--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/06/11 (Mon) 31年・・・

高校時代の美術部顧問だった恩師が、この春定年を迎えられ、
そのお祝いと「おつかれさま」のOB会を開きました。

美術部OBで集まるようになったのは、ここ8~9年。(できなかった年もありますが)
といっても、先生を囲んで私たち同級生(揃って5名)と1年後輩(1名)だけの
仲間うちではありますが。

でもこの、私たちの世代というのは、先生にとっても特別なのです。


先生はその昔、東大合格者をぞろぞろ輩出する県立男子校にあって、一人美術を志す生徒。
医者になるものだとばかり思っていた親からは、絵描きになるなんて許さん!と
勘当されて苦しいアルバイト生活をしながら、3浪して東京芸大に入学。
(この情熱と根性だけで、すでに尊敬。)

しかし絵画科からデザイン科に転向し、デザイナーに。

ところが30を目前にして、いきなり高校教諭に転身。
先生の教師生活開始と同時に入学したのが、私たちの世代なのでした。


新任の挨拶に立ったときの服装は(私は特に記憶ないけど、そういわれれば、、)

天然ウェーブのセミロングヘアに黒のパンタロンスーツ、
そして黒の厚底ヒールのシューズ(ブーツ??)。


・・・まぁ、なにしろ、70年代のデザイナーですから。。。


すでにその時点で、「イカレた教師が入ってきた」と思われたようで。


たしかに、当時の先生の印象は・・・絵の具で汚れたよれよれの白衣を引っかけ、
画面のどこかに露骨な裸婦が描きこまれた、わけのわからない抽象画を描く先生。

でも、絵画の基礎については・・・
私たちを指導するために垣間見せる、知的で透徹されたデッサンや写実は、
圧倒的でした。

私がいまだによく覚えているのは、石膏デッサンをする時によく言われた
(立体の造形は)ハエが這うように(観察して)描け
ということば。

石膏像に限りませんが、それを心して実行しようと、じっくりと見つめているうちに
突然、そこにある対象がその造形を鮮やかに示す瞬間が、訪れるのです。
光と影の法則をみつける瞬間・・・とでもいいましょうか。

制作の合間とかには、先生の研究室で熱く語りあったっけ。
美術関連の話のほかにも、雑学や古代文明の謎や、、いろいろ。

文化祭の準備ですっかり遅くなったとき、大鍋でインスタントラーメンを作って
人数分に分けるのに、先生や男子先輩、ハサミで麺を切ってましたよね~~、、、
それで、次の年は夕食や夜食も計画的にして、女子で炊き出しやったんだっけ。

楽しかったな~~~、、、、、


というように、心の底ではしっかり尊敬しているんだけども、
なにしろ、すっごく変!でおもしろい先生。でした。

先生の方では、いいアニキのつもりで接していたそうです、、、、


そんな先生も、OB会を再開した頃には
すっかりいい味に枯れて一見紳士然とした、なんともまともな初老の先生となり、
すでに教頭だか校長先生を務めるかたわら、スケッチ旅行をしては
精緻でクリアな美しい水彩画を描いておられました。



今回は、まず最初に、お祝いのプレゼントと花束贈呈。
感激の先生、鞄から取り出したクロス張り表紙のスケッチブックを全員にくださって

じゃあ、今度はこれ持ってみんなでスケッチ旅行だね~

そう言いながら、ご自分のスケッチブックを開き、見せてくださいました。


多忙のため、もうずいぶんの間ちゃんとした絵を描けずにいられたようです。
そういえば、以前はときどき個展やグループ展なさってたのに、ここ数年は全然なくて。

やっとこのところまた鉛筆と淡彩のスケッチから始めてみたけれど、
眼も描写力も、だいぶ衰えてしまったとのことで、ちょっと寂しそう。

管理職への道を選んでしまったことを、悔いてもおられ。
自分の創作に没頭する時間など、なくなってしまったと。


でも、先生が30年をかけてやってこられたことの数々・・・
教育制度の過渡期にある高校で、新たな視野からの授業を模索し創り上げ、
また、芸術総合高校の開設に取り組み尽力されてきた、先生。

具体的なことはここに書くことはできませんが・・・
実験的な授業環境や、先駆け的授業内容、個々の生徒への対応。
さらには、現在では研究しなければ知り得ないような、絵画の手法。
などなど。

教え子にとっても、美術教育の現場や指導者にとっても
かけがえのない、はかり知れない実のあることだったのだと思います。


ということを、同じ県内でやはり美術教師をしてきた、OB仲間のお姉さんの
このたびのOB会乱入により、いろいろとお話を聞けて、とても感慨深かったのでした。

教育者同士のお話も熱く盛り上がり、聴いているだけでも楽しく、
感動したり考えさせられたり。



先生!私たち、先生に出会えて本当に幸せな生徒でした

なぁんて、そんなベタなこと面と向かって言えないけど。
みんなそう思っていますよ!


