--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/03 (Wed) 年上の女房となる弥生かな

過ぎた話題ですが。

昨年バレンタインデーに贈った舶来のオランジェットがたいそう美味で
オットと奪い合いながら食べて食べ足りなかったので、
今年は手作りオランジェットにしてみました。


DSCN2379.jpg
これはほんの一部。
ぜ~んぶで、この5倍ちょいあったかな。

DSCN2381.jpg
きゃらぶき。・・・ではありまへんがな。
網からはずすとき、チョコのコーティングが剥落して中身のオレンジピールが見えてるのは
作った人が責任を持って食べる分♪

チョコレートは、クーベルチュールのスイート(タブレットタイプ)1kgと、
ビター調節用にカカオマス(タブレット)300gを、購入。

で、かんじんのオレンジピール。
菓子材料の専門店に不案内な私は、ひたすらネット検索。

スティック状の砂糖漬オレンジピールって、意外となくて・・・
ワックスやポストハーベスト不使用かつ味OKで失敗なさそうなのは、これしかみつからず。
1キロ入り。(約500本!!!)・・・・(^^;

お値段にびびりましたが、出来合いのオランジェット購入すること考えれば、ね。。
こんなにあったら、分包冷凍しておけば半年間くらいは食べられるし!?
と決心し、オレンジピール&オレンジキュラソー&コーティング用チョコレート購入。

うう。バレンタインデー用手作りチョコ材料に、計7千円近い投資。。。(--;;;

なにしろ材料はたんまりあるので、バレンタインデーに先駆けて試作。
たまたま遊びに来た姉が、あまりの美味しさに「あたくしもダーリンに作るざます!」ということで、
オレンジピール一掴み!?(1/6くらいか?)とチョコ2種適宜を、千円で売りつけ申した。


んで、82歳になっても娘と嫁と孫からチョコもらえるものだと思い込んでいる父のために
先月実家へ(家族で味見できる分もおまけして)持って行きましたところ、これまた好評で。
たらちねの母が「もっと食べたいぞよ」とのたまいまして。

今週残り全部作り上げ、昨日タッパー1個分持って行きました。。。

にしても、食べる方があっけないせいか、それほどの量には思えません。。



かんじんの、わがオットは、、、
最初に数本食べた日の夜、たまたま、腹具合に変調をきたし。
(ぜーったいオランジェットのせいじゃないんだけどな!!!)
以来、ほとんど食べてくれません。

去年のはあんなに「うまい♪」ってたくさん食べてたのに。。
手作りだって味変わらないくらい美味しいのに。。。

だもんで、オットに贈ったオランジェット、毎日数本ずつ蒸発しているようでございます。
近々すべては雲散霧消。



あーうまいぜ。



ところで余ったチョコレートは、姉に寄贈してみようかと。

たぶん、ガトーショコラかチョコレートブレッドに化けて戻ってくることでしょう~~♪♪♪




にしても今年は、気がつけば花も雛もない3月3日。でございます。。。




スポンサーサイト

料理・食物 | trackback(0) | comment(10) |


2009/11/20 (Fri) ちょっとこわい。。

           2009y11m20d_184244314.jpg

げんこつでテーブルを叩かんとするのはどなた?

           2009y11m20d_184403698.jpg

どっこい、メロン蒸しパンよ。

            2009y11m20d_184542881.jpg

どすこい、微妙な角度で立ち上がりましたね。

            2009y11m20d_184643988.jpg

上から見るととっても普通。

Sスティルス(仮名)氏愛育の、なんとか瓜。(すみません、名前忘れますた。)



やっぱりあんかけでくっちまう?



漬けちゃだめ???



料理・食物 | trackback(0) | comment(5) |


2009/04/14 (Tue) なんでも一緒に感動したいひと

この春も、すでにアウルファームさんのお野菜を食しております。

活きのいい肉厚の小松菜が、どっかんどっかん入ってます。


それで・・・


食卓に連発しすぎたのか・・・・・



3月の繁忙期以降、オットが晩ご飯を我が家で食べる頻度が減ってるんですけど。。。



いやいや、小松菜のせいではなくて、単に仕事がらみのことばかりなんですけどね。。



ま、それはいいとして。



小松菜ってさ、生で食べても美味しいんだよ!?知ってた!?!?



んなわけで、あたしゃ一人のときは主食を小松菜にしたりしてます。

もちろんルッコラもグリーンマスタードも、ばりばり食べてます。





あああ。

肉と活魚の味だけじゃなく、
オットが野菜の味のわかる舌を持っていたら。。

一緒に感動できるのになぁ。。。



・・・なんて、ぜいたくすぎる望みだとは思ってます。。。。。



料理・食物 | trackback(0) | comment(7) |


2008/11/07 (Fri) アスパラ菜にはおどろいたな

美味しい有機栽培野菜。

下のフロアのKさんとシェアさせていただくようになって、
(特に、両家とも大好きな葉ものが入るようになった秋以降)
多少の試行錯誤の結果、だいたいペースが定まってきました。

ベストなのは、10日に1回、というところ。

毎週だと、ちょっと忙しい。
それに、葉ものは食べてしまう一方で、根菜などは少しずつ残ったまま増えていく・・・
(特にKさん宅は、ご親戚からじゃがいもなど送られてくるそうなので)

かといって、新鮮な葉ものは毎日でも食べたいから、2週は待てない。


なかなか良いです。

中9日ペースのローテ。


       ・・・先発ピッチャーだと、空きすぎですけどね・・・




さて、その美味野菜について、ちょっとご紹介。



前々回の内容で感動したのが、愛美菜アスパラ菜)。

菜の花がついているので、アブラナ系の野菜だということは、一目瞭然。
でも、春先が旬のあの「菜の花」ではありません。(タネやさんの画像を、参考までに。)

茹でるか?炒めるか?・・・当然加熱するつもりで、洗って茎の根元を2cmほど切り落とし。
その茎を、ちょっとかじってみたのです。
なんといっても、野菜の味を見極めるには、たいていは生で味見するのがいちばん。
(その点、アウルファームさんの野菜は、この味見も楽しみなのです!特に蕪。)

あれ?ウマイ!!!
葉も?・・・ウマイ!!!!

無意識に予想していたエグさ・青臭さがないことにびっくり。かわりに、甘み・旨味がある。
歯ざわりもいいし、茎をかじっても全然繊維の残る感じがない。

ここ、これは!生で食べるべきです!!!

実は、2~3日前・・生の味見を忘れて、半量を加熱調理してしまったのでした。
(白菜とエビ・イカとで、あんにして中華風)
でもそれだと、せっかくの個性がかき消されてしまう。

というわけで、来客のときサラダ(withスモークサーモン)で食べました。

予想通りの大絶賛!

和風ドレッシングでしたが、何にでも合いそう。(でも、かけすぎないこと。)

もちろん、美味しく改良された野菜なのでしょうから
スーパーで買ってもサラダで食べられるのだろうとは思いますが。

でも最初にこの味を知ってしまったら、ほかで買う気にはならないでしょうね。。



もうひとつは、春菊

アウルファームさんの春菊については、以前よりファンの間でウワサされていましたので。
それなりの期待は、していましたとも。

でも、まず、実物をた時点で、感動。

とにかく美しいのです。
明るく清々しい、グリーン。

だいたい春菊といえば、暗めの緑。
といっても、緑が濃い、というよりは、暗いのになんとなく白っぽいというか。
でも、そういう野菜なのだ、と思っていました。
それと、葉の裏の薄い膜の下に、黒い小さなアブラムシみたいのが潜ってたりするし。
いつも、洗いながらよーく見て、取り除いてましたが。

・・・それが、皆無でした!すごい!!!

なにしろ初めて見たような、それはそれは美しい春菊でした。

味と香りも、ライトなかんじで・・・
春菊の個性はちゃんとあるけれど、あくの強さが、ない。

春菊嫌いが解消されるというウワサ、納得しました。




挙げればきりがないくらい、どの野菜も味が濃くて、とにかく美味しいです。

にんじんも。じゃがいもも。
蕪なんか、糠に漬ける前についかぶりついて、そのまま1個は完食しちゃいますね。
夏に入っていたピーマンは、切った瞬間ハーブみたいに良い香りがしたことが印象的でした。

里芋も、けんちん汁に大活躍している我が家ですが・・・
先日、オットのおやつに、きぬかつぎにして塩少々ふりながら食べましたら。
なんとまぁ、甘みと旨みが豊か。ねっちり&ほっこりな食感も、すばらしい。

煮物でも美味しさは堪能できるけれど、芋好きな方はぜひ、
アウルファーム里芋のきぬかつぎ!
よーく洗って水分を拭かずにラップにくるんで、レンジの根菜モードで加熱。
皮も手で剥けるし、超簡単です。ぜひ味わってみてください♪




最後に・・・老婆心ではありますが。

これだけの美味しさと安全性(もちろんその裏の、生産者の方のご苦労も)があって
8品目2600円(送料込み)というのは、むしろお安いと思います。
量も本当にたっぷりなんですから。

パルシステムは、有機栽培も減農薬もお値段はお手ごろですが、
味に関して物足りなさが。生産者を選べない点もちょっと残念。
(同じ商品でも、生産元によって品質にある程度のバラツキがあると感じます。)

