--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/02/28 (Wed) 家とともに消滅したものたち

2007y03m01d_082057267.jpg




昨日、母が外出の帰り道にうちへ寄った。
「携帯メールの、転送のしかたを教えて」という。

そういえばこの時期、必ず花を手土産にやってくるっけ。

うれしいよ~~ありがと♪

と言ったところ・・・


まあ罪滅ぼしみたいなもんかな。。
あんたたちのお雛様、川口の家整理するとき処分しちゃってさ。。
あのときはもう「なんでも整理つけちゃわなきゃ」って、、
気持ちがそれで一杯だったんだよね。。。



あ~あ~、それでなのね。と、納得。
たしかに、お雛様も処分しちゃったって聞いたときは、がっかりしたものです。

姉の初節句のお祝いに、祖父と祖母から(?)お内裏様とお雛様と3人官女ほかお道具類。
親戚から、高砂ほかいろいろ。

そして、5人囃子は私の初節句のお祝いで・・・

子供の頃は、3人きょうだいの間で、こっそり首をすげ替えておくのが流行ったものさ。。

5段飾りくらいではあったけれど、私が二十歳の頃までは毎年飾っていました。
(で、しまうのは4月近くなってからだった気がする

姉は嫁ぐ時おいていったし、姪の初節句は兄嫁の実家からお祝いでいただいたし。
私もとっくに飾ることもなくなっていて・・・

日の目を見なくなったお雛様たちは、空き家となった元実家に長らく仕舞われていた。


その元実家(川口の家)を、2年前に父がついに決心して、取り壊した。

そして私もこの新居に落ち着いて、少しだけなら過去の遺物を引き取れそうだな・・
と考えた時、ふとお雛様を思いついたので、行方を聞いてみた。

そしたらさ・・・もうないって。。。


また、別の時には、私が高校時代に描いた油絵のうち思い入れのある大きなもの・・・
美術展で入賞した25号と、翌年出展が間に合わなかった30号の、2枚。
卒業を控えた頃に、苦労してヒモを取り付けて肩からしょって、
帰り道の橋の上じゃあ風に自転車あおられながら、部室から必死で持ち帰ったキャンバス。

その2枚の行方を聞いてみた。(現実家の物置にでもあるのだろうと思っていたのだ)

そしたらさ・・・・やっぱりもうないって。。。。


お雛様も絵も、両親からあやまられてしまったけれど・・・

老体に鞭打って古い家の整理をする苦労を思えば、何も言えません。
物置代わりに、整理のつかない自分の物をごちゃごちゃと置きっぱなしだったのだから。

片付けてくれてありがとうとは言えても、責めることなんて、、できないよね。


でも、絵のことは、ちょっとショックではありました。

そんな私の様子が思いがけなかったらしく、申し訳なさそうにしょんぼりしてしまった父。

それを見て、自分と父を励ますようにきっぱり言ったのでした。


でもさ、考えてみれば、私が青春を過ごした家とともになくなるってことが
あの絵たちには、一番ふさわしかったかもね!





さて。

それで母は昨日、メール転送をマスターできたのか?

・・・残念ながら、電池切れで中途半端なままそそくさと帰宅。。



それにしても、菜の花と桃の花があるのに、お雛様がいないのもちょっと、さびしいね。

可愛らしいミニお雛様、買おうかな






(追伸)

