--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/29 (Wed) しあわせだった。

今年のツールドフランス観戦。

いつまでも、観ていたかった。

日本人選手、凱旋門前ゴールまでの3459.5km、21日間
みごと完走!

・・・どころか、
何度も見せ場を作ってくれた!!!

最終日には、パリまでののどかな112kmの道々を
チームの違う二人がずっとにこやかに話しながら並走。
この道のりは、21日間のレース中、唯一リラックスして楽しみながら走れる時間だろう。
チームを超え同じ出身国どうしで話している選手が多い。

期間中、レース以外の時間は、宿泊や食事等、チーム単位の行動がほとんどだろう。
各チームは、ほぼ欧米のさまざまな国の選手で形成されている。
母国語を使う機会の少ない選手には、同じ母語で話せる時間は、さぞかし嬉しいだろう。

そんな日本人2人のにこやかな姿も、国際映像カメラが何度もしっかりと捉えていた。
その映像を見ているだけでもしあわせだった。

パリ・シャンゼリゼに突入すると、残り52キロ。
それまでののどかな雰囲気は一転、駆け引きの交錯する激しいレースとなる。
ゴールラインを8回通過したのち、9回目に凱旋門前のゴールに到達。
この周回コースでも、別府選手の強烈な逃げを目の当たりにし、しあわせの絶頂!(笑)

というわけで、
別府・新城、両選手のすばらしい画像入り!最終日のレポートをどうぞ。


いや~よかったよかった(;;)
うれしかった。

21日間の距離もすごいが、ピレネーだってフレンチアルプスだって、
自転車で越えるんである。
山岳ステージは本当に超人的。標高差によって超級と1~4級に分類されていて
超級では、標高2000m以上の峠越えもある。
それも一日一山、ではない。1級が2つに4級と3級とか、4級4つに最後が超級とか・・
その日によっていろいろだが、常人には想像もつかない山登り三昧の世界。

登りがあれば下りも当然あるわけで、映像だけでも恐ろしいスピード感。
ガードレールも何もない山腹のカーブをわずかでも外れたら、崖を転落だ。
雨や霧が出た日にゃあ危険きわまりない。



そんな過酷な山岳をクリアし、筋肉や関節だけでなく内臓も・・・
特に、日々大量に水分補給し続けるために消化器系は相当丈夫でないと無理というし、
「痛くないのは耳たぶくらい」なんていう選手の名言があるほどに、
全身ボロボロに疲弊しながら走り抜くのだ。

だから、日本人選手2人、とにかく無事完走できることを願っていた。

それが、2人の活躍をここまで見られるとは・・・・ううう。うれしすぎる。。。



ユキヤがステージ最高位を記録、2人で1ケタフィニッシュ3回を記録、
2人ともポイント賞のポイントをGET、そしてフミが日本人初の賞(敢闘賞)を授与される
などなど、日本人選手初完走記録以外にも記録をいくつか残し、
歴史的な今大会の幕を閉じることに。でも2人にとってパリ到達は、
次の目標に向かうための新たなスタートラインですね。Go for it!
そしてまず今は「おつかれさまでした」。


           サイクルロードレース劇場(イラストレポート by たきもと かよ)より引用





2009年7月27日。
ツール終了がこんなにも名残惜しいのは、初めてのことでありました。。


また来年。


スポンサーサイト

野球・スポーツ観戦 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 040:すみれ(本田鈴雨)

すみれの名冠せるものに食堂の多きわけなど問ふ夕星に


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 039:広(本田鈴雨)

オホーツクに目の慣れてのちエゾキスゲ咲ける広野に立ちつくしたり      


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 038:→(本田鈴雨)

→(右向きのやじるし)あれば右を見る プリンタと古語辞典しづもる


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 037:藤(本田鈴雨)

藤をもつ姓と変はりて花ふたつ咲くや咲かずやわが名に水を


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 036:意図(本田鈴雨)

勝つための意図とりどりの交錯のツール・ド・フランスうるはしくゆく   


tourdefrance


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(2) |


2009/07/24 (Fri) 035:ロンドン(本田鈴雨)

ロンドンは小さき町といふときのいもうと眸に恋を帯びるも




                 妹のようだった彼女、どうしているだろう。




題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 034:序(本田鈴雨)

