--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/06/30 (Fri) さらば。×2

昨日と今日、たてつづけに・・・

(T"T)カナスィ・・・・・

できごとがありました。


このところ、糠漬け用の野菜を買い損なっていたため、
「かき混ぜるだけ」を忘れぬようにせねば・・・
と思ってはいたのですが。

忘れました。2日ほど。
それも、冷蔵庫に入れておくことも怠っており。

昨晩ハッとして
おそるおそる開けてみたら・・・

げっっっ。カビてる。。。

ショックでした。

始めたのは、たしか、結婚してまもなくのこと。

5年近くもだいじに育ててきたのに。

泣きたい気持ちでゴミ袋に全部あけ、容器を洗いました。

今朝、その重たい(+ちょと臭う・・?)ゴミ袋を、ゴミ置き場へ・・・
出勤する夫にお願いしました。。
(ゴミの日じゃないのに朝からそんなゴミ託して、ごめんなさい!!)

まぁいいや。リセットしよう。

そう思ったとたん、
なんか、似たようなこと・・あった気がするなぁ。
と思い出したのは。


夫とつきあっていた頃(結婚を決めてから)のこと・・・

私が当時使っていたiMacに、大切に全部保存しておいた二人の往復メール。

たまたま、そのiMac、夫がいじっているときに、フリーズしたのよね。
(まぁ、macにフリーズはよくあることだったのですが。)

で、なかなか完全に復旧しないので、
なんかいろいろいじってくれてるにまかせてました。

・・・そしたらね、そしたらねーーーっ!!!うわあぁ~~ん!!!!

たいせつなたいせつな、往復書簡・・じゃない・・メールが!!!!
ぜっっっんぶ、消えちゃったですよーーーー!!!!!!!


詳しい状況はあまり覚えてないけど・・・
1度復旧したけどまだ不具合があるからって、バックアップとってから
リストアしようとしたんだったかな・・・

それが、なんだかたしか、ウッカリ!!!なことやっちゃったんだよね。

私泣きました。
パソコンデスクの前に腰掛けてる夫の腿たたいて泣いた覚えがある。

すごくすごく、悲しかった。
「ずーっととっておいて、歳とってから懐かしく読み返そうと思ってたのに・・・」

そしたら、ね。

そんなことできなくたって、いいじゃん。
 (結婚するから)リセットして、今からまた、始めるんだよ
。」

その一言で「そっか。そうだね。今度はまたゼロから始めるんだよね。」・・・

・・・う~む。。うまいこと収められた気が。。。



以上、余談でした。話を戻します。



今朝気がつきました。

カモミールが、なんだか全身白っぽくなってる!!!

たしかに、最近花も小さいし、一時いなくなった虫がまた出現していた。
でも、水をやるときも、それほど変だと気づかなかった。

よ~く見ると、あきらかに病気みたい。。

姉にメールしたり、調べてみたところ、どうやらウドンコ病

花首付近から上は、どれも普通の色で虫も付いてないのだけれど。
他はもうほぼ全体に広がっていたので、アドバイスにしたがい・・・
ごめんねごめんねと泣きたい気持ちで掘り出して、サヨナラしました。。。

せめて形見に・・・

きれいなままの花たちを、頭だけ摘んで、ドライハーブにいたします。。


教訓。

生かすこと、育てることにおいて

「怠慢」は致命的。




そんな日の終わりに・・・

たそがれどき、北側の静かなベランダに出たら

今年初めての蝉の声が、かすかに聞こえました。

明日から、七月。

スポンサーサイト

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(2) |


2006/06/28 (Wed) 入院記upしました

ちょっと題詠100首に力を入れてしまい、ごぶさたしてましたが
やっとupしました。

さあて、いよいよハローベストからの解放です。

それからは、退院までの間、

楽しいことばかりー!

だったなぁ。


というわけで、お読みくださいまし。

サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/26 (Mon) ②トマト水煮缶

重宝してます。
いまさら取り上げるほど特別なものではありませんが。

カットトマトよりホールトマトの方が、ぎゅっと美味しい気がして、いつもホールトマトを購入。
必ずプルタブの。西友宅配のときに、2~3缶まとめて買っておきます。

緑黄色野菜を切らしたときや、メニューの取り合わせで困ったら、トマト缶。
リコピンたっぷりで、体内酸欠の人にはもってこい!です。


私が使うメニューは・・・

●パスタのトマトソース。
●チキントマト煮込み。
●ミネストローネ~リゾット。
●インド風カリーにも投入。

これくらいでしょうか。

そうそう!ビーフシチューとかのブラウンソース系に入れなくちゃ!
でもここでは、「簡単ウマイ」がテーマなので・・省略です。
それに私、缶詰ソースとか使っちゃうし。。(^^;


●トマトソース

休日ブランチによく登場させるのが、ツナトマトソース。
常備野菜の玉葱さえあれば、あとはツナ缶とトマト缶とクレイジーソルト、
それにベランダからバジルを摘んでくればOK。
タマネギは、みじん切りにせずスライスにします。これが楽。
煮解けるほど煮込まないので、タマネギを味わえるし食べやすいです。

