--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/04/26 (Thu) これが私の生きる道。

それは、昨日。環七内回りを走行中のことでございました。

しばらく先を右折するため、片側3車線の最右車線を直進中。
信号待ちで、私のすぐ後ろに救急車がつきました。

信号では、右折車線を含み全車線、車が詰まっていて誰も身動き取れません。
救急車は、信号待ちではぴっかんぴっかんするだけでサイレンを止めていましたが、
走行中は鳴らしています。

こういう場合、救急車に進路を譲るためにはどうしたらよいのか?
私はそれで頭が一杯になりました。

信号が変わり、流れ出して間もなく、入れそうな車間をみつけてすぐに
中央車線へ移動。すると、私の前のトラックも同じ行動を取りました。


ふむふむ、これで救急車さん、すいーっと行けるかな。先々の車も速やかに譲ってね。
あたしゃ早いとこまた右に入らなくちゃ。



・・・と、右に救急車の動きを追いつつ、完全にやり過ごしたら右車線に戻ろうと、
タイミングを計っていたわけです。


そしたら!そしたらさ、、、
救急車ってば、また私の後ろに~!


右車線の車ら!なにやってるんだよ、気が利かないな!!救急車行かせろよ!!!


と心で叫びながら、右車線が詰まっているので私はさらに最左車線へ移動。
救急車は目算どおり(あたしゃカモか・・)進路を確保し、スピードを上げて去りました。


急いでまた中央車線に移動するも、私の右折ポイントはすでに過ぎ
目前には、鹿浜橋が迫っておりました。


あ~過ぎちゃった・・・・・
橋渡っちゃうか・・・でもそしたら17号にぶつかるまで行くしかない。すごい遠回りだ!

(目的地は戸田方面)


と、一旦戻した車線を、橋のたもとでまた左に変更。
(渡橋しない最左車線は、橋の手前では走行車なくなっていました)

そのまま左に入り、ひっそりと雨に濡れる公園をぐるっと回って住宅街に抜けて戻り、
環七での右折ポイントだった交差点に、無事出ることができました。


なんか、、あたしって、、、なに救急車に翻弄されてるんだろ。。。


でも、ま、我が身を犠牲にして(・・そういうことなのかっ!?)いいことしたんだから。。
よしとするか。

せめて、私のこんなカワイさを、ブログでご紹介してやるわっ!ってんだ。



と、すでに往路で、ブログネタにすることを心に誓ったのでありました。。。




だれか、、ほめて、、、、、、





おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(6) |


<<062:乾杯(本田鈴雨) | TOP | 061:論(本田鈴雨)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

誉めます。誉めまくります。きっとどこかでエンゼルは見ていますよ。(森永か)
 それにしても、都会の救急車は大変ですね。
 私、息子が気管支喘息になった時、大袈裟な医者が呼んだ救急車に乗りましたが、どんなにかっ飛ばすのだろうかとわくわくしてたのに空いてる道なのでフツーに流れに乗って走られて、ちょっとがっかりでした。(おいおい息子は?)
 

2007/04/26 19:55 | しのばる [ 編集 ]


 

何してんでしょうか~?

2007/04/26 20:16 | 金魚 [ 編集 ]


 

鈴雨さんえらいなー

今日、さっきお買い物から帰るときに
右折しようとしたら、その時直進してきた
猛スピードの救急車と遭遇致しました。

でも、私も曲がる最中やったし
狭い交差点でしたので
寄るにも寄れず焦りました~
ごめんなさいと思いながら、救急車を
見たのですが、とっさのことって
難しいですね・・・(^_^;)

2007/04/26 20:50 | ゆめたん [ 編集 ]


 

偉い偉い!いい子いい子!

救急車に付き添いで乗って、大渋滞の国道16号線の車がいっせいに道を空けてくれるという景色を見たことがあります。
病人は無事でした。(一応記しておきます)

2007/04/27 08:32 | 都 [ 編集 ]


 

よしよし☆☆☆

2007/04/27 09:14 | [ 編集 ]


う、うれしい、、、、 

こんなに誉めていただけて、鈴雨は幸せ者です。。(;;)


>しのばるくん

ありがとう~~きっとどこかでちょいゼルオヤジが、、、

そうか~乗ったことあるんだ!
たしかに、どんなにかっ飛ばすのかとわくわくだな。。
まぁしかし「わくわく」できる状況でよかったわい。



>金魚ちゃん

そうよね。問題は、前方車両のみなさん!よね。
環七っていつもあんなかんじなのかね???
それとも、それほど緊急ってわけじゃなかったのかな。
緊急体制にも段階があるとか?



>ゆめたん

そうそう!とっさのことって、怖いし難しいですよね。
救急車に譲ろうとして事故ったなんてシャレにならないし。
ゆめたんのそのケースは、不可抗力というものでございましょう。



>都さん

ありがとうございます~~~
(頭を撫でられてクゥンと鼻を鳴らしてるわんこ状態。。)

16号のその光景は、ちょっと感動的です。
そうあらねばいけませんよね!



>よしこちゃん

☆三つ!ですね!ありがとうございます~~~ごろごろごろ、、、、
(頭を撫でられて目をつぶって身をまかせている猫状態。。)

2007/04/27 16:32 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/423-50ea487b

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。