あの根の張り方じゃ、今後も随時植え替えなきゃならないだろうし。

これからまだまだ、植えるものいろいろあるしさ。。。



で、画像ですが。

無事根付いたことが確認できたら、upします。





さて!

今日は川上憲伸か・・・こっちはボーグルソンか?
・・・役者がちがいすぎ。。

って、弱気になってる場合じゃないぜ!!!!
せっかくの1勝1分け、「憲伸じゃ、、、」なんて思い込みは捨てるべし!!!!!

ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(7) |


2007/04/03 (Tue) ベビーリーフ

2007y04m03d_115501363.jpg

そろそろ摘んで、食べなくちゃ~



それから、、、
こっちのベビーリーフどうしよう、、、、

2007y04m03d_120150992.jpg



この前、流しの三角コーナーに捨てた有機栽培にんじんのヘタから芽が出ていたので
救助して水を絶やさないようにしていたら、こんなに育ってきました。

で、それぞれの葉の根元には、根が1本ずつ出てるんです。
なので、5~6株に分けて土に植えようかと思います。

ちゃんと根っこのにんじんを収穫できるように育てるのは難しいでしょうから
葉っぱの収穫を目指そうかな、、、と。
茹でたり炒めたりしたら美味しそうだよね。




先日のおまけ画像。海棠も咲いてました。
2007y03m30d_193928858.jpg





<追記>

ぎゃおおおおうううううーーーーーーーー!!!!!

金本バースデイ満塁ホームランですよっっっ!!!!



・・・と思ったら・・・・ジャン!しっかりしてくり!!!!





ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(2) |


2007/03/28 (Wed) ピンクダイアモンド

夫からのプレゼント。

2007y03m28d_152150818.jpg
(今朝の画像)

昨晩この可憐なチューリップを出されたときは、可愛いやら嬉しいやら、、、


暖かくて良いお天気なので、ベランダへ。
(お昼頃の画像)

2007y03m28d_152449154.jpg




ピンクダイアモンドという種類だそうです。

元気にたくさん咲いておくれ~~~(*^^*)



ちなみに、夫が初めて私に花をプレゼントしてくれたのは、2年前のこと。
(花もらうのがいちばん嬉しい妻なのにね。)


花を贈るのは苦手だったようで、、、

「だって花言葉なんて知らないから、、変な花言葉の選んじゃったらマズイし。。。」

(カワイイ、、でしょ。少年の言葉のようで。。)


初めてもらった、忘れられないベルフラワー(乙女桔梗)。

あの年は、誕生日からまもなく、膝の手術で入院。
退院した時には、ベルフラワーは花も終わってさらに瀕死の状態で。。
少しだけでも助かればと、姉に託したのですが、、、助かりませんでした。。。


昨年は、引越しを控えてドタバタの時期。
アレンジメントの花、可愛かったね。



そして今年の、この愛しい淡いピンクのチューリップ。

球根までしっかり管理して、来年も咲かせるぞ~



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(6) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。