Oisixは、味を含め品質は満足できるのですが(生産者別に選べるし)、
価格と送料で、ちょっと考えてしまいますね・・・。

やはり、生産者から直に購入できるのは、コスト面品質面ともに大きなメリットです。

まぁ、アウルさんがお休みの間と、モロヘイヤを食べたい夏の間だけは
利用させていただきますが。。






はぁ・・・・・

すっかり(うっかり・・・?)営業しちゃった。。。



とは言いましても、私がそうであったように

百聞は一食にしかず。

ですかね。。



なにしろ、1度食べたら惚れ込む美味しさです。



そもそも営業(?)してくださったお二人様に、改めて感謝


シェアパートナーになってくださっているKさんにも、感謝



そしてそして。

美味しくて安心な野菜を提供してくださる、アウルファームさんに、感謝








料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2008/10/16 (Thu) かぼちゃのプリン

久々の食べ物ネタです。


アウルファームさんの有機野菜、先週は葉物がたっぷりで、
シェアにお付き合いいただいている下のフロアのKさんと、大感激しながら山分け

まだ、その前のサツマイモや今回の里芋と大根あるけど、
葉物はもう食べ終わるし・・そろそろまた注文しようかな~というところです。


先日は、そのアウルさんの甘いあま~~いかぼちゃで、かぼちゃのプリンをつくったよ。

前回のかぼちゃはとっても大きく、Kさんと半分こしても十二分な大きさ。

蒸しプリンではなくて焼きプリンにしたくてレシピを検索し、
こちらを参考にさせていただきました♪

とっても簡単でおいしい~

我が家には白いお砂糖がないので・・・
(料理は、甘ったるくないのが夫の好みなので、みりんのみ。その他は、粉末黒砂糖。)

黒砂糖使用。
カラメルソースは、代わりに黒蜜というのもしつこそうなので、メープルシロップで代用。
それと、かぼちゃは皮も食べたいので、むかずに丸ごと使用。裏ごしは敢えて1回だけ。



ちょうど焼き始めてから、Kさんご夫妻宅で晩ご飯をごちそういただくことになったので
デザートに持参。
結局、美味しい晩ご飯で満腹のまま夜も更け、半分取っていただいた残りを持ち帰り。

かぼちゃがとても甘かったので、お砂糖をかなり控えたところ、微妙でしたが(^^;
でもメープルシロップを多めにかけたら、なかなかのおいしさでした♪


さらに連休中、残りの分でまた作ってオット実家に持参。
義母にも、ちょっと和菓子のようでおいしいわ♪と喜んでもらえました。
(でも今度はちょっと黒砂糖増量して、あまり甘さ控えめになってなかった・・かな;)



かぼちゃ。

お砂糖とお醤油で煮た、ほくほくのが私は好きなのですが、
オットは煮たのを好まないので、以前の我が家の調理法は、

5~8㎜にスライスしてたっぷりのオリーブオイルで焼き、
熱いうちにサッとクレイジーソルトをふる。


というのが定番でした。

または、かぼちゃのスープ
あとは義母の作る、かぼちゃと卵のサラダ
(それぞれを茹でて小さめに刻み、マヨネーズで和える。)

私が独身の頃は、薄切りをバターで焼いてチーズをのせてとろ~り蒸らしたのが
お手軽で美味しかったので、お弁当に入れたりしてました。




さて、それと。

アウルさんのサツマイモ、本当はシンプルに焼き芋がいいんだけど・・・
(実姉宅に嫁にやったセラミック焼き芋器・・なつかすぃ。。。)

今度は、スイートポテトかな。これは何度か作ってるんですわ。バターも久々に買ってあるし。



あと、大根はおでんで全部使い切るな。

あ、そうそう!

大根の葉っぱも、すんご~~い見事でした。
葉だけで一把、葉物野菜で売れそうな。。

これは、細かく刻んで炒めて水分をよくとばして豚肉とでチャーハンにしたら、イケましたよ。



おっとこれも書かなくちゃ!

Kさんご主人(?)お手製の、生蛸サラダ!
クセになるおいしさ

あらかじめベビーリーフをだし醤油で和えておき、生蛸を薄切りにしてトッピング。
その蛸に、熱したごま油をまんべんなくかける。


これ、熱々ごま油がかかってないととても噛み切れなくなるそうなので、要注意。

我が家もこれやってみたいけど、生蛸をどこで入手するか、だな。
なにしろオット実家鮨屋は、「タコは蛸屋!」から仕入れていたそうなので。。。。





というわけで。

かぼちゃプリン食べたい方、あそびにきてちょ


料理・食物 | trackback(0) | comment(5) |


2008/08/05 (Tue) いろいろ

               pico0808.jpg


ブログ(書き&めぐり)とmixiと歌詠み。
これらに関しては、意識をもって臨まないと日々際限なく時間を費やしてしまい
ほかのさまざまなことがおろそかになりがちなので、折々控えることにしましてん。

というわけで、ごぶさたしております。トップにネコ画像で、ちょっと気を引いてみました。。


さて、ここ1~2週の間にあったこと。野菜編。



●今期初バジル!

 姉から今年も「バジ公が育ったよ~」とメールが来た6月以来、苗をもらいうけに行かねば
 と思いつつ、多忙な姉となかなか都合が合わず、やっと先週行くことができた。
 庭の一角に青々と、激しくもっさもさのバジル畑が。
 今年は種子を蒔いて育てたので(以前は苗を挿し芽で増やしていた)この有り様だそうだ。
 
 4本を寄せ植えしてある鉢ひとつ&大量の収穫葉を、もらってきた。
 収穫葉といっても、株の下の方の葉芽を数箇所残して刈りとった、よく茂っている茎まるごと。
 もちろん葉だけを使うのだが、バジルソースにしたら、かなりの量になりそうだ。
 それでもまだ、姉のバジル畑の半分にもならない。
 あんなに大量に繁ってるバジル、どうするんだろう。。。

 雑草の夏草のように生えている青じそも、2株。これだけ植えれば、薬味にちょうどよい。
 これまたわっさわさに繁茂のローズマリーも、ちょっとでいいから持ってってと言われたが。
 使わないんだよね。ごめんね。。(当の姉も使わない。)
 
 

●有機野菜をシェアしてみる。

 あのルッコラショック以来、隔週で注文していたアウルファームの有機野菜。
 美味しくてたくさん入っていて、決してお値段が高すぎるということはない。
 商品としての規格に満たない“はね”の分が、おまけで入っていたり♪もして、嬉しい!

 が、家族二人だと、とても1週間では食べきれない。
 鮮度がよいので長持ちするとはいえ、やはり新鮮なうちにこそ食べたい。
 幸いにも、それを可能にする展開があった。

 下のフロアのKご夫妻が遊びにきてくれたときのこと。
 有機野菜だとかいう説明は一切していなかったのだが、カリフラワー(茹でただけ)を
 奥様が一口食べて「このカリフラワー美味しい!」と感嘆の声を。
 
 それがきっかけで、アウルファームの野菜をKさん宅とシェアしてみる運びとなった。

 先週、その旨をメールに一言付け加えて、注文。
 届く時間帯に、あらかじめ、お茶しに来ていただいて、おしゃべりしつつ野菜到着を待つ。
 届いた夏野菜の量と種類に歓声を上げつつ、“はね”のおまけも含め、二人でしっかり分配。
 (たぶんアウルさんの方でも、分けやすいようお気遣いくださったのだと思う。)

 おかげさまで、そろそろ完食。
 次回はまた頃合をみて・・・と申し合わせてあるので、今日あたり相談しようかな。

 で、バジル。この日一緒にお分けしようかと思っていたけれど、ソースにして翌日お届けした。
 葉の嵩がすごいので、フードプロセッサーのボウルに一度には入らず、
 少しずつ入れては回し、オリーブオイルも足したりして、どうにかボウル1杯分に収めた。
 といっても、かなりの濃度。半分ずつ分けた量でも、調理時にのばして使えば4~5回分か。

 Kさんからも、お義母さんがくださったという掘りたて枝豆を半分いただいた。美味。




野菜シェア、ばんざい。である。



 

料理・食物 | trackback(0) | comment(2) |


2008/05/02 (Fri) こんなルッコラ食べたことない!

のんべえ客人お二人を迎え、酒と音楽の一夜を過ごした、先の月曜夜でございました。


おみやげにいただいた、しっかりしたサニーレタス緑濃きルッコラ
それらも全部食卓に出させていただいたのですが。

ルッコラの味といったら、素晴らしかったです。


甘い!旨い!辛い!


もちろん胡麻の風味も豊かでありつつ、とても濃厚な味。
スモークサーモンとの相性もぴったりで、レモン少々かけただけで、十分なお味。

まぁ、オットは、野菜は主張しない味が好き・・というか、食べやすいんですがね。

私は、自己主張の激しい味の野菜が好きなんです。


パルシステム(生協)の野菜はね・・正直言って・・・・

有機栽培のでも、味は・・いまひとつ・・・なんですよね。。

冬場のほうれん草くらいかなぁ。
「濃い!美味!」と実感するのは。


オイシックスのは、味がしっかりしていて美味しいのですが。
(とは言っても、あのルッコラにはとうてい及ばぬ!)
価格がねぇ。。送料もねぇ。。。



というわけで、ついに私も仲間入りさせていただくかも。

某有機野菜農家さんの宅配便を。



営業部長さん、次長さん、どぞよろしくです。


料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2007/03/26 (Mon) 宣誓

使いすぎた。。食費。。。。

生協とOisix両方で、3月引き落とし分がなんと4万7千いくらに。。。


昨日これを確認し、愕然


といっても、別に、腐らせたりして無駄にしているわけでは、ないです。
ちょっと、おやつとか、、減農薬果物も、、、買い過ぎかも。。
あと、個別の野菜購入の他に、「何が入ってるかな?」的有機野菜セットボックス注文して
だぶりが発生したりとか。。。
それと生鮮冷凍もの、、冷凍庫が常にストックで賑わっているようになってしまった。。。



大幅赤字です。。
旅行用積み立て口座から投入してなんとか切り抜けることにしましたが。。。
かなり凹みました。。。。。




だもんで、ブログ上で誓っておくことにしました。



もう、絶対、買い過ぎません。


食費(生協とOisixで購入する食材費)は・・・
上限35000円、通常3万円に抑えるよう努力します。。。

おやつについては、、ここに含まれるかどうかは、、、微妙ですが~

料理・食物 | trackback(0) | comment(10) |


2007/02/16 (Fri) 春の色

ベビーリーフとラベンダー・・・姉の菜園から。

2007y02m16d_201205026.jpg


本日の採れたて


あ~昼間ならな~~、、、

この若々しい柔らかい色が、再現できず残念!


