--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/02/05 (Mon) オヤジバトルの進化著しく。

熱血!オヤジバトルも10回目かぁ。

毎年欠かさず見てるわけでもないけど、ずいぶんとレベルが高くなっていて、びっくり。

そりゃあ200組以上の応募バンドからテープ審査で残ってきた8組だから。とはいえ。

だいたい、以前は、オリジナル曲なんてほとんどなかった気がする。
それが、今回は8組中5,6組がオリジナル。
しかも全然ダサダサじゃないの。

中でも、すんごくインパクトあったのは、地元の民謡をROCKにアレンジしたバンド。

こういうのってだいたいが、ほぼ失敗・・・ か ビミョー・・・ じゃないですか。
少なくとも私は、ちょ~っと無理あるよね、やっぱり、、、と思った記憶しか、ない。

(あ、プロのかっこいいプレイ・・・たとえば、
 津軽三味線とロックバンドのセッション、みたいのは別としてね。)


それが、グランプリ受賞したこの
ロックハイヤUMPC(牛深ミュージックプレイヤーズクラブ)は・・・・・・

こいつぁすごいよ!違和感なし!!みごとに融合してる!!!新しい!!!!

これをやりたくて長年構想をあたためてきたバンドリーダーは、ずっと若い頃から
ハイヤ(牛深ハイヤ節)はロックだ、」と確信していたそうな。

いや~実際聴いて、納得しました。
「この演奏のままウッドストックに出てほしかった!」って近田春夫(審査員)言ってたっけ?


あと、「ベストオヤジ賞」に輝いた、団塊世代の渋カッコイイ、大阪の(カフェ?)マスター。
とってもいい味出してました。



ねーねー、本金さんてば。
いつかきっと出て!ほしいな~~~~~



音楽 | trackback(0) | comment(2) |


<<熟女バンドよ、出でよ! | TOP | パルモア病院生まれのKOBEガール>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

観てました~、突然、一緒に旅をしたこともある知り合いがバンドブームを語る雑誌編集長として画面に登場。笑った!
こんな大会あるの知りませんでしたよ
RCのコピーバンドじゃ出られないすかね?

2007/02/05 23:15 | イチ [ 編集 ]


 

>一緒に旅をしたこともある知り合いがバンドブームを語る雑誌編集長として画面に登場
おおお~そりゃすごい!というか知り合いとしては笑うでしょうね、たしかに。

RCですか!出られますよ。つーかイチさんまさか清志郎じゃ・・・・;

2007/02/06 15:37 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/329-fa32cf47

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。