--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/03/31 (Fri) 出ました

うー、、いたそう、、、

えっ?痛いの?どこが??

はながいたそう、、、、

鼻?どしたの?

まじんがーぜっとが、、かくのうされるから、、、

おなかのとこから、、、、、、


(ぷぷっっ^m^;)マジンガーZ?お腹から格納されるの?それでなんで鼻が痛そうなの?
(くーっっっおかしい;じたばた)

・・・えー・・・・わかんない、、ゆめだから、、、

なんだかわかんないんだよー、、

でもいたそうだったんだよー、、、、、、



以上、昨晩の夫の発言でした。

最後のあたりは、「これは夢である」と認識しているので、半分覚醒してるようですね。
(でも顔は寝たままだった)

とはいえ、今朝は何も覚えていないそうでした。


実は、一昨日あたりにも、ねごと言ってたんです。


出力は一括でやって、、全部まとめて。


・・・指示出されちゃいました。。

おお、夢の中でまでお仕事ですか。
ごくろうさまです。恐れ入ります。
おつかれさまです。


と思いつつ、私も入眠するところだったので、とても起き出してメモする気力ナシ。
でも、ちゃんと覚えてましたね。(さすが妻、エライ!!)

昨晩は、マジンガーZのところでもう大笑い;の末、眠れなくなってしまったので
急いでケータイにメモっておきましたのよん。


それにしても、昨晩のと一昨日の・・・
同一人物のねごととは思えない気がしてなりません。。。



ところで!!!
本日18時、セリーグ開幕でヤクルト戦!!!!
またCSにどっぷりこの日々が始まる!!!うれしい~~~!!!!!!


<おまけ画像>
某日私の誕生日に夫から、アレンジメントフラワー。
デジカメ買い換えたので、私も使ってみました。試し撮り。h.jpg

ちょっと暗かったな。
バックの白いものは、新居用に購入したカウンタースツールです。↑

na.jpg

↑これは、昨日初めて撮ったもの。ピント合ってないしオートフラッシュで色が×。

スポンサーサイト

ねごと | trackback(0) | comment(4) |


2006/03/30 (Thu) ついに鍵の引渡し完了。

昨日は、新居の鍵の引渡し会でした。

おお、ついにここが「我が家」。
とは思いつつも、まだ実感が、、、湧きません。

早く家具を置いてみたいものです!


で。

夜、夫実家へ行きまして。
食器類をいろいろと物色させていただき、ホクホクしながら帰宅しました。

なにしろ、いままでは食器棚もこじんまりなもので・・・
私も友人の結婚式などでもらったたくさんの引き出物など、
ほとんど実家に置きっぱなし。
余分な食器類は持ち込みませんでしたから。

で、私の実家といえば、6人家族。それだけ収納物も多いですので。
使わないもの・・特に引き出物系は、どんどん学校のバザー行き。
今頃になって「あれ、まだある?」なんて、聞くも愚かというものです。

さて、夫実家の方は、さすが寿司屋をやっていただけのことは、あります。
素敵な引き出物の、多いこと多いこと。

お義母さんも言ってましたが、
「しまうところがたくさんあるもんだから、つい入れるばっかりで忘れてるの」
いえいえ、おかげさまで、ありがたいです~。

そうそう、その中に、立派な漆の汁椀のペアが、2箱。
熨斗には、お義父さんの寿司屋の名前が入っています。
「開店のときに、お配りしたのよ。いい物なのよ~」
と・・・お義母さん懐かしそうに出してくれました。

そんな、大切な思い出の詰まったものたちも、いただいてきました。
だいじに使わせていただきます。。


早く来い来い、食器棚♪

住処・クルマ | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/28 (Tue) 035:株(鈴雨)

若いころ株のしくじりある父は いまや花株増やす名人

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(2) |


2006/03/28 (Tue) 034:シャンプー(鈴雨)

