--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/30 (Fri) 短歌人6月号から (加筆少々)

<水無月集>より





              まだおひとりなんですか?
                                           魚住めぐむ

   


      この先を継いでゆけない遺伝子を抱えて見上げる東雲の空


      あきらめることをゆるされる歳となり自分のための春をたのしむ


      燃えるゴミ燃えないゴミの分別を だれかの子どもの未来のために


      淡すぎるピンクの空気に包まれて脳内彼氏と会話する日々


      お受験を語りはじめる友の輪の中とりあえず相槌を打つ


      満ちてゆく沈黙 みつめる夕空に飛行機雲が薄れはじめる


      脱ぎ捨てることのたやすさひらひらと波打ち際を裸足で歩く


      「まだおひとりなんですか?」(っていい意味に受け取る余裕)笑顔でうなずく







水無月集は、会員1欄所属の会員を対象とした連作で、6月号に掲載されます。

今回は、私が入会当初から注目させていただいている魚住さんの作品に共感と感慨を持ち、
ご了解を得て紹介させていただくことにしました。


第1首: ああこの感覚、わかるなぁ。
     こういうこと感じるときって、なぜだか空をみている気がする。
     逆かな?空を見ると、時にこういう感覚を持つのかな。
     悲壮感はない。だが或る種のかなしみをかすかに伴う、ぽっかりと突き抜けたかんじ。
     そしてその空は「東雲」である。夜明けの空。それがこの歌のベクトルになっている。      

     それは、私の遺伝子が私で終わるということの清々しさ、なのかもしれない。
     (とりあえず今の時点では、ひとつそれだけの覚悟みたいなものをして)
     この肉体に抱え込んでいる遺伝子たちよ、未来へつないでゆけないでごめんね。
     (でももしかしたら、つなげるかもしれないんだけどね。)
     
第2首: 私にもそんな時期があったなぁ。
     「あきらめることをゆるされる歳」というのは、社会通念的な概念に過ぎない。
     たしかに、ひとつの「あきらめ」ではあるかもしれないけれど、本当のところ、
     「あきらめ」とすることで、自分自身がそのような社会通念から解放される、ということ。
     だからこそ、心置きなく自分のためだけに楽しめる、春なのだ。

第3首: これこれ!「うん、そうそう!!」
     いつも意識しているわけではないけれど、私もたぶん常にこの気持ちがある。
     未来の人類をつないでくれているすべての人たちへ、敬意と感謝と「よろしく」を込めて。
     
     だが、たいせつなことを一つ。
     (私ではなく)作者に於いては、
     この行為がいつか「我が子の未来」という具体に変わる可能性も伴っているのだ。

第4首: 「淡すぎるピンク」・・ちょっとダメ押しという気もするけれど・・でもそれが作者の気持ち。
     「脳内彼氏」、これは三通りの受け取り方ができる。

     ①彼氏ではないけれど、実在で作者と接点のある男性。
     ②実在はするけれど、現実味はない憧れ的存在の男性。
     ③脳内にしか存在しないバーチャル彼氏。

     が、作者は“バーチャルでしか恋愛できない女性”ではないので、①と思われ。
     (私は彼女の瑞々しい相聞歌も好きです。)
     また、「~空気に包まれて」とは、日々そんなシチュエイションが現にある、と解釈。

第5首: これもよくわかります。
     が、さらに歳月を経ると、家庭内の不穏な話題も多くなって・・・
     深刻さ重たさが出てくると、「とりあえず」的相槌は打てなくなります。。。

第6首: 連作中、歌としてはいちばん好きな1首。
     沈黙が満ちてゆくのは、閉塞感の重たさになりがちだけれど、この沈黙は違う。
     視線が空へ向かっている。開放されている沈黙。
     爽やかでやるせないような、ここちよさのある沈黙。
     夕空に飛行機雲が薄れてゆく、すこしせつなくて、でも心がほどけてゆく感覚。

     恋の予感に満ちた沈黙かも。

第7首: 人生の中で、ある時期にふと、脱ぎ捨てることがたやすくなる瞬間がある。
     それは、とりもなおさず、“解放”とある意味での“開き直り”によるものであろう。
     脱ぎ捨てることがたやすくなるということは、踏み出すこともたやすくなるということ。
     「ひらひらと」、そう、その身軽さで。
     この歌も好きです。

