--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2016/02/10 (Wed) 月命日

20160210131743204.jpeg

あの後最初に思わずポチしたのは、★ 。
遺作、、、
ああこれって本当に遺していったメッセージなんだ。と思われて、泣いた。

次にポチしたのは、懐かしい懐かしい、地球に落ちて来た男。
何十年ぶりでしょう、この可愛くて美しくて哀しい異星人に会ったのは。

次が、リアリティツアーDVD。
CDは持ってるんだけど、生きて動いて歌う姿を見たくて。
なんのキャラクターでもない、David Bowie であるところの、その人のライブを。
やっぱり、かっこいいわ。

あとの二つは、とりあえず揃えとこう的な気持ちで、ポチ。
best of bowie、なかなかいいよ。
the Hunger は、まだ観てません。

ほんとは ジャスト・ア・ジゴロ が欲しくて探したけど現在販売されてなくて。
三十数年前?渋谷PARCO part3 で地味に封切られたとき観に行きましてね。
可愛いジゴロっぷりでしたよ。
DVD再販希望者、今なら山ほどいるでしょう。再販してちょ。


実は私、初めてボウイを聴いた楽曲が何だったのか、覚えていない。
David Bowie だと認識の上で初めて聴いたのは、中学3年のとき。
ラジオで流れてきた、ヤングアメリカンだった。
惹きつけられたのは、その声。それと、イントロのサックス。

7歳上のロック好き姉にその名を言うと、半ば驚き半ば嬉しげに
ええ〜〜っっこの人よ!?
と、ジギースターダストとかダイアモンドの犬とかの頃の写真を示した。
音楽雑誌のだったか、それとも一緒にレコード屋さん行ったときだったか。

姉所有のレコードで一番多かったのは、ピンクフロイドだった気がする。
でも、T.Rex も好きだったから、グラムロックの括りで
おお、妹よおまえもか!
と喜んだのか、、、

とにかく私の中では、
ボウイってこの人だったのか。。
と、その時につながったのであった。
その後、さかのぼってアルバムを聴いてみると、
ジギースターダストまではいくつか聞いた覚えがあったのだと思う。

私の中でDavid Bowieがグラムロックの括りになっていない理由は、
そのへんにあるのかも。


音楽 | trackback(0) | comment(0) |


<<ニールペヤング | TOP | 鎮魂として『WARSZAWA』の重く冴ゆ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/1177-519d8aa7

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。