3月の受診日、院長の急用で変更になりました!
9日ではなく、5日(月)です!!
気にかけてくださっているお方、どうぞよろしくです~



スポンサーサイト

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(7) |


2007/02/27 (Tue) 夢の話

桃と菜の花を今年もたずさえて弥生うまれを訪(おとな)う母よ

2007y02m28d_182437617.jpg






そういえばさ~、最近全然言わない(?聞かないだけ??)のよね~~
本金ねごと


先日、うなされてるんだか笑ってるんだか判断つけがたい息遣いだったので
うなされてるとかわいそうだから、起こしてあげようと思って、呼んでみた。

で、落ち着くんだけど、また少しすると同じような状態。

それを何度も繰り返すもので、すっかり興味が強まって目が冴えちゃった私、

ねぇねぇ、笑ってるの~?なになに?どんな夢?ねごと言ってよ~~

と、腕をゆらしてみたけれど・・・

ふひふひ、、つづき見る、、、、、、、、くはくは、、、、

その笑いらしきものが、その後さらに2回ほど。。


なんか、つまんない。。。
もう、夢の中への問いかけは、通じないのかな。
ひょっとして、それって自己防衛・・・?
ねごと言うと公開されちゃうのって、抑圧だった???





というわけで、今日は自分の夢の話など。
(Kちゃんのところで話題になっていた夢の話で、感じたところがあるので。)


私は、子供の頃から、逆夢ばかり見ていた。

たぶん、意識下にしろそうでないにしろ、自分の中で気になっていること
夢になっていたようだ。だから、特別そこに意味があるとは思っていなかった。

ただ、私が見るのは逆夢ばかりということをいつしか認識するようになってからは、
なにかしか現実にかかわっている夢を見るたびに、
夢と逆を予想しては、がっかりしたり安堵したり。
というのが習慣になっていた。


deja vu の感覚が頻繁だったのは、20代の頃。

初めての場所なのに、「あれ?ここ・・知ってる。」ということが少なくなかった。

それは旅先であったり、たまたま初めて歩く街だったり。

どこか似ているとか写真で見たことがあるというのではない。

そのアングルの風景の中には、何かしか、細部まで明確な、特徴的な対象物が必ずあり
まさにその場所に立った感覚が、鮮烈に蘇るのだ。

最も強烈に記憶に残っているのは・・20代ではないが・・高校生のころ。


友達と行きつけだった楽器店。
それまでは、レコード売り場の1階しか行ったことがなかった。
その日は、新装開店後初めてだったので、物珍しさに2階にも上がってみた。

階段をもう少しで昇りきるところ・・・
明るい全面ガラス張りの向こうに、商店街の向かいの景色が見えたとき、
ハッとして一瞬足が止まった。

この手すりも階段も、ガラスも外の風景も楽器の陳列が見えてきたところも、
たしかに夢で見た。

ドキドキしながら2階に上がり、店の奥へ向かうとき、ふと床を見た。

全身総毛立つとはこのことか。
タイル模様のオレンジ色、この幾何学柄。
鮮やかに覚えている。

夢の中でも、床のタイルを直視した。そのときにこの柄を、はっきりと見た。



で・・・その楽器店が、私にとってなにか意味があるのだろうか??
と、のちのち時折思ったけれど、レコードを購入していた以外に
なんのご縁もありませんでしたが。



もうひとつ、忘れられない夢のいくつかが、ある。

それは22歳の頃だった。

普段、現実にはとても考えられない、、考えつくこともない或る一つの事柄に関して
(というのは、現実となって初めて解明されたわけですが、、)
一年くらいの間に3,4回、それにまつわる夢を見た。

どれもが、いつもとても具体的な情景なのだけれど、どうしても核心にたどり着けない・・・
ジグソーパズルで、四隅のエリアはそれぞれできているのに
中心部がどうしても見えてこない・・・
そんな感覚に似た、それも言いようもなく暗く不吉な雰囲気の夢々。


一度なら特別気にも留めなかったと思うけれど、3度ともなれば・・
いったいこれは何に関連する夢なのだろうか?
と、かなり不思議に思い・・・しまいには、少し悩むような気持ちになっていた。


まもなくそれが現実のこととなって。。。
(近親者が亡くなったとかいう個人的なことではありません、念のため。)