葉っぱはサラダ行き。
ラベンダーは、トイレとリビングに飾ります。

このラベンダーは、葉に特徴があって、花に香りのない種類だそうです。

料理・食物 | trackback(0) | comment(5) |


2007/01/25 (Thu) 大甘

なんかでやってましたね。
ためしてガッテンかな。(例のアノ番組ではないよ~)

※追記 「ためしてガッテン」ではなくて「人間!これでいいのだ」でした。。

こうじの甘酒が体内時計をリセットするって。


体内時計が25時間できちんきちんとずれ込んでいっているらしい私、
さっそく購入してみたんです。

砂糖などの甘味料は一切加えていません、糀の甘さだけでできてます

・・・っていうの、生協で売ってたから。3倍くらいに薄めるタイプの。


ま、もともと、酒粕の甘酒なら、嫌いじゃないです。
甘さ控えめにして、牛乳やメイプルシロップ入れてもおいしいし。

(子供の頃は、母があわてて作って溶けきらないのが底に残ると、イヤだったっけな~)


だもんで、糀の甘酒も似たようなものだろうと思っていた、愚か者です。




甘かったです。。。


ええ、大甘でしたよ。。。。。。




と、自分と甘酒双方の甘さに、とても謙虚な気持ちになりながら、、、
うすーくうすーくうすーーーくのばして、飲んでます。今朝は3回目。

いつ飲むかというと、洗濯日
朝の二度寝なしで、すぐ働きモードにスイッチしなければならんので。

これがね、なかなか、ですよ。

リセットはどうなんだかよくわからんが、甘くて熱くて、からだ温まって、
働きモードスイッチON。じゃなくてね。)
くらいの力は、出る。





あああ~~~でもどうせ飲むなら、酒粕のがいいよ~~~~~




あと3袋・・・9杯分・・・あるので、母に「あげる」と言ってみたら

え~~糀のなんか甘くて~~。飲まないよ。いらない。

と、あっさり斥けられましたさ。

そうか・・・だから・・・
私も糀のって、子供の頃からずーっと、飲んだことなかったんだ。。。



料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2007/01/22 (Mon) 我が家の男飯

一昨日の夜のことでした。
腸がやたら活動的になって、下痢するときのような腹痛に見舞われ・・・
かといって、下痢するわけでもなく。
(牛乳温めないでコーヒーに多めに入れたからかな。。)

ただ、下痢に伴って全身の関節痛で動けなくなってしまう、あの炎症状態に
突入しそうな、イヤ~~な予感があったので、痛み止めを投入しておきました。

とはいえ、昨日はやはり、かなりの不調。
以前の「全身固まっちゃう状態」までは行きませんでしたが、その3歩手前くらい。

かなり、久しぶりです。
少なくとも、転居後初めて。


というわけで、主夫大活躍。

ブランチも晩ご飯も作ってもらい、後片付けからお茶淹れから、すべて。


ここで、冬の我が家の休日ブランチベスト3を記しておきましょう。

NO.1・・・月に群雲そば(もっちりとろろ・玉子・わかめ載せ)
NO.2・・・月見わかめうどん(玉子・わかめ・きざみ揚げ載せ)
NO.3・・・ツナトマトのパスタ

特に、今季我が家で大人気の、月に群雲そば。
これはたまたまなのですが、蕎麦も卵もとろろもOisixの食材で、これが美味。
ヘタな蕎麦屋の蕎麦より美味い。
2007y01m22d_175454132.jpg

2007y01m22d_183000070.jpg

2007y01m22d_183044584.jpg


つゆのもとは、ヤマサですが。


私の担当は、つゆと薬味(葱きざみ)、ワカメと山芋の準備。

山芋のすりおろしと蕎麦は、夫担当。

蕎麦を大鍋で茹でて、冷水で洗って、また熱湯をかけてさっと温める。
そういうダイナミックで手早い動きは、なんといっても男がいちばん。
(というか、私デキマセン・・・)



で。
一昨日は蕎麦、昨日はパスタでした。


パスタのボイル担当も夫ですが、普段ソースとスープ担当の私がダウンのため、
昨日は夫が、ツナトマトソース作りに初挑戦。

ちょっと焦げちゃったのと、ちょっとしょっぱかったのが惜しかったですが
おいしくいただきましたスープは、えのきとワカメで無難。



さて、晩ご飯。
何を作ってくれるのかな~と思っていましたら、私の予想はぴったり的中。

豚肉と玉ねぎのオムレツと、大根のお味噌汁でした。(あと、市販キムチ)


ご飯の水加減も、ちょうどいいですよ~

オムレツ、たま~に作ってくれます。美味しいです。
でもたいてい、具が多すぎて包みきれないんだよね~~

ん~~緑黄色野菜がありませんでしたが・・・
ブランチのトマトソースの水煮トマト1缶分のリコピンで、いいことにしよう。。




そんな我が家の、男飯でした。



夫に感謝。。。。。





料理・食物 | trackback(0) | comment(5) |


2007/01/17 (Wed) チキンライス

久々の料理ネタです・・・

そういえば、いつだっけ、、、
次回はチキンライスとか冬になったら汁物のこととか、書いてたんだった。。

いや~実は、一昨日久しぶりにチキンライスにして、思い出したんでした~。


我が家は、オムライスでなく、あえていつもチキンライスです。
まずは、その点をご了承ください。


さて。
どんなに美味しいと評判の店のチキンライス(オムライス)だったとしても、
私がどうにも満足できないのは・・・

ケチャップライスの、べチャべチャ感、、というか、もったり感。

それをなくすために工夫したのは、ごくごく単純なこと。コツは以下のとおりです。


①ご飯を炊くときの水加減は、後で加えるケチャップの水分も考慮して、だいぶ少なめに。
 炊飯後に蒸らし終わったときも、よく水分を飛ばす。

②具を炒める際、鶏肉は、加熱しすぎて硬くならないよう最後に入れ、
 鶏肉に火が通ったらすぐに、ケチャップを入れる。
 さらに炒めて(少し煮詰め加減)水分を飛ばす。
 
③いったん火を止めて、ご飯を投入しざっと混ぜる。
 再加熱し手を休めず、焦げ付かないよう火加減をしながら、
 べチャべチャ感がなくなって好みの加減になるまで、炒める。

 ちょっと炒めすぎかと思ってしまいますが、水分が飛んだ分旨味の濃いソースを
 硬めに炊いたご飯がしっかり吸って、いいかんじになります。
 (我が家は、少し焦げ目が付いてくるくらいまで加熱するのが好きです!)




以上、言うほどのことでもないからと私独自でやっていたのですが。
あるとき夫が

どこの店で食べるのより、ウチのチキンライスのが美味いのは何故だろう?

と言ったときには、しめた!!!と思いましたよ。


そこで得意げに、夫に裏技を公開した私でございました。

まぁ、言い方を変えれば、、、、


ケチャップチャーハン、、、、、、?



微妙。。。

と思われた方は、やめといてくださいね~。



ちなみに、久々のチキンライスは、、、どうも、いまひとつ。

鶏肉が硬くなっちゃった。

そうそう、以前、粗塩の記事のときに、あえて書くのをやめておいたんですが。
粗塩って、にがりの成分が蛋白質を凝固させる作用があるので
本当は、お肉には使わない方がベターなんですよね。

私はそれでも、食感として特に「肉が硬い」と感じるまでのことはない程度に
旨味重視で、なにかと使っておりました。

が。今回は、初めて・・・「肉の下味に使った、あら塩のせいかな。」
と感じるほどだったんです。

実は、それまで使っていた粗塩がなくなったので、Oisixで別商品を購入。

粗塩に、そうそう違いはないと思ったのですが・・・

以前使っていたのは、製造の過程でにがり成分を残したもの。
新たに購入したものは、
赤穂の海水から作られた食塩に国産にがりを加えました。
だそうです。

そのせいでしょうかねぇ。。
というか、ただ単ににがり成分が多い、ということなのでしょうか。。。

どちらにしても、この塩を使い切るまでの間、肉料理には要注意ですね。


ちょっと、がっかり。。でした。。。


今度は、岩塩にしようかな。




あらら・・・粗塩の話題で幕引きとなりました。。。。

料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2006/11/29 (Wed) おすそわけの季節?

Mさんからいただいた、ダンボールに山をなしていた、長野のりんご。

2週間前に届いたOisixのりんごさえまだ消化しきれていない我が家では
ひとつだけごちそうになって。
一升瓶入り・りんご生ジュースも、そう保存利かないのでがぶがぶ飲んでるし。


というわけで、おすそわけ先を考えた。

マンションのご近所さん・・・同フロアのお宅2軒と、下のお宅。

でもさ、、農家さんにいただいた傷リンゴって、理解してもらえる方じゃないとね。。


いやいや「傷」っていうけど、美味しさは太鼓判ですよ。

甘くてしゃきしゃき!!!蜜入りのだって、混じってる。
かじれば「カシッ」と音を立てて、果汁の飛沫が飛び散るよ~!!!


それに、入院していた頃、地元の方々におそわったの。

鳥がつつくのは、中でも甘くて美味しいやつなんだよって。

なんてったって、農家直送の、もぎたてだし!