1、タマネギ1個をスライスして、バターかオリーブオイルで炒める。
2、しんなり透き通ってきたら、ツナ(小さな缶なら2個)を投入。
  オイル漬けなら油を切って。
3、ガーリックとクレイジーソルトで味付け。
  *ガーリックパウダーでなくニンニクがあれば、タマネギと一緒に炒めておきます。
4、トマト1缶を入れてかき混ぜながら適度(お好み)に煮詰め、最後に味を整える。
5、茹で上がったパスタにかけて、バジルの葉を散らしましょう。

*具は、ツナをベーコンにしたり、挽肉でボロネーゼに。
 ボロネーゼのときは、玉葱はみじん切りでコンソメを入れて煮込みます。
 ハーブも、タイムやオレガノなどあれば入れます。赤ワインも忘れずに!

 
そうそう!タコ&トマトも美味しいですよ~♪
その場合、タコは加熱するとすぐ硬くなるので、最後に入れてね。または、
湯むき生トマトとタコを、オリーブオイルとクレイジーソルトでサッと炒めただけ!
シンプルなパスタもgood!



●チキントマト煮

1、タマネギはたくさん入れた方が美味しい。
  みじん切りでもスライスでも。ほぼ煮溶けます。
2、オイルはお好みで・・バター、オリーブオイル、サラダ油、どれでも。
3、タマネギの甘みが出るまで、ニンニクとともによ~く炒める。
4、ぶつ切りにした鶏腿肉を入れ、粗塩と粗挽きコショウを少し強めに振って、
  肉にざっと火を通す。
5、スープの素(固形なら1個)+水適量、ホールトマトを加える。
6、ローリエなどハーブがあれば加えて、煮込みます。
7、最後にクレイジーソルトで味を調え、盛り付けたらバジルを散らします。

我が家のサラダ油は、キャノーラ油なのでさっぱりしてます。
なので、鶏腿肉の脂身は取らずに使ってしまいます。
コクが欲しいときは、バターがおすすめです。

実は、新居ぱーてーのときに、作りました。
十数人分なんてとても手の込んだものはできないけど、ちょっとつまめるものが欲しい。
チキンのトマト煮なら無難だし、大鍋に煮込んでしまえばOK。

というわけで、タマネギ大玉3個粗みじん切りしてバターをドカンと入れて炒め。
トマト缶も鶏肉も、いつもの3倍で。
アムウェイの大鍋で・・・あんなに大量な煮込み、初めての経験で・・・
ちょっと目を離した隙に、鶏肉の皮が焦げ付いてしまった。。
煮込みの鍋は、テフロンとかシルバーストーン加工に限りますね。。。

あのとき、「焦げ」が混入していた方、ごめんなさい。
遅れて到着して冷めたのを召し上がった方、ごめんなさい。
キッチンに来て、鍋に残ってる分まで「ウマイウマイ」と平らげてくれた某氏、ありがとう。



●ミネストローネ

タマネギとベーコンを炒めて、セロリ、にんじん、きゃべつなど
(残り野菜、きのこ類、アクの強くないものならなんでもOK)投入し
ホールトマトを適量入れて煮込んだ、コンソメの野菜スープ。
最後はやはり、クレイジーソルト。
これにご飯を入れてチーズを入れて、リゾットも美味しいです。



以上。カリー系は、以前書きましたので省略です。


お次は・・・ここで登場させました、粗塩です。

料理・食物 | trackback(0) | comment(6) |


2006/06/22 (Thu) 臨界を知る 

限界を知ったその先に、臨界点はあった・・・・・・・


昨日は、まだちょっと不調を引きずっておりました。
そして、臨界事故は起きたのです。


体調があまり良好でないときって、夜の献立がなかなか決まらないのよね。
その理由は・・・

1、いつもは負担と感じないことも、ちょっと避けたくなる。
 (たとえば・・里芋の皮むきとか。調理工程が何段階もあるものとか。揚げ物とか。)
2、鍋をいくつも使いたくない。
3、ただ単純に、頭の回転が悪い。
 (ありあわせの食材や調味の取り合わせが、うまく組み立てられない。)


私はまず、メインの肉・魚を夫の昼食とバッティングしないように、決めます。
(昼食メニューは、それまでにメールで確認。)

基本のローテーションは、
●牛肉or豚肉
●魚類
●鶏肉
この3種類がメインで、メニューにより適宜、豆腐と卵をプラス。
特に、赤身の肉(牛豚)は、週2回程度一人1日80gの摂取で十分だとか。
なので・・・80gに抑えるのもちょっと難しいので・・・100g前後を
週3~4日に抑えるようにして、あとの3~4日は鶏・魚介にします。

野菜の基本は、
●淡色野菜 ●緑黄色野菜 ●きのこ類 ●海草
が揃うようにする。
プラス、根菜と葉もの野菜のバランスを考慮。
(緑黄色野菜も、赤と緑が揃えられればベストですが、そこまではなかなか・・・)

