--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/03/22 (Thu) アンジェラ・アキ武道館ライブDVD

ピアノの弾き語りのみのライブは、なんと、武道館史上初めてのことだそうです。


なぜだかわからないけど、1曲目「Rain」のイントロですでに涙が、、、

こりゃ、武道館の客席にいたら、最初から最後まで泣きっぱなしだったかも。。。


なんでだろう、、、、、


・・・と、それはとりあえず置いといて。


アンジェラの歌唱力、演奏力、すばらしいです。
ピアノ1台(ステージは2箇所/ピアノ2台)の弾き語りで、なにも不足を感じない。

あれだけのホールでの弾き語りということで、だと思いますが、
ピアノのプレイは、かなり華のあるアレンジという印象。良い意味で、装飾的?

いや、、実際はけっして「装飾」ではなく、、、彼女の想いをめいっぱい込めて、、
その情感が豊かに豊かにあふれ出て広がり、パワフルで美しい唄声と一体になって
あの武道館を、最初から最後まで満たし続けていた。


演出にも、やられました。。


新曲「サクラ色」のときには、観客全員が手に持つ桜色のハンカチが、左右に揺れて、、、
(開場前に客席ひとつひとつに置かれた、封筒に入れてあったもの)

ほんとに、満開の桜がそよいでいるようで、、、

さらに、曲の後半、クライマックスで、、、紙吹雪がーーー!、、、、
桜の花吹雪、、、、、


あまりにもベタだ、、ベタすぎだよ、、、、と思いつつ大泣き。。。


この「サクラ色」へ込めた想いを聞いた後だしね・・・

アンジェラが大学入学から7年間すごしたワシントンD.C.での、青春。
ポトマック川沿いの、想い出の桜並木。
・・・ワシントンD.C.の桜といえば、日本から贈られた桜。とはすぐにつながる。
(中学の頃だかに習ったよね)

せつない。


そんな歌のイメージにリンクして呼び起こされる、桜にまつわる自分の想い出。。


桜並木のつづく丘の上にあった中学校。よく鞄に花びらが舞い込んでいた、花吹雪の季節。
初めてもらったラブレターに始まった、たどたどしい恋。

二十代の頃の職場の敷地に咲き誇っていた、桜の木々。
帰路につく春の宵の、桜の香をふくんだあの空気。

そして、、、

6年前の隅田川の桜が、私の現在につながっている。




それにね、この曲がまた、小学校の音楽の教科書に載っていた唱歌のような、、、
どこかそんな曲想で、それがまたせつないというかなんというか、、ノスタルジック?

そんなんで、ピアノのイントロから胸が一杯になっちゃってね。。。




それにしても、アンジェラの曲って、、なんていうか、、、

詞が、詩的じゃないんだよね。
詩情というものを気にせず、とにかく彼女が言いたいこと
直接的な言葉で歌詞にしている。

まずそれをサビに持ってきておいて、それ以前の部分は、そこにつなげるために
なんか、わりと適当に、、つじつま合わせ的に、歌のストーリーとしての「状況」を作る。

・・・そんな印象を持つ歌も、あったりしますね。。
(実際は、そういうわけではないのかもしれませんが;)


それなのにどうしてこう、グッときちゃうんだろうか。

そのストレートさの故、かな。
直球勝負の醍醐味、ってやつ?


というか、、、

ひとがら。かもしれない。

彼女は、とても正直で素直で、飾らないひとなのかな。
どこか垢抜けない、、でもそのシンプルな強さで、ぐいぐい押してくる。


そう、まさに、ベタな演出を悪びれずにやって、泣かされてしまう。そんな力。
(まぁ、、ベタに反応する私がベタなやつ。ってことか。。)

「素敵な歌」と手放しに賞賛してしまうタイプの歌ではないけれど、
サビの歌詞には、やたら共感してしまう。

そして、曲が難しくなくて、唱歌的唄いやすさ・親しみやすさがある。


ただし!
ブルージーで唄うには難しいけど、私のかなり好きな曲、
大袈裟に「愛してる」
は、別枠かな。・・・詞が詩的じゃないベタさかげんも、格別かも。。。




んで、最後に。

夫による、アンジェラ・アキのMC評。

坂上みきっぽくない?


ワロタ。。。。。




音楽 | trackback(0) | comment(5) |


<<016:吹(本田鈴雨) 再投稿です | TOP | 今日の見どころ(?)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ベタだけど、桜はしょうがないよね、日本人は。

2007/03/22 18:12 | イチ [ 編集 ]


 

桜はせつない

2007/03/22 18:47 | 都 [ 編集 ]


 

桜、なんでこうせつないのだろ。。。>イチさん・都さん

2007/03/22 19:26 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

めっちゃ「美人好き」の息子がAA好き。つられて私もAA好きに・・・。よいですよねーーーーー(;;)

2007/03/22 19:54 | よしこちゃん [ 編集 ]


 

>よしこちゃん
子供の頃の、ハーフであるがゆえのコンプレックスに由来するのでしょうか・・・
あの眼鏡やナンバープリントTシャツ好きには、「美人」というキャラクターイメージを
断固否定したいという意思を、感じてしまうんですよね。。
ところで!彼女のブログをのぞいてみたら、結婚宣言が出ていてびっくりでした!
なんか、、桜並木の大恋愛と別れの話を聞いた後のせいか、ちょっとうるっときてしまいました。
祝福の花吹雪を撒いてあげたい!(ライスシャワーとイメージがごっちゃです^^;)

2007/03/22 20:42 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/363-cccd20cb

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。