下のフロアのお宅は、すでにおすそわけのやりとりもあるし、
駐車場などでも顔を合わせれば、ちょこっと立ち話したり
今度飲みに来てくださいね~なんて
声もかけ合う程度にお知り合いの、私たちよりちょっと(かなり??)若いご夫婦。

同じフロアのお宅は、、、微妙、、、、、かな。。
それなりにお付き合いはあるけど、まだ「気心知れる」までは全然いってないな。


で、結局、ご近所はやめといて。
夫実家も・・・お母さん一人じゃ、買い置きでじゅうぶんだよね。。

とにかく気楽にドカンと置いてこられるところだけに、決めました。


先日、私の実家と、その帰りに寄れるお友だちのところへ。
昨日は、実姉のところ。
今日は、238な主婦に、ランチがてら。

おすそわけ林檎行脚の日々。

いやはや、どちらさまも大歓迎!で本当に、よかった~~~(*^^*)


あーこれで一つも無駄にすることなく、味が落ちないうちに喜んで食べてもらえて
よかった~~~(*^^*)


と安心していたら~~~・・・

さきほど、下のフロアの奥さまから、じゃがいもとりんごのおすそわけがー!!!


前々回に、梨とじゃがいもをいただき。前回のおすそわけは私からで・・・
いつだったかしら、バジルの大量収穫でバジルソースが大量にできたとき・・・
2006y11m29d_202233103.jpg

う~ん。パスタ使用量(たっぷりの2人分)に換算して、12回分は楽にあったな。
保存が利くように、チーズは入れず・・・
にんにく、松の実、バジル、粗塩、オリーブオイル、のみ。

そのうちの1壜(パスタ3~4回分)と、ドライハーブにしたレモンバームとタイムを、少しずつ。


お会いするたびに「美味しかったです~」と言ってくださって嬉しかったのですが。

今日はまたまたお返しで。

じゃがいも、ちょうどなくなるとこだったし!北海道のですって~~おいしそう
りんご、「蜜入りで美味しいんですよ♪」って。ごちそうになります~


おすそわけ合戦?なんていうのは・・・
義理や無理強いがらみになるとツライから・・・好きじゃないけど。


あの方との、忘れた頃にやってくる、お気楽おすそわけのおつきあいなら!

楽しくておいしくて、うれしいな~~~(*^^*)



この次は、、、来年かな。
何にしようかな~~~♪

料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2006/10/05 (Thu) 自己満足的食卓

我が家の食卓も、すっかりオーガニックな雰囲気になりました。

有機栽培かぶの糠漬。
有機栽培モロヘイヤのおひたし。
菌床無農薬なめこ(株ごとパック)と消泡剤不使用絹豆腐と手作り味噌の味噌汁。
放し飼い&非遺伝子組換植物性飼料・山間部の湧水で育てた抗生物質無投与鶏肉の
有機栽培たまねぎと自家栽培バジルのエクストラバージンオリーブオイル焼き。
水揚げ後すぐに塩だけを使って加工された愛媛県産釜あげしらす。
化学合成農薬&肥料が生産地域平均使用量の半分以下の減農薬米のご飯。

・・・あー疲れた。・・・昨晩のメニューは、こんなとこだったかな。

やっぱり、美味しいです。素材の味がちがいます。
そのおいしさが、さらに良い食材を使っているという満足感で2割増し。

メニューが豚肉ならば・・・
さつまいも・タピオカ・小麦などを中心にハーブを加えた飼料と
ミネラル豊富な地下天然水を飲ませてのびのび育てた、
成長ホルモン剤・抗生物質不使用の豚肉。

んなかんじです。


なんだか、こういうふうに書き連ねれば書き連ねるほど・・・

なにか傲慢なものを感じてしまいます。

化学合成農薬や化学合成肥料を使わずに生産するのが、どれほど大変なことなのか。

私にはとりあえず、頭で理解することしかできません。
でも、生産者の方のご苦労を想像しながら・・・

食物を育て収穫すること=生きるために自分自身がやらずにすませていること。

そんなことを思いながら、食せることの感謝を忘れずに、調理を楽しみながら、
大切なものたちを大切な人と一緒に、

今日もお食事いたしましょう。

料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2006/09/26 (Tue) エンゲル係数って死語ですか?

食品宅配のおかげで、我が家のエンゲル係数はうなぎのぼりですじゃ。

追い討ちをかけているのが、生協でして。

だって先日また生協のおにーちゃんが。
いつも断ってたんですが、Oisix始めたらかえって警戒がゆるんじゃって。
話だけなら聞いてもいいかな。って。。

生協も検討対象だったけどね~
なんていろいろ話してたら、選ばなかった理由を聞かれ。

入会しないとカタログ見らんないし、退会時に返却とはいえ入会金必要となるとね~

な~んて話から、カタログ見てみますかって誘導されて、
お届け先登録させてくださいって・・・まんまと入会するハメに。。。

まぁ、いいんですけどね。
入会金て1000円なんだって。もっと高いと思ってたから。
今年一杯は配送手数料無料サービスというし。

ってことで、生協とOisix比較。


生協pal

●パンが美味しそう!種類も週替わりでいろいろ出て、お楽しみ~♪
●魚介類も魅力的。品揃え&美味しさはOisixといい勝負だが、価格はお手ごろ。
●有機無農薬野菜boxが6種類1300円ちょいで、魅力的。
●専用宅配ケースが使い捨てでないのと、梱包材やカタログも回収してくれる。

▲宅配日時は選べない。(そのかわり、不在時は玄関前に置いて行ってもらえる)
▲クレジットカードが使えないので、引き落としにする手続きが面倒。
▲基本的に、宅配手数料は安いけれど毎回かかる。



Oisix

●豚肉・鶏卵が特においしい。
●野菜は、同じ種類でも有機栽培と減農薬など品揃えが良く、選択肢が生協よりかなり豊富。
●配送料は高めだが、購入金額に応じて割引~無料となる。
●宅配日時を選べる。

▲段ボール箱、発泡スチロール箱、緩衝材など、梱包材の処理が大変。
▲パンの種類が少ない。
▲加工品は、保存料など添加物不使用のせいか、塩分多め?・・しかたないけど。
 (一度注文した黒ゴマ食パン、しょっぱくて懲りました。)



細かいことを言えば、双方の長所短所まだまだいろいろありますが・・・

とりあえず、私は以下のように使っています。

* Oisixは、できるだけ送料を省くため、隔週で高額まとめ買いをする。
 特に、肉類は翌週分として冷凍ものも購入しておく。
* 野菜は毎週欲しいので、Oisixを頼まない週は生協で有機野菜boxなどを購入。
* 魚類・パンは、生協で購入。


とは言っても・・・

美味しそうで、ついついあれもこれも注文しちゃうんですよね・・・

たぶん、今月の食費って以前の倍は使ってるな。。
こんなこと続けてたら、年末には赤字計上必至・・・今後セーブします。。。


ところで・・・

食材を質の良いものにして食費が増えちゃったっていうのは、
生活レベル向上だと思う(思いたい;)んだけど・・・

エンゲル係数が上がったことになるんですかね・・・・・・・???


料理・食物 | trackback(0) | comment(11) |


2006/09/08 (Fri) ばじりんこ!

前回バジルについて書いて以来、4回収穫。そのつどバジルソースにしました。
といっても、本格的ジェノバペーストは、夫の嗜好に合うか不安があったので、やめました。

バジルの葉・煎った松の実・粗塩少々・エキストラバージンオリーブオイルを
フードプロセッサーにかけただけです。


にんにくも入れたかったのですが、いつも買うのを忘れており・・・
それに、加減がわからずに入れすぎると、にんにくの香りが強くなってしまうので。
調理時にガーリック振ればいいか、ということに。


これだけでも、なかなかの美味ですよ~。
が、休日ごとにバジルのパスタのブランチが幾度か続いたところ、
夫が飽きてしまったようで。。(私はまだまだイケそうだったのですが;)


で、ここしばらくは収穫もせず、バジル伸び放題になってました。

さすがに、最近下葉が何枚かちょっと黄色くなってきたのが気になりはじめ・・・
そろそろ収穫して、下の方の芽からまた伸ばしてやらねば!と
一昨日大伐採をいたしました。

そしたらアナタ、まぁずいぶんと大量の生葉が採れまして~~~♪♪♪

松の実も買ってなかったので、今回は葉と塩とオイルのみ。シンプル!
2006y09m08d_161651072.jpg


少し使いましたが・・これだけできました~~~!(キューピーマスタードの瓶です)
ちょっとボケてますね;;;冷蔵庫から出して撮影したので水滴も;


調理時にのばせばいいやと思い、オイルを少なめにして、瓶に詰め込んであります。


で!

昨晩のメニューは親子丼のつもりだったのですが・・・
ちょっと迷いは、ありました。

というのは・・・
我が家の食材が美味しくなってからというもの、シンプルな調理が多くなりました。
(って、もともと大雑把の手抜きぎみだったか;)
特に、豚肉。軽い塩コショウでソテーするのが、いちばん美味しいのです。

放し飼いで育った鶏肉も、できればシンプルに食べたいな~と。
もちろん、美味しいたまごと合わせた薄味の親子も、美味しそうなんだけどね。

で、迷いつつ鶏肉のパッケージを眺めていたら、
「バジルとオリーブオイルで焼くだけでも美味」という記述発見。


でも今日のところは親子でいくか・・・
と、玉ねぎをきざみ、鶏肉を切りおわったところに、夫帰宅。

調理に入る直前、一応聞いてみました。
そしたら「う~ん・・オリーブオイル焼きにしてみようかな」と、ちょい予想外の回答。


私は喜び勇んでバジルソースを取り出し、たーーっぷり!!!投入。
オイルも少し足して、ガーリックをプラス。
玉ねぎは、じゃまな味になっちゃうかな?とも思いましたが・・・

うま~~~~~(*^q^*)

この有機栽培玉ねぎも甘くて美味しいのですが、その甘みが
またなんともうまい具合に、鶏+バジルの風味を引き立てていまして。

ちょっとオイル足しすぎたけど;;;


このバジルソース、私の平日ブランチのトーストにつけても美味!!!