あさがほのつるのゆくへを案じつつ序詞(じょことば)のごとき話ききをり


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 033:冠(本田鈴雨)

冠を載すればほのかゑまひたる姉のひひなは姉に似たりき


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 032:世界(本田鈴雨)

世界堂フロアの白くひらかれて石膏像ら買はるるを待つ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 031:てっぺん(本田鈴雨)

くるぶしのてつぺんから冷ゆ はつあきの午睡によこたふ石女の身の


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/24 (Fri) 昔語りと合歓の花

2009y07m23d_205354867.jpg

合歓の木、擬宝珠、羊歯、河原撫子(花は終了)を購入、
寄せ植え用の木製鉢にポットごと集めました。


*****************


ベランダ緑化計画について検討していたとき(“木”化計画より以前)、
姉に借りた園芸雑誌の、山野草のページに惹きつけられた。

思えば私はもともと、茶花に活けるような植物・・山野草系が好きなのだった。

そのことに気づき、具体的に欲しい植物を考えてみた。

ムラサキツユクサ
カワラナデシコ
バイモユリ
シラン
ギボウシ
シダ系
ヤマアジサイ
グミノキ

・・・・・・・・・・・・・・

わかった!

な~んだ。子供の頃庭で親しんだ草花が刷り込まれてるんだ。

小学校卒業まで過ごした生家の庭は、もともと祖父の好みでつくられていたのだと思う。
祖父は私が2歳か3歳のときに亡くなっているのだが、父の父である人の嗜好は
私の遺伝子にちゃんと残されているようだ。

その庭に、まだ三十代だった父が、(畳一畳ほどだろうか)小さな池を掘った。
内側をコンクリートで固め、周囲をさまざまな石(漬物石大?)で縁取り、
布袋葵(ホテイアオイ)を浮かべ、金魚や、川で採ったタナゴを泳がせていた。
オタマジャクシもいたような気がする。(庭に主みたいなウシガエルもいたから?)

そんなふうに記憶をたどると、けっこういろいろと覚えているのが不思議なほどだ。

庭の左側奥、垣根のそばには、棕櫚(シュロ)の木が3本。
夏には祖母が、棕櫚の葉でハエ叩きを作って使っていた。
葉の中ほどから先端まで分かれている部分を切り落とすと、程よい大きさになる。
私も一緒にいくつも作って、遊びの道具にしたっけな。

棕櫚で団扇を作ったといえば、天狗の葉団扇、八手(ヤツデ)もあった。
庭の隅に暗がりを作っていたからだろうか、あまり近寄らなかった気がするが。

中央より右寄り、庭の主役は、渋柿のたくさん生る大きな柿の木
父が焼酎を霧吹きして、樽柿にしていた記憶がある。

いちばん右奥の、隣家との境の塀の角には、ひっそりと茂る茱萸の木(グミノキ)。
でも毎年(春か夏か秋か?忘却)橙色~赤い実がたくさん生って、
その愛らしさと渋くて甘酸っぱいせつない味が好きだった。

沈丁花の記憶が最も明確なのは、雪に埋もれている姿だ。
花に雪、というのが印象的だったのか。

柿の木の手前の花壇には、父と私が花を咲かせた。
特に幼い頃のもので覚えているのは、ダリア
桔梗の株も、父と植木市で買ったものだ。

紫露草なんて、涙が出るほど懐かしい。
庭のあちこちで、雨に濡れて咲いているイメージがある。

池の傍に群生していたのは、擬宝珠(ギボウシ)。
現在はホスタとしてずいぶんと多彩な品種が出回っているようだが
あの庭にあったのは、どの品種だろう。
アイボリーの斑が入った美しい葉と、淡い薄紫の楚々とした花姿も好きだった。
羊歯は、木の陰や池の傍のあちこちにあった。

紫蘭(シラン)はなかったと思うが、葉蘭(ハラン)があったはずだ。
運動会や遠足だろうか、お弁当のおにぎりは、母が庭から摘んできた
大きな葉で包んでから、バスケットに入れてくれたっけ。