あのことは、それこそ一生忘れられないできごとだ。




・・・とまあ、そんなことなどを思い返していて気づいたのですが。

deja vu も予知夢も、もうずいぶん以前・・10年以上前から、皆無になったようです。

逆夢は、、、まぁ現実と地続きの夢ですから、あると言えばあるし。
関連性はない、といえばないかもしれないし。



思うに・・・


二十代の頃って、五感と脳力を駆使し、自分の持てる能力を最大限発揮していた・・・

日々たくさんの人と接し、考え判断し対応し、
精神を張り詰めて書き、行動し、
大小さまざま多くの感動を持って取材し、原稿を書き、表現し、、、、、

そのような10年間だった。

(いえ・・最後の方は、義務感のが強くなって、自分からプレッシャー背負い込んでた)


deja vu を含め、予知夢的なものって、感覚が研ぎ澄まされている状態でこそ
体験できるものなのかもしれないな~。。


などと・・・・・
現在はすっかりのほほんと暮らしている私は、確信するのでありました。。。






できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(5) |


2007/02/23 (Fri) 参加します(本田鈴雨)

昨年の題詠100首がきっかけで、「短歌人」に入会しました。
今年もよろしくお願いいたします。




(追記)

というわけで、今年も3月から、ゆるゆるまいります。

どなたか~(特に、Yちゃんねーさん・Aにーさん・Mさん~)ぜひぜひご一緒に♪
ただ・・ブログ持たないと参加できないというところで、無理があるでしょうか。。。


題詠blog2007 | trackback(0) | comment(2) |


2007/02/21 (Wed) もうすぐもうすぐ♪

そっか~~
キャンプインしてからは、昼間スカパーでキャンプ情報見られるんだったんだ~~~

本金さんに言われるまで全然気づかなんだ。
ちょいと損してもうた。。


今日は、見たさ~~~♪♪

安芸キャンプでの、紅白戦。

ファームの選手も入り混じって、なかなか魅力的な顔ぶれ。
あっちに赤松、こっちに赤星、とかね。(でも二人とも打ち上げちゃってた。。)

先発は、久保田vs太陽でした。
う~~ん、、、二人とも、良いんだか良くないんだか、、まだなんとも、、、、、


まぁ、選手たちの調子はともあれ・・・

お天気よくて、のどかな雰囲気。
スタンドが観客でけっこう埋まっていたのはオドロキ。。

いいな~。ピクニック気分の紅白戦見物も。

シーズン始まったら、ピクニック気分とはいかないからね。
いや、練習試合もオープン戦も、他チームとのゲームだともう、むきになっちゃうからな。。



とにかく、今年は甲子園に行くでーーっっ!!!


野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(11) |


2007/02/19 (Mon) 嫁らしいこと

腰を打って痛めてしまったと、お義母さんから電話があったのは、2週間と少し前。

それは、2夜連日の飲み会を我が家で予定している週末直前のことだった。

とりあえずは、叔母ちゃんが通ってくれているので大丈夫とのこと。
飲み会は、予定どおり決行した。


週明けに、電話を入れてみた。

打ち身だから大事ないとは言うものの、痛くてつらそうだった。

整形外科にかかれば、レントゲン撮るし痛み止めだって出してもらえる。
でも、お母さんは「信頼している接骨院だから」と言う。

痛いのが何より嫌いな私は、
「痛み止めさえあればずいぶん楽になるのに・・・」
と、ちょっと歯がゆい気がした。

せめて車で送り迎えできればと思い、通院日を聞いてみたところ・・・
そんなにつらいのに、毎日通っているのだそうだ。

毎日か、、、
私が横浜へ毎日通うのは無理だ。他の事が何もできなくなってしまう。
それどころか、自分が不調で寝込むようなことになってしまうだろう。

それなら、せめて平日の間2回、、いや1回でも、、、
それくらいなら、できるだろうか。

言ってみたけれど、案の定、そんなに心配しないで大丈夫よと。。

あなたが元気でピンピンしてる人なら、すぐにでも頼むけどね。
あなたの方が具合悪くなっちゃったら大変なんだから。
おばちゃんが来てくれるし、痛みもしばらくすれば落ち着くから。
連休に二人で来てくれればいいわよ。



