--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/12/29 (Mon) よいお年を♪

ブログネタを溜め込んだまま年越しするというのも、便秘みたいですっきりしませんが。

もうここまで来たら仕方ありません。

できれば本日中、遅ければ明日午前中の投函となります、年賀状。

到着は、早くとも1月5日頃でしょうか・・・○| ̄|_

気が抜けた頃に届きましたら、すみません。。。



それでは、また来年。

ウェブ限定おともだちさま方には、ブログにおじゃましてご挨拶しようと巡りかけたのですが、
連続3箇所で、なぜか文字入力ができません・・・・過去にも数回ありましたが。。。

というわけで、この場にてごあいさつ申し上げ、締めくくらせていただきます。



今年1年、おつきあいくださいまして、本当にありがとうございました。


<m( _ _ )m>



よいお年をお迎えくださいませ!






               2008y12m27d_181431515.jpg






スポンサーサイト

できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(11) |


2008/12/27 (Sat) Em7のひびき

   Em7のひびきといへばそりやあHeart Of Goldでせうと夫は言ひたり


   (空いちめんEm7のひびきにて桜花咲きそむ満月の下    仙波龍英)





というわけで、南大塚ニールヤングまつりのキャッチコピーを
仙波龍英氏のこの1首にするというのは、いかが。(先日、歌集購入。)
六花書林さんのおひざもとでもあるわけですし。(・・・・・・だめ・・・・・・??)


いいアイディアだと私は思ったのですが。
・・短歌がいまだよくわかっておらぬコワイモノシラズの発言、とおゆるしください。。
(いつまでもそんなこと言って甘えてるからだめなんだ。。)



さて、んなこと言ってるうちに、我が家にまたもやモーリスが。
(いいえ、あの男色映画の主人公じゃ、ありませんことよ。)

       ギター三兄弟。・・・あ、腹違いのエレクトリックな兄がもう1本おりますが。
       2008y12m27d_193240137.jpg

まんなかのモーリスが、先日私の父からゲットしてきたものでございます。

なにしろ、ニーやん弾くには、3通りのチューニングが必要だそうで。

標準のと、半音下げたのと、あと・・なに?6弦だけ一音下げ??

まぁよくわかんないけど、こうして3本揃えておけば、曲で使い分けられるというわけ。



父は若い頃からクラシックギター弾いてました。

ギター・ソロで弾くクラシックのスタンダードナンバーと、
あと得意だったのは、古賀政男の曲・・・古賀メロディですね。

思えば私は、そんなギターの調べを聴いて育った部分があります。
特に、幼い頃から一番耳に残っていたのは、「影を慕いて」のイントロでしょうか。

そんな父のギター。
真っ黒のぴかぴかボディがかっこよくて。
サウンドホールのぐるりのところにだけ、さりげなく小さな螺鈿が並んでいて、お洒落だった。

そのギターが、ある日、このフォークギターに取って代わっていたのだ。
あのときは、娘心にちょっとショックだった。

記憶では20年ほど前のことかと思っていたら、30年ほど昔のことらしい。

黒いギターは、どこか傷めてしまったのだろうか・・・
(♪黒いギターを替えたのは何かわけでもあるのでしょうか♪)
捨てたのだそうだが、「今思えばもったいなかったなぁ」と先日父は言っていた。
(もしかして・・♪海辺で折って燃やしたんだ♪か?)

来月82歳になる父。
さすがにもう全然弾いていないらしく、ギターケースには埃が積もっていた。
ギター自体も、手入れされなくなって久しい様相。

出してきて、ちょっとだけ弾いてみると、すっかり動きの鈍くなっている指も、
まだそこそこ覚えては、いるようだ。
練習すればそれなりに、勘を取り戻すかもしれない。

が、老人会で書道とコーラス(&酒;)をやっている上さらに個人で、
そこまでやるほどの気力があるとも思えず・・・

「ハーモニカなら手軽にできるからなぁ。もうギターはいらないかな・・・。」

オットが貰い受けると、笑顔の中にもなんだか寂しそうで、まだ未練残しているようで・・・
ちょっと、せつない気持ちになった。

でも、娘婿が丁寧に手入れして磨き上げ、錆びたペグを全取替し、新しい弦を張り・・・


父の二代目ギターは、ぴかぴかに蘇った。


オットはこれで、私の実家へ凱旋公演に行こうかな、なんて言っている。

その際は、ぜひ古賀政男も・・・とはいかないけれど、
「琵琶湖周航の歌」なんか弾いたら大感激だろうなぁ。



ちなみに・・・・

オットがニール・ヤングの曲で最も好きなのは、昔から、アフター・ザ・ゴールドラッシュ

さらに最近は・・・ギターを弾くようになって、

カウガール・イン・ザ・サンド 
ブリング・ユー・ダウン


・・・あたりらしい。


それでは、ハート・オブ・ゴールドは如何に?

