--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/31 (Tue) としおんなですから。

happy birthday



というわけで3月28日、ひとつ歳をとりました。。

オットの企ての、サプライズ。(といっても中身はお店のスタッフさんにおまかせ。)



この日は彼のピアノレッスン日で、王子3度目の来訪。

レッスン後は All in Fun にてピアノ演奏(BGM)のバイトが入っているということで、
私たちも王子を乗せて車で同行しました。

おお~かなりいいかんじ、素敵なお店!

狭くなく広すぎず、ほどよく洒落ていて、居心地よい。
お料理も気が利いていておいしいし、ノンアルコールの飲み物も揃ってます。
(オリジナルのノンアルコールカクテルも、ゆずスカッシュも、美味。)

さすがは女性オーナー(本田夫婦と同年生まれ!)、
トイレまでおしゃれで気配りが行き届いています。

王子の演奏に耳を傾けつつ、あまり見られるとやりにくいだろうから・・・とチラ見しつつ、
ここでCSN&Yライブをやること想像したりしつつ・・・


at All in Fun





・・・と・・・店長さん(こちらも同世代?女性)が素敵なデザートプレートを持って、テーブルに。
え?え?と思っているうち、Happy birthday to you~♪と歌い始める店長さん、
それに合わせてピアノもHAPPY BIRTHDAYの曲に・・・


ひゃ~~びっくり~♪うれすぃ~~(*^o^*)


他のテーブルのお客様にまで祝っていただき、
うれしはずかしでオタオタしていると、店長さんが「さぁ、吹き消してくださいね」と。
あわてて吹き消したのでありました。

で、こりゃ撮っておかねば!と、再現したのが上のケータイ動画でございます。

あ~あ。ピアノはもうすでに普通のBGMになってるし。
自分で撮ってるし。こういう場合オットが撮ってくれるもんなんじゃ・・・;
(すでにほろ酔いの彼は、妻の背後に回って吹き消しを手伝っております。。。)

というか、こういう企画があるんなら、カメラ持って行けばよかったじゃん。。



328candle.jpg正面。


裏側。328candle-back.jpg




       328cookieintheglass.jpg
     




     328cookie.jpg
     手作り感いっぱいの大きなクッキー(持ち帰りました!)と、思いがけないプレゼント。


     2009y03m31d_161118852.jpg
この可愛いペアのタオルハンカチは、まだ見ぬキュートな音大生女子から♪

   2009y03m31d_161638592.jpg
   贈り主の彼女は、All in FunでBGM演奏やライブをしています。
   まだお会いしたこともないのに・・・ありがとう!今度ピアノ聞きに行きますね





前の晩・・・日付が3月28日に変わると同時にオットが急いで玄関の外からなにかを・・・
そして「おめでとう~」と渡された、豪華なアレンジメントフラワー。
2009y03m31d_161838644.jpg
これだけでも感激だったのにありがとん・・・





おまけ。

minimentikatu.jpg
All in Funオリジナル・ミニメンチカツ。焼き茄子+ひとくちメンチカツ+ミニトマト。うま~。
この並び姿、なにかを思い出しませんか??


                           答:映画『七人の侍』の、戦死者の墓。  (爆)               




All in Fun、最寄駅は、山手線大塚駅です!
メイン道路から少し入ったところ。鉢植えの緑越しに、素通し硝子からあたたかい照明が漏れて、
昔ながらの商店街にさりげなくとけこんでいるお店です。





          ・・・そうそう!
          70周年記念号の山手線吟行企画も、おもしろかったです!!

          大塚駅は村田馨さん、六花書林を詠み込まれていて、ほのぼのしました。

           (こんなところからすみません・・・
            村田さま、おくればせながら、歌集出版おめでとうございます!)