という考え方でメニューを決めるのですが・・・

昨日は、ブリにするか鶏にするか揺れているまま、とりあえずお米をとぐ時間。
夫の大好きな舞茸ご飯、最近炊いてないから・・・と、考えがまとまらぬまま準備完了。

むむ。炊き込みご飯じゃ、ブリは・・やっぱ白いご飯のおかずだから・・却下。
すると、鶏肉だな。
今日は、ご飯のおかずとしてのメインディッシュは特別いらない。
では、チキンスープか。

トマトベースのは、先週もやったから飽きちゃうな。
コンソメかだし仕立て・・春菊と白菜とえのき、なんて冬の献立だし。
ニラとかキャベツとかもやし・・・買っとけばよかった。
モロヘイヤをスープに入れてみる???あと、玉葱とえのき?・・・
あっ!えのきはダメだ!舞茸ご飯だもん。きのこ食べ過ぎてお腹ゆるくなるといけない。
(夫の腸はデリケート。)

そだ!いっそ、クリームシチューにするか!

・・・とぐずぐず考えながら、ぬかみそを出したりしてる間に、夫が帰宅。


スープとシチュー、どっちがいい?
でも、この季節に・・それも舞茸ご飯にシチューなんて、変だよね?


いんや、そんなことないよ。
シチューがいいかな。


よかった!決まり!!!

と・・・夫は、シチューはスタンダードな具でないとダメなので
玉葱・じゃがいも・人参とチキン。
ぐつぐつ煮込む。


・・・・・・悲劇は、すでに始まっていたのです。


シチューの素を入れようと思ったら~~~~
それは、ハヤシライスの素でした~~~

あっ隣の箱!もうひとつある!!!
と思ったら~~~~
それはカレールーでした~~~~~

カレーにしちゃえばいいや!と思ったら~~~
舞茸ご飯炊けちゃいました~~~~~~



奈落の底に突き落とされた私は、自力でホワイトソースを作るという
料理の基本を思い出す余裕さえないほど、泣きそうでした。。
(でも、考えてみたら生クリームはあるけど牛乳ないし。。。)


結果。

帰宅したばかりの空腹夫、コンビニへ走る。

クリームシチューの素は、2軒めのコンビニでめでたくゲットでき・・・

我が家はなにごともなかったかのように
あつあつのホワイトシチューをたいらげたのでした。。。


教訓:

体調不調のときは、脳も不調と心得よ。

料理・食物 | trackback(0) | comment(12) |


2006/06/21 (Wed) 限界を知る

昨日は、旧友2名ランチがてら遊びに来てくれました。

朝からむりやりエンジン全開。
夫を送り出し、ちょっとお茶して掃除機をかけ、ひと汗かいたところでシャワー。
その間に洗濯機を回し、風呂上がりに野菜ジュースを一杯やってから洗濯物干し。
身支度を整えて薄化粧していると、友から乗換駅に着いたとのメール。

少し陽射しがあるし、天然パーマヘアも湿気でぼあぼあしているため
帽子をかぶって行こうと思ったら、引越しでどこにしまったのやら・・みつからず。

駐車場から車を出す時間も考慮のため焦っていて、帽子はあきらめて出かける。
パズル式立体駐車場は、いつものように・・まず左にゆっくり・・・上にゆっくり・・・・・・
あああああ~~~~じれったい!!!

待たせてしまったと思いつつ最寄り駅に到着すると、
さいわい彼女らは数十秒後に駅から出てきた。


葉の美しい観葉植物(ディフェンバキア・カミラ)の鉢をいただき、
まずはお茶を・・・私の強制リクエストにより、レモンバームティー。
「いい香り~~~・・・」と、仕事を持つ多忙主婦2名、ほっとゆったり・・・

ランチには、たぶん二人は作ったことがないであろうドライカリーをつくっておきました。
ターメリックを入れたサフランライスを炊いて、ドライパセリを振りかけて盛り付けると
「わぁ~~レストランみたい!」(いいな~こーゆー反応。)

案の定、「おいしい!何が入ってるの!?」と大好評でした。

サラダは、わかめと大根の和風。
飲み物は・・ラッシーみたいな乳飲料がほしいところだ・・が、ヨーグルトと牛乳がない。
かわりに、緑の野菜ジュース。(青汁とは違います・・主にりんご味です。)
食後はシャーベット。

主婦は、すぐに「洗い物やるよ」とキッチンに立ってくれるのよね。
でも今日は、せっかくのゆったり時間。いいから!そんなこと気にしないで!と。

その後、コーヒー入れてゆったりお茶して・・・
すると「あちこち見ていい?」と、それまでうずうずしていた様子。

どこをのぞいても、感嘆してくれてました。

5時ちかくまで、のんびりしてもらえてよかった。

乗換駅まで送って行き、帰宅して・・・

さて!山になった洗い物かたづけるぞ~と思っていたのに。
洗濯物を取り込んだところで、力尽きました。。


教訓。
普通の主婦が日々普通にやっていることを、自分も普通にこなせると思うな。
特に!この梅雨時の気圧の低さはそれだけで負荷大。無理は禁物なり。
睡眠は十分とるべし。


