--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/09/29 (Mon) 改作でした

角川『短歌』の“公募短歌館”、10月号で1首採っていただけました。

初投稿は全滅(投稿は、1回に4首記入する)、2度目のもすっかりダメだと思っていたので
うれしかったです。



    水槽の魚とわたしとゆらめいて颱風すさびゆくをみてゐる




これは、当初



  窓あけぬ一日の午後に水槽の魚とわたしとゆらめいてゐる



となっていたもので、月例詠草としてボツになったのでした。

その際の添削コメントに

やや既視感があるか。もう一歩突っ込んだ表現を。(抜粋)

と書かれていたことから、その後改作。



やっぱり、評というのは大切ですね。




というわけで、それきりになっていた投稿、
めげずに挑戦しなければ・・と思った次第です。

・・・できる範囲で、ですが。。





それにしても、掲載常連の皆様の力量って、本当にすごいです。。。





とりあえず今月・・・

3度目の投稿、がんばってみるかな。。。。



スポンサーサイト

短歌・俳句 | trackback(0) | comment(10) |


2008/09/25 (Thu) 懐かしの3000ページ

中学生の私を育てた漫画といえば、池田理代子『オルフェウスの窓』第一部。

もちろん小学生の頃は、バレエまんがなんかが好きで、でも
『ベルサイユのばら』には尋常ならぬものを感じて(?)すっかりハマリました。

中学時代はほかにも、山本鈴美香『エースをねらえ!』、一条ゆかり『デザイナー』などなど。
当時の少女漫画雑誌は友達同士の回し読みなどもあり、毎月毎週ほぼ読破していたでしょうか。


高校時代は、自分の感性の方向がかなり定まっていたので、挙げるとすれば
大島弓子と萩尾望都。

この時代、少女漫画は文学であった。




さて、話は戻りますが、『オルフェウスの窓』。

私にとって青春だったのは、
主人公のユリウスもほぼ同年齢だった、第一部。

この頃、週刊マーガレットを1日でも早く購入するため、自転車でずいぶんと走り回ったものよ。
書店より、店先のラックに雑誌を置いてる食品系個人商店の方が早い店あったんだ、たしか。
(コンビニなかった頃ですからね;)

なんか今考えると、狂気の域かな、あれって。
心当たりを全部回っても見つけられなかったときなんて、すごい距離でしたよ。
身も心もぼろぼろ・・・ってかんじに疲れ果てて、ぐったりしてたよなぁ。。
一晩待てばいいだけなのにね。。。

それはともかく。


そんなわけで、のちに第一部をまずマーガレットコミックスで揃えました。

第ニ部以後は、ほとんどリアルタイムで読まないまま、興味も失い忘れ果てて数年。
完結して全巻コミックスになってから、なにかで目にしたんだったか、第三・四部を購入。
(第二部は、ユリウスが絡んでいないのであまり興味ないからやめた)

その十何冊かを、238な主婦(時々登場する小学校時代の友。)に
貸したまま、数年。

先日、なぜか突然愛蔵版に格上げ(?)されて戻ってきたのでした。


ちょっと仕舞い込んじゃってて(要するに物置部屋で埋もれている)すぐに出せないから、
返すまでこれ読んでてね!ワルイ!(^^;


おお~~そいつはウレシイ!愛蔵版じゃん♪


おまけに私が持ってなかった第二部もちゃんと揃ってる!んですよ~♪
たまたまブックオフかなんかで、中古でそこそこきれいなの見かけたのでしょう。


もう懐かしくて~~~

帰宅して、さっそく読み始めちまいましたとも。。。


まず池田氏の前書きを読んだら、ちょっと感慨深く。。

女性である作者の、27歳から33歳までの7年の歳月か・・・。

そっか~・・そういえば池田さんもいろいろあったよな~・・・スキャンダラスなことも。。。


創作をすることの怖さ厳しさをたっぷりと教えてくれ、
血へどを吐くような苦しみを味わわせてくれた

私の描いた最後の“少女漫画”である
・・・・・(引用)