さぁみなさんも、ぜひこの素敵なお店へ行ってみてくださいね~~♪(>営業かっ)





スポンサーサイト

おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(15) |


2009/03/30 (Mon) 診察日

先週金曜日は、診察日でした。

待った待った。もーすっかり有名なドクターになっちゃったから、仕方ないが。。

でも、会誌70周年記念号、飽かず3時間近く読めた。


さてこのところ、肩と肘にちょっとした痛みが戻ってきていた。そうつらいものではないが。
腕を上げるときの、ちょっとした角度や高さ。
痛みが出て初めて、エンブレル使用以前はたしかに届かなかった位置だ、と認識する。
エンブレルのおかげで、可動域がずいぶん広がっていたことを思い知る。

この後退は、風邪のためにエンブレルとリウマトレックスを中断したせいかな?
・・と思っていたけれど、4週前の検査結果は、3ヶ月前よりもさらに良い。

CRP・・・0.03(すごい!記録的な低さ!)
MMP-3・・・34くらい(例によって正確な数値忘却;)

まぁきっと、この採血より後なんだろうな・・調子落ちたの。。

と書きつつも、本日は肩と肘痛み出ず。可動域も良好、動かせる。

左脚がなぜか激しい筋肉痛。これはなんだ!?と考えてみて思い当たった。
その金曜日、車をしまったときに右寄せすぎて、降車時
パネルの一段高い位置に直接足を着かなければならなかったからだ。
それでちょっと無理な降り方をして、腿と股関節周りの筋肉を極端に使ってしまったらしい。
(筋肉痛出たのが昨日・・2日後とは、さすがトシ。。)


それにしてもこのところ、ちょっと危機感を持っている。

体調が良くなって、消耗度がかなり減少したのだろう。
以前と同じ生活では、体重が増加傾向にあるようだ。

たしかに、CRPが以前より1~2くらい違っちゃったんだから、道理である。

睡眠時間も、少し減らしてみようかな。
眠くても、満足するほどまでは寝ないの。
そうすれば時間ができる。
読書(特に必読・歌集歌書!)ももっとできるし、お掃除の頻度も上げられる。
それにすっかり寂しくなっているベランダも、もう少し花を咲かせたりできる。はず。


乞う叱咤激励。


体調・医療 | trackback(0) | comment(5) |


2009/03/30 (Mon) 70周年記念号

『短歌人』創刊から70年。
すばらしく読み応えのある1冊(4月号)が、先週届いた。

2007年の入会まで短歌に踏み込むことなく生きてきた私が
『短歌人』の歴史と交わった、ということの意義と
短歌人の一員である、ということの感慨を、
会誌到着以来、日々じっくりと拝読しながら、かみしめている。

私のような(いまだ)新参者にとって、本当に貴重なお話・情報が、もりだくさん。
各特集・個別の記事、その内容のどれもに感嘆をもらしつつ。

『短歌人』がいまここに在るということ、それ自体に対して。
日々無償のご尽力で発行を重ね続けてこられたこと・そしてこの記念号の発行に対して。
編集委員・会務委員のみなさま、そして今は亡き高瀬さんをはじめとする
すべての大先輩のみなさまに、心から感謝申し上げます。

そして、これだけの内容量の一冊を、“高瀬基金”によって
通常通りの代金にて読ませていただけることにも、感謝申し上げます。




**************************




拙詠は、以下です。




  わが右の後方歩く靴交互に視界へ来るぞチャバネゴキブリ


  ラップフィルム引きつつ夜半にかそか聞くわがたましひの曳かるる軋み


  東北線車内に在りし何某氏の風邪は夫に運ばれ来たり


  わが識らぬわれは何をかかなしまむ眠りの呼気にこゑをともなひ


  このからだ共鳴胴となりて鳴り咳を咳突き咳のぼり来る


  なにごとのありて水槽出でたるやあはれ直訴の沼海老は干ぬ





  * しまった。。「来たり」は「来り」が正しいのだった。確認不足の失敗。。。

 


「作品月評・2月号」より。 (会員2欄担当:小池光さん)


  キヨスクをキヨスケと呼ぶ母の買ふ都こんぶのほのあまき粉  本田鈴雨


 キヨスケにリアリティある。何度教えてもキヨスケと言う。母君の言語感覚まっとう。
 キヨスクよりキヨスケがいい。下句のディテールがまた泣かせる。
 時にわたしも都こんぶを買うので同感しきり。
 「呼ぶ」は「いふ」にしたい。「いふ」「買ふ」と踏んだ方が面白く、展開にはずみがつく。



 うれしく拝読!
 なるほど!です。
 ありがとうございました。

 (自分に)
 母は遊び心でわざと「キヨスケ」というので、意志を含んだ「呼ぶ」を
 なんの考えもなく、ただそのまま使ってしまった。
 事実に“捉われる”のと“拘りを持つ”のでは、ちがうということだ。
 歌として読ませる。というこだわりをこそ、持ってみよう。


短歌・俳句 | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/25 (Wed) その晩、ねごとメドレー。

ああ下書きのまま忘れてた。
以下、CSN&Y結成の泥酔爆睡の晩(未明まで)のねごとです。





おなかいた・・・・

え?