しかしこの新居になってから、寝室でもスカパーが見られるのは画期的。
チューナーにカード入れ替えればいいんですよ。
おかげで、夫の帰るコールまでの間、横になって交流戦最終ゲームを観戦できました。

途中ちょっと眠りに落ちて、見逃した場面があるけどね。。。

体調・医療 | trackback(0) | comment(6) |


2006/06/16 (Fri) 060:韓(鈴雨)

整形の美人となりし韓の友 成人式のチョゴリなつかし

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/16 (Fri) 059:くちびる(鈴雨)

やはらかき牡丹ふたひらのくちびるのあたたかさを君わすれたまふな

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/16 (Fri) 058:抵抗(鈴雨)

抵抗の記憶めでつつ うけいれること豊かにして強きと想う

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/16 (Fri) 057:鏡(鈴雨)

祖母おくり鏡台に残るべっこうの櫛の香嗅ぎし十六の春

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(2) |


2006/06/16 (Fri) 056:とおせんぼ(鈴雨)

たわむれに立ちはだかるのはとおせんぼ?それとも胸にとびこんで来い?

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/15 (Thu) 055:頬(鈴雨)

つやつやと頬光らせてマウンドに立つ若者のまなこ強きぞ


(おまけ)

若き日に焦がれしひとよ 頬骨の翳りのいろも声の音色も

                   ~David Bowieに捧ぐ

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/15 (Thu) 054:虫(鈴雨)

窓ぎわのひだまりに背な温もりて うたた寝むさぼる鈍き亀虫

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/15 (Thu) 053:ブログ(鈴雨)

メル友と近況知らせあうメール ぱたりと止んだ ブログはじめて

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/15 (Thu) 052:舞(鈴雨)

誤変換メールさえもが恋文で 「待っています」を「舞っています」と

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/15 (Thu) 051:しずく(鈴雨)

叩きつけフロントガラスを散ってゆく雨のしずくの珠いさぎよし

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/15 (Thu) さがしものは、なんですか?

ときに、人は・・・
思いがけない無心の問いかけに出会い
生きることの深淵に想いを馳せる。




にゃにさがしてんの~~~?


昨晩。
いつものように寝つきの悪い私は、突然問いかけられた。

「青い鳥。」
・・・いや、青い鳥が幸福のたとえであるなら、それはここにあるしな・・・


                (そんな真剣に考えるな、私。)


とにかく、なにか答えなければ。あれこれ考えるのは、答えてからにすればいい。

              (・・・答える必要って、あるのか??)
   

「○○○○の、××××。」(固有名詞入りの厳選プライバシーなので。)

寝ぼけながらも夫は、ぎゃふん。と思ったのだろう。

「んううううう~」

呻きのようなものを残し、また眠りに落ちた。



それから私は、ひとり考え続けた。

私って、何を探して生きているのだろう?
人は何を探して、泣いたり悩んだり安心したり喜んだりするの?

答えなんか、ない。



・・・・・・・・・・

いや、あった。


題詠100首、このペースじゃ10月終わるまでにゴールできないぢゃん!!!
やっと50首クリア・・・中間地点だよ。
月10首×5ヶ月として。・・ダメだ、今月あと10首入れなきゃ!!

とりあえず私が探しているもの・・・・・・それは、「歌」だ!

ねごと | trackback(0) | comment(4) |


2006/06/14 (Wed) 二日続けて「なんてこったい!」

一昨日は野球ない日でしょ、だからよけい思い入れありましたとも。

サッカー通ではなくても、あの前半のなんともはがゆい中途半端な攻撃力には
???な気持ちでした。。得点のしかたもね。。。

川口選手のすばらしい守りに喝采しつつ、裏を返せば、
そこまで攻め込まれてることの不安も大きい。。

で、中盤、攻撃がいい流れに乗っているときは決定力不足?で・・・

まぁでも、最低このまま1点を守りきれれば・・・

という思いに傾いていったら。

なんてこったい!!!


とりあえずあと2戦、悔いの残らぬ戦いを見せてください!!


いや~しかし、サッカー観戦というのは

1、喉が渇きますね。
2、ハーフタイムまで、トイレに行けないし。
3、気がつくと肩や背中に力が入っていて・・凝ります。


というわけで、昨日は口直しの気持ちもあり・・・

観戦するのには野球がいいねえ、やっぱり。
楽天戦だからラク~な気持ちで観られるしぃ。


なーんて、気持ちよく見てたのに。

なんてこったい!!!