と問い詰めるのはやめましょう。

なにしろ、ニール・ヤングの曲の中で、いちばんよく知られているのだそうです。



それにしても、たしかに・・・桜って、マイナーコードだよね。と、

Em7の1首に、頷くワタクシ日本人!

なのでありました。




あ、ハートオブゴールドのイントロ出だし、Em7なのだそうです。




あ、エコキュートは、本日無事復旧
制御盤がイカレてたそうで、まるごと交換してくれました。

蛇口からお湯が出るのは、本当にありがたいことです。




あ、我が家の休日は明日からとなりますので、
本日は書けるだけ書いておく所存です。

(オットは納会。また飲み狂うのだろうか。。。。)




音楽 | trackback(0) | comment(2) |


2008/12/26 (Fri) エコキュート休業。。。

書きたいこと溜めすぎました。

さらに溜めすぎつづけております。。



んなこと言ってたら、我が家の給湯器(ヒートポンプ)が故障した模様。

今朝4時過ぎ、トイレに起きてからキッチンで麦茶を飲み、気づいた。
操作パネルが点灯していない。

我が家の給湯をすべて担っているヒートポンプ、ストライキ決行か。

寒風すさぶベランダに出て、スイッチを入れたり切ったりするうち、点灯した。
よしよし、さっそくちゃんと湯を沸かし始めたのう。よい子じゃ。。

(夜間、タンク内にお湯を上限まで満たす設定になっている)


・・・と安心して、再び床に就いたのに。


朝。

操作パネル、またもや消えておる。
タンクのお湯の量も、明け方と同じじゃん。。全然増えてない。。。


オット、朝のシャワーできずに出勤。


問い合わせてみたところ、修理は受付翌日以降と決まっているらしい。
明日午前中に来てもらうことになった。

とりあえず、ワタクシ帰宅した夕方、ヒートポンプのスイッチを入れたり切ったりしてみた。
(数ヶ月前に一度同様の不具合があったときは、これでなんとか復旧した)
が、今回はもう、反応なし。

オットには、銭湯に寄って来てもらうことになった。

会社の近くにあるらしい。
こういうとき、下町だといいなぁ。と思う。(南大塚)

以前の(結婚当時の)内神田の会社だったら、最寄り駅は大手町・・・
ちょいと町の銭湯(スパとかじゃなくて)寄って帰ってくる・・なんて、できないだろうな。


銭湯、ちょっと魅力的だわ。・・・我が家からも、車で行けるとこあるけど。

私も王子に住んでいた幼い頃、庭で薪を割って沸かすお風呂で、
浴槽のタガが外れたり(檜?木製のお風呂は、とてもいい匂いで好きだった)
沸かすのが面倒なときは、銭湯に行ったっけ。

おばあちゃんたちにも、こどもらにも、ハダカの社交場だった。
家族で行くと、男湯と女湯で「もう出るよ~」と大声かけあったりした。

脱衣場では、リンゴジュース。
帰り道では、商店街の和菓子屋さんでモナカアイスを食べるのが楽しみだった。



・・・おっと!ちょっとノスタルジーにひたっちまったい。。



こんな話以前に、書くこといくつもあるのに。。。




オール電化をご検討中の方々、こんな楽しいこともありますよ~♪


以上、ご参考まで。



住処・クルマ | trackback(0) | comment(7) |


2008/12/19 (Fri) 元気です

今週は、なんだか大変いそがしく。

しかし、忙しければ忙しいだけ、体調が良くなるとともに体力もついたことを実感。

とはいえ、毎日寝不足気味で今日も外出(診察)・・・
朝洗濯物を干すもアイロンかけの気力まではなく、その分ちょこっと寝。

これからアイロンかけるか。。。



本日の診察では、エンブレルの効果が十分表れていることから
かゆみ&抜け毛を考慮し、しばらく週1回に減量して様子をみることに。

そのかわり、リウマトレックスちゃんと飲んでね

とドクターに釘を刺されました~(^^;