お腹いたい・・・

えっお腹痛いの!?
大丈夫?トイレ行ってみれば??


う・・楽器おろす・・・・お腹も痛くなるはずでしょう・・・・

(なんだ、ねごとか(^^;)
へぇ~楽器おろすとお腹痛いの。なんで?

ちがいます~・・・

楽器おろすシチュエーション・・・


え~?楽器おろすシチュエーションだとお腹痛くなるの?

ちがう・・

楽器おろすシチュエーション・・できてんの・・・?


どんなシチュエーションですかいっ!



・・・・・・・・・・・・



・・ええ~・・・・いいです・・・もう・・みなしごポジションで寝ます・・・・

はいはい。みなしごポジションね。
(注:むこう向きに膝を折り曲げて丸くなり、腕を胸の前でクロスさせて縮こまる寝姿)



・・・・・・・・・・・・・(数分経過)・・・・・・・・・・・・



イワムラも・・・

ええ?岩村?岩村がどうしたって?

岩村もみなしごポジション・・・・

なにぃ?岩村がみなしごだぁ?岩村ってレイズの岩村?

そう・・もとスワローズの・・・・・

岩村もみなしごポジションです・・・・・


あ、ああ・・・そうなの~。(想像して笑いすぎて疲れる)



・・・・・・・・・・・・・・・(数十分経過)・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ほんまでっか~・・・

なにが?今度はナニ!?

ほんまでっか~♪・・ほんまでっか♪ほんまでっか、・・ほんまでっか~♪

ほんまでっか~~♪・・ほんまでっか♪・・・
(以下略)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう私には返す言葉もありません。

しばらく、とぎれとぎれに、歌い続けておりました。。。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(数十分経過)・・・・・・・・・・・・・・・・




(左手を突き上げる)グー!

グーを出したら・・こうやってパーを出されたんです・・・あんまりだ・・・・


(右腕を左腕に交差させてつぶやきながら、両手下げる)

そりゃパー出すでしょ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(数十分経過)




イオン・・・

おならの記者会見・・・・

イオンの・・・

イオンの記者会見・・・・・


はぁ?おならのイオン?イオンのおならの記者会見???

おならは僕です・・・

イオンの・・・・

イオンの会議でおならの・・・・


ええ、なにそれ。(すでに笑い疲れているので、おざなり。)

解明・・した方がいいんじゃないんですか・・・・

その、イオンの会議?(こいつ半覚醒か?)

そう・・・

・・・イオンのふっふーん♪ていうのを・・・

おならで記者会見したんです・・・


ええ?あの、ふっふーん♪?じゃ、ぷっぷー♪ってしたの?

そうです・・・・




以上、そのたびに起き出してはPCに書き込んでおいた私は
己の存在価値を思う一方で、己の存在理由に疑問を抱かざるを得ませんでした。

でも何も考えないことにして、やっと眠りについたのでした。


ひょっとしたら、眠れるオットはさらに何か言っていたかもしれません。。。



心配なのは。

このねごと公開で、オットの社会的信頼が崩れ去ってしまわないかどうか。

ということです。。。。



ねごと | trackback(0) | comment(6) |


2009/03/25 (Wed) CSN&Yもどき結成

csnyf

結成。



Sスティルスは、身近にいた(わが友の夫)のであった。 しかし若いな~。これで1歳上とは。。2009y03m25d_173741150.jpg
ほれぼれするギタープレイ。
彼は昔、プロを目指さんと己がバンドに高レベルを求めるあまり、友達失くした経験あり。とか。
(ロックバンドでリードギター担当だったかな、たしか。)
まさに求めていたスティーブン・スティルス!を得て、煮込ヤング、彼にぞっこん。
4WAY STREET(ライブ)のオンザウェイホームできまス?という
N込ヤングのいきなりの要請に、すらすらっとギターで応答。即座にデュオが始まっちゃって。
この絡みはね、不覚にもちとううっときましたね・・・。
                                 