お母さんの言うことが、もっともだ。
私がここで「嫁」を押し売りすることに、何の意味もない。

すみません、なにもできなくて・・・じゃ、連休に行きます。
おばちゃんによろしくお伝えください。
おだいじにしてください。。


そう言って、電話を切った。


それにしても、病院なら、痛みがひどいうちは安静にさせるに決まってる。
実家の母に電話して、ことの次第を話した。
すると、私の気づかなかったことを指摘された。

でもお母さん、胃が弱いから。痛み止めはどっちにしてもダメよ。

そうか、、そうだったっけ。
元ナースは、さりげない会話からそういうこと頭にしっかり入ってるものなんだな。
私がちゃんと把握してなきゃいけないことだったな。。


翌日、お義母さんの携帯から、おばちゃんが電話をくれた。
きっと、お義母さんが「かけてやって」と言ってくれたのだろう。

鈴雨さん、心配しないで。
ただ、連休は私来られないからさ、そのときだけ、金ちゃんと二人で来て。
普段は私が来てるから、だいじょうぶよ。


ああ、本当に、おばちゃんが近く(といっても近所ではないけど)にいてくれて
よかった。。ありがとうございます。。。


そんなわけで・・・
前回の連休とこの休日、、少しだけ、嫁らしいことができた、、、かな。。
もちろん、息子もがんばってくれてのこと、ですが。


お義母さんは、1週間で痛みも治まりだいぶ元気になっていて、
今回はかなり安心しました。



とはいえ・・・

そりゃぁ、一緒に暮らすということは、そんなきれい事ばかりじゃすまないと思うし
お互いに難しい面も、いろいろ出てくることでしょう。

でも、こういう事態になると、やっぱり痛切に思うのです。。

先の連休のとき、心にずっと抱えていたことを言いました。


一緒にいれば、なんでもないことなのに、、ご飯の支度だって洗濯だって。
病院にだって乗せて行けるし、、、
でも、、「東京に来てください」なんて、まだ無理ですよね、、、、



お母さんの答は、いつもと同じ。


まだねぇ、猫もいるし、離れられないわねぇ。
元気なうちは、ここにいるわ。おばちゃんもいるから、大丈夫よ。




感謝と申し訳なさとに、私は今日も言葉を失くすのでした。。。


できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(2) |


2007/02/16 (Fri) 春の色

ベビーリーフとラベンダー・・・姉の菜園から。

2007y02m16d_201205026.jpg


本日の採れたて


あ~昼間ならな~~、、、

この若々しい柔らかい色が、再現できず残念!