その前書きによって、なんだか私も姿勢を正して、読み始めたのでした。



そして第二部。

私の中では第三の主人公の物語で、昔はなんだか敬遠気味だったのだけれど。

なかなか感情移入させられる内容で・・・これも年齢・・いや、人生経験というものだなぁ。。



総じて、昔読んだときとはだいぶ観点が違っていることを痛感。

昔は、主人公に半ば恋する気持ちで、そして恋を共有する気持ちで、読んでいたのだ。
なによりも、主人公たちの恋に、最高にロマンティックなものを求めていた。

いま読むと、周囲の登場人物それぞれへの共感の方が大きいかな。
背景や状況に対しても、実感を伴う理解を持った目で読んでいる自分に、気づく。

特に、以前は結末に対する不満がとても大きかった。
「あんまりだー!池田理代子、人生に絶望してるんじゃ・・・」とか思ったりして。

でも、今回初めて思った。
この結末が必然であると。


とまぁそのようなかんじで、三千数百ページ、2日がかりで一気読み。


マーガレットコミックス買って読んだ頃に涙したのとは違う場面のあちこちで、
泣いちまいました。。。(ドライアイなので、流れるほどじゃないけど。。)

今だから気づく、作者の恋愛観、死生観、人生観。さまざまなものが透けて見えている。


史実をしっかりと踏まえて細やかに描かれているけれど、これは歴史漫画ではなく、
あくまでも創作の少女漫画です。歴史大河ロマンです。


それでも軽んじるなかれ。


やっぱり私にとって、『オルフェウスの窓』は
意味深く価値ある、ひとつの物語でありました。





・・・聖徳太子漫画のことではいろいろ言われて叩かれてるみたいだけど・・・




やっぱりすごいよ、池田理代子氏は。





でね。なんと!今年60歳だって。

さすがの団塊世代!だったわけです。。。




映画・文学・美術・漫画 | trackback(0) | comment(6) |


2008/09/25 (Thu) まーおもしろくなってきた、ってことで。

とうとう、でしたね。

ウサ公に、並ばれちまいました。

まっ、あんな4番打者ばっか並べてたら、
毎シーズン独走してなきゃオカシイよ。
ってなもんだわ。

いや、負け惜しみじゃなくて。むしろ冷静に考えるとなおさら。そうでしょうが。



しっかし。あの秋分の日。

我が家は(も?)どっぷり引き分け疲れ



日中、すっかりカープファンになりきっており。

いやいやあのゲームは見応えあったですね。

それにしても、かの市民球場を赤く埋めたカープファン。
カープファンは根強いと聞いてはいたけれど・・そのわりに、昨年まではガラガラでしたよね。
今年のあの人数は。どこから湧いてきたのかと。いままでどこにいたのかと。
あれだけ入るんなら、いままでもちゃんと観戦に行ってればよかったんじゃないのかいな?
・・・と、筋金入りトラキチは思っていたんじゃないかいな。(うちのトラキチも)


夜は夜で。

まさか・・こっちもドローになっちゃったりして・・・・

なーんてね。よりによってそんなこと、ありえない、ありえない。(笑)


と思いつつどんどんそちら方向に・・ゲームは展開し・・・・。


くっ。泣きべそウサ公。オマエにつきあってやっちゃったぜ。。。




で、で、で。




昨日は久々に気持ちよ~~~い勝利でありました。

ああ、これでやっと復調ね・・・・


と思ったのでしたが・・・


さきほど、また満塁のチャンスで得点できず。。。



ふー。





あっ!忘れるとこだった!!





王監督、ほんとうにごくろうさまでした。これからは、どうかご自愛くださいますよう。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




わあぁぁ~~~~い!!!!

しっかり追加点入ったよ~~~~~~~!!!!!!

今岡ちゃん、走者一掃!こういうのが出なくっちゃね!!!!



野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(6) |


2008/09/25 (Thu) 離れたり戻ったり

ここ1週間ほど、短歌に戻るリハビリをしてました。


それ以前に、月例詠草の〆切が近づいてなんとか送ったのではありましたが
どうにも歌を詠む感覚が戻ってこなくて。焦りました。

これまでのストックの中から、推敲なっていると思われるものを。プラス、新作3首。
それでなんとか、原稿用紙ちょうど1枚分の、9首。

採られるのが6首なので、この9首というのは、送付する月例詠草数として
私が自分に設定している最低ライン、ぎりぎりです。

その際の危機感もあって、これはそろそろちゃんと戻らなければ;と感じ、
リスペクトする方々の歌集を読み直して過ごしました。

が!
いざ自分で詠もうとしても、全然だめなんです。。

これまで、ちょこっと短歌から離れてしまったときは、
2冊ほど読めばそれなりに歌ごころが湧き上がってきたものなのですが・・・

「これはマズイぞ」と、さすがに危機感が。。。

さらにあれこれ歌集や会誌を読み直すも、焦りが増すばかり。


さらに、題詠100首・・・今年はついに完走ならぬか。

そんな不安もよぎってきまして。


読むばかりでいても、もうこのまま戻れる気がしてこないので、
なんとか無理やり詠みはじめました。

歌の素となる発想は、出かけたり思い出したり生活の折々に見つかっては、いる。
けれどやっぱり、家事などしつつぼーっとしたり、PCに向かって考えていても、
短歌と呼べるのものとして立ち上がってこない。