シャンプーの香りはいつも呼び覚ます 週末ごとの逢瀬の記憶

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(4) |


2006/03/28 (Tue) 033:鍵(鈴雨)

ドアを閉め鍵を返すということのせつなさを越え春を踏み出す

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/28 (Tue) 032:上海(鈴雨)

上海を旅したことはなけれどもその名の響きなぜに懐かし

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/28 (Tue) 031:寂(鈴雨)

街なかに桜の色の満ちてきて椿のくれない褪せて寂しき

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/27 (Mon) 入院記upしました

桜がずいぶん咲いてまいりましたね~。

このところ、引越しのことと題詠100首にかまけて、入院記すっかり放置してましたので、
本日upいたしました。

この次は、新居にて・・ということになるかしら?

まぁそれはともかく、読んでね~!

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/24 (Fri) 030:政治(鈴雨)

投票で政治よ変われと願うこと空しく空しくただ無力感

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/24 (Fri) 029:草(鈴雨)

ダンボール染めて芝草滑り降り 幼き初夏の荒川の土手

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/24 (Fri) 028:おたく(鈴雨)

脊椎に恋した整形外科医とは脊椎おたくと似て非なるもの

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/23 (Thu) つきなみですが・・春は

別れの季節ですね・・・

普段、自分にとってなんの思い入れも影響も感じていないのに、“別れ”となったとたんに

かなすぃ・・・・・・・

人生、そんなこともある。


まずは、朝一番のできごと。

雨のため、夫を駅まで送りに玄関を出ましたら。
お隣のドアの新聞入れから、なにやら白いヒモが輪になって長~く垂れているのです。
??と近づいてみると、ドアに貼り紙。

3月21日 引っ越しました。お世話になりました。

・・・・がーん。

お隣の(元)住人は、若い女性。
2年前の春、入居のごあいさつにみえました。

なかなか感じ良くかわいい雰囲気で、ちょっと嬉しくなりました。
秋には、故郷からのリンゴを数個、おすそわけいただきました。

機会があったら「遊びにきて」と声をかけたいと思いつつ、
やはりなかなか、顔を合わせる機会もないまま。

彼女の外見が変化を見せたのは、それから1年もたたなかったかしら・・・
彼氏らしき男性が、頻繁に出入りするようになった頃。

ある日、マンションの入り口でちょうど会ったから「こんにちは」と声をかけた。
彼女からも「こんにちは」と返ってきたけど、、なんだかそれ以上話をする雰囲気は、なかった。
そのときに、ちょっと化粧が濃くなったみたい?と思った。

今年になってからはもう、たまたま会っても「あれ?彼女かな??」と確信できないくらい
雰囲気は、変わってた。

どうやら、もう最初の面影がないのは、黒々と濃いアイメイクのせい。
服装のイメージも、かなり、、、ハスっぱ、、、(・・死語??)

まぁでも外見の変化はともかく。
我が家が引っ越すときは、何を持って挨拶に行こうかしら?
「新居はあそこのマンションだから、遊びに来てね」って言ってみよう。

・・・そんなふうに、夫婦して、ちょっとだけ楽しみだった。

きっと彼女のことだから、引越し当日には挨拶に来てくれたんだろうね。
だけどあの日は、ちょうど留守だったからなぁ。

ドアに残った彼女の幼い文字は、最初に会ったときのままの、愛らしさだった。


朝2番に聞かされた、別れ。

「昨日、T-FM 聴いてた?」と、車の中で夫が言った。
昨日は全然聴かなかったなぁ。
「坂上みき、結婚するんで“Beautiful”昨日が最後だって。」

・・・がーん。

別に、番組ファンとかみきネエファンだったわけじゃない。ただ。

さびすぃ。。。

でも、みきネエもとうとう結婚か~。おめでとう~~~!!!