今日は、楽天イーグルスをなめてかからないよう、気をつけて応援します。

野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(4) |


2006/06/14 (Wed) 050:萌(鈴雨)

ゆりのきの芽を枯葉色に護る殻 破られてこそ 萌黄いろ立つ

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/14 (Wed) 049:戦争(鈴雨)

戦争を知らぬということ幸なれど 知るひと無き世になるを懼れる

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(6) |


2006/06/14 (Wed) 048:アイドル(鈴雨 再投稿)

大輪の造花のごときアイドルが年輪かさね緑陰を成す

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/14 (Wed) 047:辞書(鈴雨)

英単語覚えたページかしゃかしゃと丸めては伸ばす受験生の辞書

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/14 (Wed) 046:凍(鈴雨)

吾のために硬きシャーベット砕く君 凍土を耕すひとのごとくに

題詠100首blog@2006 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/13 (Tue) ハーブの現在(いま)

2006y06m12d_192621308.jpg


ルッコラの花芽は、摘んでも摘んでも出てきて咲き続け・・・
健気すぎて根負けして、咲かすにまかせていたのです。が。

虫が大発生。。。

アブラムシ?・・・ルッコラには、黄緑の。カモミールには、黒いのが。
特に花首付近には、びっしり。(TT)
園芸に虫はつき物なのね・・・と実感しましたですよ。。

バジルやレモンバームにまで飛び火したら嫌なので、
またまた大伐採しました。

で、現在の南側ベランダは、このようになっとります。

2006y06m13d_162114233.jpg


こんな派手な花ざかりの鉢もあります。
2006y06m13d_162229772.jpg

これ、ゴディチャというそうですが、よそ様の庭先でよく見かけます。
しかし同じ花とは思えぬほど、ウチのは地味。。葉も本当は青々と繁るのでしょう。。。
でも、父が持ってきてくれたときはそれこそ「この地味な草はナニ?」という感じだった。
蕾のときもまだ地味だったので、こんな派手な花がいきなり咲いたときはビックリでしたよ。

姉宅のゴディチャもおもいきり派手だそうで、
「お父さんのは、毎年庭で咲かせて採った種からまた咲かせてるからね~」
とのこと。
それにやっぱり、地植えがいちばんなんでしょうね。
とはいいつつ、私はこのくらい抑えめな花のが好きかな。。


さてさて、話をハーブに戻します。

ルッコラとカモミールには、姉に薦められた、木酢入りの無農薬スプレーしてます。
アブラムシに即効的威力があるわけではないようですが、少しずついなくなってきた・・かな?

で、健康優良児で勢力を誇っているのが、レモンバーム。
放っておくとバジルが葉の陰になってしまうので、最近レモンバームティー三昧です。
ハーブティーの中では、いちばん好きかも。
情報によると、生の葉は卵料理に合うようなので、活用してみましょう。

あと、タイムも地面の近くで勢力拡大中。
花もつけてます・・・ち~~~いさい、愛らしい白い花です*^^*
タイムは摘んでドライハーブにして、肉料理に活躍してもらおう。
オリーブオイルの瓶に入れておいたり。

目下の目標は、バジルをもっと繁らせて大量収穫して、ジェノバペースト作ること!!!

ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(2) |


2006/06/11 (Sun) 主婦御用達アイテムバトン① クレイジーソルト

知ってる人は、知っている。
使ってる人は、ずっと前から使ってる。
知らずに(気づかずに)使ってないなんて、もったいないよ~!


そんなちょっとした料理アイテムや工夫を、ちまちまと挙げていってみようかな。
どうせなら、バトン形式でつなげた方がおもしろいかな。

ってなことで、どこへつながっていくのか無計画な本人には予想つきませんが・・・
自己完結バトン料理ネタブログ、始まります。



①クレイジーソルト


我が家の休日ブランチは、基本的に麺類。簡単ウマイが鉄則。

1、パスタ。(つか、スパゲティ。)
2、蕎麦。
3、うどん。・・・冬季限定
4、やきそば。
5、ひやむぎorそうめん。・・・夏季限定


パスタのときは、トマトソースバリエーションが多いのですが。
今日は、コンビーフ&水菜

で、パスタといえば、クレイジーソルトが大活躍です。

もちろん、パスタどころか、肉料理魚料理なんにでも、ね。
そういえば、昨晩のアサリバターにも
ドライパセリと一緒に、ちょっと振ったっけな。

というように、気軽に美味しくなっちゃいます。魚や肉の臭み消しにもなるし。
あれこれ下ごしらえできないときも、
肉や魚のソテーに、これ一つでも十分いける、強い味方!


本日のブランチ、コンビーフと水菜のパスタにも。

1、タマネギをスライスしてオリーブオイルで炒め、コンビーフを投入してほぐす。
  *きのこ類(しめじ・まいたけ・エリンギ系)もプラスするとなお美味い!
2、ガーリックとクレイジーソルトを振り、ざく切りの水菜を入れ、さっとなじませる。
  *しゃきしゃきの水菜が好きなかたは、パスタと和えるときに入れましょう。
3、オリーブオイルが足りなければ足して、茹で上がったパスタを入れて和える。


夫は汁物がないといやな人なので、必ずスープを付けます。
たいていは、手間のかからぬワカメとえのきのコンソメスープ。粗挽きコショウたっぷりめ。
お好みで、最後に醤油をちらっと加えてもよいね。