で、ここ2~3日、入眠時に奮闘してみました。。

なんとかこれで11首ひねり出しまして。
あと12首のところまでこぎつけました。

ひと安心。




痛感しましたね。



離れるのは一瞬だけど、戻るには時間もエネルギーもものすごく必要になる。


注意一秒ケガ一生。

行きはよいよい帰りはこわい。



やっぱり、こんな苦労するんなら、思いきり離れちゃったりなんてしない方がいいな。。



さてさて。

それで、戻ってきた添削用原稿の末尾に、赤字で書いてくださってありました。



        高瀬賞、少しずつ溜めておくこと。



あ、、、そっか、、、、、。

あと4ヶ月ちょい。あっというまに2月の〆切が来てしまうだろう。


ありがたいご忠告をいただきました。





ああ。

私にとってどうやら短歌と入眠障害とは、切っても切れないご縁のようです。。。




短歌・俳句 | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/25 (Thu) 087:天使(本田鈴雨)

ヴェンダースの天使おもほゆ図書館に団塊世代の人ら居ませば      


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/25 (Thu) 086:恵(本田鈴雨)

ふつくらと笑まひきゑくぼの裏がはに千恵子先生の口腔ありき   


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 085:うがい(本田鈴雨)

二滴めの言葉を濁すイソジンのうがひ薬を水に落としつ


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 084:球(本田鈴雨)

最高の一球受けて跳びあがる矢野の笑顔は少年である


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 083:名古屋(本田鈴雨)

ゆふぐれの風よわが歌つれてゆけ名古屋の空の茜雲まで            


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 082:研(本田鈴雨)

万の群れなしたる刃回遊し潮にその身を研ぎあげて死す   


 

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 081:嵐(本田鈴雨)

うねうねとほそながき坂のぼりつめ空と<青嵐歯科>に出会ひぬ


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 080:Lサイズ(本田鈴雨)

Lサイズの夫でなくてよかつたとアイロンかけつつ思ふ八月


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 079:児(本田鈴雨)

プロポーズの薔薇百本の半分を児童館に友は飾りき   


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 078:合図(本田鈴雨)

明滅の合図に満てるこの街でほたるのやうにあなたをさがす


                 

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/25 (Thu) 077:横(本田鈴雨)

わが思考を雨の擬音に占められて横横道路で横滑りせり


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/17 (Wed) 友よありがとう

こんばんは。

本日二度寝から目覚めたら枕がよだれでぬれていた、鈴雨です。(ちょいショック。。)


もしも前記事でご心配おかけしていましたら、申し訳ありません。

一応ご報告を。(・・・ってだれも気にしてなかったか。。(^^;)



ここ3~4ヵ月のあいだ、だいたい月2ペースで
朝方まで帰らずに飲み(&唄い)狂うのんべえオットにぶちきれ、
金曜日午前中に家出しました。

ってまぁ、238な主婦とランチの約束してたんですけどね。

それが、飛び入りで彼女のママ友も途中参加しまして。
3人とも同学年ってこともあり、いろいろと話が盛り上がりまして。

ダンナの飲み話で、よそ様はどうなのかと思ったら。
若い頃と違って、夜通し飲み狂うことなんかないそうですよ。遅くても11時ごろだとか。

・・それも早くて驚きですが。。

とにかく!
せめて、終電で帰れっつーの。



さて、いつもなら17時前には必ず帰路につく私。野球観戦と晩ご飯のしたくのために。

でもその日は、もー知らん!!家出したるわ!!!というキモチで出て来たのでした。

が・・・

Oisix 、18~20時に届くんだった。クール便だから、宅配ボックスには入れられないしな。。

と思い出した私に、彼女らは「え~~大丈夫よ、再配達してくれるから」と甘い言葉を。

とは言ってもやっぱり気にかかるし。


というか・・実は・・・


友といろいろいろいろ話をしていたら、
日が暮れるにつれて、なんだかとてもオットが恋しくなってきて・・・
今朝までの自分が抱いていた怒りの気持ちが、とてもせつなく思えてきて・・・



