--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/12/29 (Thu) 昨日の温泉効果は、今日いずこ・・・

今年は、春の膝オペ入院をきっかけに
肩と肘の動きが一段階悪くなったことを、ずっと感じていた。
リハビリ通院でなんとか打開できそうではある・・・が、
すでに壊れている上肢関節。狭くなった可動域は、元には戻らない。

せめてこれ以上狭くならないように、少しでも動きを良くして筋力も付けたい。
温泉プールが懐かしくも恋しいなぁ・・・
と、寒さのせいもあって切実な思いでいた、今日この頃。

忘年会第二弾(で今日納会だぁ!?)でダンナが飲み狂ってるその隙に!と、昨晩。
実家近所の温泉(昔海だった関東、深く掘ればどこでも単純泉が湧くらしい)へ。
スポンサー兼介助者として期待のかかる、スパリゾート会員の母を
末娘の甘い言葉で誘い出し、中川を越え江戸川を越え夜道をひた走ること50分。

いや~久々に、茹だるまで浸かりました。
上肢も心ゆくまで動かしてきました。
ちょっとしたウォーキングエリアもあるので、歩きもしました。
湯上がりには、年老いた母に飲食ごちになりまして(想定内)。

そしたらね、すごいモンですね!
一晩トイレに行かずにすみましたの。
いつもは、1回や2回、トイレに起きるんですが。

肘と肩は・・・微妙。
うーむ。。いきなり頑張って、ちょっと動かしすぎたか?
関節痛ではないが、疲労感あり。かといって筋肉痛というほどのものでもない。

まぁこういうことは、続けてこそ。なんですよね。

そして、もう一つの温泉効果。
温泉ゴコロに火がついた。
伊豆か箱根行って露天風呂入って、帰りは箱根「初花」でとろろ蕎麦!!
しばらく行ってない。ねーねー行こうよ~ぉ!!!


・・・と、ここで終わりたいところですが。

私に内臓されている、洗濯物干し寒さセンサーが
本日、この冬初の「つらい・・」レベルを表示。
ううう、、、午後にならねば陽の射さぬこのベランダも、あと3ヶ月のガマン、、
と耐えつつ、小一時間。(家事はなんでもこのペースさー)
温泉効果も元の木阿弥、コートにレッグウォーマーの完全武装もむなしく
全身冷えきり固くなってしまったのであった。。嗚呼、RA。。。

スポンサーサイト

体調・医療 | trackback(0) | comment(4) |


2005/12/28 (Wed) やっと出したよ年賀状

昨日年賀状書き終わって、駅のポストに投函してもらうべく、今朝夫に託した。
遅すぎですか、そうですか。

一昨日から一昼夜と半日がかりで。疲れました。
どこかの適当なテンプレート持ってきてしまえばすむのにね。
こういうところで、妥協できないというか。融通きかないというか。
不器用にしか生きられないの。

いえね、べつに、全然たいしたもの作成したわけじゃないです。
ただ、気に入ったのがなかっただけで。
戌年のモチーフは絶対に、
チョビみたいな般若顔のコワかわいいシベリアンハスキーの仔犬!!
って決めてただけ。
ところが、いまどきは小型犬人気でして。
特にハスキーときたら、「昔流行った」なんてぇあしらいでしてね。
ないんですよ、傑作が。イラストも画像も。・・・苦労したぜ。

というわけで、年賀状常連のみなさま。
今年も遅れますので、よろしく。

だいたい、連休中にやっておくべきだったんですが。
我が家はクリスマスも特別なことないしね。

連休中にやったこと。

親孝行。
忘年会の夜、夫の実家に宿泊させてもらって翌晩まで滞在。
夫両親に顔見せるだけでも、ささやかな親孝行だと思っている。

髪をカット。
やげん堀の七味も切れそうだし、美容院(入谷)の帰りに浅草をふらついて・・
ディープインパクト無敗の4冠達成記念に、単勝馬券でも買おう。と夫。
ところがね。二人して思いきりよく短くしたもんで、美容院出たら
寒いのなんのって。
冷たい風吹く夕暮れの浅草散策なんて、無理無理!すごすごと帰ったとさ。

有馬記念を、おうちでお見届け。

4年前?の有馬記念では、マンハッタンカフェに思い入れしていて
夫婦共同出資の結果、ささやかなおこづかいになったのでした。
マンハッタンカフェのマスコットキーホルダー、今でも使ってる。
彼ってばほんとに、かっこよかったなぁ。。

競馬をお金儲けと捉えることはできないけれど、
好きな馬の馬券を買って楽しむことって、馬への思い入れ・・・というか
いとおしさが、湧いてくる。

で、今年。
馬も大勢の年長者の中に入ると、萎縮するのかな?遠慮するのかな?