あと、最後にさっぱりと生トマトなんか食べたいね。


実は私の超いーかげんな平日ブランチも、クレイジーソルト様にお世話になっとります。
たいていはチーズトーストで塩いらないのですが、チーズ切らしたとき。
トーストにトマトのせてガーリックとクレイジーソルトちょい振って、
オリーブオイルかけます。ブルスケッタもどき


あと、なんといっても、トマトソースに欠かせませんね。

というわけで、お次はトマト水煮缶

料理・食物 | trackback(0) | comment(4) |


2006/06/11 (Sun) やっと観ました・・・・

長いこと借りっぱなしですみませんでしたー!
昨晩やっと鑑賞しました。

「月曜日のユカ」。


当時すでに、あんなスタイリッシュなストラップレスのブラあったんだ!!!

というのが、まず、いっちばんの感想です。


加賀まりこ、キュート!チャーミング!顔小さい!
とってもドーリー!・・なのは「お人形」へのシンクロ効果でもあったのでしょうけど。
はまり役ですね~。すごく魅力的。

母ちゃんが、また、いいねぇ。北林谷栄か。
先日話題になってた、ハマのメリーさんにちょっとリンクしてるし。

そうそう、浜っこの夫が「あ、ここ、ニューグランドだよ」と言ったシーン。
私もすぐわかったよ~!
むかし1度だけ泊まったことのある、ホテルニューグランド。

(港の夜景見ながらディナー・・・女4人で・・・・・・あたしじゃんけん負けて窓側の席。。。)


それにしても、ユカの服装ときたら、とにかくファッショナブルでセンスいい。
デザイン的なことだけじゃなくて、着こなしも。全然古くない。
(薄色すかし編みニットの下が黒の上下ってのも、違和感なくてね~>加賀まりこ)


当時の映画としては、ずいぶんシュールな作品だったでしょうねー。
ちょっと学生が作りそうなかんじで。
(夫婦談)

内容を深刻に考えたり味わおうとするより、
「ユカ」の魅力におもいきり嵌って楽しみたい。

そんな映画でしょうか。

おもしろかったです。
ありがとうございました~!!

映画・文学・美術・漫画 | trackback(0) | comment(0) |


2006/06/06 (Tue) 靴職人に感謝をこめて。

さて、昨日はひと通りのことをざっと書きましたが。少し加筆しました。
つづきまして、大将がいかに頼りになる靴職人であるかを、少し具体的にご紹介。


まず、手続きについて。
なんといっても面倒なのは、役所関連の手続きです。
福祉事務所の窓口も親切ではあるけど・・担当者によって頼りになるようなならないような。
なにしろ、複雑。

以下は、私の居住区の場合ですが。

窓口で申請→PT・OTのもとで相談会→PT・OT・判定医のもとで判定会
→判定医による判定内容を、区から都に提出→都から区に審査結果と指導の通達
→指導に基づく作成内容で、業者が見積もりを区に提出
→区がチェックの上、都へ提出→見積もりが通った時点で、都から区に通知
→区からの通知を受け、本人が書類を受理→靴業者に書類を持参し、作成依頼


この間、日数もかかりました。2ヶ月以上。
特に、都からの指導に従った作成内容で靴屋さんが出す見積もりは、
OKが出るまで何度も差し戻されたりしたようです。

でも、そういうことは大将に全部おまかせ!
自治体によって緩い・厳しいの差はあるようですが、そこはベテラン靴職人。
判定会にも来てくださり、判定医の整形外科医と「打てば響く」話の早さ。
その後も最終的に通達が下りるまでの全過程、よしなに進めていただけました。


靴自体に関しても、私が履きやすいようベルトを改造してもらったり、
当たる部分があれば、こちらがGOO!と思えるまで、何度でも調整。

秋から愛用していたところ、冬に厚い靴下を履くようになり、きつくなったのですが
それを言うとさっそく、ソールを調整したり、甲の部分を伸ばしてくれたり。


室内履きでは、完成から半年して左膝の手術後、歩行OKになった時点で、
病院まで調整に来てくださり、おかげさまで入院中も安心して歩行できました。
退院後には、靴底を全体的に薄くしてもらい、さらに室内が歩きやすく。
(外履きは、衝撃緩和のため靴底は薄くできません)


また、今年初めに注文した冠婚葬祭用靴では、ずいぶん大将の頭を悩ませてしまった。

私の外反母趾は、もう矯正できる段階ではありません。
足指の付け根は、指の代わりにふんばるので、もう肉球状態。
それに指の重なりの分を入れると、甲から指先までの足を包む部分には、
かなりの厚み(スペース)が必要です。

でも私が「こういうのがいい!」と選んだ甲(といっても足首寄り)ベルトの靴は、
デザイン的に、あまり改造できない。
さんざん考えて悩んだ末、大将、困って・・・「こっちのは、どうかい?」と・・・

むむっ。甲が革でなくストレッチ素材。。そりゃ、これなら伸びるけど。。。
えええ~~~やだ!!