結局、19時半すぎには帰宅。


するとちょうどオットから、帰るコール。

久々に、バンド仲間でもある友人のTさんが一緒なので、彼の分も晩飯よろしくとのこと。

お酒は飲めない人なので、晩ご飯食べて夜中まで話し込むというのがパターン。



で、その電話での会話。昨晩の件について。


昨日は、人事のことでいろいろFと話しててさ・・・

ああそう、2時3時までね。朝まで、ね。(冷たく)

うう、、ごめんなさい。。。



以上で、その件、おわり。



結局私、いつだって、怒りが長続きしない性格なんですわ。

それにTさんとは、私も加わってちょっとじっくり話をしなきゃと思っていたところでもあったし。
気持ちはもうそっちに向かってて。




というわけで、帰るコールを切ると同時に、いつもの平和な我が家に戻ったのでありました。


めでたしめでたし。




できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(16) |


2008/09/12 (Fri) きれてもいいですか

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

できごと・こばなし・雑感 |


2008/09/11 (Thu) わじわじ

という沖縄言葉がぴったりの、ここしばらくの低迷状態でありました。
(とりあえず過去形にしてみました。)



オリンピックからこっち・・・

このまけまけ感はどうよ。。

勝っても勝った気がしない苦しい戦いだったり。


ウサ公尻尾かじられそうにまでなっちゃってさ。。。

ま、しょせん、ウサギは兎だけどね。

どんなに追い上げても、追い越す前に力尽きて喰われちゃうのがオチよ。


なーんて言えるのも、甲子園に戻ってやっと少しずつパワー回復してきた?から。


しかし、





矢野様!

やっぱりアナタの存在は大きすぎます。

それを痛感するということの、嬉しさと不安。。

とりあえず、どうかまだまだ現役でいてください。。。




アッチソン!

立派な中継ぎ魂がカラダにしみついていたんじゃないの!早く言ってよ!!

あのロッテ戦で「アメリカけえれ!」とまでブーイングを浴びたアナタが、
いまや最も信頼できる中継ぎだとは!

嬉しくもあり・・・フクザツな心持ちですわ。。。




せっきー!

ほんと、みごとだよ、今年のキミは

今年が人生最高のシーズンだった・・・
なんてことにならないように、これからもその調子でね!!

それにしても、昨日のデッドボール3個肘が心配・・・

ひょっとしてこれって・・・
頼りの関本を、こうやって休場させることが・・・
福川の作戦だったのか!?!?

・・・なんて、勘ぐりたくなっちゃったりして。。。




今岡ちゃ~~~ん!!!!

よく戻ってきてくれたよおぉぉ~~~

久々のスタメンで、最初の打席で、見事なバースデイ2ラン!!!!!

このままいったらトレードだろうな・・・でも楽天だけは行かないだろうな。
というウワサが飛び交っていた(我が家で)だけに、復活が嬉しい。

その天才肌と生真面目さ・・
うまくバランスを取って、リーグ優勝そして日本シリーズへ、打線をひっぱっておくれよね。。





というわけで、まだまだ選手たちを激励したいのではありますが、

本日の危なっかしい先発リーソップ(矢野様リードに首ふるふる;)に
ひやひやさせられているので。

ちょっと集中して観戦しようかと。





わじわじ脱出へ!!!!!






<追記>


あまりにも劇的な試合だったので、追記しに再登場です・・・


頭を丸めて臨んだんだね、今岡ちゃん。。

本日のヒーロー・・というより主人公は、まさにアナタでした!!

昨日と同じ、サヨナラの押し出しという地味な勝ち方ではあったけど。

最初の2ランの後まるっきりヒットが出ないまま、平野敬遠のあとの打席で、四球を選んだ。

そんな冷静さも、腐ることなく・・というより、進退を賭けて!?
鳴尾浜で頑張っていた結果の実力だろう。


ポーカーフェイスの彼が、お立ち台でほのかに目を潤ませていた。

いい笑顔で、「夢のようです」と繰り返した。


矢野様&今岡ちゃんのヒーローインタビュー・・・

ちょっと、うるうるきてしまいました。。



チームはまだまだ本調子ではない。

でも、今年心に残る試合の一つになった、と思う。



しかし能見・・・・・

ブルペンでは、矢野様もびっくりするほどいい球を投げるそうな。


一日も早く、キモチも本当の男前になってくれることを・・そんな成長を、願ってやまない。





野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(4) |


2008/09/11 (Thu) 上書きはお好き?