祖母が大切にしていたのは、万年青(オモト)だった。
地植えも鉢植えも、たくさんあった。万年青コレクターだったのかな。
祖母といえば、弁慶草の優しい淡紅の花も思い出す。

裏庭には棚があった。
たくさんの房を垂らし豪華に咲き匂っていた藤色のグラデーション。
が、藤棚→毛虫、という刷り込みもある。。。

裏木戸のそばには青木があった。
斑入りの葉の緑と、ひっそりと咲くチョコレート色の花に
やはり春の雪が薄く積もっていた情景は、いまも鮮明に記憶している。

玄関脇には、垣根と部屋の窓との間に無花果(イチジク)の木。
実も食べたけれど、あの白いミルクのような液の記憶の方が鮮明だ。
その周りには数珠玉(ジュズダマ)の茂み。
熟して乾燥した実を友達と採って、首飾りにしたり、ままごとに使ったり。

そして玄関前の側溝沿いには、玉簾(タマスダレ)の白い花が咲き並んでいた。
5歳くらいの頃だろうか、7つ上の姉が、花を摘んでカチューシャのように連ねたのを
私の髪にピンで留めて飾ってくれたことがある。
嬉しくてそのまま外にいたのだろう、家の前の路地を通ったおとなのお姉さんが
にこにこと私を見ながら通り過ぎて、すごく恥ずかしかったけれどなんだか嬉しかった・・
という思い出がある。

たしか水色の額紫陽花もあったのだが・・・
裏庭だったか、無花果の近くだったか。よく覚えていない。

ほかにも忘れている草や木が、まだまだあるだろう。

雑草では、オオバコやゼニゴケ・・・土の匂いも一緒に蘇る。
花壇を縁取っている煉瓦や石をひっくりかえすと、コオロギとかいろいろ虫がいて。
さまざまな雑草や、夏の裏庭の白粉花(オシロイバナ)は、ままごとの必需品だったなぁ。

そして贅沢なのは、裏のお宅の立派な桜。
春にはいつも、板塀のあちら側のみごとな桜花を借景にしていた、我が家の縁側。
そのお宅は表側が商店街に面したお店で、誰からも「下駄屋さん」と呼ばれていた。
庭に1度おじゃました記憶があるけれど、桜の木しかない、がらんと広い印象だった。



・・・・ありゃりゃ。

すっかり昔語りになってしもうた。。。



********************



というわけで、以上の他合歓の木(ネムノキ)に憧れていたので、苗を購入。
苗とはいえ、すでに枝ぶりが整っていて、花(つぼみ)がたくさん。
2009y07m23d_205237546.jpg




合歓の花ってこうやって開くのね。
2009y07m23d_205457818.jpg
起きぬけらしい。思わず笑わせてくれる、情けない姿です。ネムノキというよりオネボケ。

2009y07m23d_205543363.jpg
だんだん覚醒してきます。

2009y07m23d_205712161.jpg
風に梳かれて、ほぼ起きますた。


2009y07m23d_205126043.jpg
合歓の花は、一日で終わって落ちます。
届いてから10日、毎日次々と開花。今日もきれいに咲いてました。



2009y07m23d_205835351.jpg
こちらは朝顔。
最も成長の早い左端のは、絡ませネットのゴールを過ぎてどうしようかと迷ってます。。
そのわりには、つぼみが見当たらず。

今年は全体的に、蔓ばかりが伸びて葉の間隔が空いてるし。
花が咲いても小さいのではないかと思います。・・咲いてくれれば、の話ですが。。。




ムラサキツユクサとグミノキの画像も、、またいずれ。





ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(5) |


2009/07/21 (Tue) 三人寄れば

文殊の智慧。


ということで、だいたいの曲想はできたような。


よかったね~~本金さん。


N課長、そして、バンド現役に最も近いHさん

感謝。

(Sスティルス氏は、連休2日間娘のピアノ発表会で来られず。)




あたしは、、結局なんもできませんですた。



お気づきですか?