第8首: 「結婚しなきゃ」「子どもをもってあたたかな家庭を・・」という呪縛から放たれると、
     軽やかに素直に、新しい恋に向かえるもので。
 
     「まだおひとりなんですか」という言葉・・・
     それが、例えば年長者(あるいは後輩とか?)の発した無遠慮な質問とするよりも、
     出会って間もない男性からの、好意に基づく遠慮がちな問いかけと考える方が、
     この連作の流れにも自然にはまっていると思える。

     よって、これは、すがすがしい出逢いの歌。だと私は断定してしまおう。

     そしてこの一連の歌の最後を飾るのが、女性として殻を一枚「脱ぎ捨てた」、
     それゆえにしなやかな美しさを増した、作者の笑顔なのだ。     




私の独断により、以上のように読ませていただきました。
読みの足りないところ、深読みのすぎるところ、あらぬ方向の解釈など・・・
あるかとは思いますが、作者さま、どうかご容赦くださいませ。



魚住さんの歌は、難解にせず力みもせず、素直にすっと詠われている。
それがまず美点だと思う。(もちろんご本人には、産みの苦しみというものがあるわけですが)
そして、どちらかというと控えめな表現に思える中に、はっとさせる感覚が、しっかりとある。



・・・と・・・
短歌の先輩に対して偉そうな感想を書かせていただきました。失礼どうかおゆるしください。

掲載のご了解、ありがとうございました。

これからも、楽しみに読ませていただきます。



スポンサーサイト

短歌・俳句 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/30 (Fri) 045:楽譜(本田鈴雨)

わがために作りし曲の楽譜ひとつ与へて去りしひとりのありき      


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/30 (Fri) 044:鈴(本田鈴雨)

老衰にうつつをあはくねむりゐる猫の鈴の音なき五月闇



     (推敲して変更しました。再トラックバックはせず。)

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/30 (Fri) 043:宝くじ(本田鈴雨)

生涯の伴侶このひとこそ宝くじ運なき吾の選りたる糸の            


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/30 (Fri) 042:鱗(本田鈴雨)

水無月のみづにこころを放つとき銀鱗もたぬわれを悔ひたり


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/30 (Fri) 041:存在(本田鈴雨)

五歳の日 障子の桟を凝視するこの存在を「自分」と知りき    


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(3) |


2008/05/28 (Wed) がぞうだぞう



2008y05m28d_203212373.jpg
これなんだ




2008y05m28d_193916387.jpg
ヒデのウラの顔。
「ぐふっぐふっぐふっ。あのオバハンが寝てるうちに、ごはんひとりじめだぜいモリ~~」


2008y05m28d_193659390.jpg
「むっきーっ!誰がオバハンやて?ウチの眼が黒いうちは、不正は許しまへんで!!」





以下、横浜実家にて。パンケーキレンズっていろいろ対応できるのね。
でも花がきれいだったので、マクロレンズも持っていけばよかった・・・




2008y05m28d_202749716.jpg
紫蘭



2008y05m28d_194912874.jpg
ジャーマンアイリス



2008y05m28d_195327240.jpg
ジャーマンアイリス



2008y05m28d_195533371.jpg
今年の母の日はピンクの紫陽花。
(去年のブルーのも、鉢から植え替えられてつぼみをつけていました。)




2008y05m28d_203022836.jpg
キウイの棚




2008y05m28d_195854931.jpg
手前は白鳥花(ハクチョウゲ)



撮ってみますた(おまけ短歌時々あり) | trackback(0) | comment(7) |


2008/05/27 (Tue) ぶつぶつ

いや~~西武との2連戦は、見応えありましたね。
さすが首位対決。

ファンの多くは、日本シリーズを想定していたことでしょう。

うっきゃー!!!今年はイケルで!!!!今年の阪神は強い!!!!




さて。

二日がかりで、クローゼットの衣替えをしました。

え?今頃やってんのかって?