葉っぱはサラダ行き。
ラベンダーは、トイレとリビングに飾ります。

このラベンダーは、葉に特徴があって、花に香りのない種類だそうです。

料理・食物 | trackback(0) | comment(5) |


2007/02/15 (Thu) わがわがらら

和柄好きが高じております。。



まずは、以前ご紹介した携帯ストラップ。

セール中だった金魚柄を自分の夏用に、名前をひらがな(画像は伏字)にしてみた。
それと、美しい紫系柄のタイプで「鈴雨」も作ってしもうた。

金文体、レトロ流行で最近やたら見かけるのう。
わしゃ10年近く前から目をつけておった字体じゃ。

で、その金文体、「鈴雨」というきれいな字面がさぞかし似合うだろう、、、
と思いきや、いまひとつだったか。。でもかなり気に入っておるのよ。

紫の色は、実際はもう少し深い。
2007y02m15d_212846903.jpg



さらに、やはりセールをねらって、姉と兄嫁と姪のぶんも。(裏側を撮影)
2007y02m15d_212929184.jpg



だって、、みんなに好評なんだも~ん。
実は他にも、ちょっとしたプレゼントに贈ったりしちゃって~。。。

ある程度色の傾向は指定できるけど、基本的に、柄はショップにおまかせ。
それがまた楽しいのじゃ。どんなのが届くかな~とな。


というわけで、すっかり、、、
もじ問屋さんのヘヴィユーザーになりつつあるのであった。。。




もひとつ、和柄。


昨日2月14日は、結婚後初めて、夫の好物の茶碗蒸しを作りましてね。
いや~、今までなぜ作らなかったかというと、、、


蒸茶碗がなかったのさ。。。


茶碗蒸し食べたいな~と言われるたびに
蒸茶碗買わなきゃ!と思うも、買うのを忘れ続け。

先月、やっと購入。本田家御用達の、浅草やま吉さんで。

べつに、お茶碗とお揃いにするとかいうこだわりは、全然なかった。
それなのに、、、なぜこう夫婦して蛸唐草に手が伸びてしまうのやら。

これで夫婦湯呑みまで揃えちゃうと、しつこいね・・蛸唐草にからめとられる夢見そう。
湯呑みは、夫実家がやっていた寿司屋のを使ってます。夫婦カップも別にあるし。


せっかくなので、蛸唐草なかま集合写真を。記念撮影。

2007y02m15d_212515069.jpg


夫婦茶碗は、女房の方は外側だけ柄が赤。



・・・・ああっっっ!しまった!!!!!

蒸茶碗の受け皿忘れてた!!!!
あ~あ、、、昨日使うの忘れてたよ、、、、、、、残念。。。

では、受け皿つきのを、、もう1ショット。。。。
2007y02m15d_221636800.jpg




できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(2) |


2007/02/13 (Tue) 入っちゃった・・・・・

とうとう入会しました。
結社、、というか、短歌会に。

“短歌人”会会員になりました。
いや、、まだ、申し込んで送金して歌稿を送っただけだから
「会員になった」と言ってもかまわないのかどうか、わかりませんが。



結社には、以前から、、何年も前から、、、
入ろうかな・・・と考えたことは、あったのですが。


なぜ躊躇していたかというと。


別に短歌を勉強したり興味がある人でなくても、誰にでもわかる、
そして心に届くような、、、そんな歌を詠みたいと思っていたからです。

「短歌なんて難しくてわからない」と思われてしまったら、心に届きようがないもの。

(んー、、短歌って、べつに、人に読んでもらうために詠むわけじゃないけど。。
 発表する場があるのであれば、ということかな。)



・・・かといって・・・

短歌というより単なる31文字のコピーを自称「歌」と呼んでいるようなのは、いやだ。

きちんと、短歌というものを学んだ上で、よりよい歌を詠めるようになりたい。



そんな二つの気持ちの間で揺れるばかりだったので、あえて
「私はべつに結社に入らなくっていいや」
と、無理に割り切っていたところがありました。


でも、題詠100首に参加して、わかりました。
短歌を深く学んだからといって、難解な歌ばかり詠むようになるわけでは、ない。

それを最も強く感じたのは、以前ご紹介した、ある歌人の方のお歌でした。
そのお歌の数々や、歌人としてのその方は、すでに私の憧れとなっていました。

そして、入会されている短歌会を紹介してくださるなどのお心づかいをいただいて
私もやっと、決心がついたのでありました。


というわけで、ブログ内でのカテゴリーの名称も変えました。

「お歌遊び」改め「短歌」です。
どうです。私の本気さ加減が、うかがえるでございましょう。

そう、本気。でも、ゆるゆると、ね。
とりあえずは、毎月の締め切りに間に合うよう、きちんきちんと歌稿を送ってまいります。

つきましては、毎日とはいかないまでも、
ブログにもできるだけ書いていきたいと思ってます。




それにしても・・・

「本田鈴雨」(筆名)が
歌人(いつから歌人と名乗れるのかは不明ですが;)としての名前になるとは。

なんだか、感慨深いものです。。。






ちなみに・・・華道の雅号は「豊翠」と申します。。

もう十数年、全然使ってないけど。。。









短歌・俳句 | trackback(0) | comment(9) |


2007/02/09 (Fri) いいいいいいっっっっ井川どん!!!!!

