--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/10 (Wed) 花の箋買ひあつめたり乙女なり


P3101499.jpg

いつぞやちらと書きました、花の伊予和紙便箋。
画像のものは、桜3種と花水木。
ちょっと夕方の光で、色がいまいちですが。(畳ももう少し青畳の名残あるし、、)

これシリーズで販売されてまして、季節ごとになかなかのデザイン揃え。
購入したのは画像のほかに一筆箋とミニ便箋、(すべてデザイン違いのところがニクイ!)
ほか、画像の便箋のお揃い封筒。しめて、ン千円投入。。。
(これと手作りチョコ材料で散財して大恐慌。以後、倹約主婦に成長したぞな。)
(あっ、でもその後、2月のあの「お仕事」の日当、シャチョー経由でもらえたんだもんもん♪)

画像は表紙だけですが、中身・・便箋それ自体も、凝った作りです。
表裏別々に部分的な色の印刷と透かしがなされ漉き目と相俟って、よろしき風情。
手紙ゴコロを掻き立てられまするよ。








    花 の 箋 買 ひ あ つ め た り 乙 女 な り      




    ぎ ん の 眉 た ひ ら か に 笑 む 春 シ ョ ー ル




    ア ル ペ ジ オ と ぎ れ と ぎ れ の 朝 寝 か な




    ク レ ー ン に 春 昼 す こ し う ご い た り




    地 下 鉄 の 地 上 の 車 庫 や 風 光 る




    銀 箔 の 捲 れ て し し や も 春 め け る




    春 の 闇 マ ト リ ョ ー シ カ の そ れ ぞ れ に




                                           鈴雨






しかし、このあいだの暑さから一転、また雪降るし。
春昼とか春の闇とか、、ちょと早かったかしら。。

つか、月並み。予定調和。ゆるゆるの凡作ばっか。
季語にもっともっともっともっと(・・以下省略)、親しまねば。

ということは、やはりさまざまな俳人の句を読まなければ。

というわけで、このところ、、というかあれ以来、俳句誌や評論を読み漁っております。

句集を読むにも、子規と虚子(あ、芭蕉も;)以外何を選べばよいかもわからず。
読むべき俳句といったら、全部!ってことになっちゃうし。

・・・・どなたかアドバイスいただけましたら、たいへんありがたく。

とりあえず最初に杉田久女と櫂未知子集を読みました。
あと、いまだ読みきれていない、歳時記の例句。これだけでもかなりの量ですよね。

さて次は誰を?と、相変わらず俳句関連雑読して模索中の次第です。

どうも女性俳人に共感しがちなのですが、初心者は偏らないように読まなければ。と自戒。




しっかし、、いまさらながらですが、、、俳句も深い。。。
その深み高みを思えば、やはり気が遠くなるようで。




ふりむいて悲しみの深みに入ってゆくような苦しさになってしまった短歌とはちがう、

かなしみを抱えながらも、前を向いて立つ力が湧いてくるような・・・
つきぬけたような明るさに開かれている、でも果てしなくて途方に暮れてしまう、空間。
それが、現在の私にとっての、俳句です。




まぁ、どっちにしても凡才は同じこと、よちよちマイペースも同じこと。
ただ今度は、挫折せずに進歩できるまで長く続けていけたらいいな、と思います。


って決意表明になってしまったか?(^^;




うーん。


毎日一句でブログ更新するかな。



いやいや、、あんまり無理しないでおこう。。。





短歌・俳句 | trackback(0) | comment(8) |


<<ものだぶり | TOP | 星霜を来しこゑZiggy冴返る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

三橋鷹女。

2010/03/10 21:08 | パンタタ [ 編集 ]


 

趣があって素敵な便箋ですよね~。
私も欲しいですが、メールばかりでお手紙を書く相手がおりません(T_T)

2010/03/11 01:58 | pon [ 編集 ]


マツコデラックスに惚れる春場所 

>ア ル ペ ジ オ と ぎ れ と ぎ れ の 朝 寝 か な

冥亭チョイスっす♪(^_^)v

>花 の 箋 買 ひ あ つ め た り 乙 女 な り 

えっとお、「たり」「なり」のダブリなので、
「買ひあつめたる乙女かな」ですかな。
ものぐるひ入るなら「敷き詰めてわれ乙女なり」とか…(^^ゞ

俳句入門はとりあえず、芭蕉・蕪村・一茶から。
それからは、少し大きめの俳句辞典みたいな歳時記
(但し某角川と某不如帰系はなるべく避けたいですな~)で
古典から現代までの一覧を楽しむ。
時系列に並べられてるのは、それだけでも勉強になりまっせ♪
「句集」としてまとめられてるのを読むのは、
基本を学んでからでも遅くはないでしょう~(^^ゞ ではでは★
(皮は喰ってないよぉ~~~(^^;)

2010/03/11 21:57 | 冥亭 [ 編集 ]


久々コメントです★ 

オ・・・・・オランジェ食べたかったです!!!!(今さら!?)