だってぇ~、5月に気温下がると「まだ冬物出しておけばよかった」って後悔するもん。

今年は大丈夫そうなので、きっぱり仕舞いました。

それで、位置が悪くて実質ほぼ死んでた引き出しを、えいやこらさと2,3パターン試してみて
いちばん使えそうな場所に据えました。(えらいえらい、私。)



さてと。

次は、ベランダ園芸よのう。

朝顔の種蒔きたいんだけど、朝顔用プランターの水仙が、まだ枯れ切らなくて。
まだ光合成して球根に栄養蓄え中らしく。(←Sくん、教えてくれてありがとう。)
どうしよう。来月でもいいかな。でも梅雨になっちゃうな。



ほか、実行すべきことを、ここに宣言しておこうかと。


●ブログに歌集の鑑賞を書く。
 (まず最初は春畑さんの「きつね日和」。ということで、また読み直しているところ。)

●もっとカメラを使いこなす。

●イモリ画像が貯まっているので、整理してupする。

●昨年からそのままになっている夏物リフォーム数点を、今年こそやり遂げる。

●「会いましょう」と言いつつだらだら先延ばしで2年たってしまう方と、ランチする。(×最低3名)

●靴屋さんに調整してもらいに行く。



あーーなんか、普通すぐできちゃいそうなことばっかりだ。。

エンブレルに切り替えてしばらくすれば、私にももっと余裕が生まれるかしらん。。。

といって、過度に期待して裏切られたら悲しいからなぁ。。。。





       ・・・と、今日はちょっとぶつぶつ言ってみました。

         だって野球なくてつまんないんだもん。



あ、そっか。

野球で3時間費やすのも大きいかもね。(途中で軽くブログ書いたり、ご飯作ったりはするが。)

でもこればっかりは譲れないのよね。



それにしても、(歌集・会誌・短歌誌など)歌を読む速度が遅すぎる。

ってのが、いちばん困る。

でもじっくり読まないと、味わえないし。

こういうことも、年季が入れば速くなるものなんでしょうか。。。



できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(6) |


2008/05/27 (Tue) 040:粘(本田鈴雨)

死にちかき猫の泪をぬぐひしに粘性かそかありてかなしき   



題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/27 (Tue) 039:王子(本田鈴雨)

飛鳥山にむかひて立てば渓谷の風一陣 王子駅を過ぐ   



題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/27 (Tue) 038:有(本田鈴雨)

守るでも傷つけるでもなく有刺鉄線は虚空に刺さりゐる


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/23 (Fri) 東京歌会・続編

私が評をさせていただいた歌の作者の方より、掲載のご了解をいただきました。
ということで。


歌評しました編 です。

マイクを持つとあがってしまって、簡潔・的確からはほど遠い話し方になってしまい自己嫌悪。
・・でしたが・・・。ここでは、要点を箇条書きにさせていただきます。




   「コイビト」と子はしりとりをつむぎたり不意に窓よりみどり溢れて

                                                春野りりん





●まず、お「子」さんの年齢について。
  「コイビト」とカタカナで書かれているので、子供さん本人にとってそれは
  未だ実際の意味を持たない語である、と推測される。
  まだ小さな子供さんと思われる。

●子供さんが小さいということから、作者は子育てに追われる日々にある、と想像。
  そんな何気ない子供との日常、しりとりをする一コマが浮かぶ。

●そこに、思いがけなく耳にした言葉。
  突然の“恋人”という言葉から、窓外に見ていた木々の緑が
  「不意に」鮮やかな瑞々しさを持って感じられた。
  (私のイメージでは、瑞々しく鮮やかな緑が心になだれこんでくる感覚)
  
●その感覚の裏にあるものとは?
  「恋人」という、現在の自分にとってかけ離れてしまった、
  ひどく鮮やかで懐かしいもののイメージではないか。
  「子」の父である人がかつて恋人であった、という懐かしさ・・・
  ということも含め、「恋人」という言葉が自分の日常の中にあった日々。

●もしも、作中の「コイビト」が、「こいびと」または「恋人」という表記だった場合。
  「子」はすでに恋を知っている、あるいは初めて知ったばかりである、ということになるので
  ある程度成長した娘と母との、たわむれにするしりとり・・という場面が浮かぶ。

  その場合、作者の胸に「みどり溢れて」として去来するのは、
  成長した我が娘の、女性(乙女)としてのみずみずしさ、鮮やかさであろう。



以上が、私の解釈でした。
(※文章にするに際し、その場で述べたことに適宜補足をしました。)



この後、深くも鋭いご意見が。


子のみずみずしさ、と言われましたが、そこには、
 “生きることの生々しさ”も感じられると思います
」(概要)
  

うう・・・さすがは谷村さん。

ノーテンキな私が見過ごしてしまった、ひとつ深い見方をされております。


ほか、

『不意に』が強すぎるのでは?」という意見の賛否があり、


『しりとりをつむぐ』という言い方はいかがか?