ハイ!あれ以来、ブログコメントにいただいたアドバイスのおかげをもちまして
携帯アラームにその場で従い、きっちり飲んでおります。




で、先週末以来のいろいろのうち、いくつかをぼちぼち書くつもりです。。。



ひとまず、元気のご報告。でした。



体調・医療 | trackback(0) | comment(5) |


2008/12/09 (Tue) I wanna live, I wanna give





         2008y12m09d_184035232.jpg




Haert Of Gold


I wanna live, I wanna give
I've been a miner for a heart of gold
It's these expressions I never give
That keep me searching for a heart of gold
And I'm getting old
Keep me searching for a heart of gold
And I'm getting old

I've been to Hollywood I've been to Redwood
I crossed the ocean for a heart of gold
I've been in my mind, it's such a fine line
That keeps me searching for a heart of gold
And I'm getting old
Keeps me searching for a heart of gold
And I'm getting old

Keep me searchingfor a heart of gold
You keep me searchingfor a heart of gold
Keep me searchingfor a heart of gold
I've been a minerfor a heart of gold
              

                         (words by Neil Young)






ニールヤングまつり(っていったいいつやるの?)に備え、私も最近洗脳され中。



で、まずは、おしかけ出張ライブの練習に余念がないオット。指先も固くなった。

レパートリーのうち Heart Of Gold 1曲のために、
ハーモニカとハーモニカホルダーも買った。



うう、、なんか最近ギターうまくなった気がする、、、

うんうん。練習すればちゃんと上達するんだね。



ん!ニールヤングの奏法が掴めてきた!!ほら、ここんとこ、こうでしょ?

お~~ほんとだ。かなりそれっぽくなったみたい。



(ほめて伸ばしてます。でもほんとにそう思ってますってば。)


(しかし、これってもしや自己満足疾患・・・???)     (妻は自己免疫疾患)


ということで、その出張ライブの前に、
自分の歌&演奏を客観的に聴くための機材購入するらしいです。。


私も、Heart Of Gold ではリンダ・ロンシュタット(コーラスで参加してたとは!)役。

最後のサビだけですけど。。。(ほんとは全部一緒に歌いたい。。。)





にしても、この歌・・・

ブラザーサン・シスタームーン(映画)思い出さない?




音楽 | trackback(0) | comment(9) |


2008/12/06 (Sat) わかっちゃいるけどやめられない♪(歌ってる場合か)

かゆかゆのつづき。



もう一つの留意点は、衣料用洗剤や、シャンプーのこと。

・・・もう10年以上前のことだが、合成界面活性剤の毒性や浸透性に恐怖を感じて
合成洗剤や、表示指定成分入り化粧品を、兄嫁と共に一切やめたことがある。


そうです。
いわゆる、せっけん生活してみました。


けれど、1年続いたかどうか・・・結局、元に戻った。

使ったのは、当時それなりに使い勝手の良さそうなものを選んだのだが・・・

まず、キッチン用洗剤で挫折。。
食器などは、洗ってもツルツルキュキュッと、ならない。そして、だんだん曇ってしまった。
(現在は、重曹やクエン酸が一般的になったので、必要に応じて使っている。
 メインは手の荒れにくい合成洗剤、すすぎはもともとしっかりやるたちなので、よしとする。)

シャンプーに関しては、専用リンス(または酢)も併用したので
あまり髪がきしんだりごわごわした記憶はないけれど、すぐベタついてしまうのが嫌だった。

衣類は、なんとなく黒ずんできたりして、やめたのだったか。
それに、皺と静電気が嫌で。結局柔軟剤を・・・肌によくないと知りつつ・・・

(ちなみに、化粧品は、できるだけ添加物の少ないものに移行した。
 完全なる「自然派」の日焼け対策とは、つまるところ、陽に当たらないことしかなかったので。)



結婚して、オットがそういうことについて何も疑問を持っておらず、
普通に合成界面活性剤愛用者(^^;)なのを良いことに、私も割り切った。


けれど今、ちょっと考えている。

私のかゆみはエンブレルのせいではあるらしいが、皮膚は二人とも弱い方。
髪の抜け方も、二人して(オットは2~3年前からか;)最近すごく気になる。

これは、皮膚に直接触れる衣類およびシャンプー&リンスも問題なのでは???