私の即答に「ははは;やっぱり、やだよな~」と、大将も腹を決めた様子。
私も、「フォーマル限定だから、長距離歩く想定じゃなくていいですから~」と
希望タイプを押し通しました。

こうして・・・大将苦労の末、
その可愛すぎる「ピカピカの1年生」的フォーマル対応靴ができあがり・・・

まもなく迎えた悲しみの場で、しっかりと私の足を支えてくれたのでありました。。。


大将、ありがとうございます!!!
これからも長生きして、末永くどうぞよろしく!!!!


体調・医療 | trackback(0) | comment(12) |


2006/06/05 (Mon) 私が履いて歩ける靴

現在この世に、たった4足。

私の足が苦痛を伴わず・・快適に歩ける、履物のことです。

まず、基本の外出用(左)と、一日の多くを履いて過ごす室内履き(右)。
2006y06m05d_142953907.jpg

まだ2年経たないのですが、両方とも、ずいぶん年季が入ってしまいました。

この外出履きがなかったら、とてもとても北斎展など観にいけませんでしたね。
マジックテープは、両方右手で引ける方向。(左手が左足の外側に届かないため)

室内履きの方は、元はとっても可愛いきれいなレンガ色の、サンダル。
甲素材はヌバックレザーなのですが、飲み物や調味料をこぼしたりもして・・・
ずいぶんと生活感出てしまった。
ベランダに出るのも、ウッドタイルのおかげで汚れないので、履き替えません。
一応、私が出入りする場所にマット置いてますが。↓こんなかんじ。
2006y06m05d_142714147.jpg



この「靴型装具」2点は、身体障害者福祉制度を利用して申請、作成に至りました。

このような形で靴を作れると知らなかった頃は、足趾の手術をすることも考えました。
けれども私は、左股関節をすでに2回手術し、両膝も当時の状況では
数年のうちに片方ずつ手術が必要になる見通しでした。
それを考えると、できるだけ余分な手術はしたくない。

主治医の意見も、痛みがひどいとか生活に大きな支障があるのならするべきだが・・・
と、足趾に関してはあまり積極的ではありません。

・・・というか・・・
忘れてましたが、実は、その手術をしてしまうと
床に落としたものを足の指で掴めなくなるそうなので、やめたんだったよ(^^;

とにかく・・・そう言われてみれば、私の場合、足部の「痛み」とは・・・
足趾の変形の影響でできた足底のタコが、素足で硬い床を歩いたときに痛むことと、
市販の靴やスリッパ等を履いたとき、変形部に生じる痛みとタコの当たる痛み。

生活の支障となるのは「痛みを生じない靴と室内履きがない」こと。

それならば、私の足に合わせた履物があれば、問題ないわけです。

たしかに、それでは細身で華奢なおしゃれな靴は、望めない。
でも、そういう靴で歩くこと自体が大きなリスクなので、もう望んでもいないし。
「いかにも補装靴」的でなく、そこそこ見栄えが良ければ十分です。

そんなことを思いつつ、気が向くと情報収集し・・・
でもなかなかオーダー靴を作るところまでは、たどりつきませんでした。

その時期に出会ったおともだちから、「赤い靴」をおしえていただきました。
まずは、相談だけしてみようかな・・・と、夫同伴で元町店へ。

私にとって、靴を作ってもらう業者も医師との出会いと同じくらい、大事なこと。
おそるおそる切り出そうと思っていた私に、社長の靴職人登場。

私の病歴などを聞きながら、もう顔を見ると同時に足部をチェック・・・
というよりも、「整形外科的診察」ですね。
さらに立った姿勢や歩行状態を見ては、カルテにいろいろ書き込んでいきます。

すでに私は、この
嵐のような勢いに巻き込まれる心地よさを感じていて

「この人に、おまかせしよう!」
と・・・

まぁ私の得意な、直感ですかね。

日常的なお付き合いや、時間をかけて温めることができる友人関係でもない限り、
人を信頼するということは、ある意味「賭け」でもあるし、直感でもある。

そして、そのような場合に大切なことは・・・
「信頼し(てい)ますよ」という気持ちを表現して、はじめて信頼関係が生まれる。

業者と顧客も、同じこと。
プロの腕を信頼する姿勢を持って「お願いします」というこちらの気持ちに対して、
「良い仕事をしよう」という意欲を持ってくれる。

ん~~~・・・
抑えに失敗した翌日また登板した久保田と、
マウンドで投球練習見てから「オマエの本来の球見したれ」と送り出した岡田監督。
みたいでもあるな~~~~
・・・・・・・って、監督と選手という上下関係ではないけどね。。

ただし、「賭け」という要素がある以上は、
それだけのリスクは自分が負う覚悟で臨むこと。

ま、要は、相性でもありますが。相性悪ければ、しかたないよね。あきらめるかな。
でも、色々な意味で糧となる出会いを、無駄にするのももったいないことだしね。

それに、最初に良い関係を築いてしまえば、意思の疎通もスムーズ。
わがままも聞いてくれて、可能な範囲で親身に応えてもらえるというものです。


さて。「ともだち」とは、信頼があって成り立っているもの。
ゆえに、自分の信頼する人が薦める=信頼する人が信頼している=自分も信頼できる。
という等式が成り立っていたわけです。

さらに、実際会って、どうか。相性は?