壜1本は、先月梨をいただいた下のフロアの奥様におすそわけ・・と思っていたのですが・・
う~~ん。。食べちゃうかも・・・・


また次回の収穫で・・・いいかな・・・・・・・・

料理・食物 | trackback(0) | comment(3) |


2006/09/01 (Fri) 食品宅配きめました

野菜の宅配の検討に始まったのですが・・・

以前書いた、お試しBOX。
なかなか良かったんですよ~。

何がいいって、野菜&果物以外にも、美味しい卵や黒豆納豆、豆腐、お肉がセットされていて。

野菜も美味しいですが、決め手は、卵と豚肉!これには・・やられましたー。
抗生物質不使用、植物性飼料のみ使用し、ストレスの少ない環境で健康に育った鶏や豚。
とのこと。豚肉は、どっちの料理ショーでとりあげられた牧場さんだそうです。

で・・やっぱり、美味しいんですよ。気のせいじゃなくてね!

お値段は・・やはり、それなりです。たとえば、卵は6個で280円弱。
でも、スーパーなどで高級めの肉や卵を買うことを考えれば、むしろお得めかしら。
表示も生産者も、明確だし。

ま、我が家はそんなに量は必要ないので、これまでとそれほど変わらぬ月内の予算で
質の良いものを、そこそこの量、食べることにしました。

野菜は、すべてが有機無農薬栽培ではありませんが、
「作った(農家の)人が、自分の子供に食べさせられる」という基準で
1品ごとに有機無農薬、無・または減農薬、無・または減化学肥料、の表示と
生産者の紹介が掲載されており、注文ごとにすべて選べるようになっています。


別の業者のお試しBOXも、1度注文してみました。
こちらは、野菜の他に、納豆、豆腐、油揚げ、味噌の試供品がはいっていたのですが・・・
かんじんの野菜、量と種類が物足りない。
野菜自体のおいしさも、今ひとつ実感できませんでした。
こちらのBOXでいちばん美味しかったのは・・・油揚げかな・・・


というわけで、総合的に、最初のセットの方がお得感あり。
それと、欲しい野菜を買えるところが助かります。

できるだけ有機栽培のものを選んでいますが、旬でないと無かったりもします。
その場合は、無農薬・無化学肥料のもの、それもなければ、やめるか減農薬のものを。

と私はまぁ、その程度のこだわりで。

また、店頭向けには出荷できないような、ふぞろい野菜のお買い得もあったり。
そこから注文した山芋は、やまと芋?に近いほどの粘りでもっちりで、気に入った!
あ、ただしこれは残念ながら、減農薬・減化学肥料ですけどね・・・
まあでも、スーパーで無漂白かどうかもわからないもの買うより、よほど安心です。


なによりも、野菜だけでなくたいていの食材を買えるのがうれしい。

魚類、肉類、その他もろもろ。

加工品も、加工につきものの添加物(保存料や発色剤などなど)不使用の品が揃っています。
そんなところも気に入りました。

また、注文変更は期間内(発送日の数日前まで)なら自由にできて、キャンセルもOK。
送料の割引なども、上手に活用していきたいと思います。



本日のおまけ。
2006y09m01d_163036135.jpg

噂をしてたら、濃いピンクの花が急に開花してきました。

今朝はこんなににぎやかでした~(*^^*)
2006y09m01d_163222378.jpg

料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2006/08/04 (Fri) ⑤ごま油

夏にも冬にも、ごま油!
抗酸化作用のビタミンEたっぷり!!

夏といえば、にがうり(ゴーヤー)のごま油炒め。
チャンプルーはスタンダードですが、私はどうも・・・
あの「いっしょくたのぐちゃぐちゃ」感が、好きではないのです・・・

とはいっても、にがうりに惚れ込んだのは、かれこれ10年も前でしょうか。
当時、だんなさまの転勤で沖縄に住んでいた友人から「やみつきになるウマさ!」
と聞いて食べてみたのが始まり。

彼女いわく、沖縄のゴーヤはそんなに苦くなくてマイルドで美味。だそうで。
といっても、取り寄せるのも大変ですから、私は野菜売り場で買えるものや
ときには、家庭菜園のいただきものを食べてます。

当時最初は、豚肉や豆腐を入れチャンプルー風にして食べました。
そこで思った。「これはたぶん、ゴーヤだけをシンプルに食べた方がウマイぞ!」

それで3回目くらいに満足できたのが、酒・醤油のみで調味した、ごま油炒め。

ポイントその1…よ~~~く炒めることで、ゴーヤの旨味が出て美味!
ポイントその2…種を包んでいるふわふわの白い部分を、できるだけ残す

普通、種と一緒にあの白い部分も、スプーンなどできれいに取り去っちゃいますよね。
それって、もったいない~~!と私は思うの。
あそこをつけておくと、炒めたときに微妙な粘り感が出て、美味しいのよ~~♪

というわけで・・レシピ?・・書くほどのこともないけど・・・;



●ゴーヤのシンプルごま油炒め

1、ゴーヤをまず半分に切り、それをさらに縦半分に切って、種を取る。
  そのさい、周囲のふわふわをできるだけ残すようにする。
2、白い部分をつけたまま、厚さ3㎜程度に刻む。
  *厚すぎると、なかなかしんなりしてこないので、薄めが良いです!
3、フライパンに、たっぷりのごま油を熱して、ゴーヤ投入。
4、白い部分が油を吸ってしまうので、油が全体にいきわたらなければ
  早めに料理酒を適当にそそぐ。
5、中火で少し時間をかけて、酒と油がしっかりしみわたるまで、じゅうぶん炒める。
6、醤油を適宜、さらさらっと回しかける。
7、全体にむらなく、油と調味料がいきわたりゴーヤがしんなりしたら、できあがり。
  私は、軽く焦げめがつくくらいまで炒めたのが好きです。

 *最後に、卵を1個割り入れて、半熟ぐらいにからめても美味しいよ!



これは、ゴーヤそのものが、やみつきになる美味しさです。
酒のつまみにもなるね。
夫は、ゴーヤの苦味とチャンプルーの混ぜこぜが苦手でしたが、
このシンプルゴーヤ炒め卵からめバージョンは、普通に食べられるんですよ~。


で、ごま油。

ほかには・・・スタンダードに、きんぴらごぼう。
あと、春には菜の花などのアブラナ系や、山菜にもよく合います。

無農薬の緑茶を飲んでいるときは、茶殻も食べちゃいます。
レシピ。


●茶葉とじゃこのふりかけ風

1、2~3回分の茶殻を、フライパンで乾煎りする。
2、ごま油を注ぎ、熱くなったらちりめんじゃこを投入。
3、ちりめんじゃこがカリカリになったら、酒と醤油を少しだけ入れる。
4、水分を飛ばして、煎り胡麻(白)をふって、茶葉とじゃこがパラパラしてきたら、できあがり。



とまぁこんなかんじで、くせのある野菜は、ごま油で炒めれば
ほとんどのものが美味しく食べられますね。
調味は、酒&醤油というのが、失敗がない。あと、粗塩だけでも美味しかったりする。


冬は、もっと出番が多いですね。

豚汁にも、けんちん汁にも合うし。(材料を最初にごま油で炒めてから煮る。)
肉団子スープにも。(冬になったら、レシピupします。)

あと我が家では、冬場、うどんにも!これがなかなか、ウマイんですよ!!
油揚げや揚げ玉がないとき、出来上がりに少し垂らすだけ!!!
これだけで、すんごく美味しくなります。香りも食欲そそる~~~♪

夫も私も、揚げ玉入れるより、ごま油たらす方が好きかな。


というわけで、次回は・・・う~~~なににしよう・・・・
アイテムではなくて、ちょっとしたアイデアを。

チキンライスのこと。

料理・食物 | trackback(0) | comment(5) |


2006/08/03 (Thu) 野菜の宅配検討中

先日、いつものスーパーで買い物をしたのですが。

野菜が・・・・・・・。。

日照不足で野菜が高くなっていた、それはわかっています。

でも、置いてある品が・・・高い上に、どれも良くない。

それで考えました。

この値段で買うのなら、いっそ通販サイトで買える契約農家の野菜にのりかえようか。

すでに利用されている主婦の方も多いですよね。
私もおくればせながら・・・

我が家は子供がいないので、食材へのこだわりは、「そこそこ」程度でした。

同じ野菜が数十円の差であれば、減農薬や有機栽培のを選ぶ。
100gあたり30円前後の差であれば、抗生剤不使用の鶏肉を選ぶ。
10個100円のS玉卵と6個168円のM玉こだわり卵であれば、6個の方を選ぶ。
・・・・etc...