ということで、洗濯。

でも、どうしようかな。。
合成洗剤、やっぱり落ちるしなぁ。。。
特に、オットのワイシャツの襟や袖口、擦ったり揉んだりして生地を傷めたくないし。


柔軟剤は・・・こんなの、あえて衣類に成分を残しておくわけだから、
皮膚のバリア機能にいちばんダメージを与えていそう。
洗濯物干した後は指先がかさかさになることからも、いつも痛感しているのだ。

だいたい、そんなにふわんふわんじゃなくても、私はかまわない。
中には吸水性が減少する柔軟剤もいまだにあって、タオルなどはかえって不快な感触に・・。

が。やっぱり魅かれてしまうんだな、付加価値に。。

●防臭効果(汗や皮脂だけじゃなくて、タバコや焼肉屋などの臭い移りもしないんだよね)
●静電気防止
●洗濯皺防止

この3つは、かなり魅力的なのだ。。。



そして、シャンプー。

これは、なかなかの難問。

せっけんシャンプーだと、よほど手間をかけてすすがないと石鹸カスが残ってしまうので
(もちろん中和させて流すのですが)
半端な使いかたでは、毛穴をふさいでしまったりして、結局抜け毛につながるようだ。

合成シャンプー&リンスは、台所洗剤を直接頭皮や髪に塗ってるようなものだと、よく言われる。
それほどのブツなのだから、頭皮も髪も毛根も弱って抜け毛につながるのは当然だろう。
どちらにしても、使う以上は、よっぽどしっかりすすがなければいけないのだ。

それにしても、現在使用しているTSU○AKI、合成界面活性剤の数(種類)がまたすごい。
はっきり言って、椿油の成分だかなんか使ってても、全然意味ないんだよね。。
・・・なんてことは最初から承知で、こちらの勝手で使ってるんだけど。。。

せっけんシャンプーと、合成シャンプーの間をとって
ダメージは少ないけど使いやすいのって、ないかしらん。。。



それから、物理的刺激だけでなく、皮膚のバリアを壊して進入してくるものが
アレルギーにつながる、という面も大きい。

現に、さまざまな添加物を摂取してきてしまった私たちの世代の子供たちに
アレルギーが発現して、アトピーや喘息が一般的になってしまったのだから。
もちろん、環境も含めさまざまなことが複雑に絡み合っているので、一概には言えないが。



とりあえず・・・

よさげなシャンプーご存知の方は、ぜひお知らせくださいませませ。






以上、オット急遽ニールヤングまつりプロジェクトに向けて飲み会合のため
怒涛の2連発してみました。。

ああ今週書きなぐった。。。

ではまた来週~~~♪ 



おにゃすみにゃさい



体調・医療 | trackback(0) | comment(6) |


2008/12/06 (Sat) かゆかゆの決心

冬。われらはかゆかゆ夫婦。


オットは以前から、ご飯の後にかゆくなる。
2年ほど前に受けたアレルゲンテストで、食物はなにも特定されなかった。
急性蕁麻疹、ということしかわからない。

心当たりとしては・・・
独身の頃、牛丼をよく食べていた時期があり、それがきっかけとなったのでは、という。

たしかに、蛋白質・・特に肉・卵を食べると出るみたい?と思っていたら、
最近では、そうとも限らず。・・かといって、サバのときに出なかったり。

アレルゲンとなる食品が何なのか、まったく特定できない。

さらに、お肌が乾燥する秋~冬は顕著で、休日ブランチの後も出てしまうようになった。

まぁ、食物・飲酒・乾燥肌・ストレス・・・などなど、
いろいろな要素が絡んでいるというのが、蕁麻疹なのであるらしい。

しかしわからないのは、外食だと出ないみたいなのよね。

外食=仕事の合間や仕事がらみ、でない場合も、社会という外部に在るわけだから、
ある程度の緊張状態にあると考えられる。

ということは、自宅でリラックスして血流がよくなってるから?と思っていたんだけど。


・・・もしかして、我が家の方がストレス!?!?


           ・・・なんてぇことはあり得ないから(妻の思い込みか!?)・・・




いろいろと調べてみたら、蕁麻疹って、難病なんですね。。。

私もアルコールで出るから、その激しい痒みのつらさは、知っている。
が、アルコール飲料を限度以上に飲まなければ、出ることはない。

けれどオットは・・・
防ぐ手段もわからず、夜になると毎日のように痒みに耐えなければならないとは、つらすぎる。

とりあえずは、出る予感がしたら抗ヒスタミン剤を飲む。
そして、肌の乾燥を防ぐため乳液を塗るようにしている。

ただ、要因となるようなことは、できる限り排除しなければ。

本当は、喫煙も飲酒も・・・だけれど、それがかえってストレスになったら逆効果。
まぁ、過度な飲酒はやめて、喫煙もできるだけ控えることが望ましいけれど。



あとは・・・環境アレルギーも要因の一つなのか。

そういえば、あのときのアレルゲンテスト、ハウスダストに反応していたような。。

ハウスダストなんて、誰でもある程度反応するもんだと思って・・・あまり気にしてなかった。
というより、気にしないことにしていた。
私には、そこまで住居をクリーンに保つことなど体力的に不可能だから、と。。