秋ですね。




2008y09m10d_214339563.jpg

忘れられたままだった、晩夏の画像。





さて先日、こんな豪華なお祝いが届きました。

2008y09m10d_213922223.jpg



・・って結婚記念日の話じゃありませんの。

オットのしゃっちょ就任のお祝いです。


このような贅沢な鉢の存在を我が家に許されるときが来るとは。




2008y09m10d_214608847.jpg


ううう・・うつくすぃ~~~・・・・・


水やりが気になって仕方ないけど、がまんがまん。

表面がしっかり乾くまで、待つのじゃ。

だいたい15日に1回程度でいいんですって!・・・ガマンガマン。。。



贈り主様は、オットが常々お世話になっている取引先様。

その社長・本金のちょいアニキ的Sさんが、お花の届いた当日夜、
我が家近所のリストランテで、お祝い食事会をしてくださいました。

ご一緒されたのは、私たちより一世代ほどお若い、秘書(?)のTさん。
美人で酒豪で、一児の母だそうです。

そのTさんのご実家がお花屋さんだそうで、ちょうど胡蝶蘭のいいのが入ったので
市場から直接発送してくださったとのこと。(ご実家さま、ありがとうございます!)


お二人とも、とても気さくで楽しくて・・・
帰りにちょこっと我が家に寄っていただき、あっという間の4時間でした。


いろいろな話で盛り上がりっぱなしでしたが、いちばんは・・・




オトコは上書きができない生き物である。



ってな話、かな。





これ、某男性マイミクさん(はいはい、そこの●●さん!アナタですがな。)の受け売りです。

過去の恋愛の処理に関して。




まずは、女性から。


オンナはさ~、すべてが現在へのステップにすぎない、のよね~~!



で合意。

オンナのココロは、高速マシン。

ファイルは躊躇なく上書きされ、不要になったフォルダは即削除。
ゴミ箱も、折々気がついたときに、空にしておく。


(Tさんは、削除したらすぐ空にしちゃう!んだって;さすがは元ピッチャー、オットコマエ!)


いつも身軽にしなやかに。
それが、そのときそのときの環境に適応できる強さの秘訣なのでしょう。

まぁもちろん、ハードディスクにデータは残っているわけではありますが。
でもそれは、単なる思い出の風景





さてさて。

それでは、男性は?



Sにーさんは、典型的上書きできないオトコ。

ココロの大容量マシンは、上書きできずに増え続けた捨てられないフォルダで一杯。それも
思い出の曲が聞こえたらいつでも開けるように、デスクトップ一面に並んでそう。


・・・かなり重たくなってますね。。最適化すべきです・・・・

ってことは、そっか・・ちょと違うか・・・
容量がそう大きくないのに、溜めこんでばかりだから重たくなるんだな。。。




本金は、フォルダは捨てられないわりに、保存場所を忘れてとっくにわからなくなっている、
開かずのフォルダばかり。
そのかわり、デスクトップはいつも必要最小限に整理整頓されている。

保管場所不明のフォルダは、ときどき妻が検索かけて呼び出し、一緒に開いて楽しみます。



だって、本人がそんな調子で、そのうち鈴雨関連フォルダまでどっか行っちゃったら・・・



困るもんね。。





泣くもんね。。。








・・・・・・・・・・・・・・・

離婚だもんね。。。。。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




さて。

あなたは、いかが・・・???







できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(6) |


2008/09/09 (Tue) 076:ジャンプ(本田鈴雨)

触れようと若かりし頃ジャンプして届いたものは何だつたらう


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/09 (Tue) 075:量(本田鈴雨)

量るたびはつかに針の迷はさる文に籠めたる想ひふるへて      


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/09 (Tue) 074:銀行(本田鈴雨)

植込のタマツゲつねにかつちりと銀行の脇かためてをりぬ


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/09 (Tue) 073:寄(本田鈴雨)

なにほども意味なきことのいとほしき 顔寄せあひてゐもり眠れる


           

題詠blog2008 | trackback(0) | comment(2) |


2008/09/09 (Tue) 072:緑(本田鈴雨)

青紫蘇の育たぬ夏におもひをり緑の指もつひとの系譜を


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/09 (Tue) 071:メール(本田鈴雨)

かたことの英語交はせしエアメール西ドイツとふ国の少女と


題詠blog2008 | trackback(0) | comment(0) |


2008/09/04 (Thu) 忘却夫婦

んもうっっ!!!