<想像>
出走前の様子~パドックにて
「オラオラ、そこの若造、道開けろぃ!」
「(ビクッ)お、おじさん、、だれ?」
「(ムカーッ)ワシに向かってタメ口たぁ上等よ!ブヒヒヒン!!あとで吠え面かくなよ!!」「おうおう、なんだなんだ?どうしたってんだ?」と集まってくる古馬たちの
圧倒的な存在感と威嚇と威圧に、気圧される3歳馬。

んな話をしていたら久々に「みどりのマキバオー」読みたくなったのであった。
そそ、ディープインパクトとミドリマキバオーって、似てるじゃないですか。
小さな体に大きなエンジン。蹄鉄が減らない、跳ぶような走り。
それに出走前の様子とか、気合の入る感じがなんというか、カワイイ。。

来年は、TCKでも行きたいな。

おっと、もうひとつ大事なことがあった。
画狂老人卍の版画が、届きました!
デジカメで撮ろうと思ったら、電池切れ。
この画です。
新居に飾るのが楽しみ・・・って、そそれがまだ、審査の結果出てないのじゃよ。。

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/21 (Wed) 冬至の長~い夜に、忘年会第一弾です。

というわけで、明日はきっと書けないので。

清原、全然好きじゃないけど。
仰木さんに「お前の花道は俺が作ってやる」って言われてたんだ。。
昨日、この一言で、もらい泣きした。

交流戦がなかったら、パリーグの監督の訃報は
「ふ~ん・・・」で終わっていただろうな。
オリックス戦での、サングラスで渋くもカッコいい仰木監督、
インパクトあったもんな。。

苦しみとの戦いと自分に残された短い時間について、あくまでも寡黙に、、
やれる限りの仕事をやり遂げて、逝った。
・・・かっこよすぎです。。。(涙涙)

お疲れ様でした。
すばらしい選手を育て、さらにご自身の生き様を持って、
大きな感動をくださり、ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/20 (Tue) 昨日もちゃんとリハビリに行ったよ!

よしよし、この調子で週2回通えそう。

しかし、担当PTが日替わりだと、そのつど過去の話をする状況になるよね。
病歴の概要はカルテの記載でいいんだけど。
リハビリに関係してくる、微妙で細かいことなど。
それに伴って、これまでの環境の変化なんかも。

まぁひと通りまわるまで、しかたないか。

それから。最近とても感じております。
入院記を書いているうちに、だんだんと記憶が蘇ってくる。
実際、あとから細かいこと思い出して、何度か加筆したり直したりしました。

先日の整形受診(月1回)では、思わず先生に
「長野のとき、頚椎のレントゲンってどんなふうに撮ったんでしょう?」
とか
「なんかぐるぐる回るカメラありましたよね!?」
とか
「ミエロのときって、ちょっとアブナかったですよね・・」
とかとか・・・
その他いろいろ聞きたくなってしまって、困りました。

そうなんです。
ご縁がありまして、現在の主治医は、頚椎の手術で命をお預けした
あのドクターなんでございますよ。
もしも万が一、またいつか頚椎の手術が必要になったような場合、やっぱり
あの先生にやっていただきたいと思っています。

先生。ご多忙の中、少しでもご自愛くださいますように。
そしてどうか、
できるだけ長く現役でいてくださいよね!おねがい!!

体調・医療 | trackback(0) | comment(4) |


2005/12/18 (Sun) マーチングバンドの醍醐味は、大編成にあり。

若いって、スバラシイ~!とは、このこと。
マーチングバンド(高校の部)全国大会@さいたまスーパーアリーナ。
音楽とパフォーマンスを堪能してきた。

おっと最初にお断りしておきますが、つまるところ、おばバカ話の姪ジマン?デス
スミマセン。。。

小学3年の頃に鼓笛隊からスタートした、姪のマーチングバンド人生。
(ってまだ高校生だが;)
マーチングバンド・・・私は単なる「楽隊の行進」だと、当時は思っていた。

中学生になって、思わず「えっ陸上部入ったの?」と聞き直してしまいそうな
運動部としか思えぬハードな練習の内容を聞いて、驚いた。
そして初めての大会で目にした、大編成(中学生の部=55名以上)の大迫力!
演奏しながらあんな激しい動きが、どうしてできるのーっっ!?!?