というわけで、今日のBeautiful聴いてみました。

あ~やっぱり・・・チ、ガ、ウ、んだよね。
あの、午後のさぁ、なんというか、、、自堕落~~~なカンジが~、、ナイ!!!のよね。。

とはいえ、honeymoonから帰ったら、新たな番組が始まるようなので(ほっ。。)
またあのエーカゲンなしゃべりを楽しませてもらいましょっと。

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/22 (Wed) お墓参りにもWBCの影響が。

イチローって、クールなのかと思っていたら、あんなにアツイひとなんですね。

それにしても、韓国戦の三度目の正直といいキューバ戦といい、いい戦いでした。
特にキューバ戦、エラーから流れを持っていかれて1点差に追いつかれながら、
よくぞまた流れをこっちに持ってこられた。
その集中力と精神力はすばらしかった。

正直なところ、最初に日本代表チームの顔ぶれを見たときは、ちょっとピンとこなかった。
ずいぶんと、若い選手中心で。。

それがさぁ、あんないい戦いのできるチームになるとは!

若い選手、特に里崎やむねりん、みんな一皮むけただろうね。

イチローと一緒にプレイできたことも、大きいですよね。
彼のリーダーシップと情熱。ほんと、すごいなぁ。人を動かすよね。
それに、やっぱりかっこいい。

あと、松中の熱いプレーも感動的でした。
あと、中日ファン様の声が聞こえそうなので加筆しますと、
代打福留に「やっぱり頼りになるな~」 と実は思った、
福留ってあんまり好きじゃないんだけどさ・・な阪神ファンです。。

それからね、できることなら、球児と久保田にもいい形で終わってほしかったのだけど。。
ま、しかたないか。

それと、なんといっても、誤審をはねのけてアメリカに勝ったメキシコ、天晴れ!ですよ。
あのゲーム勝ってももう敗退決まってるのに、燃え上がって勝利をもぎ取るとは、すばらしい!ありがとう、メキシコ。。

それを思うと、誤審でなんだかいやな負け方したときの日本とは対照的な気もするけどね。

次回は、アメリカさんにはもっとマトモな対戦の組み合わせ考えてほしいですね。
日本と韓国が3回も戦ったり、自国(米)もキューバやドミニカといった強豪との対戦を
決勝まで避けるような作りになっていたり。・・なんてことのないようにね。
それと、もちろん、審判についても!検討しないとね。

ところで昨日は、夫実家でキューバ戦観戦後、お墓参りに行きました。
いつもは車らくらく置けるんですが。
すごいんです。墓参ラッシュ!
静かなお寺が、人と車でにぎやか~な雰囲気。
車入れるのしばらく待っていたら、人も車も一気に引けて、いつものお寺に戻りました。

みなさん、優勝を見届けて出てきましたね。

・・と、WBCの波は、そんな静かなお寺にまで及んでいたのでありました。

野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(2) |


2006/03/20 (Mon) ふきのとう味噌

義姉(兄嫁)から“ふきのとう”のおすそ分けがありました。


義姉とは、同居していた頃も“たらの芽”にハマリまくったことがあります。
いただきもののタラの芽、てんぷらにして二人で(当時まだ両親は、元の実家に居住)
おなかいっぱい食べたのをきっかけに、道を歩いていても、道路を走っていても、
気がつけばタラの木を探している私たち。。けっこう、ゴルフ場の雑木林とかにあって。
「今日はどこそこでタラの木を見つけた」と日々報告しあい。(変?・・かな。。)

でも、タラの芽、どんどん成長しちゃいますからね。
タラの芽摘みに行くなら、もう今しかない!というある日、義姉が知人と行ってきました。
(私は当時お仕事に行ってました)

てんぷらじゃとてもとても食べきれない量!
それも、ちょっと芽が育っていて大きいし。
てんぷらの他に、茹でて、マヨネーズや和風ドレッシングで食べたら、これがイケル!!
ちょっと成長したやわらか~い若葉、茹でると歯ざわりがキュキュッ・・
それがまた、なんともいいのよね~~~~と大満足の自画自賛だったよねぇ。。