現在、本格的に掃除機をかけるのは週2・3回。
あとは、クイックルワイパーか、コードレス掃除機でリビングまわりだけをちょこっと、とか。

毎日しっかりかけるべきだよな、やっぱり。特に、乾燥しているこの時期は。

子供がアレルギーだったという友人たちは、掃除機は日に3回かけていたとか、
家族全員の布団を高価な防ダニ布団に変えたとか・・・言ってたし。


うーーん。
エンブレルも効いてきたことだし、ちょとがんばってみるか。。



体調・医療 | trackback(0) | comment(4) |


2008/12/05 (Fri) 改作してみた (追記:さらにしてみた)(さらに推敲してみた)



  
  マンホールの蓋に挿されたる一茎のデンドロビウムファレノプシス



  供花ならむ蘭はマゼンタ新宿の暗渠を塞ぐ鉄のディスクに
  


  白昼の雑踏ふはとよけていく 封印されゐるものの気配を



  この穴の通ずる先の穴にゐて水道工事夫は殉職せしを






短歌・俳句 | trackback(0) | comment(0) |


2008/12/04 (Thu) 長野でうるっとしたので歌にしておこう


    君が吾を看取るといふか孤独死のニュース見るたび覚悟したるか

  

    「おれが先」と三年前は言ひをりし夫に生涯まもりきられむ



    わが逝かば夫にたのしき恋人を欲しとは虫のよき願ひなれど
  
  

    ほろよひの話に死ぬる順決むる四十七歳の君と吾なり



    されば君、飲酒喫煙ストレスにメタボリックに気をつけたまへ



    されどわが胸の底ひに覚悟する 君を送らば疾く枯れゆかむ



    玄関に夫のスリッパすりきれて替へむと思ふ刹那 せつなき  









こんな話してるノーテンキ夫婦、長生きするかもね。。



のろけでゴメンナサイ。。。




短歌・俳句 | trackback(0) | comment(5) |


2008/12/03 (Wed) 江戸東京博物館

いつも首都高走るたび目についていた、江戸東京博物館
先週土曜日、初めて行きました。

招待券2枚をいただいた、ボストン美術館 浮世絵名品展 。最終日1日前。

浮世絵って、ほんと、デザインアートですよね。


美しい紫色が保存されているスポルディング・コレクションは、もちろん見られませんが。

今回特に目新しく思えて印象に残ったのは、“幕末のビッグネーム”の1人、国芳

(ボストン美術館所蔵作品にリンクします。ズームを経てフルスクリーン表示で見られます。)



当世商人日斗計 日九時

 商人の一日を時間ごとに描いた美人画シリーズのひとつ。日九時とは、正午のこと。

 ●国芳の美人画の顔はあまり美しくないけど(少女趣味的には、やはり春信かな。)
   このシチュエイションがちょっと斬新で面白く、また、親しみが湧く。
   義太夫の稽古に飽きたのか、商家の女性が猫を足でじゃらしている。
   胸元の赤い紐は何かと思ったら、“掛け守り”の紐だそうです。  


                  
東都御厩川岸之図

 江戸名所を扱い隅田川を描いたシリーズのひとつで、浅草周辺の隅田川べり。
 
 ●この土砂降りぶりが、すごい。撥ね上がり激しくぬかるむ泥(砂?)、
   バシャバシャと打ちつける雨の勢いが、これでもかと迫ってくる描写。
   見ているだけで雨音に閉ざされてしまうような、臨場感のある描き方に驚きました。



東都名所 てつぽふづ

 洋風名所絵シリーズのひとつ。

 ●まず、釣り人を描いたデッサン力に脱帽。さらに、
  人物や岩など陰影のみごとな立体感に眼を奪われる。
  現代なら、絵の巧い漫画家というかんじです。



東都富士見三十六景 佃沖晴天の不二

 “江戸っ子の生活の中に見える富士、という感のある”(←解説による)シリーズのひとつ。

 ●一見して、「この構図はなんなんだ!」とインパクト大。
  一般的な構図のセオリーから考えると・・・
  富士を中央(!)に置き、さらに、そこに向かうムーブメントをここまで強調しておきながら
  (それも交差させてるし!)、画面(富士)半分を網で覆ってばっさりと分割。
  ・・・巨匠にセオリーは不要という、代表例?
  というか、セオリーを壊すことから、デザイン性が生まれる。ということでしょうか。