手の込んだ、美しいドリルフォーメーション。
ドリルデザイン用のソフトを使ってPC上でデザインするのでしょうが、
それを実際にこなしながら演奏して、よくもまあ、足がもつれないものだ。
だいたい、私だったら「動く」か「演奏する」どちらかにしてほしいところじゃ。

音楽としても、ブラスとパーカッションのビッグバンドの魅力にハマった。

そして姪は、マーチングバンドに青春を賭けるため
片道2時間近い通学距離をものともせず、その高校を選んだ。

本当は昔トランペットをやりたかったのに、大きい金管をこなせる女子は貴重?
んな事情もあってか、結局いまだに、その細腕で(でも腕力あるんだろうな・・;)
どデカく輝くラッパを担いで動き回っている彼女。
キミたちの頑張りは、ほんと賞賛に値するYO!

高校生および一般の部になると、大編成の人数は、71名以上という規定。
100名を超えるチームもあり、やはり人数は多い方が見応え・聴き応えで勝る。
もちろん、統率がとれていなければ問題外だが。
しかしそこは全国大会。都道府県の選抜大会、さらに各地方の大会で
勝ち抜いてきた強豪揃いなだけに、見事なもの。

アップテンポの場面で、胸のすくようなキレのいいドリルフォーメーションを
これでもかと見せつけ、同時にブラスの音がしっかり出て、迫真のプレイ。
そして、ドラムラインが派手めで充実している。
・・・そんなチームのパフォーマンスは、すごい高揚感を与えてくれる。

残念だったのは、座席が正面でなかったこと。(正面は全部指定席)
演技参加者の家族ルートで取れる指定席チケットは、1席限定とのこと。
ウチだけでも二人分なので、自由席にしたのですが。これは失敗だった・・・

音が、来ない。。

ドリルフォーメーション自体が正面向きに作られているから、
管楽器もほとんど常に正面に向けられる。
それだけで、ここまで音が違うとは・・・
来年は、絶対正面の席を取るぞ!!!

そして、なんとなんと。
初のグランプリ受賞!!!
やったね!快挙だー!!おめでとう!!!オバも、うれしいよ。。

・・・私としては、
今年の、壮大で整然とした完成度の高いパフォーマンスより、
jazzyでこなれた雰囲気の楽しげな演奏の、去年の方が
好きだったけどネ・・・

私の高校時代は、キミとは比べ物にならない、ぬるま湯の美術部だったけれど、
楽しくて何にでも一所懸命だったあの年頃の自分と、ついつい重ねてしまう。
「いまごろみんなで抱き合って泣いてるだろうな~」とか。
「今夜は打ち上げ♪酒盛りかな~」とか・・・いや、それはナイ!か。。

ここ数年でめっきりナマイキになったけど、かわいい姪よ。
できることなら、続けてほしい。

「THE THRILL」のYUKARIEみたいにかっこいいテナーサックス奏者になって~!
なんて、もう勝手な夢を押し付けたりは、しないから。


おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/16 (Fri) 都会の猫も木に登る

目撃情報です。


今日3時40分ごろ東京都○○区○町のバス通りの歩道で、
突如、黒白のクールなモノトーン猫が
街路樹のイチョウの木に駆け登りました。

たまたま通りかかった通行人3名が
彼(彼女?)の見事な身のこなしに見とれていましたが、
ちょうど夕陽がまぶしく、逆光だったため
彼(彼女?)の木登りの目的は、不明のままです。

なお、歩道に面した病院の廊下の窓から
偶然その瞬間を目撃した鈴雨さんは

「猫が木に登る姿なんて、何年ぶりに見たでしょうか。

 ちょうどレントゲンに呼ばれてしまい、
 また出てくるまでの間、木の上にいてくれることを願ったのですが、
 終わったときにはもう、彼(彼女?)の姿はありませんでした。
 
 でも、都会猫のあの雄姿は、私の脳裏に鮮やかに焼きついています。」

と、かなり興奮している様子でした。

鈴雨さんはさらに、

「昔ちょうど同じような色柄の猫が・・・“うっしー”という名前でした・・・
 実家の向かい側のゴルフ場敷地内の雑木林の桐の木に登って
 てっぺん付近の枝の上で固まってしまったらしく、
 夜になって鳴き声が響き、居場所がわかったんです。 

 夕方からの大雪で、夜では危険でとても助けてやれないし、
 朝まで交代で声をかけて、励まし続けましてね・・・

 翌朝、長いハシゴを持って、家族総出で雪と格闘しながら
 やっと救出できたことを・・・思い出しました・・・」

と、当時の愛猫の思い出を、涙ながらに語ってくれました。


都会猫よ!