一昨日実家で母に言われて気がついたにゃ!!!(猫言葉が抜けない。。)



結婚何周年だっけ?昨日はおめでとう~~~



・・・ってお母さん・・そこまで覚えてくれてたんなら、何周年かも思い出してよ。。。。



・・・って自分たちのこと棚に上げて言えにゃかったにゃ。。。(まだ抜けない。。。)


・・・もう翌日になってたし。。。。



ひょっとして、ひょっとしたら・・・

夫は覚えていたのに私にその気配がないから言えなかった

・・・とか!?



と、ちょっとその場合の夫のキモチを想像してせつなくなりつつ、聞いてみた。



ねーねー。昨日、覚えてた!?


え・・?なにを・・・??





               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・やっぱり。。。。。




ちょっとがっかりしたような。

でも、ホッとした方が大きかったかな。。


いいじゃん、似た者夫婦。平和の象徴。(なのか?)



というわけで、7周年を迎えました~。

花婚

らしいです。



ハナコン



って・・・・なんか・・・

語感が能天気ちゃう・・・?






ところで、その一昨日ですが。


実家、姪がガッコから帰宅していて。


実習報告レポートみたいなのを読ませてもらいました。

幼稚園、保育園、福祉施設での実習。
その期間毎日の実習内容や感想、課題など、事細かに書いてファイルに綴ってあります。


それ読んで、オバえらく感動。


いつのまに、こんなに物事を深く感じ受け止め、考えることのできる女性になったのだ。

文章力も、なかなかのものだ。私を唸らせるとは、たいしたものよ。
文字も・・中学生の頃はイマドキの女子っぽい字だったのに・・・
すっかり成長した、きれいな女性文字になって。




高校に入学したとき、私がお祝いとともに渡した手紙の言葉。


しっかり、心に抱いてくれていたんだね。

そのこと、よくわかったよ。。。




にゃーんて、オバの勝手な思い入れをちょっと書いてみたにゃ。



ま、これだけは確かかな。



文章力は、ずぇったいアタシに似たのよね~





ども失礼いたしましたでやんす。。。。。








おお!

先発福ちゃん激走で、同点にゃ!!!!!!!




できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(8) |


2008/09/02 (Tue) 痛くないちっくんの仕方

                      肉球証明画像
               2008y09m02d_183150653.jpg
                    ピンクですの!!!





というわけで、話は変わりますが。


エンブレルニューバージョンの自己注時の痛さに泣いている患者さん!

朗報です!!!

こうすれば、あなたもきっと(たぶん;)、痛くない!!!!!


それは・・・

補助具を使わないんです。


先週木曜日、いつものように補助具を使って腹部に注射したのですが
最後に針を抜いたら、刺したところから薬液があふれてしまいました。

翌日診察のときにそのことを話したら、刺し方が浅かったのかな、とのこと。
そういえば・・補助具のストッパー部を、あまり肉に押しつけていなかったかも。
慣れてきたので、変な加減をしてしまったようです。

・・・どうもさー、あの針を垂直に刺すのに恐怖感があるのよね。

というわけで、診察後、ナースさんから指導していただきました。

といっても話は簡単、開口一番「補助具使わないでやれば?」

そっか。
現在のは内筒が押しやすいので、補助具なしでいいんだ

一応、練習用パッドに練習用シリンジを刺して、押してみると、じゅうぶんいける。

で、肉をつまんで、針を斜めにしっかりと刺す。
という注意事項を確認してきたのでした。


さっそく昨日はそれで自己注。

左手でつかんだ腹部の肉は、最後まで持ったままにしてみました。
現在の針は、以前よりも少々太いので、気持ち、ぐっと刺す。
針は斜めに入っているので、怖がらずにしっかりと、針の根元近くまで挿入。
ゆっくりと内筒を押してゆく。

うんうん、私の指でも余裕で押せる。
それに、なんとなんと、全然痛くないじゃん!


