--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/07/14 (Tue) 現住居の懸案事項その1

階段。
DSCN3451_convert_20150713185756.jpg
これが、ブロックを置いて段差を約半分にした
互い違い階段です。
亡き義父の病気療養中に設置した手すりに
しっかり掴まって昇降してます。
でも、これはとりあえずの対策。
近々階段昇降機設置予定で、現在、費用の助成に関する手続き中です。

引越し当日は階段の昇降回数など全く気に留めず、上下何往復もしました。
そしたら、翌日にはもう大不調で。
特に、これはヤバいかも、、と思ったのが、右膝。

 昨年の人工関節再置換で、下腿部のステムを脛骨に差し込んであります。
 その脛骨が軟弱なために、入院中ヒビが入ってしまったわけですが。

その辺りに、イヤ〜な痛みが出たんでございます。。
ここにその痛みが出るのは良くない、とは
退院後の診察時にドクターから注意を受けていました。。。

というわけで、とにかく痛みが収まるまで階段昇降はやめて
荷物の片付けも本金さんにまかせ、
ひたすら安静にしていた次第。

その間、義母がご飯を作ってくれました。
旅館でお客さんに出すように、十分すぎる皿数の2人分を
大きなお盆で2階に持って来てくれたときはもう、、
 (余談ですが。若かりし頃は湯河原にて、
  文人墨客ゆかりの宿で仲居をしていた義母でございます。)
ありがたいやら申し訳ないやら。
次からは本金が運びましたよ、もちろん。

回復後は、自分でルールを決めました。
階段昇降は、一日1〜2回で済むよう節約する。
最多でも一日3回まで!と。

義母も、引越し後のドタバタが心身ともにストレスだったようで
もともと弱い胃腸が不調に。。
そんなわけで、義母からの提案。
お互い余計な気を遣わず気楽に、
自分の生活リズムを崩さず好きなように暮らしましょうよ。
ということに落ち着きました。

おかげさまで、姑との同居ストレス皆無どころか
毎日美味しい糠漬けをいただいて「うんめ〜!」と叫んでおります。
ほか、おかずやデザートや果物等々が年中1階と2階を行き来して。
カレーのときは鍋ごと下へ持参して、3人で食卓を囲み。

というのも、貧血の上に高齢で筋肉量が落ちる一方の義母は
かかりつけ医から肉も食べるよう言われているものの、
一人だとつい敬遠してしまう。
でも「一緒だと食べられるのよね。」との言葉。
(いつも一緒では疲れるし油っこい食事だしでマイッテしまいますよね;)
なんか、ささやかながら親孝行できてるようで、うれしいね。

階段昇降機設置のあかつきには、もうちょっと一緒にすごしましょ。
おたがい疲れない程度に。


さてさて、ここまで長くなりましたが。
この階段、別の面でもう1つ問題が。
DSCN3452_convert_20150713185722.jpg
階段を下りると玄関の吹き抜けスペースで、
東の壁面に細長い高窓が2つあります。
東側は路地に面していて、その向こうはアパート。

この位置関係が、なんとも微妙というか絶妙というか。。
我が家の階段上の廊下と、アパート2階のベランダが
高窓の素通しガラスごしに、もろ対面状態!
どちらが先に建てられたのかはわかりませんが、
この位置関係で、これまで問題なくきたわけですね。。

私も引っ越して来てしばらくは気にしていませんでした。
が、、5月頃、アパートの住人さんが引越したそうです。
3月4月の引越シーズンではなく。
私たち夫婦が2階で暮らし始めて2ヶ月ちかく経過してから、、
というのが、引っかかってます。。。

あちらの住人さん(洗濯物からすると男性だった?)にしてみれば、
隣家の2階から丸見えのベランダ。さらに部屋の中まで見えてしまうわけで。
常時レースのカーテンが引かれていました。

こちら側は、階段上に大きめの腰高窓があり
外に遮る物なく見晴らしが良い場所なので、かなり明るい。
ということは、あちらからもよく見えるのだと思われます。

私の方は、お風呂上がりの軽装(笑;)で2階へ上がってくる時や、
寝室と廊下を隔てたトイレを寝起きの姿で往復する時に
(なにしろトイレの扉前が絶好の対面位置!)
時間帯やこちらの照明によっては、しっかり見えちゃってるはず、、、
というストレスはありました。
が、先方のレースカーテンのおかげで、少しは気が楽でした。

とにかく、双方の視線を遮れる物を取り付けたい。
でも吹き抜けの高窓に直接というのは難しいので、
階段の途中の梁?(画像最上部中央の壁状部分)に長い暖簾を下げるとか。

・・・でもまあとりあえずは、新たに入居されるまではいいか。
今やっても、階段昇降機の施工時に邪魔になりそうだし。・・・
と、現状維持。

しかし、階段の途中で天井近い位置からって、難しい。
高所恐怖症の本金に、階段で脚立とかあり得ないし。

どなたか良い策をお持ちでしたら、ご連絡ねがいます!

住処・クルマ | trackback(0) | comment(0) |


<<現住居の懸案事項2 | TOP | 梅雨晴や夫の誕生日を忘れ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/1158-72c7e0a0

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。