三人寄れば文殊の智慧

3人ですよ3人。。

あたし員数外よ。。。



いいんです。

タンバリン練習します。。。



うんにゃそれより、本金ドラムス入れた方がいいと思うんですけど。

ドラムスでボーカルはキツイっていうところがネックですが。。



あと、サビで高音のコーラス入れたいんだけどなぁ。

ハモるったって、上の音取れないんだよなぁ。

だれか~、、音楽できるヒト、たすけて。。


ま、いざとなったらユニゾンでやるさ。(安直)



というかんじです。

次回はちゃんとスタジオでやって、詰めなくっちゃね。




しかしなんといっても。

社会人バンドの最大の障害は、スケジュール調整なのでした。



音楽 | trackback(0) | comment(6) |


2009/07/17 (Fri) 診察日

4週前の採血と胸部エックス線、本日当日の採尿の、検査結果。(いつもこのパターン)
(あ、肺のレントゲンは3ヵ月ごとですが)

腎機能・肝機能・貧血・肺(繊維症等のリスク)等すべて異常なし。

CRP(炎症反応)は 0.04 で、マイナス。

MMP-3(関節の変形状態を知る指針)は 32.0 で正常。

RF(リウマトイドファクター)はいくつだったっけか、、記憶なし。
エンブレル効果が顕れても、これだけはあまり下がらなかったと思うんだけど。
でも体調良いので気にならず、数値ちゃんと聞いてなかった、、見るのも忘れてた。。


先生に最近の体調を話していて思い出した。

足の爪も切れるし~、あ、そうだ、牛乳パックの口も開けられるようになったんですよ~。

え!?そんなことまで、、なんでできるようになったの?

・・・ってちょっとセンセイ(^^;そりゃエンブレル効果でしょうが。。

と心の中でツッコミ入れつつ、

え、、指に力ついたっていうか痛くないから、、?
足先に手が届くようになったのも、、なんでですかね、、、前は届かなかったから、、、


うーん。
牛乳パックは、手指関節の無理な動作に伴う痛みが無いおかげ。それで力も出る。

足先に手が届くようになったのは、下肢各関節と上肢各関節の可動域が広がったから。
可動域が広がるということは、痛みが出ないから広がるわけでもあるので、
まぁそういう総合的なことですよね。



というわけで、

先生の反応にちょっと笑った、診察日でした。



医師にとっても、RA患者の日常動作の回復って、
それほど意外なことだったんでしょうね。


体調・医療 | trackback(0) | comment(2) |


2009/07/15 (Wed) 030:牛(本田鈴雨)

仏蘭西の牧場のわき駆け抜ける自転車の群れ 牛も走りぬ


                              (ツール・ド・フランスの風景)



題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/15 (Wed) 029:くしゃくしゃ(本田鈴雨)

くしやくしやの雄蕊ひらける合歓のはな風うすべにに梳かしゆく午後      


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/15 (Wed) 028:透明(本田鈴雨)

てのひらのなかでまはるのすきだつた 透明石鹸消えさうなまま    


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/15 (Wed) 027:既(本田鈴雨)

(「既」は尽きるの意)と警告の電子辞書液晶画面に指紋を捺しつ 



題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/15 (Wed) 026:コンビニ(本田鈴雨)

<コンビニ>と略せるその名讃へよと不敵なる白き発光やまず


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/15 (Wed) 四次元からのサインにゃ。

先週のいつだったろうか、平日の夜のこと。

キッチンのシンクに向かって晩ご飯の支度をしていたとき、ふと右の視界に、猫?

・・え?

キッチン横廊下向こう側の壁際を、ダークグレーの猫のお尻が通り過ぎた。ように見えた。
頭部~腹部はキッチンの壁にさえぎられ、そちらの進行方向へ、ささっと。

廊下に出てその方向を見るも、当然ながら、なにもいない。

まぁ単なる錯覚でしょう。

にしても、ほんとに、猫のお尻、だったよなぁ。。

足や尻尾の部分は不明だが、背中のちょっと立ちかげんの毛並み、色や質感、
猫が小走りに行くときのお尻のかんじ。その一瞬のイメージは、今も強烈に残っている。

その日しばらくは不可解な気持ちでいたが、阪神戦もやってるしご飯つくってるし、
オットが帰宅する頃にはもう忘れていた。



その翌日だか翌々日だったか。

いつものようにオット帰宅後、二人で晩ご飯を食べているとき。

ガラス越しに側面が見える、ベランダの給水タンクの上(高さは190cm前後?)に、
クリーム色っぽい紙か布が一瞬風をはらんではためいた。
のが見えた。ような気がした。

食卓は丸テーブルで、二人ともTVをほぼ正面に見るように並ぶ位置の席なのだが、
オットの視界は少しキッチン方向に、私の視界は少しベランダ方向になる。

あれ?あの上ってなんか置いてたっけ?・・・置いてないよね?

