--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/22 (Wed) 影長し冬至の昼のスカイツリー

         ↑
       (以上、夜のNHKニュースそのまんまの句。)




おそくなりましたが。

12月4日のライブに来てくださった方、ありがとうございました!

思いがけず(!?笑)好評のうちに成し遂げることができました♪


ライブ話におさそいいただいてから出演にこぎつけるまで、
バンマス(?)のNさんには、お世話になるばかりで。

まぁその間、会社がちょっと危機あったりして(^^;シャチョーもツマも
なんかそれどころじゃないココロモチでいたりして f(^^;)
1ヶ月前くらいになってから?お尻に火が点いてやっと本腰入れてって状態で;

まーまー、内輪の発表会ってことでおゆるしを~♪


Nさん、おつかれさまでした!ありがとうございました!



アマチュアライブとしてのクオリティはともかく・・・
なにはともあれ、ほんと、よかった!


DVDいただいたので、本金の新曲の一部をupしたかったんですが・・
アップロード仕様に変換できないので、あきらめました。
(本人もハズカシイカラヤメテと申しております)

NさんのMCのおかげもあり、
本金の新曲「沖漬ブルース」けっこうウケてもらえたし。(コミックバンドかっ)


(私はなんだか母親参観のキモチですた。。。)
(いやいや、、ドラマーでボーカルのオット、なかなかかっこよかっただよ。。)



またいずれ、どこかで♪



あ♪来年のケッコン10周年にかこつけて、やる???




スポンサーサイト

音楽 | trackback(0) | comment(0) |


2010/12/22 (Wed) 寒月とひかりを交はし飛行船

hikousen.jpg



それは、10日と少し前の夜のことでした。

南のベランダに面したリビングの窓に、夜空をゆっくり移動する光の集合体を発見。
白(というか白熱灯色?)いライトに混じって、赤と緑がいくつか点滅している。
まるでどこかのタワーの展望台部分だけが飛行物体となっているような。
思わず、スカイツリーの姿を確認する。

そう、ちょうどスカイツリーの右側をこちらに進んでくるかんじ。
夜空を背景にして何かがガラスに映りこんでいるのかと思い、窓を開けてみた。

嗚呼!それは間違いなく飛行物体ではないか。

「こっこれってUFO!?」と心でつぶやく間にもみるみる近づくそれは、
接近しながら西に角度を変え、白く輝く飛行船の船体となった。

飛行船を追って急ぎ西側ベランダに出ると、ちょうど三日月の少し下を回りこむように
早いような遅いような不思議な速度で、ゆうゆうと夜空を北へ滑ってゆく。

あわててデジカメを持ち出してとりあえず撮影。
怖いくらい目の前に思えた船体も、画像ではずいぶんちっぽけで、落胆。


その後私は、この飛行船の正体&再会の情報を求めて、ちまなこになるのでありました。
戻ってきたら絶対ちゃんとした写真を撮るぞ!
と、デジタル一眼レフに望遠レンズをセットしつつ。。


そして判ったこと。

①この飛行船は、“メットライフ アリコ”の「スヌーピーJ」号である。
 (間近に見えた船体のロゴは、たしかにそんなかんじだった。)
②飛行スケジュールによると、この日は横浜でフライトがあった。
③私が遭遇したのは、係留地(羽生滑空場)への帰路の姿だったようだ。
④なので今夜はもう北へ帰ったきり。戻って来ないのだ。。。

ほかにも、
2010年5月まで日本の空を飛んでいた飛行船は、
株式会社日本飛行船の破産とともに失われたこと。などなど・・・

飛行船とは企業の広告として年中空に浮かんでるものだと
それまで漠然と思っていた私の胸に、万感せまった夜でありました。


翌日は在宅の休日。
飛行船は東京フライトの予定だったので期待していたのですが。
待ちぼうけ。。。

あれ以来、いまだ再会ならずです。。




月と飛行船のセッション。

忘れがたきは、あの夜の不思議に美しい光景。



またいつか、月夜の飛行船に出会えますように!





     み ん な み に 飛 行 船 待 つ 冬 日 和
    




できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(2) |


2010/12/22 (Wed) 微笑もて空ささへをり冬薔薇





      欠 落 が 人 を つ な い で 冬 の 蝶 





      凍 つ る ま ま か の た ま し ひ の 還 り け り





      微 笑 も て 空 さ さ へ を り 冬 薔 薇
  (ふゆさうび)

                          




短歌・俳句 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。