といっても、いつものスーパーに、そういう品物が常に置いてあるとは限らないのです。

たぶん、子供がいたら、最初から生協入ってたかな。兄嫁がそうだし。
といってもまぁ、生協も「そこそこ」の安心度だとは思うけど。


そんなわけで、高いのに鮮度がコレじゃぁ・・な野菜を買って釈然としない今日この頃。

量は今より少なめでもいいから「美味しくてできるだけ安全な野菜」を食べようと思い立ち。

こちらを参考にさせていただきまして。
まずは、あちこちの「試食セット」を順番に注文して、食べ比べ。

初回は・・来週初めにこれが届きます。


主婦のみなさま、おすすめ宅配セットなどがありましたら、ぜひおしえてくださいませ♪

料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2006/07/31 (Mon) ④黒砂糖

2006y07m31d_155437460.jpg


これを沖縄物産の通販からまとめ買いして、愛用しています。


我が家では、基本的に、通常の料理に砂糖を使用しません。
あまから味の料理でも、甘味は、みりんをちょい多めにするくらいの、さっぱりが好き。

なので、上白糖は結婚以来1度も買ったこと、なし。
一度、黒砂糖を切らしたときに三温糖を買ったのですが・・・
コーヒーに、合わない!(アタリマエか?^^;変な酸味が出て不味くて飲めなかった。。)

たま~に作るチーズケーキやワインゼリーなどには、溶けやすいグラニュー糖。
それも、プレーンヨーグルトに付いてきて残ってしまったもの。
(ヨーグルトも…果物と一緒にそのまま食べるか、ジャムを入れるか、どちらか)


その他の甘味は、すべて黒砂糖。(飲み物には、ときにはメイプルシロップも。)

コーヒーやココアに入れるのも。
冬場のホットミルクにも。

おしるこなど、甘い煮豆も。
 ↑
これは、一度黒砂糖で煮たのを食べると、それ以外のはもう美味しくなくなります。

あとは・・・・
たぶん、自家製アイスクリームを作る場合も、絶対おいしい。
擂った黒胡麻やきなこを入れたりして・・・だれか作って~~~♪


人によって好き嫌いがあるとは思うのですが、私はこのコクのある風味と甘さが、大好き。

ミネラルも豊富。
太りにくい。

でも、固形の黒糖は使いにくいですよね。
それで、粉末にした黒糖を購入してます。


先日のレシピの煮豚も、甘味が足りない方は、黒砂糖も合うと思いますよ~♪

ただし・・・「コクがある」と「しつこい」は紙一重というか表裏一体かも、ですが。


というわけで、お次は・・・
こくのある個性的な香りと味わいの、ごま油。

料理・食物 | trackback(0) | comment(8) |


2006/07/24 (Mon) 最優秀「簡単ウマイ!」メニュー決定。

ちょっと脱力して、料理ネタです。

あれからずっとハマッております。

煮豚

簡単で美味しいといったら、我が家ではいまのところ、これがダントツでしょう。

というわけで、いかに簡単か。レシピ。


●材料
 豚ロースブロック肉
 (脂身が一箇所に偏りすぎず、いいかんじに入っているものが美味しいです)
 長ねぎの葉の青い部分2~3本分
 しょうが適宜(私は、コブの部分を大きめに切り取って厚めにスライス数切れ)
 調味液=酒:みりん:醤油=1:1:2=50:50:100㏄程度
 水適量(調味液200㏄なら2~3カップ)、タコ糸

●手順
 1、豚肉をタコ糸でしばる。(私は、ぐるぐるにせず軽く十字にかけるだけ)
 2、フライパン等で表面を焼いて、軽く焦げ目をつける。
   (シルバーストーン加工なら油不要。)
 3、調味液を入れた鍋に肉を入れ、ひたひたに浸かるまで水を足す。
 4、ねぎと生姜を入れて煮る。
 5、沸騰したら、沸点を保つ程度の弱火で、ずっとコトコト。
   *私は、さい箸を挟んで(IHなので安全)蓋をずらしておきますが、 
    汁は減ってくるので、肉の表面が露出してしまったら
    そのつど水を足したり、肉を時々裏返します。

1時間も煮れば、ぷりぷりの煮豚ができあがり~。(たいてい、もっと煮ますが。)

この煮汁、濾してからまた何度か使えます。
(一度冷めたら、表面に真っ白に浮かんだ脂をまず捨てましょう。)

煮玉子!(半熟ゆで卵を数時間漬けておけばOK!)
大根煮!(もちろん、どーんと厚く輪切りで!下茹でしてからね。)
鶏肉と里芋・にんじん・ごぼうなどの煮物!
   

我が家は、まだ当分飽きないかな~~~。 

料理・食物 | trackback(0) | comment(12) |


2006/07/06 (Thu) ③粗塩

あらじお

たぶん、どこのお宅にもあって、でも使用法は限られているのではないかと思います。

私の実家がそうでしたね。
漬物に使っていたくらいでしょうか?

私も、初めて購入したのは、糠漬けに使おうと思ってのことでした。
野菜を入れる前に、たっぷりの粗塩で表面をこすってから漬け入れます。

もちろん、味が断然変わりました。
「しょっぱい!」という、とんがったところがなくなって、
旨味のある味わいになり、その効果には驚きました。
軽く塩もみだけとか、押し漬けとかも、じゅうぶん美味しいです。


最初に料理に使ってみたのは、おでん
(ご参考までに、過去記事を。)

以来、私のおおざっぱ料理に、なくてはならないアイテムとなりました。


で、保存容器ですが・・・
水分が多いので、食卓塩のような振りかけ容器は、×。
たぶん普通は、キッチンの調味料入れから専用さじなどで掬って使うことと思います。
が、そのちょっとした手間が、わりと不便。

私は、小さいペットボトルに、じょうごを使って袋から詰め替えます。
残りは袋のまま口を閉めて保管。

この大きさのペットボトルは、取り扱いがとてもラク。
振り入れるのも、加減しながらやれば簡単です。



で、粗塩が活躍する料理は・・・

肉の下味。特に、炒めるときかその前
 具体的には、チャーハンの豚肉、インド風カリーやトマト煮の鶏肉・・・
 要するに、クレイジーソルトの和風&シンプル版。
 (そういえば、書き忘れましたが、エビピラフなどもクレイジーソルトがgoo!

ソテーなど、肉の味付け
 シンプルに、粗塩だけのソテーも美味しいです。もちろん胡椒もプラスOK。
 
魚の塩焼き。振って焼くだけで、ウマ~~~♪
 (あっ・・ムニエルなんかもクレイジーソルト!

スープ
 肉を入れるものであれば、コンソメやブイヨンを入れなくても十分美味しい。
 和風仕立てなら、だし汁にプラスするだけ。醤油は香り付け程度でOK。
 
 ちなみに、私が取り合わせるものは・・・
 
 鶏肉か豚肉・豆腐・えのき・ニラ・白菜・きゃべつ・たまねぎ・小松菜、などから数種。
 このときも、肉には最初に粗塩の下味を。
 なので、スープの味付けとしては、仕上げに味を調える程度です。

 干し貝柱を適量入れても美味しいです!


というかんじですが・・・
ほかにも使っている料理、思い出したらまた加筆します。


さて、お次は・・・塩ときたら、砂糖といきましょう。

黒砂糖、愛用してます。

料理・食物 | trackback(0) | comment(2) |


2006/07/03 (Mon) ちゃっかりヨメ。

土曜日は、新盆の法要で、横浜へ。


で。ですね~。

でへへ。。

お義母さんのぬか床、中身入りでいただいて来ちゃいました!!!


いや~ちょうどね、法要で来ていたおばちゃん(義母の妹)と姉妹の会話が
タイミングよく、ぬか床の話になったですよ。

「そうそう、ぬか床の容器、大きいのにしたのよ」と、お母さんから話が始まり。
出してきて、見せてくれました。
「今までは、きゅうりなんか切らないと入らなくってね。今度は、まるごと入っていいわ~」

おばちゃん「あ~、それくらいないとだめよね。」
私「うちのも、きゅうり切って入れてたんですけど~・・・
  ちょっと中身入れないでいたら混ぜ忘れて、カビ生えちゃって捨てちゃった・・
  また新しいの始めるから、私も同じ容器買って行こうかな」

義母・叔母「あら~、カビのとこだけ取れば大丈夫なのに~」

義母「じゃ、少しもってく?容器は、そこのヨー○ドーの3階に売ってるわヨ」

私「ハイ!じゃ、ぬか床のタネに、少しもらっていきます!わ~よかった!!」

という流れになっておりました。が。


法要が終わり、みんなお疲れモード。。ぬか床容器買いに行く気力もなく。。。

結局お母さん、私たちが帰る頃になって
「これごと持ってっちゃいなさい。うちの糠まだあるし、また容器買って来るからいいわよ。」
と・・・ありがた~いお言葉に、甘えさせていただきました。


お義母さん、ありがとうございます。
おかげさまで、漬かっていたカブ昨晩いただきました。
さっそくきゅうり漬けてます。


今度は・・・失敗できないわ~~~!!!

料理・食物 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/26 (Mon) ②トマト水煮缶

重宝してます。
いまさら取り上げるほど特別なものではありませんが。

カットトマトよりホールトマトの方が、ぎゅっと美味しい気がして、いつもホールトマトを購入。
必ずプルタブの。西友宅配のときに、2~3缶まとめて買っておきます。

緑黄色野菜を切らしたときや、メニューの取り合わせで困ったら、トマト缶。
リコピンたっぷりで、体内酸欠の人にはもってこい!です。


私が使うメニューは・・・

●パスタのトマトソース。
●チキントマト煮込み。
●ミネストローネ~リゾット。
●インド風カリーにも投入。

これくらいでしょうか。

そうそう!ビーフシチューとかのブラウンソース系に入れなくちゃ!
でもここでは、「簡単ウマイ」がテーマなので・・省略です。
それに私、缶詰ソースとか使っちゃうし。。(^^;


●トマトソース

休日ブランチによく登場させるのが、ツナトマトソース。
常備野菜の玉葱さえあれば、あとはツナ缶とトマト缶とクレイジーソルト、
それにベランダからバジルを摘んでくればOK。
タマネギは、みじん切りにせずスライスにします。これが楽。
煮解けるほど煮込まないので、タマネギを味わえるし食べやすいです。

1、タマネギ1個をスライスして、バターかオリーブオイルで炒める。
2、しんなり透き通ってきたら、ツナ(小さな缶なら2個)を投入。
  オイル漬けなら油を切って。
3、ガーリックとクレイジーソルトで味付け。
  *ガーリックパウダーでなくニンニクがあれば、タマネギと一緒に炒めておきます。
4、トマト1缶を入れてかき混ぜながら適度(お好み)に煮詰め、最後に味を整える。
5、茹で上がったパスタにかけて、バジルの葉を散らしましょう。

*具は、ツナをベーコンにしたり、挽肉でボロネーゼに。
 ボロネーゼのときは、玉葱はみじん切りでコンソメを入れて煮込みます。
 ハーブも、タイムやオレガノなどあれば入れます。赤ワインも忘れずに!