いや~最高。

今後は、これでいきます。




以上、ワイスさんへのご報告でした。(ウソ)




おまけ。


             2008y09m02d_183357345.jpg
             こんなに美少女になりました。
             ペルシャ混じりの白猫だもの、綿の国星めざしてね。

         2008y09m02d_183246613.jpg
         こんなところも歩けます。(水飲みスペース確保のため、金魚を避けている)
         金魚水育ちです。


             2008y09m02d_183322214.jpg
             え?あたちの肉球そんなに見たいのにゃ??
             
   



体調・医療 | trackback(0) | comment(7) |


2008/09/01 (Mon) CRPがあぁぁ~~

先週金曜日、診察日だったんですが・・・・


CRP(炎症反応)が~~~!!!

マイナスになってましたよおぉぉぉ~~~

0.17   ・・・・だったっけかな。(オイオイちゃんと覚えてこいよ;)


それも4週前の検査結果だから、さらに体調良好の現在は、もっと下がっている気がする。

その前(5月)は2.7くらいだったかな。その前(2月)は3.6くらい。

ということで、今回の下がり方は、だいぶ急激なんです~!(;▽;)



うーーん。

エンブレルちゃ~~んアンタすごいわ~~~


たしかに、感じてはいたんですよ~。

痛み止め&胃の薬、まったく飲まなくなって1ヶ月くらい経つし。
下痢はまだたま~にするけど、もう炎症起きる気配もないし。

先週某日なんか・・・
朝っぱらから掃除機かけ洗濯(それもワイシャツにアイロン!)してからシャワーして、
ランチへ外出できちゃったし~
さらに、翌日も午後からお出かけできちゃったし~~

これって、すっっっっっごい!ことっっ!なんすっっっ!!よっっっっ!!!!


・・・・・・・まぁもちろん・・・・・・・・・


さらにその翌日の二度寝ではさすがに爆睡して、目覚めたの午後二時だったけど・・・・(^^;




今日だって。

お洗濯(&アイロン)の後、昼寝しなくて大丈夫だったし。



とにかく・・・

CRPが1未満になったのって、

結婚2年め頃だったか・・リマチルが効いてた頃以来?かな。。。

それにしたって、マイナスの域(0.4以下?)までは、いってなかった。




おまけに、問診受付(メインの待合室)とか薬局窓口で伸びちゃった指見せまくって、
なんだかちょっとした大騒ぎになってました。。


最初、手指のレントゲン探してもらったけど、やっぱりこの病院では撮ってなかった。。。

にしても!


ナースの皆様には、「エンブレル効いたからって、変形は直らないよ!?」
と、驚かれ。

「やっぱり、医学じゃできないことも起こるんだよね~」
と、喜んでくれたり。


薬剤師さんは、驚きと興奮で
「エンブレルすごい!魔法のお薬ね~~」
なんておっしゃってましたが(^^;
          ・・・それはちょっと・・・薬の誇大広告しちゃマズイですよね。。。



で、先生。

指に関しては、ん~。。となにも触れず、検査結果を喜びつつ解説。
そして、診察前に撮った膝と股関節と頚椎のレントゲン画像の説明。。

私が何度も水を向けたら、やっとのことで・・・

うーん、、まぁ、考えられるとしたら、、、
腱の炎症が治まって、伸ばせるようになった、、ってことかなぁ・・・


と・・・釈然としない様子で、
何度も私に手をグーパーさせて「んー」と見ておられました。

もしも、腱が緩んで(切れて、とか!?)バカになってしまったとかいうことなら、
指は伸びたまま、曲げられないはずだから・・・
それで、グーパーをさせて確認しておられたのでしょう。。(推測ですが)

ということは、可能性として・・・
直ったということよりも、さらなる故障が疑われた、ということだわ。。。
それが、こういう場合にドクターがまず考えることなのね。。。



でも結局先生も、


まぁ、良くなったんだから、よかったね!


と、喜んでくださいました。




そうそう、それで、ついにリウマトレックス減量へ!
(すでにこのところすっかり忘れてばかりで、すでに2週おきくらいになってるが)

週8㎜だったのを、まずは6㎜でいくことになりました。






さあて。

CRPマイナスになったところで。


ちょっとずつ、できることを増やしていこう。

まずは、家事から・・・かな。


手が届かなかったり、肘などへの負担から力を入れられずに、
いままで見てみぬ振りをしていた細かい場所のお掃除。

無理はしないけど、調子の良いときにちょっとずつ、やってみよう。。。




体調・医療 | trackback(0) | comment(8) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。