駐車場の車の下にばかり隠れていないで
これからは、彼(彼女?)のように街路樹に登り、
猫本来の姿を、私たちに見せつけてほしい。

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/15 (Thu) 全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ

ここしばらく「サンボマスター」が気になっていた夫、
昨日ついに、CDとともに帰宅した。

たらちりの晩ご飯を食べ、いつもはソファーのパンダアザラシになるところを
はつらつと食器洗いにとりかかった。
むむっ。私が不調のときは進んでやってくれるヤサシイ夫だが・・・
今夜はおいら元気だよ?・・それとも、なにかヤマシイことでも??

そんな疑惑を抱きつつ「ありがとちゃん。」と声をかけると
「んあ。(←みどりのマキバオー的。)アベニーに餌やってちょ」。
はいはい。まだでしたね。

落ち着いたところで、オセロ松嶋の大ボケぶりに笑いながら・・・今度こそ
パンダアザラシか?

いえいえ、足取りも軽くCDデッキをいじり・・流れてきたのは、元気の良い
というかイキのイイ、ナイーブでありながら爽快な、詞とサウンドだった。

私達の世代が育った時期は、音楽には最高に恵まれていた時代だった!
という自負と、感謝の念みたいなものがある。
それを思うと、現代の若者はちょっとかわいそうな気がしていたし、
彼らの作り出す音楽も、新鮮かつ耳に心に残るものに、なかなか出会えない。

そんな気分を痛快に吹き飛ばしてくれる、サンボマスターなのでした。

若者らしいナイーブさと、アップテンポでキレのいいアレンジ&演奏と、
中原中也あたりの詩人のフレーバーと、気持ちよく笑わせてくれる茶目っ気。
それらが、まったくもって絶妙なブレンドなんです。

そして、この3人のうち2人は、ルックスで裏切られる・・・
(3人全員ではないというところが、また絶妙。)
この「とっちゃんぼうや」が唄ってるのー!?
あの微妙にビブラートかかってる声も!?・・・って。
「それがさー、彼はギターもちゃんと上手いんでやんの!」。

そんなギャップがまた、なんというか意外な安心感をかもし出すのですね。

捨てたモンじゃないね、近頃のJ-POP!!

ちなみに、夫の今年の課題曲にしたそうだ。
(去年の年末は、ミスチルの「Sign」をマスターして唄いまくっていた。)

音楽 | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/14 (Wed) リハビリ行ってきたー!!

今日はNHKで証人喚問ばかり見ている、鈴雨です。

で、やっとこさ!行ってきましたの。
紹介状持って。リハ通院先に、初診。
いざ、肩肘の可動域確保するぞ!

お尻たたいてくださった皆様、ありがとうございました。
では、ご報告です。

入ってみると、古い病院・・・新館もあるんだけど、受付も診察室も、旧館。
う~む・・・本当にここに通う・・?と、ちょい不安。。
内科もあるから咳してる患者さんあちこちにいるし、
整形外科の単科病院がかかりつけで免疫抑制剤飲んでる私には、
ちょっとドキドキな環境でした。

診察では、発病や投薬や手術歴を聞かれ、リハビリの希望を話しただけ。
「リウマチなので無理せずマイルドにやりましょう」と。はい、もちろん!

リハビリ室は、新館でした。
採光が良く明るくて広くて、快適そうだ。ベッド兼マットエリアも、たっぷり。
PTとOTらしきスタッフが4~5名、事務員さんと助手さんが各1名。

PTは専任担当制ではなく、その日その日でランダムに担当PTがつくそうですが、
本日、初めての担当PTさんは、私的に◎!
明るくソフトな雰囲気で、でもなかなか頼りになりそうな、感じの良い女性。
二十代後半、、、三十前後かしら?

まずはベッドに寝て、両上肢をホットパック。
その間に、下肢を少し動かし、軽~く筋トレ。
(ただし下肢については、次回からは、痛みのある右膝のみ。)

そして、久しぶりに両肩・肘を動かしてもらいました。気持ちよかった~。
やはり、きちんと運動療法を手がけてもらうと、だいぶ楽になります。
初回なのでまだ様子を見つつ、そうっとそうっと、、という感じでしたが
1回でこれだけ実感するのですから、今後が楽しみです。

もちろん、「手当て」といいますように、
「理学療法士さんが手をかけて動かしてくれる」ことが
メンタルな部分にも働きかけるのでしょうね。

そして、「週3回午前中」というのは、整形外科の診察日程だったのです。
リハビリテーション科は、月~土曜・午前午後やっているのでした・・よかった!!
これで通院意欲が一挙に上昇。できれば週2回通えるようにしたいと思います。

余談ですが。
ご縁ですね~。

かかりつけ整形外科病院のリハビリ室長さん(マッサージ師?&?柔道整復師?)
の奥様が、こちらのPTスタッフなんです(産休中)。
それについては、たまたま以前聞いて知っていたのですが。

そもそも今回の病院を教えてくれたのは、私が結婚前にお世話になっていた
実家近所の整形クリニックのPTさんでした。
「結婚後通院できそうな近所の病院のリハスタッフには、理学療法士がいない」
という話から、「この病院なら、ウチの学校の卒業生(同期生?)いるよ」と。

で、今日PTさんと話していたら、またまた出てきた新事実!
その卒業生(同期生?)=現在産休中の、「奥様」。ということみたいです。

とまぁ、そんな話でもちょっと盛り上がってしまって、
初回と思えぬうちとけようでした。

世間ってホント、せまいね~!