 
そうそう!タコ&トマトも美味しいですよ~♪
その場合、タコは加熱するとすぐ硬くなるので、最後に入れてね。または、
湯むき生トマトとタコを、オリーブオイルとクレイジーソルトでサッと炒めただけ!
シンプルなパスタもgood!



●チキントマト煮

1、タマネギはたくさん入れた方が美味しい。
  みじん切りでもスライスでも。ほぼ煮溶けます。
2、オイルはお好みで・・バター、オリーブオイル、サラダ油、どれでも。
3、タマネギの甘みが出るまで、ニンニクとともによ~く炒める。
4、ぶつ切りにした鶏腿肉を入れ、粗塩と粗挽きコショウを少し強めに振って、
  肉にざっと火を通す。
5、スープの素(固形なら1個)+水適量、ホールトマトを加える。
6、ローリエなどハーブがあれば加えて、煮込みます。
7、最後にクレイジーソルトで味を調え、盛り付けたらバジルを散らします。

我が家のサラダ油は、キャノーラ油なのでさっぱりしてます。
なので、鶏腿肉の脂身は取らずに使ってしまいます。
コクが欲しいときは、バターがおすすめです。

実は、新居ぱーてーのときに、作りました。
十数人分なんてとても手の込んだものはできないけど、ちょっとつまめるものが欲しい。
チキンのトマト煮なら無難だし、大鍋に煮込んでしまえばOK。

というわけで、タマネギ大玉3個粗みじん切りしてバターをドカンと入れて炒め。
トマト缶も鶏肉も、いつもの3倍で。
アムウェイの大鍋で・・・あんなに大量な煮込み、初めての経験で・・・
ちょっと目を離した隙に、鶏肉の皮が焦げ付いてしまった。。
煮込みの鍋は、テフロンとかシルバーストーン加工に限りますね。。。

あのとき、「焦げ」が混入していた方、ごめんなさい。
遅れて到着して冷めたのを召し上がった方、ごめんなさい。
キッチンに来て、鍋に残ってる分まで「ウマイウマイ」と平らげてくれた某氏、ありがとう。



●ミネストローネ

タマネギとベーコンを炒めて、セロリ、にんじん、きゃべつなど
(残り野菜、きのこ類、アクの強くないものならなんでもOK)投入し
ホールトマトを適量入れて煮込んだ、コンソメの野菜スープ。
最後はやはり、クレイジーソルト。
これにご飯を入れてチーズを入れて、リゾットも美味しいです。



以上。カリー系は、以前書きましたので省略です。


お次は・・・ここで登場させました、粗塩です。

料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2006/06/22 (Thu) 臨界を知る 

限界を知ったその先に、臨界点はあった・・・・・・・


昨日は、まだちょっと不調を引きずっておりました。
そして、臨界事故は起きたのです。


体調があまり良好でないときって、夜の献立がなかなか決まらないのよね。
その理由は・・・

1、いつもは負担と感じないことも、ちょっと避けたくなる。
 (たとえば・・里芋の皮むきとか。調理工程が何段階もあるものとか。揚げ物とか。)
2、鍋をいくつも使いたくない。
3、ただ単純に、頭の回転が悪い。
 (ありあわせの食材や調味の取り合わせが、うまく組み立てられない。)


私はまず、メインの肉・魚を夫の昼食とバッティングしないように、決めます。
(昼食メニューは、それまでにメールで確認。)

基本のローテーションは、
●牛肉or豚肉
●魚類
●鶏肉
この3種類がメインで、メニューにより適宜、豆腐と卵をプラス。
特に、赤身の肉(牛豚)は、週2回程度一人1日80gの摂取で十分だとか。
なので・・・80gに抑えるのもちょっと難しいので・・・100g前後を
週3~4日に抑えるようにして、あとの3~4日は鶏・魚介にします。

野菜の基本は、
●淡色野菜 ●緑黄色野菜 ●きのこ類 ●海草
が揃うようにする。
プラス、根菜と葉もの野菜のバランスを考慮。
(緑黄色野菜も、赤と緑が揃えられればベストですが、そこまではなかなか・・・)

という考え方でメニューを決めるのですが・・・

昨日は、ブリにするか鶏にするか揺れているまま、とりあえずお米をとぐ時間。
夫の大好きな舞茸ご飯、最近炊いてないから・・・と、考えがまとまらぬまま準備完了。

むむ。炊き込みご飯じゃ、ブリは・・やっぱ白いご飯のおかずだから・・却下。
すると、鶏肉だな。
今日は、ご飯のおかずとしてのメインディッシュは特別いらない。
では、チキンスープか。

トマトベースのは、先週もやったから飽きちゃうな。
コンソメかだし仕立て・・春菊と白菜とえのき、なんて冬の献立だし。
ニラとかキャベツとかもやし・・・買っとけばよかった。
モロヘイヤをスープに入れてみる???あと、玉葱とえのき?・・・
あっ!えのきはダメだ!舞茸ご飯だもん。きのこ食べ過ぎてお腹ゆるくなるといけない。
(夫の腸はデリケート。)

そだ!いっそ、クリームシチューにするか!

・・・とぐずぐず考えながら、ぬかみそを出したりしてる間に、夫が帰宅。


スープとシチュー、どっちがいい?
でも、この季節に・・それも舞茸ご飯にシチューなんて、変だよね?


いんや、そんなことないよ。
シチューがいいかな。


よかった!決まり!!!

と・・・夫は、シチューはスタンダードな具でないとダメなので
玉葱・じゃがいも・人参とチキン。
ぐつぐつ煮込む。


・・・・・・悲劇は、すでに始まっていたのです。


シチューの素を入れようと思ったら~~~~
それは、ハヤシライスの素でした~~~

あっ隣の箱!もうひとつある!!!
と思ったら~~~~
それはカレールーでした~~~~~

カレーにしちゃえばいいや!と思ったら~~~
舞茸ご飯炊けちゃいました~~~~~~



奈落の底に突き落とされた私は、自力でホワイトソースを作るという
料理の基本を思い出す余裕さえないほど、泣きそうでした。。
(でも、考えてみたら生クリームはあるけど牛乳ないし。。。)


結果。

帰宅したばかりの空腹夫、コンビニへ走る。

クリームシチューの素は、2軒めのコンビニでめでたくゲットでき・・・

我が家はなにごともなかったかのように
あつあつのホワイトシチューをたいらげたのでした。。。


教訓:

体調不調のときは、脳も不調と心得よ。

料理・食物 | trackback(0) | comment(12) |


2006/06/11 (Sun) 主婦御用達アイテムバトン① クレイジーソルト

知ってる人は、知っている。
使ってる人は、ずっと前から使ってる。
知らずに(気づかずに)使ってないなんて、もったいないよ~!


そんなちょっとした料理アイテムや工夫を、ちまちまと挙げていってみようかな。
どうせなら、バトン形式でつなげた方がおもしろいかな。

ってなことで、どこへつながっていくのか無計画な本人には予想つきませんが・・・
自己完結バトン料理ネタブログ、始まります。



①クレイジーソルト


我が家の休日ブランチは、基本的に麺類。簡単ウマイが鉄則。

1、パスタ。(つか、スパゲティ。)
2、蕎麦。
3、うどん。・・・冬季限定
4、やきそば。
5、ひやむぎorそうめん。・・・夏季限定


パスタのときは、トマトソースバリエーションが多いのですが。
今日は、コンビーフ&水菜

で、パスタといえば、クレイジーソルトが大活躍です。

もちろん、パスタどころか、肉料理魚料理なんにでも、ね。
そういえば、昨晩のアサリバターにも
ドライパセリと一緒に、ちょっと振ったっけな。

というように、気軽に美味しくなっちゃいます。魚や肉の臭み消しにもなるし。
あれこれ下ごしらえできないときも、
肉や魚のソテーに、これ一つでも十分いける、強い味方!