びっくりしたよ。。


井川丼!!!!アンタ、結婚してたんかいっっ!!!!!



さて。

私が奥さまに一番お願いしたいこと。それは。


英語の発音、もうちょっとなんとかしてやって。。。。。


あのときのスピーチ、いまどきめずらしく、、、

カタカナでカナふってたし。。。


それにしても、食事作り大変だろうな~~~~~。。

作っても作っても、足りなそうだもん。。。。。



あ~あ・・・・・

ヤンキースで松井と独身コンビ組んで、
もーほーのチームメイトに狙われちゃったり


・・・・・なんていうのを楽しみにしてたのに・・・・・・


あ、いやいや;もちろん、祝福の気持ちでいっぱいですよ!!!!


おめでとう~





話は変わりますが、今日はまちがえずに、無事診察行ってきました!

まぁ、変則ではなくて4週後でしたから。来月も9日です。

ご心配くださっていた方、ありがとうございました。



ではまた来週。

たのしい連休をおすごしくださいませ。




追記。

いま来た●川急便のおにーちゃん、井川をちょっと細くしたみたいだった~~~
一瞬、井川急便かと思った。。びっくりした。。。






野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(4) |


2007/02/07 (Wed) 心の声が届くとき

2度目、、、だったね。


先日。
夫がソファのうたた寝から、寝室に引き上げて来たとき。

いまさ、、、呼んだ?
呼んでない。


・・・・・
その10分くらい前には、うたた寝夫にさんざん言ってきたさ。

も~!
どうせここで寝てるんなら、布団入って朝までぐっすり寝ちゃえばいいのに~


でも、、気持ちいいんだよね~うたた寝って。全然だめ。
だからもう放っておいて、私はさっさとお布団に入っちゃったからね。


それでも、かなり時間がたっても来ないときは、
風邪でも引いたら困るよ~と起こしに行ったり、大声で呼んだりするんだけど。


その日は、それほど時間たってなかったし。全然呼んでませ~ん!

ただし。
そのとき私の心の中は、ある全く別のことがらについて、、、

夫への叫びが反芻しまくっていたのであった。
(内容はまぁ、のんべえへの不満とかの類、、記事のテーマに無関係なので省略。)

でね。
夫のその問いかけも、その後の話に紛れてしまい、そのまま・・・なんだけど。

聞こえたのね、私の心が呼ぶ声が。


そういえば、ついこの間も、あったよね。

やっぱり呼んだ?って来て、心で呼んだ。って答えたら。

そうじゃなくて、ほんとに呼ばなかった?・・・聞こえたんだよ~
って。。。

そのときは、今回ほど激しく思ってなかったけど、、、
心の中で、なんとな~くは、、呼んでたかな。。



これらが実際どうだったのかは、、さぁどうなんでしょう。


ただ、思い出すんだよね、こういうとき。




昔、、まだ姉も嫁いでなかったから、私が中学生の頃かな。


当時の自宅は、2階が住居でした。(階下は、父のやっていた小さな会社の仕事場)

母はその頃、診療所に勤めていたのだったか、夜勤なしで定時に帰宅してた。
いつも帰りに買い物をしてくるから、荷物が重たいときは、下を通るとき
2階にむかって子供のだれか(その時間にたいていいるのは私だった)を助っ人に呼んだ。

その日は、めずらしく3人・・・姉、兄、私・・・が揃ってダイニングにいた。

みんなでテレビを見ていたのだが、突然姉と私が顔を見合わせた。
帰ってきた!

急いで下りていこうとする姉と私に対し、兄は「??」、、きょとんとしている。

2階の玄関のドアを開けると、ちょうど母が上がってきたところ。

あれっ!?ただいま~、、よくわかったね!!!
だって、呼んだじゃん!
えー?呼んでないよ。
うそだー、○○ー!(私の呼び名)って聞こえたよ!?
ええっ?あたしは○ー!(姉の呼び名)って聞こえた!