という意見も出ました。

それに対し、

紡ぐというのは、“何もないところから織り出す”という意味があるので、
 むしろよく言い得ていると思います
」(概要)

との反論で、落着。(私もそう思う!と内心賛同。)




メモと記憶による限り、以上のような批評でした。

作者さま、書き足りない部分と読みの不適・不足などご容赦を・・・。

私の惹かれる瑞々しいお歌を、ありがとうございました。



短歌・俳句 | trackback(0) | comment(12) |


2008/05/21 (Wed) 037:V(本田鈴雨)

核心を避けるばかりの人とゐて会話の谷間V字めきゆく   


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/21 (Wed) 036:船(本田鈴雨)

エンジンを切れば鯨とわが船と或る距離たもちつつただよへる


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/21 (Wed) 035:過去(本田鈴雨)

若き日の君を知らざる妻なれば過去の恋ものがたり楽しや


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/21 (Wed) 034:岡(本田鈴雨)再投稿

悪球をかろがろ運ぶ今岡の二塁打をこそ待ち望みをり




(追記)

最初「三塁打」がぴったりはまったのですが、やはり今岡は・・・
ミスターツーベースの再起を願い、「二塁打」に直しました。

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/21 (Wed) 033:すいか(本田鈴雨)

さあ我に刃立てよと俎板の上にどつかりすいくわ居直る      




題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/20 (Tue) 交流戦第一戦

オリックス戦。

いいかんじで3-0で勝ってたのにな。

まさか逆転負けくらうとは。。。


やっぱりさ、あの交流戦ユニのせいじゃないの?


これですよ。。。


なんか、中途半端。

去年のよりはいくぶんマシか?ってとこか。





ジェフ様、濱ちゃんにフォアボール。

好きだったのかな。。。




ま、いいや。

あと2つは、勝つさ。




それにしても・・・

どうせなら濱ちゃんに打たれたかった気もするけどね。。。



野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(6) |


2008/05/19 (Mon) 東京歌会

5月の東京歌会に、昨日参加させていただきました。

1月以来の歌会参加。
12月の初参加のド緊張が嘘のよう。

今回の感想をひとことで言うならば・・・(気の小さい私としては意外にも)

おもしろかった。です。


出詠48首、うち3名の方が欠席のため、
作者名を伏せてある45首を、4時間と少しかけて、席順に批評してゆきました。


歌会の詠草を、ご本人に無許可でブログに転載することは慎ませていただきますが・・・


私の評する1首が、なんと、48首中で一番好きなお歌に当たるという幸運。
さらに、最後に作者名が明かされてみたら、その歌を詠まれたのが、これまた
ここ最近ご縁のある方で。うれしかったです!



私の詠草についての評も、さまざまご意見を頂戴しました。
それがなんとも、楽しく面白く。




   なづきの襞はらわたの襞こころの襞わが身の裡に翳り足らざる




(すでに読み上げられた時点で、少し笑いが起きました・・別にウケ狙ってなかったですが;)

評者は男性の方。

この人は、脳の皺も腸の皺も足りないらしく、自分には心の襞も足りないと嘆いている。
 男性の歌という感じがします。
」(概要)

その後に女性の方々から活発な意見が飛び交いました。


本人が意識しているかどうかは別として、この作者は自分のことをこう反省しながらも、
 『そんなことないよ』と言ってもらうことを期待していると思います。
」(概要)

と、歌意に共感しつつ、ズバリ言ってくださいました。

たしかにそこまで意識していなかったけれど、言われてみると図星
歌会では、作者本人のたねあかしは無いのですが、思わず何度も頷いておりました。。


こういうことは私も思ったりしますが、自分の主観だけのこういう歌は作っちゃいけないと
 ずっと教えられてきたので、私はこういうのは作りません
」(概要)

は、、そうでしたか。そうかもしれませんね。。そう言われてみると・・・
そんな気持ちもあるから(実験的に)歌会に出してみた、という気もします。。。


だけど、こういうことを詠いたくなる時ってありますよね。
 時にはそういう気持ちを詠っても、いいんじゃないでしょうか。
」(概要)