・・・なんてことがあったなぁ。
話が逸れました。

というわけで。そんな、春の味覚大好きな私なのでした。


で、ふきのとうです。てんぷらを思い浮かべてヨダレ。。。
だったのですが、てんぷらにしたら二人で食べるには2日かかりそうな量。

そこでまた思い出したのが、「ふき(のとう)みそ」。

桜子ちゃん!!覚えてる?私はずっと覚えてるよ!!!
キミにもらった、お母さん特製(?)の、ふきみそ。
お姉さんが焼いた可愛い“ぐい呑み”に入れて、器ごとくれたよね。

あの、ほろ苦い美味しさが忘れられなくて。いつか作ってみたかったの。

その味を思い出して・・・あとは勘ですが、
ふきのとうを細かく刻んで、ごま油で炒め、酒とみりんでちょっと煮て、最後に味噌で練り練り。
たぶん、砂糖も入れるんだろうと思いましたが、ウチはさっぱり味が好みなので省略。
味噌の分量の割りにふきのとうが多いので、ほろにが味がちょい強め。あく抜きもしてないし。

他人様のお口に合うかは別として・・・
なかなか良くできたかしら、ね?

これがまぁ、あと引きます。ご飯食べ終わっても、ちびちびつまんじゃいます。


桜子ちゃ~ん、元気にしてる~~???

料理・食物 | trackback(0) | comment(2) |


2006/03/17 (Fri) レシピ公開・・・ハズカシイけど;

ひそかにご要望がありましたので、私のイイカゲンカリーのレシピ書きます。
キーマカリーにするなら挽肉、チキンカリーなら鶏のお好み部位肉を。
塩を控えたキーマカリーを煮詰めれば、ペースト状のドライカリーになります。

●材料

タマネギ1個、ニンジン半本、セロリ適当(お好みで)、ニンニク1かけ、
ショウガ適量、トマト1~2個(またはホールトマト缶詰の半量前後)、
牛豚等挽肉か鶏肉200g、レモン汁少々、コンソメ1個、粗塩適宜、
スパイス:コリアンダー、ターメリック、クミン(私は粉よりシードが好き)
     ・・・各大さじ1~2杯前後?(色を見ながら好みで加減)
     チリペッパー、粗挽き胡椒、ガラムマサラ(我が家のはMUJI製)。
     または、全部まとめてS&Bのカレー粉でも。これならミックス済み。

●作り方

1、タマネギはみじん切りにして、よ~く炒める。
  油は、バターでもオリーブオイルでもサラダ油でも・・お好みで。
  私は、動物性脂肪が気になる合挽き肉ならオリーブオイルにしたり、
  チキンでコクがほしいときはバター使ったり。

2、みじん切りのニンニクも加え入れて炒め、香りが出たら、
  粗塩を振った肉を投入して、さらに炒める。
  ぶつ切り肉の場合は表面だけ炒まればOK。

3、フードプロセッサーにかけたセロリ(葉っぱ含む)・ニンジン・ショウガを入れ、
  サッと炒めたらガラムマサラ以外のスパイスを適量投入し
  (チリペッパーの入れすぎに注意!少しずつ振り入れて、辛さ調節しましょう)
  焦がさないように気をつけながら、さらに炒める。 
  適当なところでトマト(生なら湯むきをして、ざく切り)を投入し
  水とコンソメ(あらかじめスープにしておけばなおOK)を入れて煮込む。

4、野菜がどろどろなかんじになるまで煮込んだら、レモン汁(酢でもいい?)で 
  酸味を足して味を調えます。これもお好みで酸っぱさを加減してね。  

 *ほかにも、ヨーグルトやコーヒーや醤油を足して冒険してみてください。

5、ガラムマサラを適宜振り入れてひと煮立ちさせたらできあがり。
  煮加減も、お好みで。ただし、煮詰める場合は塩加減に注意。

 *ガラムマサラにシナモンが入っていなければ、お好みでシナモンひと振りどうぞ!