その時は別に違和感もなくオットに訊きつつ、何か紙でも吹き飛ばされて来たのか?
と思って確認したが、何もない。
チラッと見えただけだが、その大きさを考えるとA3以上はあるかんじだったから、
なにか飛ばされてきたら明らかにわかるはずだ。

それとも、手前のカーテン(クリーム色系)がエアコンの風で動いて、錯覚したとか??

と考えるも、カーテンはずっと静止している。

それで猫のことも思い出し、オットに話した。

・・・なんか私ちょっと変?寝不足でなにかの感覚が狂っているのだろうか?

そんなことを思ったけれど、その程度の違和感は、すぐに日々の生活に紛れてしまった。



そして先の日曜日。

ゆうべさ~、、こわいっていうか変なことあったんだよ~。

とオット。

え?なになに!?怖い夢見たの!?どんなの???(ワクワク)

いや、夢じゃないんだけど、、、寝てるとき、
こっち側(頭部右側)になんか座布団みたいのが押し付けられるかんじがして、、
それが今度こっち側(頭部左側)に来たんだよね、、、、


ええぇぇぇ~~~、、、や~ね~またそんな、、、;
うーん。あたしも先週だっけ、なんか変だったもんなあ。
猫みたいの見たり、あとほら、カーテンみたいの、外になんかチラッと見た気がしたし。


猫か、、そうか、あの座布団みたいの猫だったんだな。
お盆で真弓が来てるのかな~。


ああ!なるほど、そうだよ!きっと。
あの外に見えたのだって、ほらちょうどこっち側、真弓の写真だもん!


(給水タンクの裏にあたる室内の壁に、この写真↓が飾ってある)
2009y07m15d_191000354.jpg
(どらえもんじゃないもん!)

そういえば真弓のとこ、1度も行ってあげてないでしょ。
まぁお寺の2階、階段しかないから私一緒だとつい、、ね、、なんだけど、、、

(本金実家の墓地のあるお寺の、室内ロッカー式納骨堂)

うう、、そうだったっけ、、、

真弓、「にゃんて冷たい息子にゃ!あんにゃに遊んであげたのににゃ・・」
って言ってんのかもね。
お盆すぎちゃっても、お墓参りしたら真弓のとこも行かなきゃね。





と、そんな話をしたのち、都議会議員選挙に出かけたのでありました。。。



できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(4) |


2009/07/15 (Wed) あと1ヶ月きりますた。

曲を作るということは、想像以上に困難なことである。

と、本金思い知る。。



応募は2曲。

1曲は、N課長の青春時代のオリジナル曲をリメイク。
30年ぶりに日の目を見るのだ!

1曲は、本金が挑戦することとなった。(って決定なのか・・・!?)
歌詞はわりとすんなりできたのだが、曲が問題だ。


メンバーも、全員が集まらないことには本格的始動ができない。


とりあず前々回の日曜、Sスティルス(仮名)氏に声を掛けるも。
2009y07m09d_164857625.jpg
「ただいま農作業中につき、無理。」
と、妻からこんな画像が届き(笑)、叶わず。
庭の広大な(!?)畑の片隅でインゲンの作業でしょうか。


そして先週土曜日、我が家に出向いてくれることになり、急遽
本金からメンバーに声を掛けるも、みなさん動けず。残念。。


S氏、ぞうさんギターと自家産無農薬野菜を携えて、登場。

採れたての、きゅうり・いんげん・プチトマト。美味しい!ごちそうさま!!