・・・・・・・・・
どっちも呼んでないよ、、驚かそうと思って、そーっと上がってきたんだから、、、
・・・・・・・・・
(一同)ぞ~~~、、、、、


いや~あのときは、鳥肌立ちましたよ。。。


にしても・・・

やっぱり、息子よりも娘の方が、母との間はツってばカーなんだな~。。
なんてね、思った私でした。

いやいや、兄の名誉のために書いておきますが・・・

正義感強くて頼りになる優しい兄で、実は私、、、お兄ちゃん子でした~





さてさて。話は夫に戻します。



で、、、なにかい、、、、?

私に呼ばれると、怖いのかえ、、、、、、、、





できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(6) |


2007/02/06 (Tue) 熟女バンドよ、出でよ!

2007y02m06d_172930702.jpg


立春の風に呼ばれて花くびを伸ばさぬままに咲く桜草

雪も見ず春立つこの日花くびをのばさぬままに桜草咲く




ところで、オヤジバトル観ていて思ったんですが・・・
いにしえのバンドガールズは、今どうしているのかしら?

オヤジバトルに参加するバンドのメンバーの中には、女性もちらほら。
といっても見かけるのは、キーボードやボーカルかコーラスで参加している20~30代。

というのも、バンドメンバーの平均年齢が40歳以上なら参加資格があるゆえ。

オヤジばかりのバンドに華がほしいという意図があって、歌心のある女性を勧誘した?
白髪になったサディスティック・ミカ・バンド+木村カエラを彷彿。。)

・・・そんなケースが多そう。あと、メンバーに夫婦参加が一組いるとか。



ふと思ったのは、そういう女性参加者のことではなくて、
昔バンドやってた女の子。
さらに言えば、ガールズバンドの女子たち。

男子がオヤジになってからまたバンド始めるなら、
ガールズもオバサンになってからまたバンド・・・始めないのかな??

女子だって、子育てが一段落したら、できないことないよね???
へそくりで、そこそこの楽器買えそうだし?

・・・子供いないのでわからない私のそんな考え、甘いんでしょうか??


でもさ、オヤジバトルに応募したバンドの、個々のメンバーには、たぶん
いにしえのバンドガールも多少は、いるはず。
ひょっとしたら、オバサンバンドも応募しているかも???

私も高校のクラスメートに、女子ばっかでKISSのコピーバンドやってる子たち、いたし。
・・・・よくベロ出しすぎて吐きそうになってたヒロコ~、いまどうしてる~!?・・・・



あ~~~興味あるな~~~~~・・・

オバサンバンド


でも「オバサン」という語感と裏腹に、いまどきの40代は若いからね、違和感ないかも
・・・どころか、マドンナ張り超かっこいい熟女ばかりのバンドもあるかも!?



オヤジバトルへの、熟女バンドの進出を、待つ。


音楽 | trackback(0) | comment(3) |


2007/02/05 (Mon) オヤジバトルの進化著しく。

熱血!オヤジバトルも10回目かぁ。

毎年欠かさず見てるわけでもないけど、ずいぶんとレベルが高くなっていて、びっくり。

そりゃあ200組以上の応募バンドからテープ審査で残ってきた8組だから。とはいえ。

だいたい、以前は、オリジナル曲なんてほとんどなかった気がする。
それが、今回は8組中5,6組がオリジナル。
しかも全然ダサダサじゃないの。

中でも、すんごくインパクトあったのは、地元の民謡をROCKにアレンジしたバンド。

こういうのってだいたいが、ほぼ失敗・・・ か ビミョー・・・ じゃないですか。
少なくとも私は、ちょ~っと無理あるよね、やっぱり、、、と思った記憶しか、ない。

(あ、プロのかっこいいプレイ・・・たとえば、
 津軽三味線とロックバンドのセッション、みたいのは別としてね。)


それが、グランプリ受賞したこの
ロックハイヤUMPC(牛深ミュージックプレイヤーズクラブ)は・・・・・・

こいつぁすごいよ!違和感なし!!みごとに融合してる!!!新しい!!!!