Gナッシュ?Dクロスビー?2009y03m25d_175342633.jpg
普段はベースマンだそうです。
シャイなので(?)前面にでてこないが、テクニックを持ちつつ静かな存在感。シブイぜ!
(ともだちのともだちはともだちです)



Dクロスビー?Gナッシュ?と、ミキシング・エンジニア兼プロデューサー兼盛り上げ担当。2009y03m25d_174214233.jpg
このギター弾きさんが最年長。はっぴいえんどなども軽~くやってくれちゃって、
歌(日本語だけど)のうまさにびっくり。
どうりで・・昔はオリジナル曲でライブやったりしてた、筋金入りだそうで。
『プカプカ』(by西岡恭蔵)弾き語り、絶品!最高!
(お二人とも、オットの会社の有能で貴重なスタッフのかたがた。)



というわけで、CS&Nのいい眺め。2009y03m25d_174612325.jpg



高音域が苦しいN込ヤングは、泥酔で音程崩壊&顔面崩壊。2009y03m25d_175138164.jpg
コイツがいちばん問題じゃ・・・・・・
でも、すべてをこのひとことで片付けてしまう、ワガママなやつ。。

だってオレ、ニールヤングだもん。          (爆)
                 
<いや、Nヤングは孤高の天才(?)だから人と合わせられないんでしょ。。。>

そうそう、強力なメンバーがいてくれてこその煮込ヤングだよね。
本人はギターで高度なことできないし。
(一応書いておきます。中坊の頃からドラマー。が、休止中のアロエスミスではボーカル担当。)

よかったね。メンバーに恵まれて。




私は、Sスティルスの妻と二人、子供のように楽しそうなオトコドモを観察しつつ
女どうしのおしゃべりと飲食を、こころゆくまで楽しんだのでありました。

夫婦同士で会って子供の話も仕事の話もしないでいい場なんて、普通ないよ!
ほんと、いいよね~~こういうの。こんな楽しそうなダンナを見てるのもうれしいし!


                                     (すずぼんまったく同感!)

と・・・彼女、前回遊びに来たときと同様、換気扇フィルターを洗っていってくれました。。
ついでにシステムキッチンの側面も力強く拭きまくってくれて、ぴっかぴっかに~。
ありがたや友。。。




そうそう。
いいかげんなところで、至近のリストランテに移動して食事を・・・のつもりが、
みなさんギターを放さず。。。

結局ありあわせ(友よ、焼くだけピザの差し入れありがとう。助かったよ!)で。
帰路でお腹がすいてきたんじゃないかと心残りでした。ごめんなさい。
次回の集まりでは、そのへんちょっと考えます。・・もっと大きいテーブルがほしいし。




さて、この CSN&Y 、まずは南大塚のお店でのライブを目標に、いよいよ始動。
実現が確実になりましたらもちろん告知します!

読者のみなさま、その際はぜひとも、ひやかしにお越しくださいませ。




しかし・・・
最大の課題は・・・・・

ハモりであろう。。。。




追記:画像中のマイクは、録音用です。ご安心を。
    (マイク通して音出せる仕様の住居ではございません。)




音楽 | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/18 (Wed) 花粉と黄砂とWBC



2009y03m18d_154116287.jpg




●負けた負けた。

 なんだか今日の試合は、最初っから呑まれちゃってたかんじ。
 まぁしかたないわ。韓国に気圧されて、かろうじて得点できたのがあの1点では。

 ダルビッシュの立ち上がり、城島の退場(あんな球審いるんだ~びっくり。)、岩田の押し出し。
 ひょえぇぇ~、、どひゃぁ~~、、、うわあぁ~~~、、、、と、
 まことに品のない感嘆詞をひとりココロで叫びつつ、観戦しました。
 おつかれさま。(>選手のみなさん)
 
 なお、身内びいきでひとこと。
 うちの大事な岩田を、あんな使い方するなんて。。トラウマになりませんように。。。
 ・・・いや、大丈夫さ。
 インスリン打ちながらプロとしてここまで来た彼だ、これくらいのことで負けやしないさ。
 これが、あと1点が取れずに負けたなんてことだったら、ダメージ大きすぎるけど。。

 