で・・・・

曲ですが・・・・・・

どーにも・・・なんとも・・・・・・・

でもまぁ、ニールヤングS&Gアメリカをつれづれに奏でて遊んだり、
オールマンブラザーズバンドのCD聴きつつ「こんなかんじいいかも?」とか考えつつ。



私も参加メンバーの一人(だよね・・!?)として、
モノになるかどうかはともかく、とりあえずできることを・・・
メロディくらい、ちょっと考えてみなければ。。と思っております。。。



というわけで、今後1ヶ月間の休日は、ほぼこの件に費やすことになるかと・・・・。




うう、、スタジオ借りるスケジュール調整、だいじょうぶなんだろうか。。。





あ、短歌人・夏季全国集会には、2日間出席します!




音楽 | trackback(0) | comment(2) |


2009/07/13 (Mon) ベランダ(緑化 改め)木化計画:使用後

<使用後>画像。本日も強風。

2009y07m13d_175445538.jpg

2009y07m13d_175405330.jpg

2009y07m13d_175159820.jpg
とりあえず、本金の(雑巾絞るとほぼ乾く&破れが生じる、バ●ぢから、、あ、いや;)
素晴らしい手腕で数箇所しっかりと留めてもらいましたが、、、
完璧を期すなら、物干しに嵌まるようDIYするしかないですな。
(あたしにノコギリは無理だと思うけど。。)



伸びの良い方のハゴロモジャスミン、どこへゆく。。
2009y07m13d_175114244.jpg
でもラティスには直接絡まないよね?しばらく自由にしててください。



強風で瀕死だった「切花mix」プランター、花台に下げたら元気回復。(右下)
2009y07m13d_175311453.jpg



ぎょえぇ~~今朝発見!
遅れてきた青年、、ではなく朝顔。あんたはんの絡む場所、どうしよう?
2009y07m13d_175233598.jpg




・・・と、こんなかんじにリニューアル。

ベランダの全長は、550+数cm。
なので、使用したラティスとウッドタイルは、

下部側面に、90×180を3枚。
上部側面に、30×180を3枚。
鉢の設置面に、45×45のウッドタイルを、12枚。

なので、木化部分は540cmにきっちり揃いました。


本当は、落ち着いたダークカラーにしたかったのですが、
30㎝幅のラティスがこの色しかみつからず。
オーダーするほどお金かけられないし。

早くこれくらい色が落ちてくれるといいんだけど。(ベランダ床のウッドタイル)
2009y07m09d_164220234.jpg




あるいは・・・

無臭柿渋+墨汁で塗装(布拭き)しようかと目論んでおります。。



だって。

私の目指す庭の方向性が、見えてきたんだもん。

それについても、また今度。



ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(4) |


2009/07/13 (Mon) ベランダ(緑化 改め)木化計画:使用前

梅雨とはいえ、曇り空で強風の続く日々。

風で死にそうじゃ!助けてくれ!!
という叫びが、わが耳について離れぬ日々。
2009y07m10d_155815140.jpg

2009y07m10d_155748687.jpg


そんな中、危険を冒して・・・
本金、網を張る。
2009y07m09d_163732468.jpg

2009y07m09d_163834125.jpg
朝顔だけは、風除けのための移動をしてあげられない・・ごめんよ。。
耐えて咲いておくれ。。。



ハゴロモジャスミン、こちらの鉢も蔓が伸びてくれました。
2009y07m09d_164058718.jpg



というわけで、<使用前>ベランダ画像。

2009y07m10d_155855359.jpg

2009y07m10d_155919859.jpg




ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/13 (Mon) 7月10日、東京ドームは落ち着いていた。

本金のBirthdayを祝しに、S&Gが駆けつけた。

その日東京ドームに押し寄せた人々の平均年齢は、
本金の48歳(1日目)よりも上だった。・・であろうと確信する風景であった。。



東京ドームでは、阪神戦を観戦したことがありますが、あのときの印象は

「なんかちゃっちい。オモチャっぽい。」
「清原、頭デカイ!」

でした。


今回は、グラウンドに立ったわけで、視点が逆。

「スタンド、でかーっ!!!」

でした。。


うーむむ。選手の目線になれるって、いいよね。

甲子園のグラウンドに立ったらすごいだろうな~・・・・・


・・あ、話がそっちに逸れそうなので戻します。





DOMEライブ初体験の私、本金の一言に心底同意。


うわっ風呂場だ!