ちなみに、本格的に凝るなら、スパイスはもっともっと種類増えます!!


いや~、ホントにいいかげんですね;(大汗)
カリーの得意な方々、ツッコミ大歓迎ですので・・よろしくご指導ください。


そもそも私が最初に作ったインド風カリーは、25,6年前のお料理教室。
と言っても習ってたのではなく、先生の助手でした。

でもあのバイトは、よかったよ~。

生徒だと、6人1グループだから、各自が全過程を手がけられるわけじゃない。
それにひきかえ、助手は、1グループあたりの分量で先生+助手2人分を調理。
先生は生徒のテーブルを見回ってるから、実質は、助手二人で作るわけです。

で、当時はまだインド風カリーなんて今ほどスタンダードじゃなかったから
作ったのも初めて、食べたのも初めて。
そのときに新鮮なオドロキだったのが、セロリとトマトを入れて煮込むこと。
たぶん、それがもうインプットされて変えられないんだと思います。

ちなみに、そのバイトで美味しさを知って、後にもよく作ったのは・・・
「ワカサギの南蛮漬け」「青柳とほうれん草の黄身酢がけ」「チーズクッキー」

・・・「それだけカイっっ」と、ただいま自分にツッコミ中。。
でも、あとはあんまり覚えてないなぁ・・・
たぶん、グラタンとかパスタもあったけど、スタンダードすぎて忘却かも。。。

追記
忘れてたけど、トマトのリゾット!基本はミネストローネですが。
のちのち、一人暮らしした時期には(1年に満たない期間でしたが・・)特に、
残り物でできる上に応用もきくしで、かな~り重宝しましたっけ。。

料理・食物 | trackback(1) | comment(6) |


2006/03/17 (Fri) 027:嘘(鈴雨)

「嘘つき。」と言うシチュエイション積み重ね魅力増したる たまき 真似たし

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/17 (Fri) 026:垂(鈴雨)

木の精の居るはまことと信じらる 枝垂桜の下に立つとき

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/17 (Fri) 025:とんぼ(鈴雨)

ロットリングペン振る硬き感触のふと蘇る「とんぼ」と言うとき

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/17 (Fri) 024:牛乳(鈴雨)

牛乳のぬるきおもてに桃いろの小さき閃き 猫舌に春  

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(2) |


2006/03/17 (Fri) 023:結(鈴雨)

髪結いて露わなる耳ほの紅く冬の朝陽に透けて輝う

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/17 (Fri) 022:レントゲン(鈴雨)

「ゆっくりでいいですから」が口癖のレントゲン技師 異動せしかも

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/17 (Fri) 021:美(鈴雨)

たそがれの美術準備室 蒼ざめし石膏の像たちの沈黙

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/16 (Thu) フードプロセッサー欲しいかも。

不思議ですね。いまどき、我が家にはフードプロセッサーなる調理器具がナイ!

そんな高価なものでもないのに、なぜナイのか?

・・・別に意味はなく。
すりおろし器とみじん切りで、十分済んでいたんですよね。

私には変に頑固(?)なところがありまして。たとえば、
普通ピーラー使えばラクでしょ?というところでも、どうも包丁を使いがち。

でも考えてみると・・・
ピーラーって、左手でしっかり持ってないと、かえって使い勝手悪いよね。
だからたぶん、左肘が痛かったりすると、包丁の方が楽なんだな。
んなわけで、包丁愛用者です。

ああ、あと、野菜ジュースなんか作らないのか、って?
ウチ、カゴメのを愛飲してるんですよ。
西友の宅配利用ついでに、1本198円のときにまとめ買い。

さて。昨晩のメインは、キーマカレー。の予定でした。
これも、冷凍室整理の意味もあります。
冷凍挽肉と、冷凍セロリ(刻み済み)。

セロリ・・・私は好物、夫は苦手野菜。
でも、インド風カリーには入れないと気がすまない私。
(煮込んでしまえば夫も大丈夫なので。)
あと、やはり夫の苦手なスモークサーモンのマリネ、私大好きで。
たまに自分のブランチ用に、セロリをおもいきり投入して作ります。

