--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/05/25 (Fri) しばし異空間にあそぶ

先日、お友達が出品している書展に行ってきました。


「かな」主体の書なのですが、それまで私がいだいていた「かな」のイメージ・・・
やさしくたおやかな美しさ
とはまたまったく別の、ダイナミズムあふれる、力や躍動を感じる
「かな」の世界が、とても新鮮でした。


会場には、1歩踏み込んだ時点からなんだか自分が場違いな気もしたりして、
鑑賞するだけなのに、緊張。。


作品は、歌や句など。
かな主体ということで、構成上ある程度万葉仮名を入れるなどの必要が生じるのだとか。
そのため、どうしても和歌や古典的短歌など・・・
「歌」としてポピュラーなものが多くなるそうです。

なるほど、作品にするお歌を選ぶところから、創作は始まっているわけですね。



門外漢の私、そんな感慨を胸に作品を鑑賞。
といっても、文字自体はほとんど部分的にしか読めないので、
いただいたパンフレットの作品内容のお歌と照らし合わせながら、です。

「かな」の「書」にも、これほどまでにそれぞれ個性があるんだな~・・・
などと感じつつも。

書かれている内容を読む、というよりは、画面全体を一つのアートとして、感じる。

それでよいのだろうとは思いながら、でもやはり、表現されている歌、読みたいです。



さて。
なにもわからない自分なのに、不思議な気がしましたが・・・
作品の中で、なぜか強く胸に迫ったお作がありましたのです。

わけもわからず、その筆の跡に、つよく引き寄せられるように見入って。
ちょっと、涙がこみ上げてくるような感覚におそわれました。。

「遺墨 ○○先生」となっていたので、書を極まれた老匠の方の御作なのでしょうか。
でも、けっして「遺墨」という言葉に感傷的になっていたわけではなく。

「春のはじめ」というその墨の色、筆の跡に私の心が受けとめたものは、なんなのか・・・

しんとした、静けさと力。その、深くしずかな強さ。

そのように思います。。。




深遠なる芸術。アート。
重厚な歴史のもとにありながら、同時に、先端にある。前衛。

歴史とともに育まれてきた文化とは、すべてそういうものかもしれませんが。



それにしても、私の思う「書」のすごいところとは、

すべてが一発勝負!

ということですね。

だから、

この作品にたどりつくまでに、どれほどの創作を重ねたのだろうか・・・

と思いつつ、その深さに眩暈がしそうな気持ちになりました。






ああ・・・・・
おじいちゃん(祖父)の書、たくさんみたかったなぁ・・・・・・・


現在残っているのは、父が形見として持っている、小さな作品数点だけのようです。。。


おでかけ・ドライブ | trackback(0) | comment(6) |


<<入居者:ラミちゃんず えびちゃんず オトシンズ  ~その1 | TOP | 入居者:オトシン・ネグロ、アカヒレーズ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

鈴雨さん
とてもいい時を過ごされて良かったですね。

書展ですかー
私は絵画等の展覧会は、市内に近代美術館や
博物館があるので行く機会は多いのですが

書展は、ほとんど行ったことがないです。

書もアートなんですね。

いつか、鈴雨さんの書展にも行ってみたいなぁって
思いました(^^)

2007/05/26 11:35 | ゆめたん [ 編集 ]


ゆめたんへ 

アートとしては、私にはやはり絵画の方がわかりやすいですが・・・(^^;
どちらかというと、書の世界は「あこがれ」でしょうか。
>鈴雨さんの書展
おっとー;それは残念ながら一生ないです。。

2007/05/28 14:34 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

書というのは何書いてるのかわかんないところがアートなんだと理解してるんですが、よろしいでしょうか?

2007/05/28 19:11 | 金魚 [ 編集 ]


金魚ちゃんへ 

いや、、あー、、、、
私からはなんとも、、、、、、(^^;

まぁでも、何書いてあるかわかってもわかんなくても、やっぱりアートだねぇ。

2007/05/28 20:48 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

今、好きな書家は山本萌さんです。彼女の絶版になった「山頭火を書く」をついこの間ネットで手に入れました。
自分では解らなくても何か感動してしまう己がいます。本当におもしろいですね。書って…
 友達の書展は、どこで開催してたのかな?
 いろんなお友達がいて、いいなぁ。

それから、私の名前はヒデ云々…です。イモリーズの名前には正直驚きました。
 こうなったら、イモリとなって鈴雨さんを水槽から観察しようっと…



2007/05/28 21:26 | さすらいのあだやま [ 編集 ]


あだやまさんへ 

ああ、それで山頭火の歌をくださったのですね♪
今回の書展は、銀座でした。

うちのヒデくんは、どうやらまだ子供のようです。
ロザンナとカップルというより、母子みたいな雰囲気。。

2007/05/29 18:46 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/447-6f11f0a4

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。