これをやりたくて長年構想をあたためてきたバンドリーダーは、ずっと若い頃から
ハイヤ(牛深ハイヤ節)はロックだ、」と確信していたそうな。

いや~実際聴いて、納得しました。
「この演奏のままウッドストックに出てほしかった!」って近田春夫(審査員)言ってたっけ?


あと、「ベストオヤジ賞」に輝いた、団塊世代の渋カッコイイ、大阪の(カフェ?)マスター。
とってもいい味出してました。



ねーねー、本金さんてば。
いつかきっと出て!ほしいな~~~~~



音楽 | trackback(0) | comment(2) |


2007/02/01 (Thu) パルモア病院生まれのKOBEガール

はぁ~・・・あの娘が高校受験だって。私も年取るわけだ。

にしても、のほほんとしていて、いいねぇ。さすが長女。

公立受験の前日だっていうのに、まだ高校案内パンフ散らばしながら
あーここの制服カワイかったな~。後期で受けなおそうかな
なんてことを言っていた。。

母:ヤマハ今日は休むでしょ?
娘:え~行くよ。ピアノはあたしのライフワークだもん。
母:あーそうかい。今日ぐらいべんきょーしてほしいもんだけどね。

ライフワークといっても、ピアノひとすじ音楽家目指す!ってことじゃないんだけど。
ただゆるゆるのほほんと、続ける気持ちでいるみたい?それもいいね。

まぁ、こんなふうに余裕あるのも、私立は志望校2校すでに合格してるし、
そこそこお勉強できて、でもガツガツしたくはない、とりあえず明日の公立は
ちょっと無理そうだけど、受かればもうけもん。という状況。


・・・そんな母娘とお茶しながら、感慨にふけっちゃったね。


彼女が生まれたのは、父(私の友の夫ね、)の転勤で神戸にいた頃。

まだほやほやの赤ちゃんのアナタが眠っているゆりかご(バスケット?)を、
私は後部座席でしっかり抑えながら、、、
眺めのいいフレンチレストランへ、ランチに行ったわ。
ゆりかご一緒に入店よ。椅子を並べて、その上に置かせてもらったんだった?


その数年前に「パルモア病院日記」を読んでえらく感動して泣いた私は、
慣れない土地で産院をどこにしようか迷っていた友に、間髪入れず言ったものだ。

決まってんじゃん!せっかく神戸にいるんだから!!!パルモア病院だよ!!!!!

そしてめでたく彼女はパルモア病院で、産まれた。

(三宅廉先生は、すでに名誉院長になられていたのだったか、、、
 産前産後お世話になった間に、1度くらいしかお会いできなかったそうですが)



でね。
昨日もそんな話になって。

なんと、現在の道徳の教科書には、パルモア病院の話が載っているそうな。

で、ゆるキャラの長女とは対照的な、元気印で社交的で、、けっこうオヤジ入ってる?
(言動がのんべえっぽいのかな、、)んな5年生の次女が、発言。

そうだよ、だからお姉ちゃん「ハイ!私はここで産まれました!」って
手挙げればいいのにさ~。言わなかったんだって~。


母:じゃ、今度あんた言ってよ「お姉ちゃんここで産まれました!」って
母の友:「それでオマエはどこで産まれたーっ新橋かーっっ!?」

・・・次女、意味わかってるんだかわかってないんだか、、、一緒に爆笑。


ちなみに、次女は生粋の埼玉っ子なのでした。




いやいやしかし、二人ともホントいいキャラに育ってます。。

幼児の頃から私も時々鍛えてあげた甲斐あって・・・遊べます。。。。。



できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。