--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/07/25 (Wed) 完走しました(本田鈴雨)

ありがとうございました。

スポンサーサイト

題詠blog2007 | trackback(1) | comment(0) |


2007/07/25 (Wed) 100:終(本田鈴雨)

終の日へ整理をおえた父母の笑顔すがすがしくて泣きたい




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(2) |


2007/06/28 (Thu) 099:茶(本田鈴雨)

深緑さゆるさらさら香を満たし新茶の筒のふた閉ざしたり




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) 098:ベッド(本田鈴雨)

「寒いだろ、ここお入りよ」その朝にベッドの祖母は言い給いけり




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) 097:話(本田鈴雨)

ごんぎつね おさなき胸を痛ませて童話に不条理まなぶのだろう




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(1) |


2007/06/28 (Thu) 096:模様(本田鈴雨)

残雪の模様きわだつ山肌を眼前にせし夏よ立山よ




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) 095:裏(本田鈴雨)

裏庭の木戸のきしみは耳底に 音の記憶のくきやかに在り



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) 094:社会(本田鈴雨)

この社会の不条理に耐えられないと書き込みしひと 無事おわするや




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) 093:祝(本田鈴雨)

定年を祝いて恩師かこむ夜に 夫はひとり炊飯をする



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/28 (Thu) 092:ホテル(本田鈴雨)

新緑は白き窓枠に充ち満ちて三笠ホテルを風ゆるく過ぐ




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/25 (Mon) 091:命(本田鈴雨)

わが中についぞ命を持たざれば小さきちいさきものら育む




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/25 (Mon) 090:質問(本田鈴雨)

すこしだけためらいがちな質問を眠りのまえのゆるやかな闇に




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(2) |


2007/06/25 (Mon) 089:こころ(本田鈴雨)

雨匂うままに暮れゆく夏至の日のこころほのかにひかりを帯びて



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/22 (Fri) 088:暗(本田鈴雨)

照りかえす陽に晒されてたどりつき木陰の暗を身に移しおり




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/22 (Fri) 087:テープ(本田鈴雨)

かなしみの類いにあるか梅雨どきにセロテープひくその伸びしろは



(推敲後)


指に引けばはつかに伸ぶる水無月の夜のセロテープのかなしみおもへ


題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/22 (Fri) 086:石(本田鈴雨)

てのひらに淡いピンクは溶け去りぬ少女の夏の紙石鹸の




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/12 (Tue) 085:きざし(本田鈴雨)

夕陽さす街ゆく車閃きて なにか明るききざしのごとく




(おまけ)


波に乗るきざし見ゆれどまた沈む 今年は三位を争うのみか




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/12 (Tue) 084:退屈(本田鈴雨)

しがらみの少なくなりて退屈という感覚を忘れつつあり



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/12 (Tue) 083:筒(本田鈴雨)

紙筒の蓋をひねればなつかしく マーブルチョコや卒業証書の



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/06 (Wed) 082:サイレン(本田鈴雨)

サイレンに道ゆずりしにその先を右折しそびれ自らを褒む



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/06 (Wed) 081:露(本田鈴雨)

露くさの群れ咲く朝(あした)わが胸にともる灯の青なによりも青



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/06 (Wed) 080:富士(本田鈴雨)

夕空に山かげ浮かぶ地に在れば居を移すたび富士をたしかむ



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/05 (Tue) 079:塔(本田鈴雨)

塔に住む囚われの姫の目に眺む ここ七階のバルコニーより



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/05 (Tue) 078:経(本田鈴雨)

はらに沁むる読経声にて軽口を四十手前の住職は言う



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/06/05 (Tue) 077:写真(本田鈴雨)

亡き舅(ちち)の若き写真のいなせぶり暖簾継がざりし夫(つま)感嘆す



題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/24 (Thu) 076:まぶた(本田鈴雨)

ゆうるりと閉じたるまぶたまた開けよ みつめすぎずに見えくるように




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/24 (Thu) 075:鳥(本田鈴雨)

水鳥のうぶ毛の暖につつまれて春の雲間をゆく眠りへと




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/16 (Wed) 074:英語(本田鈴雨)

英語のみもちいて会話せし兄の若き日の夢いずこへつづく




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(2) |


2007/05/16 (Wed) 073:像(本田鈴雨)

ほそき身のガラスケースに立ちつくし 玻璃のこころの阿修羅像かも




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


2007/05/16 (Wed) 072:リモコン(本田鈴雨)

リモコンの飛行機あわれ荒川に墜落したり この曇天を




題詠blog2007 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。