会ってその人を見れば、疑ってかかっていても、多くを語らなくても、
掴めるものが必ずある。

大将(社長のこと、夫が初対面後にはもうこう呼んでいました)は、
本当に職人だな~
と思わせるものがありました。
職人=自分のする仕事に妥協しない。本当に良いものを作る。
(まぁ現代社会でやっていくには、妥協も多少やむを得ない場合もあるでしょうけど)

そんでもって、のんべえそう!!!
・・・おっと、これはあまり関係なかった。。でも夫がのんべえのニオイを感知した。。。

というわけで、まるで「赤い靴」のまわしもの的になってしまいましたが~;


その半年後に夏用サンダルを、保険適用で作成。(左)
さらに、冠婚葬祭用に、あると安心な1足を。(実費です。)(右)
2006y06m05d_143057649.jpg


このサンダルも、マジックテープを両足とも右に引く仕様。
冠婚葬祭用のほうは、急いでいたのでまだそこまで直してありませんでした。
今度忘れずにやっていただかねば。
そうそう、サンダルと室内履きの調整もだっけ。


それにしても・・・
できるだけ服装や状況に幅広く対応できるものを・・と思ったら、
室内履き以外全部黒!ちょっとサビシイ。。

また機会ができたら、今度は可愛い色のがほすぃ。。。

体調・医療 | trackback(0) | comment(8) |


2006/06/02 (Fri) 昨日の久保田くん!

「中の人」が入れ替わ完璧でしたね~・・・
一昨日の失敗があったからなおさら良かったのかも・・・だけど。

でも、ああいう失敗しなきゃ完璧を尽くせないってのは、卒業して欲しいですな。

球にいつもの力がなくて打ち込まれた、とかならまだしも。

四球四球のあげく悪送球だのヒット1本で3点も4点も献上していては、
そりゃファンも怒ります。


とはいえ。
あたしゃちょっと涙ぐみそうになりましたよ。

またしても1点差で9回裏・・・

「や、やっぱり久保田だよね・・・
 ここでしっかり立て直しておいてもらわなきゃ仕方ないしね;」

阪神ファンは、み~んな冷や汗ものだったことでしょう。

中にはまだ怒っているファンが、スタンドから罵声を浴びせたりしないかな・・?

・・・なんていう心配は、杞憂に終わりました。


久保田登場に、すごい声援!!!

ストライク取るたびに、またまたすごい声援!!!!



うううう・・・・みんな、あたたかいなぁ・・・・・・・

みんな、昨日の有様には怒れど、

久保田の成長を心から見守ってるんだ・・・



その応援する気持ち、スタンドのファンもTVの前のファンも、
一つになってたよね・・・・・・・


そのファンの想いに、はからずも感動してしまいました。。。



帰宅した夫にそれを言うと

「だってさー、毎年最下位だった頃だって・・・
 たとえ10-0のまま9回裏になっても、
 まだ『逆転する』って信じて応援してたんだから。阪神ファンは。」



ううう。。泣かせるぜ。往年からの阪神ファンって、やっぱりすごいな。。。

もしも、もしも、だよ?
今後いつか、また最下位を守るようになってしまったら・・・

私はファンでいられるだろうか・・・・



な~んていってるうちに、今日からホークス戦!ゲーム開始だよー!!!

野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(2) |


2006/06/01 (Thu) 久保田くん、今年もか。。

タイガースのこと書こうと思ったらシーズン中毎日そのネタになってしまうのは必至。
なので、かなーり抑えているワタクシではありますが・・・

でも!!!
昨日の負けはーーーー!!!!!!!

なんつーか。

そりゃね、久保田の抑えは2点差以上じゃないと、不安。
というのは、あります。
でもまぁなんとかそれでもよく抑えてくれてた。から。

一人で力んでフォアボールでランナー出して・・・
で1点与えたけどなんとか逃げ切りました。

ははは。これが久保田劇場さ~。。

なんて、愛嬌のつもりでいましたよ。

でも!昨日のは、あんまりだあぁぁぁーーーーー!!!!

久保田くん。おねいさんは、怒ってるゾ!!!!


今季初のJFK揃い踏み!
ってみーんなが期待して・・・

ジェフ・・・怪我後の初登板で、ぴしゃり!!!かっこいいーーー!!!
球児・・・フォームも変えたというのに、去年の威力すっかり戻って、威風が備わったよ!

で・・・久保田、今日は1点差だからね;;;しっかり逃げ切ってね;;;;;;






・・・・・・・


あはははは~・・・脱力。。なんだよあの自滅は。


夫「まぁ、この日の経験がまた彼を成長させるだろう・・・」


それって!毎年言ってるよ!!!!!
毎年そういう経験しないとダメなんかいっっ!
ウチの「守護神」は!!!!!










野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。