●このところ、遠景が霞んでおります。
 洗濯物は外に干したいからこそ、いつもお天気選んでるのに。
 日と風に干して爽やかに~♪と思いたいが、花粉と黄砂がもれなくついてくるのよね。。



●先日は、王子2度目のご来訪。
 初回よりもずいぶんうちとけてくれたような気が。表情がやわらかく笑顔が多くなったかしら。
 オットもまじめに取り組んでおります。

 ブルース系のCDを、演奏者のイメージをつかもうと考えながらよく聴いてみることも大切と。
 それに合わせて自分なりのイメージ(音・リズム・強弱の構成)で弾いてみることも。 
 
 で、ブルースをさがしてみると・・・心当たりのCDは、ほとんどがブルース・ロック。
 まぁ、オットがそっち系好きなんだから、練習に使うのもそれで問題ないんですが。

 唯一、王子とばっちり好みが合ったのが、ジャズ・バイオリンのステファン・グラッペリ
 といっても、最初「ピアニストのアルバム何かなかったかな~」と考えていて、
 マッコイ・タイナーとグラッペリのデュオ・アルバムを思い出した。
 (肝心のブルージーな曲は、2・3曲だけですが。)

 私、このアルバムのグラッペリを聴いて惚れこんで、’92年の来日コンサート行きましてん。
 いや巨匠はすごかった。そしてすごく楽しそうだった。
 ステージ上を歩くのも、支えられてなんとか、、というほどのご高齢(84歳?)でありながら、
 その演奏の迫力と余裕。すっごい高度な技術を、いとも軽々と楽しそうに。
 あのコンサート、たぶん最後から2番めの来日になってしまったと思います。
 行っておいて本当によかった。

 王子も、マッコイ・タイナーは好きじゃないけどグラッペリ大好き!とのことで、ちょと盛り上がり。
 
 なんといっても How High The Moon
 アルバム収録の演奏がやはり絶品ですが・・・(特に、曲のでだしにはいつもうっとり。)
 ライブの動画がありましたので、はりつけておきます。
 



●トップ画像のチューリップは、プレゼント。ホワイトデーにオットからの。
 実は、結婚後7回目にして、初めてです。
 これまで、3月は私の誕生日もあるので合併なんだろうと、深く考えることもなく。
 結婚前は・・・お見舞い(初対面!)に舟和の芋ようかんを持ってきてくれたのが、3月後半。
 (私はその年のバレンタインデーに、いろいろな意味での感謝を込めてチョコを贈ってました) 

 ま、そんなこたぁ第三者にはどーでもいいことですね。

 それよりこのチューリップの名前ですよ。
 イエローキングなんざんす!!!
 
 そりゃあアナタ、、、カーネルおじさんもみつかったことだし!!!
 今年こそ、イエローキングだぜ!!!!



できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(9) |


2009/03/15 (Sun) コメント欄設定変更しました

スパム対策のため、リンク目的のコメントは投稿できなくなりました。

それに伴い、投稿者ご本人のURLも入力できなくなってしまいます、申し訳ありません。

サイトURLをご記入くださる場合は、本文中にて、
頭の一文字(h)を抜かしてご記入いただきますようおねがいいたします。

ご不自由をおかけしますが、今後ともどうぞごひいきに~


以上、とりいそぎ用件のみ。


サイトの更新・お知らせ | trackback(0) | comment(3) |


2009/03/12 (Thu) 月夜のドナドナ




     レッカー車に載れる車にわが乗りて月の川辺をゆくドナドナと




詳細は省略しますが。

昨日夜8時前。

燃料系のトラブル(私の名誉にかけて申しますが、ガス欠ではありゃあせん)により

共和橋下から水元方面へ、中川沿いを某ロードサービスのレッカー車に送られていったのは、

私とヴィッツちゃんです。



車と一緒にレッカーのお世話になるなんて、生まれて初めての体験。

本当は私はレッカー車の助手席に乗るべきだったのですが、

座席の高い車に乗るには、段差をクリアできそうもない。

ということで、不可抗力(なのか?)による珍道中。


ま、本心を言えば、レッカーの上に乗ってみたい!!!