じゃあ次回は、スケッチ旅行ということで~
そしたら、先生が描いたのくださいよね~~(値が上がったら売るんだから~)



と、二次会の後、年老いた恩師あくどい教え子達は駅の改札で別れたのでした。。



そしてその後、、、
母孝行のために我が家に飲みに来られない友のかわりに、
友の姉(乱入美術教師)を拉致申し上げ、夫と3人で飲み明かしたのでした。。。




私信:ちゃんへ

いや~~お姉さんの話はやっぱり深いよ~~~。次はぜったい、姉妹で来てね!!!








できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(8) |


<<083:筒(本田鈴雨) | TOP | 082:サイレン(本田鈴雨)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

そっかあ~、お姉さんを自宅に拉致したんですね。それじゃあ私はやっぱり姉妹の実家に泊めてもらえばよかったかなあ。お母様にもしばらくお会いしていないし。
とにかく先生も一緒に長野に行きましょうね。

2007/06/11 20:19 | しのばる [ 編集 ]


 

そうそう、私の代わりに「人質」に・・・
ってウソです。
母に拗ねられるのが怖くて、お先に失礼しました。
そして体調いまいち不良のため。
帰りの最終バスのなかで咳込みまくり、かなり周りからヒンシュクをかっておりました。

鈴雨ちゃん、あの超マイペースな姉を、そう言っていただいて、恐縮ですわ。
彼女も「イモリが可愛かった。たくさんお酒をご馳走になり、懐かしい映画まで観せていただいた」と、喜んでおりました。ありがとう。

では、次のOB会は、森の中で!

2007/06/11 22:58 | 桜子 [ 編集 ]


 

RCサクセションの歌を、「ぼくの好きな先生」とか「トランジスタラジオ」とか思い出しました。あ~、30年前くらいの曲よね~

2007/06/11 23:37 | イチ [ 編集 ]


 

>しのばるくん

ま~、スケッチ旅行もだけどさ~、
姉妹と一緒に飲み明かしにおいで~。息子くんは、ばぁちゃんに頼んでさ。
つか、うちで寝かしちゃってもいいし!


>桜子ちゃん

そもそも私があの映画に出会えたルーツは、お姉さんだもんねぇ・・
それが、こうして夫とも飲んで話して・・・ご縁って不思議。
イモリも、田舎でたくさんつかまえて飼ってたそうで。予想以上の反応で嬉しかった~
姉貸し出し、ありがとうね~♪
森のOB会、楽しみだ。


>イチさん

昭和ですね~いい時代でしたね~~
なんて自分達が言う歳になっちゃって。ちょっと複雑なキモチです。。

2007/06/12 00:58 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

イチさんに十票!!

2007/06/12 08:40 | よしこちゃん [ 編集 ]


 

高校の同窓会の会長が同級生です。
先日、訳あって電話で話したのですが、彼女には私の記憶無し。
私は彼女を覚えているけれど・・・ワタシって影薄かったみたい。

2007/06/12 09:18 | 都 [ 編集 ]


 

セミロングヘアに黒のパンタロンスーツ (^^)
そんな時代ありましたねー

かっこいい先生ですね!!
芸術家の素敵な先生に出会うことができて
ほんと、鈴雨さん良かったですねー
うらやましいなぁ。私もそんな先生やったら、美術の時間楽しかったのにな

こういう素敵な思い出って
いつまでも、記憶に残っているですよね。

いいなーーー(*^_^*)

2007/06/12 11:49 | ゆめたん [ 編集 ]


 

>よしこちゃん

RCサクセションって「ある日サクセス」から付いた名なんですよね。


>都さん

都さんが“美しく鮮やかな印象の女性”となられたのって、いつごろなんでしょう?


>ゆめたん

>そんな先生やったら、美術の時間楽しかった
本当に、今回つくづく思いました。
「自分は美術なんてダメだ」「絵なんか描けない」と思い込んでいる子供たちが、
美術の授業が好きになる・絵が描けるようになる瞬間・・・
そんなお話もいろいろ聴けて、改めて自分たちは先生に恵まれていたなあ。と。

2007/06/12 15:17 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/462-4648d765

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。