体調・医療 | trackback(0) | comment(3) |


2005/12/13 (Tue) お手製お揚げ

先日たまたまテレビで見たのが、とても美味しそうだった。
豆腐(木綿)の水切りをしておいて、厚さを3等分に切り分け、
ちょっと低めの揚げ油で10分・・・
揚げ時間は普通もう少し短いけど、その番組ではあえてカリカリになるまで。
揚げたてさくさくのを短冊に刻んで、水菜とサラダに。

揚げ出し豆腐もおいしいけれど、もっと手軽にできそうなので、やってみた。
しかし10分が待ちきれない私・・・
表面全体がきつね色がかってきたら、完璧な油揚げになる前に引き上げて
次のを揚げてる間に、ほんのちょっとだけ醤油をかけて試食。

薄い厚揚げというかんじで、ウマ~。。
いかん、いかん。サラダにする前に完食してしまう・・・ま、いっか。
これは、粗塩をちらっとふっただけでも美味そう。


・・・とここまで書いたら、帰るコールでした。

さて、そのお揚げ。時間が経ったらすっかり油揚げらしくなっていました。
おかずにするにはやっぱり揚げたてがおいしいので、今日の残りは持ち越し。
多めに作ったけんちん汁の残りに入れて、明日の私のブランチ。

今度は金曜の晩に作っておいて、休日ブランチは、きつねうどん。
いいかもー!!

料理・食物 | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/13 (Tue) 入院記upしました

またまた書きました。ちょっとずつですけど。

読んでね~!

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/12 (Mon) 痛さの単位を考えたおヒトを紹介します!

http://ameblo.jp/noppo8/entry-10005535864.html
こちらへ、どうぞ。
そしてみなさんも、ぜひ、この単位を使い広めましょう!!!

ブログのリンクにも入れましたので、どうぞー!

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/12 (Mon) 鮨の味がわかるようになったもんだってこったい!

実家の寿司屋を継ぎたくなくてサラリーマンになったドラムすこの妻、鈴雨です。

土曜日、私の両親を伴ってお義父さんのお見舞いと、夫の実家へ。
お義母さんは、お昼にお鮨をとってくれました。
昨年までは、お義父さんがリタイヤで職人さんに渡した店のを、とってました。
でもとうとう店をたたんでしまい、昨年暮れに食べたのが最後でした。

先日のお寿司は、やはり昔からやっている、ご近所のお店のだそうです。
夫は、そこの鮨は初めて食べたそうです。

そりゃぁ、おいしかったです。
鮨職人を長年支え一緒に店をやってきたお義母さんがとってくれる、
極上の寿司ですから。

でもね、やっぱり、「S寿司」のが、おいしかったの。
そんなに舌が肥えてない私には、深いことはわからないけど・・・
でも、カニもホタテも、お義父さんを引き継いだあのお寿司の方が
味覚を覚醒させる美味しさが、あった。
あと、イカ。こないだのは、やりいかじゃなくて紋甲いかだったのね。
ちょっと大味なかんじだった。

私の舌も、いっちょまえにネタの味がよくわかるようになったかいな?
・・・それもきっと多少はあるけど・・・
味覚とは、不思議ですね。
美味しさも、思い入れにかなり左右されるみたい。

ちなみに、「今夜のおかずはお刺身でラクだわ~」という友人を
たまに羨ましく思うことがある私です。

寿司屋の一人息子を夫に持つと、
そこいらで購入した刺身なんか、絶対食べさせられませんからー!

料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2005/12/12 (Mon) 入院記upしました

こんばんは。
この前、チキンライスの鶏肉に下味の塩コショウ振るとき
気づいたら塩のかわりに味の素をしっかりふっていた、鈴雨です。
蓋が色ちがいでお揃いの容器、あれなんですよ。でも間違えたのは初。

チキンライスは、ちょっとアミノ酸が強めでしたけど
ダンナは、いつもどおり(←ここは自分でつけたす)美味かったって。
結果オーライ!

