--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/10/28 (Wed) 完走報告(本田鈴雨)

今年もなんとか完走できました。ありがとうございました。

スポンサーサイト

題詠blog2009 | trackback(0) | comment(9) |


2009/10/28 (Wed) 100:好(本田鈴雨)

をんなが子をたいせつにするその文字をおもへよ「好き」と言ふときにこそ 




題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 099:戻(本田鈴雨)

おもひでの歌うたひつつ乾し若布みづに戻せばまたおほすぎて


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 098:電気(本田鈴雨)

家出してナースとなりし電気屋のむすめよ帯電しやすき母よ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/28 (Wed) 097:断(本田鈴雨)

化学もて蜜柑のうすかは溶かさるるあはれ シロップの禁断を飲む 


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 096:マイナス(本田鈴雨)

二十年ぶりの(CRPマイナス)当たり前の日々 二瓩ふとりぬ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 095:卓(本田鈴雨)

卓のへに夕光ためてしづもれる琉球グラスのきんのひびわれ (夕光:ゆふかげ)


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 094:彼方(本田鈴雨) 再投稿

ゆふぐれのわが地平距離の彼方なる輪郭きえてきらめきはじむ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 093:鼻(本田鈴雨)

鼻さきを手に寄せむときびくとして跳び下りぬ猫はみかんがきらひ 


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 092:夕焼け(本田鈴雨)

六枚の窓すべて開け掃除せむ夕焼けがもう終はつてしまふ  


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/28 (Wed) 091:冬(本田鈴雨)

水蒸気みゆるがふゆる冬となるふうと吐くいき水にたつゆげ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 090:長(本田鈴雨)

午後の陽のぬくみ溜めたる板塀に長月花の白こぼれをり 


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 089:テスト(本田鈴雨)

オリオン座流星群のみえぬ夜のわがつくりゐるテストステロン 


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 088:編(本田鈴雨)

くすりゆびコピー用紙にすと切れぬ草の葉編みし春のありけり     


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 087:気分(本田鈴雨)

あけがたのゆめは気分だけを残し 死より完璧だらう喪失


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 086:符(本田鈴雨)

ひと恋へばあらゆることが符号にて 回転扉はひとりで入る


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 085:クリスマス(本田鈴雨)

信仰にかかはりのなき挨拶として交はしませう「メリークリスマス!」     


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 084:河(本田鈴雨)

しまぐにの環状道路の外がはに住みつつおもふ氷河のながれ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 083:憂鬱(本田鈴雨)

憂鬱をいううつと書く午後の空ゆうるりうろこ雲ほぐれゆく


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 082:源(本田鈴雨)

いさぎよき弧の濃みどりを立たしめて源平蔓のかづら日に向く  


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/21 (Wed) 081:早(本田鈴雨)

パー出してじやんけん負ける早生まれ ひだりてにハルジオンしをれて 


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/06 (Tue) 080:午後(本田鈴雨)

さういへば午後に聞くあの金属を打つ音けふは雨に低まる   


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/06 (Tue) 079:恥(本田鈴雨)

十月のベランダの末枯れあさがほに濃きピンク咲きなにか恥づかし     


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/06 (Tue) 078:アンコール(本田鈴雨)

拍手より靴踏み鳴らす音高くNeil Youngを呼ぶアンコール


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/06 (Tue) 077:屑(本田鈴雨)

大鋸屑に海老棲むものと信じゐき鮨屋のやんちや息子五歳は


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/06 (Tue) 076:住(本田鈴雨)

はじめてのふたりの住処ゆりのきに向かひていまもああここにある


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/01 (Thu) 075:おまけ(本田鈴雨)

おまけ好きの子が主婦となり大好きな楽天カードのポイント10倍


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(2) |


2009/10/01 (Thu) 074:肩(本田鈴雨)

わがもてるすべての上衣に肩パッドつけし80年代なりき


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/01 (Thu) 073:マスク(本田鈴雨)

営業の有澤さんのまるがほの笑ふとふくらむ不織布マスク


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/10/01 (Thu) 072:瀬戸(本田鈴雨)

下駄やさん瀬戸物やさん炭やさん乾物やさんとむかし呼びけり


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。