という欲求を、うま~く実現させてしまった。ともいえますが。。。



左の低空にお月様。

右は眼下に光る川。

なんとも忘れがたい光景でございました。




しかし、実感しましたね。



ロードサービスという救助隊がいてくれて、よかった。

●●Fに入ってて(家族会員)、よかった。

故障地点がディーラーと程遠くない場所で、よかった。

ディーラーの閉店時間に間に合って、よかった。

携帯電話という文明の利器があって、よかった。(非常時は素直にそう思ってしまう)

携帯電話を携帯していて、よかった。

オットが連絡取り合える状況で、よかった。

携帯電話のバッテリーが足りていて、よかった。



あとは・・・


かわいいヴィッツちゃんが、早く元気になって戻ってくれますように。。。






*なおこの記事は、事情により予告なく削除する場合があります。



できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(9) |


2009/03/06 (Fri) ふたりのあはひをみづはながるる




imo7-0.jpg
imo7-1.jpg
imo7-2.jpg
imo7-3.jpg
imo7-4-.jpg




4コマまんが(うちのイモリーズ) | trackback(0) | comment(6) |


2009/03/05 (Thu) 汝が右の眼の白き膜はも



2009y03m05d_230116018.jpg
2009y03m05d_232606021.jpg
imo6-2.jpg
imo6-3-.jpg
imo6-4.jpg




4コマまんが(うちのイモリーズ) | trackback(0) | comment(3) |


2009/03/04 (Wed) ひさびさの4コマです・・・




2009y03m04d_194802069.jpg2009y03m04d_212318460.jpg2009y03m05d_202048124.jpg2009y03m04d_193111045.jpg2009y03m04d_212128172.jpg




4コマまんが(うちのイモリーズ) | trackback(0) | comment(6) |


2009/03/03 (Tue) 投稿詠草




  すんすんと薄の波にひかり棲み武蔵野線の鉄路冷えゆく


           薄/すすき (角川「短歌」2月号 公募短歌館 池田はるみ選 佳作)






  駅前に花屋ケーキ屋となりあひ硝子の内にハレを商ふ


                   (角川「短歌」3月号 公募短歌館 春日真木子選 佳作)  

    





投稿は現在、月刊誌(角川)「短歌」の公募短歌館に、
出せる詠草があるときだけ投稿しています。

上の2首とも、「短歌人」の月例詠草で採られなかったものでした。
(ちなみに「駅前に」の歌は、12月東京歌会での題詠「駅」で、提出しなかった方の歌です)

ボツになった歌を、推敲して又はそのまま、投稿用にしますが
1度に4首送るので、なかなか毎月とはいかず・・・

実際、上の2首も・・・
提出4首で選者4名×特選・秀逸・佳作の三段階中、
なんとかお一人の選者の方にぎりぎり採っていただけた、というところ。



・・・並べてみたら、歌のつくりがおんなじじゃん。。ワンパターン。。。



凡才ワタクシ・・・

現在これで、いっぱいいっぱいでございます。。。



短歌・俳句 | trackback(0) | comment(4) |


2009/03/03 (Tue) 「短歌人」3月号詠草



  マンホールの蓋に挿されたる一茎のデンドロビウムファレノプシス


  供花ならむ蘭はマゼンタ新宿の暗渠を塞ぐ鉄のディスクに
  

  この穴の通ずる先の穴にゐて水道工事夫は殉職せしを


  <雪国>の名にごまかされまいとする我がこころねを舞茸に詫ぶ


  太郎月たのしき者や其処にゐむ宙を視つむる赤子わらふよ





短歌・俳句 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/03 (Tue) 「短歌人」2月号詠草



  天と地を結ばむとただひたすらの落葉針葉樹林のわうごん  


  キヨスクをキヨスケと呼ぶ母の買ふ都こんぶのほのあまき粉


  かたことの英語交はせしエアメール西ドイツとふ国の少女と


  はるかはるか名はよみがへるガブリエレその金髪をおもふ東雲(しののめ)
  