で、入院記またまたupです。
ちらほらとご好評いただいて、それでつい。
またガンガンおだててやってください。

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(0) |


2005/12/09 (Fri) blog魂

http://invertedvision.blog33.fc2.com/

blogネタのために、いや、読者の皆様に楽しんでいただくために
あなたはここまでできますか・・・?

ブログ主・文さんの、腹の据わり具合に感動のあまり
ご紹介せずにはおれぬ気持ちになりました。

文さん、勝手にリンクさせていただきます。
早く帰ってきて、また彼女さんの芋話(もう終了したかしらん)綴ってください。

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/07 (Wed) あたしなんて、ダメなやつだい!

今日は、夫を送り出したらそのままシャワー浴びて
リハ通院先に紹介状持って
初診に行くつもりだったんだい!

でもさ、寒いじゃん。
おいらのカラダ、こんな寒い朝っぱら、まだ軋んじゃって、だめなの。
それに、熟睡時間も足りてない。
朝の追加睡眠で、体調が全然ちがうんですよ。
だいたい、リウマチさんは、8~9時間眠るのがベストですから。

で、また寝ちゃったワケだ。
起きたら11時。うん、8時から寝たら、ノンレム-レムが2サイクルで
いい起き方だ。
でもこの時間じゃ、間に合わんの。
リハ通院先って、月水金の午前中しかやってない。
それも、金曜なんか、受付11時まで。

今日は水曜だから、正午までに滑り込めばOKなんですけどね。
初回は、診察もあるしレントゲンも撮るし、ぎりぎりじゃぁ、ね。。

せっかく理学療法士さんがいるとこ、見つけたのに。
リハが週3それも午前中のみって、、、やっぱりコストの関係かな。。
PTさんは、高給取り??

で、今日は、鈴宿のtopの文字化け解消のため、カウンタを替えました。
そしたら、いくつまでいってたかメモとかしてなくて、
うろ覚えで適当に再設定しました。まぁ、だいたい合ってると思います。
もう文字化けなくなると思いますので、またどうぞごひいきに。

昨日の文中「めいんでっじゅ」ってなんだ、、、?
帰るコールで、ちと慌てたかも。

ちなみに汁物・・・通常は味噌汁ですが、
寒い晩は、けんちん、豚汁、肉団子汁、などに取って代わります。
昨晩は、野菜室に生えてる野菜を適当に収穫した白菜とえのきと春菊に、
とうふ(絹)を入れたスープ(コンソメ・胡椒たっぷり・あら塩と醤油ちょっぴり)。
春雨も入れようと思ったら、欠品中でした。
あっ!!!ごま油も入れるべきであった。失敗したなー。

今夜は、生姜をたーっっぷり入れた豚汁!!あったまるよねー。
あと、まいたけご飯、かな。

ううむ。せっかくネガティブなタイトルで気を引いてみようと思ったのに。
うっかり気を抜いたら、また献立話になっておった。。。

体調・医療 | trackback(0) | comment(3) |


2005/12/06 (Tue) 入院記upしました

なんて精力的な私!!
続きをちょこっと書きました。

というわけで、また明日~。

・・・これだけなのも、ちと寂しいか。

では、今夜のめにゅー。
めいんでっじゅは、ぶりの照り焼き。
この寒いのに、ぶり大根じゃないのかって?
煮魚が苦手な家族がいるもんで、ハイ。
ま、汁物で温まりますわ。

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/05 (Mon) 画狂老人卍 に見参。 その2

<北斎展 : 版画刷りたて購入しちゃう・・・?>

富嶽三十六景のいくつかと、「鰈と撫子」図をもう一度ゆっくり観たい!!
来春入居の新居に、あの芥子の花鳥図飾りたい!版画刷ってもらいたい!!
という一途な思いで夫をそそのかし、最終日の朝早めに再鑑賞を決行。
それにね・・・

つきあってくれたIちゃん、ありがとう!楽しかったね!!でも、
彫りと刷りにばかり感動していたキミ。いや、それも、よくわかるよ。でもね・・
もっと「画狂老人卍」に共鳴できるヒトと、もう一度行きたいんだ。

というわけで、持つべきものは夫ーっ!!!でもあるのでした。

一度観ておいたので、前半は観たいポイントをちょこちょこと。
後半は、最初よりもかなりじっくり観られました。
さすが私の夫、「画狂老人卍」に大共鳴ですよ!満足!!!