ありがとうございます。やはり歌を詠むときにこういう思いを抱く方って多いのでしょうか。
少しホッとするような。。。


そして三井ゆき先生からシメのお言葉。

この人は翳りが足りないと嘆いているけれど、陰なんて、なければそのまま
 どーんと生きていけるんだから、無ければ無い方がいいんじゃないですか。
」(概要)

はい・・生きるには、たしかに楽だと思っております。
ただ・・歌を詠むにはちょっと。。。(--;)
と心でつぶやきつつ、励ましのお言葉として受け止めました。


最後に、男性の方から。

みなさんちょっと、この歌をまじめに受け止めすぎているのでは?
 作者は、遊び心で詠ったんじゃないでしょうか。
」(概要)

ハイ!そうなんです、それもあります!

あたしってつくづく、ココロの襞がたりないんだよなぁ・・・と思っていたところに、
最近脳も弱っちゃったみたいだし、腸も便秘したり下痢したりたぶん正常じゃないし。
なんてこと考えてて、洒落のつもりでふっと書いてみました。。

基本は実感ですが、歌にしたのは遊び心からだったかもしれません。。。


あと、「襞、襞、襞、と重なっているのが気になる」とのご指摘も。

これについては私も気になっていたのですが・・・
結局、それぞれの「襞」の質が違うということもあり、あえて重ねて使いました。




以上、具体的に挙げられるのは拙歌についてだけで残念ですが、
全体的に、なんだか和やかで(もちろん批評なので、優しい意見も厳しい意見もありますが)
楽しく終わらせていただきました。


それぞれの歌に対してさまざまな解釈があり、共感もあれば問題点の指摘もあり。
一つの場で、それを出し合って知ることができる歌会は、とても勉強になります。

運営に携わられているスタッフの方々そして参加者の皆様、ありがとうございました。




それにしても・・・・

繊細で美しい歌に惹かれてやまない私ですが(なにしろ憧れは、春畑 茜さん)、
一方で、谷村はるかさんのような切れ味鋭い斬新な作りの歌にも惹かれます。

で、今回の歌会では、谷村さんの読みにも「さすが!」と惹かれました。


・・・と、ここに書いてもご本人が読まれることはないだろうと思いますが・・・


私の一首も鋭く読み解いてくださり、ありがとうございました!




短歌・俳句 | trackback(0) | comment(10) |


2008/05/19 (Mon) 032:ルージュ(本田鈴雨)

死なば春の化粧(けはひ)のままに焼かれたしルージュオンルージュ桜襲(さくらがさね)の


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) 031:忍(本田鈴雨)

はつこひのひととゆきゆく道の辺の忍冬の香にはぢらひし夏




題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) 030:湯気(本田鈴雨)

からからのわたしのままに眠られずほつとみるくの湯気に眼を当つ


    

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) 029:杖(本田鈴雨)

夫となるひとに役目を引き継ぎてわが杖ふかくねむりたるまま   


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) 028:供(本田鈴雨)

ワンカップ供へられたる黒みかげの下よひどれの骨かるからむ


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) マクロレンズで遊んだよ。

画像の大きさを本文幅めいっぱいにして、切り取ってみますた。(でかすぎだよね。。。)

追記:やっぱり開くのが重たいので、サムネイル表示にしました。





2008y05m16d_004339964.jpg






2008y05m16d_004552074.jpg






2008y05m16d_004752917.jpg







2008y05m16d_003925187.jpg






2008y05m16d_003832411.jpg






2008y05m16d_003247245.jpg






2008y05m16d_152957318.jpg






2008y05m16d_155127013.jpg






2008y05m16d_155353193.jpg






2008y05m16d_155637029.jpg






2008y05m16d_004848107.jpg





2008y05m16d_011005644.jpg








2008y05m16d_012446320.jpg


西側バルコニーから見える、新婚の頃を暮らしたマンション。(右手奥)
オットが望遠で撮りました。
2階の広い窓から眺めた、向かい側の緑豊かな公園がなつかしい。。。







2008y05m16d_011122034.jpg








つか、雑草抜けよ。


撮ってみますた(おまけ短歌時々あり) | trackback(0) | comment(2) |


2008/05/16 (Fri) 試し撮り

公園のつづき。


2008y05m15d_085000486.jpg


綿毛たんぽぽは、まだたくさんござったよ。(本金撮)




2008y05m16d_154824150.jpg


なんの芽じゃろ、おおいに気になるのう。(私撮)