  あまたなる確率を超えここに在る きみ われ かれら この砂粒も


  悩まずにまゐりませうか私はただわたくしの容れものとして






短歌・俳句 | trackback(0) | comment(3) |


2009/03/03 (Tue) 「短歌人」1月号詠草



  われは月きみのまはりを周回す半身に暝き海をかかへて 


  野菜用除虫スプレーのゆるやかなる殺戮なかば逃げたりわれは


  キリスト者ならざるわれの告解を水槽のむかうがはの夫に


  産み付けるべき豊饒を七階のベランダに見しか鱗翅目母


  はりり割るゴーフル甘き十月尽あかたてはのかたはね舞ひ落つ


  嗚呼、と鳴く烏よおまへ詠嘆を知るやわたしもああ、と和するよ






        2008102215030000.jpg





本館「鈴雨のお宿」の方に会誌詠草をまとめて掲載しているのですが・・・
そちらだとコメントも入れられないし、そもそも本人が更新を忘れがちなので、
今年はこちらに毎回掲載することにしました。

さかのぼって、1月号から。


歌を詠む方にも詠まない方にも、どなたさまからでも
評や感想を頂戴できましたら、ありがたく嬉しゅうございます。



短歌・俳句 | trackback(0) | comment(0) |


2009/03/02 (Mon) 王子ご来訪

煮込ヤングの飽くなき挑戦はつづく。

ニール・ヤングのピアノ弾き語り曲、After The Gold Rush
これをやりたいがために、彼はついに、個人教授のバイトOKのピアニストを、みつけてきた。

みつけてきた・・・というのは、ちょと語弊があるかしら。

出会いのきっかけは、地元に昨秋オープンした、ライブ&ダイニングの店
ここで時々演奏している、ジャズピアノ修行中の音大生くん。

・・・「くん」というのはちょっと、似合わないかも。。
やっぱり、「王子」がぴったりだわ~・・・♪

こんなかんじ。

2009y03m02d_170744977.jpg

ビジュアル系なので、久々にマンガゴコロがむくむくと。。
てなわけで、ペンタブレットでそろっと描いてみたら、ありがちな絵になってしまったのう。。。
(眉はホントに眉頭がちょこっと残してあるだけ;普段は描くのかしら?)


初回レッスンの前に、まずは私もお店のライブに行ってみるはずだったのに、
あの風邪で断念。

初対面で自宅へお迎えすることとなり。

これはもう、レッスン風景などさりげなく撮影して、ブログネタだ!!!
と企てていたものの、いざとなったらそんなこと、できひんかった。。

だって・・それって・・・

物静かでやさしげで繊細な王子、ミーハーなオバちゃんにいきなり激写!

という図になってしまうもの。。
もう来てくれなくなっちゃったら困る。。。


さてレッスンは。

初回なので、実技指導というよりは、今後の方針的な話と、鍵盤の基礎知識をちょこっと。

楽器を「習う」ことは人生初、まして鍵盤は。という煮込ヤング。
目から鱗がたくさん落ちてたよ。

私も一緒にお茶しながら、個人的興味も交えた話など水を向けつつ、楽しく過ごしました。


次回までに、左手右手ともブルーノートスケールに慣れておく。

この個人教授で、煮込ヤング、鍵盤楽器の面白さに開眼か???



しかし。われながら笑った。


王子を迎えるにあたり、本田家では軽く大掃除状態!?
というか、専業主婦ふだん何やってんだ!?って話・・・?(^^;

いやいやそれもあるけど、かねてよりの懸案事項(私には困難な部分の清掃)が解決。
こりゃいい機会であった。次回もぜひ。


さらには、
「王子ならケーキと紅茶かな~」
「でもケーキというのはちょっと・・出されても苦手だったら困るかも」
などと真剣に考える二人。

まぁ主婦&母(!?)目線としては、以下のように落ち着き。

とりあえず・・・ちょうどベルギーの高級菓子があるから、それでいっか。
それに苺。王子にはイチゴよね!一応ポテトチップも出してみるか・・
飲み物は、緑茶に紅茶にコーヒーにカゴメの野菜ジュースに麦茶。
牛乳とキャラメルもあるから、キャラメルマキアートもできるし。よりどりみどりよ!



はたして王子は・・・

我が家にたどり着くのに少々迷ったため(このへんがちょっと愛嬌♪)喉が渇いていたようで。

最初に麦茶。
後半、大きめカップに淹れたホットコーヒーを、がぶりがぶりと。


王子はブラックコーヒーが好きである。らしい。

あ、イチゴとポテチもストライク。



次回は写真撮っちゃお~~~っと♪♪♪



でも私・・・
もしあんな華奢で繊細な息子がいたら・・・・
怪我しないかしらと毎日心配でしょうがないだろうな。。。





音楽 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。