便箋可愛いです♪
今日は暖かいし、近々プラプラ買い物しに行きたいな(*^^*)

2010/03/12 14:58 | ゆかりん [ 編集 ]


 

●パンタタさん

ありがとうございます~♪
む、やはり4Tは必須ですね。


●ponさん

文通しましょっか♪♪
(まるっきり冗談でもない、、かも、、、(^^;)


●冥亭さん

おおっ詳しいアドバイス、&1票♪
ありがとうございます~。

敢ての、たり・なり並び、なんですけど、、ダメですか。。
でもなぁ~。「~たる乙女」では、ないんですよね。。
とっくに乙女じゃないけど、ココロは乙女なのさ!
的キモチを言いたく。。
ものぐるひともちがうし、、このオトメゴコロは通じませぬか。。。撃沈。

ぎょっ。
角川の歳時記使っちゃってるんですけど。。
いきなり高価な立派な歳時記購入する度量も甲斐性もなく。うう。
なるほど、時系列。。。
それに、芭蕉・蕪村・一茶。とは、おろそかにしておりました。
とても参考になりまする!謝謝。

うちのイモリーズ、最近めっきり脱皮しなくなりました。


●ゆかりん

いらっしゃ~い♪
ふっふっふ。オランジェ(フランス語読み?)美味ですわよ~~
今度カバヤのオランジェットを差し入れしましょう!おたのしみに♪♪

2010/03/13 00:54 | すずぼん [ 編集 ]


字が・・・ 

素敵な便箋に縦書きで文字書きたいのですが、、、
なんせ、へんてこ丸文字が直らず
(って、別になんの努力もしておらんですが)

美しい便箋に似合う字が書きたいっ!!

そしてもちろん思うお方にさしあげたいですわいっ(;;)

2010/03/13 09:09 | [ 編集 ]


文通希望(昔の雑誌だね~♪) 

再度、こんばんにゃ★ゆんべはNHK教育の芸術劇場で、
アンディ・ウォーホルが出て来る前衛的な(?)ダンテ『神曲』を観劇。
(↑ちょっくらお茶目…と思いきや、演出家本人のオマージュと見た)

それはさておき、沖雅也。

>このオトメゴコロは通じませぬか。。。撃沈。

ううう、(ノ△T) おとめごころが理解出来てたら、とてもしあわせな
半生だったろーに…★って、いや、分かるのよ、敢えての「たり」重ね。
森昌子ちゃんの ♪古い恋ですか、おんなです~♪ の如く。
でもね、敢えて「初心で俳句」の場合だから、ちょっとパスなの。A^^;)

>それに、芭蕉・蕪村・一茶。とは、おろそかにしておりました。

はい、おろそかにしてはいけませぬ(^^ゞ「三俳聖」ですからね~☆
世代的には50~100年の間隔があるので、その間の
俳句の進化(多様化、大衆化、etc.)も学べますぞ♪

ちなみに、歳時記のオススメは山本健吉の編集・監修のもの。
結社の偏りがなく、古典から現代まで、しかも他所ではあまり
取り上げないとんがり俳人の句もしっかり収めてるのが、ぐ~♪です(^^ゞ

文通友達。高校の時はロック雑誌で募って、アホほど遣り取り。
その時からの友達が数名、まだ続いてるのがスゴイと思うきょうこの頃☆

2010/03/13 22:00 | 冥亭 [ 編集 ]


 

●たにしねーさん

>そしてもちろん思うお方にさしあげたいですわいっ(;;)

ぎょえ!?問題発言♪♪♪
ではそのへんを追求するお手紙でも書いちゃおっかな~~~♪
縦書きだと必ず斜めになるけど・・・・(爆)

そしたら、丸文字の赤裸々なお返事くださいねっ♪♪


●冥亭さん

>敢えて「初心で俳句」の場合だから
あ、やっぱり。
そうだろうな~~とは思いましたぜ(^^;

歳時記について、参考にさせていただきます。
アドバイスありがたいです、今後ともよろしくです!

ん十年前の文通で友達関係まだつづいてるなんて、うう美しい・・・。
私は文通友達は、、、とっくに終わってますね。。
文通と比べるとだいぶ歴史の浅いメル友さんも減りつつある、今日この頃。。。

2010/03/15 19:12 | すずぼん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/1075-17355818

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。