  それにしても、船頭の着物や手ぬぐいが風になびく描写が見事。
  これを見て「漫画的」と思ってしまうということは、逆に、漫画家が巧みだってことですね。
  そのことは、広重の団扇絵の下絵(筆ではない?太いラインのペン画に見える)を見ても
  強く感じました。



そして・・・

出品作品中、夫婦揃ってもっとも惚れ込んだ「版画で欲しい!」と思ったのは、広重
(だいたい好みが似ているようで、国芳についてもことごとく意見一致したんですが。)


阿波鳴門之風景

鳴門というと、力強く激しい描写が多い気がしますが(って浮世絵に詳しいわけじゃないけど;)
この大きな画面に、穏やかに明るく描かれて・・開放感が気持ちよいのかな。
とてもうつくしかったです。

帰りに図録を購入しつつショップを見ていたら、アダチ版画さんの出店が!

我が家には、アダチ版画製、画狂老人卍の「甲州石班沢」が
玄関でご来客をお迎えしておりまして。

で、「広重の鳴門もほしい!」と思っていた二人、みつけました。
が・・・3枚続きの大画面、額装込みで十数万円。。いずれ余裕ができたら・・・?

ということもありますが、ちょっと色が・・海全体が、きれいな淡い水色で、イメージが違いました。
全体が平面的で、印象がずいぶん薄いんです。
現存しているものも、実際に刷られた当時は、もともとそういう色だったのかもしれませんが。

うーーん。話は外れますが・・
源氏物語絵巻の復元、素晴らしく美しかったですね。(ハイビジョン放送で見ただけですが)
やはり、作者が生み出したそのままの作品を鑑賞したい、という思いは基本的にありますが、
年月を経た味わいも捨てがたい・・・と。。
(照明でもずいぶんイメージが変わると、いう要素もあるでしょう)

「阿波鳴門之風景」を鑑賞して、改めて思ったのでした。。



さて、それで。
鳴門をあきらめた二人は、見本に飾られている画狂老人卍のおなじみの作品を物色。

本金は、百物語
私は、あやめにきりぎりす
を、それぞれ欲しがり。

結局、カタログ請求だけしてまいりました。。。


映画・文学・美術・漫画 | trackback(0) | comment(8) |


2008/12/01 (Mon) ひさびさ、出た。が、いまいち。。



材がちがうと、ロットによって音も違ってくるから、、、



?・・・ダイ?なんのダイ??


ザイ、、、木材の、材。



久しぶりのねごとだが、あいかわらず問答までちゃんとできるところが、おもろい。



夢にまで見てるのね、ギター。。



で、しばらくたって。



そりゃぁよかったってこった!

んふ、、ふ、、、




・・・なにが?


あぁ、、、?


なにが、よかったの??


・・・え、、、(ここで自分が寝言をいっていたことに気づいたらしい。が、すぐに爆酔。)





うーーーむ。

なにが、よかったってこった、のよ???




ねごと | trackback(0) | comment(3) |


2008/12/01 (Mon) 師走でごわす。

今日、洗濯物を干すとき、気づいた。

物干し竿を拭くとき、無意識に左の腕が上がって、両手が竿に届いていた。

いままで、左は肩がここまで上がらなくて、右手だけで拭いていたのだ。

左手を挙げるのは、右手で持ち上げるように支えないとできない動作だった。



そういえば、この冬は、布団に肩までもぐったまま寝ることができるようになったし。

羽毛掛け布団とはいえ、私の上肢には重たくて、肩と肘は冬でも布団の上に出していた。

それで、毛布を一番上に掛けていたのだ。

・・・今年の春までは。

この秋に夏掛けから換えて、寒くなってから気づいた。

布団を首まで掛けて眠れるのは、気持ちいい。(一晩中とまでは、いかないけれど。)



エンブレル、効いてます。



そのかわり、髪が以前より抜けるようになった気がする。。
白髪もちょっと増えてきたし。。。(これは年のせいですかね・・・)
痒みに過敏になったし。。。。




でも。


なかなかいいぞ、エンブレル。





体調・医療 | trackback(0) | comment(5) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。