セロリ使用って、その程度の頻度なものですから、1度買うと
あと2回分くらいの量を、刻んで冷凍しておきます。
でも冷凍すると、もうマリネには使えない。煮込むものでないと不味い。

前置きが長くなりましたが・・・それでそろそろセロリ整理しないと。
ついでに、カリー用スパイス類も、そろそろ使い切ったほうがいいかも。
ってことで、さらに冷凍挽肉も消化するため、昨晩はキーマカリー。
(繰り返してスミマセン。。)

ところがどっこい。

ちょっと両肘の調子が悪くて、みじん切りができない。
かといって、そんな調子じゃ、タマネギやニンジンすりおろすのはもっと無理。
せいぜいニンニクとショウガまでですね。
(ニンニクはなかったので、ガーリックパウダー)
湯むきトマトだけはザク切りでいいけど・・・
他は、できる範囲の細かさに刻みました。

結局、とてもキーマカレーには見えない、
ぼろぼろと煮姿の残ったままの野菜入り挽肉カリーのできあがり。

まあね、、味は、文句なしだけどね。
(調味料は、コンソメ・粗塩・スパイス数種・レモン汁代わりに昆布酢少々)
ルーで作る昔ながらのカレーが好きな夫も、セロリ入ってるの承知(のはず)で
ウマイって言ったしね。よしとしました。

が!!!

新居にフードプロセッサー導入しようと決心した
(いや、、、それほどのことでも;)
昨晩なのでした。。。

料理・食物 | trackback(0) | comment(3) |


2006/03/15 (Wed) ユリノキ

ローン契約しに、シブヤ行ってきました。すっごい久しぶりだった気が。

帰りに三宅坂付近を走行中(仕事に戻りに下車するまで夫運転)、
かなーり目を惹かれた街路樹発見。

どれもなかなか大きな木です。
梢には、白茶けたような色の大きな芽が、たくさん付いている。
でも、コブシとかハクレンとかモクレンでは、ない。

一所懸命凝視してましたが、それが花芽なのか葉の芽なのかもわからず。

夫なんかさ、、、

カマキリの卵だったりして~。ある日一斉にはやけて、
 木の幹が子カマキリでゾワゾワと一杯に・・・


ホラー・・いや、動物パニックものですか。
虫の大発生系なんか、自分がイチバン苦手なくせに。

そうだ。食事時に思い出させてみよう。


まぁ、そんなわけで、調べてみました。

どうやら、ユリノキらしいです。

そっか~あれがユリノキかぁ。
花を見てみたいなぁ。。。

んでもって。
なななんと「ゆりのきファン倶楽部」なるものが!!すごい!!!

入会を検討中・・・・・・yurinokifan01.gif

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(4) |


2006/03/14 (Tue) 020:信号(鈴雨)

目の高さのつきあいだった信号機 左横顔すてきだったよ

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/14 (Tue) 019:雨(鈴雨)

吾につけし鈴雨(すずめ)とう名の文字の意味つづりし詩など君わすれ果つ

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/14 (Tue) 018:スカート(鈴雨)

制服のスカート寝押し ずれぬよう 布団にもぐりこみし明け方

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(2) |


2006/03/14 (Tue) 017:医(鈴雨)

手術後の写真を吾に透かしつつ「完璧だな」と医師つぶやきて

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/14 (Tue) 016:せせらぎ(鈴雨)

ささめきにしじますずろにせせらぎへ サ行の音は楚々たる響き

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/03/13 (Mon) 015:秘密(鈴雨)

秘密とは睫の陰に宿るゆえ まつげ濃き女(ひと)うらやましきを

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。