分厚い図録も買ったし、版画も注文(現地売り切れのため)しちゃった!!
富嶽三十六景中、夫婦とも最高のインパクトだった「甲州石班沢」。
(いわゆる「グレート・ウェーブ」もインパクト絶大ですが、、、
 飾るにはちょっと、、、有名すぎて、あまりにナンですし)
秀逸な構図で、力が一点に集約されているように惹きつけられる、
藍色の濃淡だけの美しい版画。

気になっていた芥子の画は、私的にアレンジして描かせていただいてみようと。

それから、肉筆画帖の「鰈と撫子」のほか、展示替えで今回見られなかった
「雀と鋏」も見てみたい。
葛飾北斎美術館所蔵とのこと。いずれ、ぜひに。桜子ちゃん、よろしく!

あと、我が家愛用の藍染コースターの北斎漫画の原画も見たかったけど
なかったなぁ。。というのが、ちょいと残念ではありました。


「画狂老人卍」。

たとえばあの、一瞬を捉えた波の表現。
略画として、人物や動物の動作・形状を記号化する発想。
巻き起こる風に乗る人物や、水面に向かって泳ぐ亀を水中から見上げた図、
餌を獲るために水の中に半ば潜った鴨の体の描き方、などなど
風や水の表現。

枚挙に暇がないほどの、それら斬新な表現の数々を見て思ったこと。
それは・・・

現代の映画や漫画、アートの領域でやっていることの「原点」を、
すでに彼がすべて網羅していた。

・・・と言っては、言いすぎでしょうか。


(北斎グッズも買ってしまった。。マグネットです。)
P252iS0002949446.jpg

おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/05 (Mon) 画狂老人卍 に見参。 その1

<北斎展 : 恥ずかしい発言;>

人の頭、頭、頭、、、の波の向こうに、
二百有余年の時を隔てたその作品群は、あった。

最前列で観ようと正直に並んでいたら、いつまで経っても進めない。
前から2~3人目ほどの位置、作品全体が見える所でしばし眺め、移動。
そんな鑑賞方法で「すごいねー・・・」を連発しつつ、まだ習作的時代のエリア。

「おっ遠近法取り入れてるヨ!使いたくてしょうがない年頃ってかんじだね!」
とか勝手なこと言いながら進み、木版なのにエッチング?!的作品の前あたり・・・
問題発言な会話を発した、愚か者のワタシタチ。。

友「でもさー、ほんとにスゴイのは、彫り師と刷り師だよね。
  絵なんて、描きたいもの描きゃいいんだし。」
鈴「うーん。。職人ってことでは、そっちの方がスゴイけど。
  でもさー、これだけの絵描くのも並みじゃないでしょ。」
友「まぁ、原画を見てみたいよね。なんで原画って残ってないの!?
鈴「あぁ!そうだよね!そういえば見たことないね。なんでだろ?

「原画は、彫るとき
木版に貼っちゃうからね。」


友・鈴「・ ・ ・ ・ やだーっっそうだよねっっアタリマエだー!」

と、大汗;かきつつ振り向くと、そこには、こじゃれたかんじのおぢさま。。

「そうなんだ、僕はこういう場でいつも彫り師や刷り師の腕前を見ているんだが
 彼らの名前が残されていないことが、残念でならないんだ。」

あぁ恥ずかしかった。。おぢさま、ありがとうございます。
あなたがあそこにいらっしゃらなかったら、私たちは延々
あの恥ずかしい会話をあちこちにばらまいて、どこかのブログで
「北斎展で聞いた、恥ずかしい会話」
なんてぇネタになっていたことでしょう。。

それで思ったのですが、私たちの脳には日常的に、
「コピーとる」なんて概念が、しっかり根を張っているもんですね。。。

以下、鑑賞中の私のつぶやき。

「うわっ夜鷹が花魁よりかっこいいよ、、、」
「ひゃーこの細かいマップ!粘着質じゃないとこんな辛抱強い作業はできん!!」
「美人画は、北斎もすごいけど、私はやっぱり松園が好きだなぁ。
 きっと彼女も、北斎の美人画もたくさん写して勉強したんだろうな、、、」
「なんて美しい藍、、、、、(絶句)」
緻密。大胆。老練。モダン。遊び。洒脱。斬新。庶民の「楽」「賑」「活」。
古典でプログレ。

東海道名所一覧で始まる第五期以降から、富嶽三十六景や花鳥図ほか
特に晩年の完璧さには、ただただ圧倒されました。

中でも私の眼に鮮やかに焼きついたのは、強烈な描写力で描かれた、
肉筆画帖の「鰈と撫子」。
鮮やかな紅の撫子に、鰈の腹の白。さらに鰈の背中の渋い色の
質感と重みで締められた、淡白に見えて絶妙な配置。
だいたい、だれが鰈(かれい)に撫子取り合わせるでしょう?

