--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/09/16 (Wed) 受講ばなし (加筆・追記しました)

月曜日、講座5回目(私にとっては3回目)を受講。

今回の小池さんセレクト歌人(歌集)は、安立スハルさん。

安立スハル、という名前しか知らず、それも「あんりゅう」と読むと初めて知りました。。

小池さんが引かれた歌には、少なからず衝撃を受け。
その重さ太さ厚さ、深さ鋭さ。そして人間を見る目のゆるぎなさ、やさしさ。

最後の方の、母への晩歌のあたたかさ明るさには、心を揺さぶられ。

どんと胸にくる、歌。

すごい人だ。

こんな言い方したらひんしゅくかもしれないけど・・・
その生、すごくかっこいい。
人としての、真摯な、本質的なかっこよさ、というか。

と私なんぞが簡単に言えるほどの人生であるはずもなかったであろうことは承知の上で。
(短歌の世界では人との交わりを絶たれていたようで、私的な面は謎だそうです)

でもきっと、もしこういう人が知り合いにいたら、
自分のうすっぺらな人間性を見透かされるようで怖くて、近寄れないだろうな。。

所属結社(コスモス)が、ご本人の没後に編んで刊行されたという歌集。
すぐには購入できないけれど・・読んでみたい。



課題詠草は、「掃除機」。

まったくできなくて、無理やり3つくらい作ったものの、出せるものにまでまとまらず。
ぎりぎりまで苦しかった今回。
タイムリミット前夜に、題詠100首に出すような単純なのができて、
「もうこれでいいや」と送った詠草が、予想外の好評をいただきました。うれしい~♪

(月例詠草にするか投稿するか未定なので、ここでは非公開)

そっか。
私最近考えすぎてたかな。
もっと単純に素直に詠えばいいのかも。

ということにちょっと気がついたかもしれませんね。





以下、余談です。


小池さんの講座の楽しみのひとつが、本題の前の雑談・・というか、
落語でいうところの、まくら。

今回のお話は、イチローの連続200安打記録達成のこと、先の選挙~政権交代のこと。

特に、今回の政権交代を、明治維新(歴史的規模はちがうけれど)にたとえたお話は
かなり興味深く、面白かったです。

戦後続いた自民党政治は、徳川幕府。麻生さんが徳川慶喜。(!)
民主党は薩長連合。ならば、西郷隆盛は、小沢さんか。
(しかし西郷さんて、しまいにゃ西南戦争起こして自刃しちゃう。よくわからない人物だ。)
すると鳩山さんが大久保利通ということになるが・・・これはちょっとねぇ。

みたいな、笑いも交えたお話。すごく納得してしまった。



先の選挙については、いろいろと思うところがありました。

理想と現実。
多数決という、民主主義のパラドックス。

選挙に於ける理想を貫いて、自分の1票が結果的に死票となるのか。
理想は一時棚に上げ、死票となるリスクを避け「現実を変える」ための駆引を選ぶか。

有権者として何が正しいのか、ということはわからないし、
いつの時代にも、世の中にはさまざまな見方や意見がなければならない。

ただ、「このままでは絶対に嫌だ。」という庶民の生活感覚を、意思表示として
政治に反映させることができたことは、大きな「果」であると、私は思っている。


マスメディア報じる世論調査を、信頼に足るものと考えるならば、という前提付きだが、
国民の多くが誰か(なにか)に鼓舞されて大挙して民主党に走った、のではなく、
(そんなに信用してないし、熱くなってもない)
現在の政治を変えられる確率に賭けてみた、という気持ちが大半だろう。


そういう私自身・・・

実を言うと、二つの票は合致していなかったのでありました。
(候補者名を記入した方は、死票となった。)


新しい政権だって難問山積だし、信用できるかどうかもまだわからない。
連立政権はまたもや短命に終わり、自民政権に戻るかもしれない。

でもとりあえず、今この時に、「政権が変わる」ことは必要だったのだと思う。



なんにしても、しっかりと今後を見ていきたい。
そしてまた、反映させたい。

もう、不毛な選挙、不毛な政治は、いやなのだ。



<追記>

だいじなことを付け加えるの忘れてました。

この選挙、終わってみたら「ここまで民主党が大勝するとは;」と
自分で投票しておいて結果にちょっと冷汗した人も多かったのではないか。
そういう怖さも少し学習できた気がする。
(郵政民営化一色のあの選挙からも「気をつけろ、踊らされるな!」を学習したハズ)

だからこの、諸刃の剣である、ひとりひとりが集まってできる数の力というものを、
使い道を誤らずに未来へつなげていかなければ
という痛切な思いもまた、新にしたのでありました。



短歌・俳句 | trackback(0) | comment(2) |


<<テーブルにものの増えゆく秋の昼 | TOP | ニコ中の身にしむイケアの造りかな>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

すずぼん
とてもいい記事でした!

2009/09/17 20:42 | 知哲 [ 編集 ]


 

ちてつあにき
ありがとうございます!!!

2009/09/18 20:33 | すずぼん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/1004-211a3f06

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。