いやほんと、エコーどころの話じゃないね。

アリーナCブロックの座席に居て、手拍子なんか背後から聞こえるのは完璧ですた。



しかし、3曲目くらい?でスカボローフェア、ううっ(感涙)。

この曲には、お風呂場エコー効果的だったかも。。



以下、ワタクシの感慨などをいくつか。


●アート・ガーファンクル氏は声がけっこう枯れていて、肝心の高音が出ず。。(涙)
  それに時々苦しげに胸を押さえるので、心配になった。

●思い入れのある往年のアーティストが来日したら、必ずライブに行っておくべし。

●ただし、ドームは避けよう。ベストはやっぱり武道館。
  
●ポール・サイモン氏は、ばりばり現役ミュージシャン!ギターも歌も余裕です。さすが!

●そのポール師匠が私には終始爆笑問題・田中にしか見えず、困った。

●その田中が歌いながらする手振りが、異様にしなやか。。
  今回のライブで私の脳裏に最も深く刻まれたのがソレだったというのは、、、うう、、(--;

●いよいよ架橋いや佳境での明日に架ける橋、、あの美しい高音はもはや聴けず。。。
  そのフォローか(?)、2コーラスめをポールが余裕の歌声で手振りぶりぶりで歌う。。
  でも、、あの曲は、アートさんのテノールで切々と歌い上げてこそなのよね、、、(;;)
  と思い、ちょっと寂しく哀しくせつないのであった。。という別の意味で、涙。。。



しかし、さすが年齢層が高くて楽であった。
なにしろ、総スタンディングはアンコール前の最終楽曲から(だったかな?)。

アンコールは2回、計5曲くらいあったかしら。

最初のアンコールでは、たぶん誰もが予想していたであろう2曲。
アイアムアロックサウンドオブサイレンス

次のアンコールでは、いとしのセシリアも。



以上、、、

「アーティストの老い」というテーマに否応なく思考が及んでしまう、
ちょっとせつないコンサートでありました。。






次にBOWIEさま来日したときは、必ず行っておこう。。。。



音楽 | trackback(0) | comment(3) |


2009/07/09 (Thu) 出ました!

いえ、新作ねごとは出てないんですが、

ねごと本が!!!


2009y07m09d_164302953.jpg


mixi ねごとコミュの管理人めささん、出版おめでとうございます~♪

ばんさ~い!




で、本金のは、、、残念。

不採用。


しかし!

笑う笑う。



うーん。

ひとつ思ったのは、ゲームの影響がすごいんだな。ってことです。


だから、私のようにゲームと無縁の読者にとっては突拍子もない寝言。で、笑える。

かつ、ゲーム通はゲーム通のツボにハマったりするでしょうから、さらに笑えるでしょう。


それ自体はいいんですけどね、もちろん。こういうのは愉しきゃいいんだから。

でもなんか~・・・・

ゲームネタならそりゃいくらでもオモロい寝言が生産されるよね。。。


なーんて、水さすようなこと、言いっこナシ!だよね(^^;シツレイ!


いやいや、でも、ゲームネタだけじゃありませんから。誤解なきよう。


興味のある方は、mixi ねごとコミュをのぞいてみてね。

めささんががんばって作った、告知(?)動画のリンクもあるよ。


さらに興味ありありの方は、ぜひご購入を。(私飽きたら貸し出しもいずれ・・・?)

印税はすべて、子供たちの夢と笑顔に換わります。



ねごと | trackback(0) | comment(3) |


2009/07/08 (Wed) 025:氷(本田鈴雨)

わが本音言ひ当つるひとと話しをり貼りつく氷手ゆはらひつつ    


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/08 (Wed) 024:天ぷら(本田鈴雨)

およそこの世のほとんどは天ぷらにしたらば食へむ Google Earthの   


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/08 (Wed) 023:シャツ(本田鈴雨)

伊太利のブランド名乗る日本製ドレスシャツ・半袖 夫は着ざりき


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/08 (Wed) 022:職(本田鈴雨)

職業の欄に<専業主婦>あれば釈然とせぬまま○つけつ


題詠blog2009 | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/08 (Wed) 021:くちばし(本田鈴雨)

おのづから殻を破りて誕生すくちばしもてるもののあはれは




題詠blog2009 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP | next >>

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。