この画に魅入られて動けなかった私は、まさに
画狂老人の思惑にいともたやすく嵌った雀、でした。

それにしても、自らを「画狂老人卍」と名乗るそのセンスったら、すごい。
それがまさに嵌っているのが、またすごい。
私の中では、「葛飾北斎」はこの日から「画狂老人卍」となりました。

最後に、「北斎グッズ作りすぎ!」とツッコミ入れながらも、みやげ購入し
「これで入る前から50分も並んでたら、あたしゃとても最後まで観らんないわ」
「ホント、美術館ハシゴするどころじゃなかったね~、腰イテ。。」
と、しばしの休憩後に
夜の上野へ車を出したのでした。

みやげに買った手ぬぐい、2色。
P252iS0002818372.jpg

おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(2) |


2005/12/05 (Mon) 画狂老人卍 に見参。 序章

<北斎展 : 国立博物館の身障者対応は、万全だった!>

12/4(日)は最終日。週末ではすごい混雑だろう。行くなら木曜日しかない!
と思い、前日、駐車場について問い合わせると、来館日を聞かれた。

すでに平日でも入場制限され、その日も50分待ちになっているそうだ。
私は車椅子不使用も人工関節3箇所。できるだけ混雑を避けたい旨、相談。
優しい応対のおじさまは「ココだけの話」っぽく、穴場的時間帯を教えてくれた。

それは・・・閉館時間が遅い、金曜日の夕方!
ただし、ハローダイヤル(一般問い合わせ)でそれを大々的にアナウンスすると
逆に混んでしまって苦情が出たりするんだけど・・・と。そりゃそうですよね。

金曜の夜なんて、仕事帰りに寄りたい人の狙い目では?と思ったが、
そうか・・・来館者は年齢層高めの方が多い、というウワサ。
シニアの方々は、そんな遅い時間から出かけられる方、少ないでしょうからね。

で、問題の、同伴者です。
一応、誰もいないとなれば、一人で行く覚悟も固まりつつありましたが。

だいたいね、近場(隣県)に生息する主婦友のほとんどは、PCとは無縁なわけで。
このブログでどんなに懸命に呼びかけても、届きゃしないわけで。

そうだ、携帯メール!
お互いかなり気まぐれに連絡取り合う主婦友のうち、いたいた、いたよ!
一人息子も高校生で、仕事以外はかなりフリーな、もと美術部仲間の彼女が!
誘ってみると速攻OK!ラッキーなことに、今度の金曜は仕事も休み。

そんな彼女が言うことにゃ
「久々だから、美術館のはしごしよう!ご飯も食べようね♪」
ご飯はもちろん食べますとも。うちのダンナ、飲み会だし。
でもね、美術館のハシゴは・・・
ムリですからー!アンタ、北斎展の混みようをご存知ないね!?

というわけで、持つべきものはなんたって友ですな!
(桜子ちゃん、キミの言葉も超うれしかったよ!!!)

そして金曜夕方5時、博物館西門に到着。
予約しておいた旨名乗り手帳を見せると、快く「どうぞお入りください」。

車椅子を使われますか?との問いに、
使った方が安全かしら?押してくれる人も来るし・・・
でも、目線が低くて混んでいると見づらいですよね・・・
などと迷っていると、「そうですね・・見るにはちょっと大変でしょうか・・」
「休憩用ベンチもありますが・・車椅子が必要になりましたら、言ってください」
と、丁寧な受け答えでした。

車内に提示しておく駐車許可票を渡され
「館内入り口から遠いと大変ですから、できるだけ近くに停めてください」
たとえ言われなくてもそうする私ですが、なんと親切なお言葉。

入り口付近に車を進めると・・おおっっ延々続く行列!すでに入場制限中ですと。
「ココだけの話」は、やっぱり・・・「ココだけ」じゃなくなっちゃってたのね。。

駐車し車から降りようとすると、先ほどの係員さんが案内に。
館内のラウンジで友人と待ち合わせているが早く着いてしまったこと、
友人は列に並ばずに入れるのでしょうか?などのことを話すと
「寒いので、ちょっと降りずにお待ちください」
と、入り口インフォメーションに行き、しばしやりとり。

それが済むと、車のドアを開けに来て「大丈夫ですか?ゆっくりでいいですよ」
と待ち、私が降りるとドアを閉めてくれる親切さ。
ラウンジには直接入れることを確認しました。

行列で待ちくたびれている皆様の、仕切りロープの外側をすいすいと通り過ぎ
(心の中で「ごめんなさいね・・失礼します・・・;」とつぶやく)
待ち合わせのラウンジへ。

西門入り口からここまで、細やかな心遣いで(私の歩調にも留意しつつ)
案内してくださった係員さんの完璧サポート・・・さすが国立博物館!感謝でした!

20分後、無事に友人と落ち合うことができ、さあ入場です。

おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。