自宅にて。


2008y05m15d_084443811.jpg


義父が握っていた頃の寿司屋の湯のみ。夫愛用。(本金撮)




今期初登板!ブルペンで投球練習中の、ジェフさま(本金撮)

2008y05m16d_201911557.jpg

2008y05m16d_201959136.jpg






たまにはこんなイモ画像。(私撮)

2008y05m15d_091327740.jpg





撮ってみますた(おまけ短歌時々あり) | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/16 (Fri) 曇天の日曜終はる公園の



2008y05m15d_090233599.jpg



   錆び色の冷たき記憶よりはるか頼りなく鉄棒は佇ちをり





2008y05m16d_002131774.jpg



   すずかけの樹肌に刻まれし地図の深く割れたる山脈に触る


2008y05m16d_190233656.jpg






2008y05m15d_085429874.jpg



   すくと立つ青年のごとき百合の木の抱擁享けよ、うつむく乙女





(撮影:本田金太郎)


撮ってみますた(おまけ短歌時々あり) | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/13 (Tue) ついに私もいよいよか!?

昨日は診察日。
いや~4週ってほんとに早い。

検査結果、このところCRP(炎症反応)がちょいと高めになっている。
特に、肘と肩の痛みは・・そうひどくはならないながらも、波がありつつ続いてる。


そこでドクター言いました。


う~ん。
リウマトレックスの効果が落ちて来てるようなかんじ・・する?自分では、どう?


はい~、します。
・・・・ってことは・・・
次は、エンブレル、ですか!?!?


うん、そうだね~。
エンブレル、けっこういいみたいだし。


うっきゃーーー!!!
自分で注射するんですよね!?


もちろん、注射に通ってもいいんだけどね。
でも、自分でできそうだったら、自宅の方がいいでしょ?


はい!
・・う~~~。ワクワクするような、怖いような。


まぁ、今日はとりあえず、貸し出し用解説キット出しとくからさ。
ちゃんとあるんだよ、DVD付きのが。(笑)
お薬は、今回はまだリウマトレックス、4週分ね。
エンブレルのことは、考えておいて。



ってなわけで。

私もいよいよ、エンブレル・デビュー


解説キットを受け取るとき、薬剤師さんの方から
「なにか聞きたいこととか、ありますか?」と、優しく尋ねてくださいました。

私が生物学的製剤エンブレルに期待するのは、
まず第一に、下痢→激しい炎症(痛み)の解消。

先生は前回のときだか、「下痢はリウマトレックスのせいかも」と言っていたけれど、
私がこれまで続けている薬はたいてい、消化器系への副作用が挙げてある。
胃の薬だって、便秘や下痢する可能性はあるみたいだし。

だから、何のせい、とは断定できないんだよね。

まず、胃を荒らすのは、毎日1回服用の、痛み止め。
これをやめられれば、胃薬2種(胃粘膜保護&胃酸を抑える)も不要になる。
さらに、最初は併用するリウマトレックスも要らなくなれば、万々歳だ。


もちろん、感染症などの副作用には十分気をつけなければいけないけれど。
でもそれは、リウマトレックスでも同じだし。

だいたい、自己免疫疾患という矛盾に満ちた因果な病気である以上、
症状を緩和するには、ある程度免疫力が落ちることは仕方ない。


と、そのへんのことをちょっとお聞きしてみた。

半年前からエンブレルに切り替えた患者さんの様子では、
痛み止め等数種類飲んでいたのを、骨粗しょう症の薬だけにできたそうだ。

そして、関節の痛みが激減して、上がらなかった肩がすっかり動くようになったとか。


こういう話は多いようなので、期待感がふくらむ。

まぁ、まだ、すぐってわけじゃないですが。


ひとつ、ありがたいことは。

身障者手帳所持のおかげである、医療費の減免。

もしこれがなかったら、エンブレルだと月に2~4万(でしょうか?)かかってしまう。


薬価の差から、受けられる治療が限られてしまう不幸・・・

そういう問題が解消される日が、早く来ることを願う。


体調・医療 | trackback(0) | comment(8) |


2008/05/13 (Tue) 027:消毒(本田鈴雨)

アメリカシロヒトリの雨避けむとて桜木濡るる消毒の雨


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/05/13 (Tue) 026:基(本田鈴雨)

いくたりかとの関りに基づけばみづからの存在うべなへり 


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。