本日のブランチ、コンビーフと水菜のパスタにも。

1、タマネギをスライスしてオリーブオイルで炒め、コンビーフを投入してほぐす。
  *きのこ類(しめじ・まいたけ・エリンギ系)もプラスするとなお美味い!
2、ガーリックとクレイジーソルトを振り、ざく切りの水菜を入れ、さっとなじませる。
  *しゃきしゃきの水菜が好きなかたは、パスタと和えるときに入れましょう。
3、オリーブオイルが足りなければ足して、茹で上がったパスタを入れて和える。


夫は汁物がないといやな人なので、必ずスープを付けます。
たいていは、手間のかからぬワカメとえのきのコンソメスープ。粗挽きコショウたっぷりめ。
お好みで、最後に醤油をちらっと加えてもよいね。

あと、最後にさっぱりと生トマトなんか食べたいね。


実は私の超いーかげんな平日ブランチも、クレイジーソルト様にお世話になっとります。
たいていはチーズトーストで塩いらないのですが、チーズ切らしたとき。
トーストにトマトのせてガーリックとクレイジーソルトちょい振って、
オリーブオイルかけます。ブルスケッタもどき


あと、なんといっても、トマトソースに欠かせませんね。

というわけで、お次はトマト水煮缶

料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2006/05/30 (Tue) 詰めが甘い人生。

さて。昨日の煮玉子第二弾。
食べる前に、ほんのちょっと加熱したつもりだったのだが・・・
黄身がすっかりパサパサに固まってましたーーーー!撃沈。。。


そう。
「詰めの甘さ」が端的に表れてしまいやすいのって、料理じゃないかな。
なんて、思うわけなのだ。

昔・・・吉本ばななが「キッチン」の中で書いてましたな。
もう小説が手元にないので、うろ覚えだけど・・・

主婦の作る家庭料理とプロの料理の差とは、一つ一つの工程を
省くことなく、おざなりにせず、なおざりにせず、やるかどうか。
・・・たとえば、いちいち水切りをきっちりする、とか・・・
そしてその差は、やはりプロが料理の完成写真を撮ったときに、歴然と表れる。

というようなこと。

それ読んだときに、「私は主婦にはなれても、料理家にはなれないな~」
なんて、漠然と思ったものじゃった。


で。
そんな私が、これから少しずつ、私の持ち料理ネタ
僭越ながら紹介していこうかと。

世の中、お料理上手な方のお料理ブログなんてよりどりみどり!なのにね~;
なにも私なんぞがマネすることもない!!と思ってきた。

そんな観念をちょっと変えてくれたのが、先日のこと。
ベテラン主婦さんと料理の話をしていて、私なりのちょっとしたコツや工夫を
ずいぶんと面白がってお褒めいただき、ブログに書け!と助言いただいてしまった。

で、「もしかして、あたしって、けっこうイケてる???」と・・・
大きな勘違いをしてみました。。。

それまでは・・・
若い頃と結婚後限定で「料理上手」「料理の勘がいい」と言われもした。
でも、詰めが甘いことは自分が一番よく知ってる。
私の思う「お料理上手」は、こういうのじゃないのよね。

それにおいらの知恵なんてさ、世の中の主婦み~んな知ってるよ。
と思ってた。


まぁそんなわけで、これからは今までより積極的に、料理ネタupしてみます。

ちなみに、現在「おいしい」の基準は、ほぼ夫と私の味覚だけに設定してあるので
自信を持ってどなたにでもオススメ!なんて、絶対できないけど。

詰めの甘いできばえだけど、簡単でそこそこ美味しい!

と思っていただければ、幸いです。

料理・食物 | trackback(0) | comment(2) |


2006/05/29 (Mon) 詰めが甘い人生。序章

半熟煮たまご、試作品。
2006y05m29d_134214130.jpg


煮玉子。これまでは、おでんでしか作ったことなかったのですが・・・

先日の煮豚が夫に大好評。
切ったらぷりぷり!最初の一口で「ウ、ウマ~・・」と思ったもん、また食べたいな~♪
とのおねだりを受け、それではこの煮汁を再利用しようかな。となると・・・
表面に浮いた豚の脂肪を掬い取ってから再加熱後に、冷蔵(冷凍)保存しなければ。
どうせ加熱するなら、煮玉子でもつくってみようかな?

私の提案に、夫から半熟のやつ!とリクエスト。
で、挑戦してみることにしました。

まずはゆで卵を、ぎりぎり殻がむけるくらいに茹でる・・・沸騰から5分くらいか?
いつもは黄身が偏ってもかまわないのであまり転がさないけど、今回は休まず転卵。
そのうち、4個中2個は殻にヒビが入り、このヒビの様子を見ていたら、
殻をむいても大丈夫そうだと判断がつきました。ゆで時間は、最初の予想通り。

湯から上げてすぐ水にとって冷却。緊張しながら殻をむく。
ぷるぷるの玉子は、ちょっと力を入れたらぶしゅっと潰れそう。
殻と膜とを慎重に取り除いて、加熱後冷ましておいた煮豚の残り汁に、投入。

で、一晩漬けておきました。

翌日、沸騰しないように加熱。
この加熱で黄身が固くなっては台無しなので、ゆっくり弱火でまぜながら。
沸騰直前に火を止め、冷ましておきました。

そろそろ食べてみようか?と、玉子を取り出し割ってみると・・・
あああ~・・黄身が緩すぎた。。
あわてて食べないと、どろ~り流れ出しちゃう。
画像も、もたもたしてる間に黄身がこんなに流れちゃいました。。。

味がしみているかどうかが、私はいちばん気がかりだったのですが。
なかなか、しみてます。味は合格です。

もうちょっとだけ、黄身が固まっていたら最高でしたが。
じゃ、あとほんの少し(この加減が難しそう・・)煮ればいいね。
と言いつつ、食べてしまいました。

で。昨晩また4個漬けておきました。あとでもうちょい煮てみます。

料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2006/05/23 (Tue) フードプロセッサー使ってみた。

引越し後まもなく、夫の仕事関連の方からお祝いにいただきましたのです。
クイジナートのミキサー&フードプロセッサーと、ヘンケルの包丁2本セット。

ありがたくてもったいなくて(;;)ヘンケル、時々使ってます。
フードプロセッサーは・・・昨日初めて使いました!

いただいて以来、
使う必要に迫られるメニューとは?
と考えつつ、毎日ご飯作ってたんですが。

セットしたり取り出したり洗ったり、という手間を考えると、
普段のスライスとか千切りくらいは、手で済んじゃう。(大量に作るなら別ですが)
タマネギのみじん切りも、そうたくさんやることって、ないし。

思いつくメニューは、やはりインド風カリー系。ですかね。

というわけで、新居に来て初めてのカリー。(*洋食カレーは何度も作りました;)

まずは、タマネギ1個分。
新タマネギなので、そう細かくしなくていいとは思ったのですが、
なにぶん初めてなもので・・・粗みじんにするつもりが、けっこう細かくなっちゃって~。

次の、ニンジンとショウガは量が少なかったので、ある程度細かくなったところで
ほとんどワークボウルの周りにへばりついてしまい、刃が空回り。
なので、途中でホールトマトを足して、ピューレ状になるように・・・これでOK。

いや~しかし、セッティングのとこから取り説と首っ引きでやってたら
ご飯はとっくに炊けちゃうし、夫は帰宅。
「ゆっくりでいいよ」と言ってくれてホッとするも、ついつい焦ってしまいまして。

撮影なんて思いつきません。。
セロリがなかったことだって、食べ終わってから思い出したくらいで。。。
画像なしで、ゴメンナサイ。

そうそう、カリー好きのfさんによれば、
スパイスは入れるタイミングで味が全然違うとのこと・・・
それは知りませんでした。やっぱり奥が深い!!!

・・・と言いつつ、相変わらずいいかげんな作り方やってる私ですが。。。


で、フードプロセッサー使用しての、感想。

イイ!!v(*^^*)v

おもしろいほど速く細かくなるよ~!!!!


すごい音がするけど、慣れればあの粉砕力はやみつきになるかも~!!

扱いに慣れれば、使いどころでかなり活躍してくれそうです!


次は、ビシソワーズ作る予定♪
・・・それとも、ほうれんそうのポタージュかな♪♪

料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2006/05/22 (Mon) こごみの思い出

友人が、長野に住む方から送られてきた山ほどの山菜を、おすそわけしてくれました。

山菜=てんぷら?
でも、てんぷらって、ちょっと食べればたくさんになっちゃうし・・・・・

ふきのとうは、またふきみそにしよう。
ウドは、まだ持ちそうなので、近いうちにサラダかきんぴらに。

で、こごみ。

こごみには、思い出があります。

長野に入院していた頃。
入院記にこれから登場するのですが、最高のルームメイトと出合いました。

その彼女のお母様が、なんとも素敵でかわゆい女性。
毎日娘のもとに足を運んでおられました。
庭でいろいろな草花を育てていらして、病室にも季節の花を絶やしませんでした。
カモミールの花束も、持っていらしたっけ。

お母様から、私は生まれて初めて「こごみ」をごちそうになりました。
シダの芽なので、見かけはゼンマイによく似てる。
でも、食べてみるととても柔らかくて、クセもない。

たしか、おかか+マヨ醤油で和えてあったかな。

私に大評判なのを喜んでくださって、特別私用にタッパーに詰めたのを、
何度かいただきました。
こごみの味自体は覚えてないけど、「美味しかった」ことを、忘れていなかった。


で、先日。
友人から「こごみって知ってる?」と言われて鮮やかに蘇ったのです、その記憶が。

家族の多い友人も、ちょっとだけもてあまし気味?なほどの量。
その中から、2包み・・それでもずいぶんな量を、いただきました。

まず、ひと包み。
茹で方をちょっと調べて、根元を切り取り、一昨日ゆでてみました。

2006y05m22d_134119027.jpg



茹で上がって、ちょっと嫌な予感はしたのよね。
だって・・・茹でる前は青々としていたのが、ちょっと白っぽくなって・・・
ちょい、虫っぽくなった気が。。。

私はなんのためらいもないですよ。あれだけ美味しい記憶があるから。

心配なのは、夫・・・虫っぽいモノ、ダメなんです~~~!!!

とはいえ、言ってしまったらもうダメでしょう。だから何も言わずに出しました。
マヨ醤油で、けっこうつまんでくれたよね。

でも、昨晩3度目に食卓に出したときは、さすがにアウト。
ついに恐れていた「虫っぽいよね・・」の一言が出まして。
おかかと和風ドレッシングで和えちゃったから、よけい苦手だったね。

しかしよく食べてくれました。
なかなか栄養豊富みたいだし、よかったワ♪

さて。もう一包みあるんだけど。
もっと鮮度がよければ、ひとさまに差し上げられるのだけど・・・ちょっと無理かな。

私が毎日ぽつぽつ食べるか・・・
そだ!姉、今度はハーブ以外の花の植え替えに、また来てくれないかな。。。

料理・食物 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。