--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/06 (Tue) ご報告

2006年題詠100首blog自選集『短歌、BLOGを走る。』が完成、先週届きました。

2007y11m06d_142932030.jpg



歌選びにご協力くださいました皆様、ありがとうございました。


昨年100首を完走した約176名のうち、自選集に参加した67名の歌が収められています。


本という形になったその歌670首を、あらためて読んでみて思うこと・・・

紙の上に縦書きで記された歌は、PCの画面上で読むのとは、
やはり全然違うもののように感じます。


自分の10首は拙いけれど、短歌の世界へと初めて踏み出すきっかけになった、
記念すべきこの1冊。大切にしたいと思います。



短歌・俳句 | trackback(0) | comment(14) |


<<公共放送の醍醐味 | TOP | きぬの海>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ドキドキ。活字になるって。

そのうち、自分だけの本を…ですね。

あと、私の希望ですが「おうたえほん」なんてどうでしょう。奥さん。夢は果てしなく。(自分に言い聞かせてます。はい)

2007/11/06 19:50 | しのばる [ 編集 ]


 

そうですねぇ。いずれは歌集出さねばいけないんでしょうねぇ。。
養老保険が満期になった頃、ちょうどいいかな~。(あと8年・・・遅い?早い?)

「おうたえほん」コラボする!?

2007/11/07 11:57 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

鈴雨さん
本が出来上がってきたんですね。
素敵!おめでとうございます。
短歌ブログを走る・・とても新鮮な題名ですね。
今の時代ならではだと思います。

大切な本になりましたね。(*^_^*)

2007/11/07 19:59 | ゆめたん [ 編集 ]


 

おめでとう。
素敵な短歌をありがとう…!

2007/11/07 21:56 | あだやま [ 編集 ]


ゆめたんへ 

ありがとうございます!

やはり、特定の歌人の方の「歌集」とはちがって、インターネットの世界から生まれたという感覚が色濃く表れているように思います。

詠い手としての鍛錬の上に紡ぎ出された、深く美しい歌。
斬新な表現で気分を鋭く切り取った、若々しい歌。
拙さを感じながらも、素朴な味わいのある温かい歌。
などなど・・・読んでいると、楽しいです~^^

2007/11/08 15:28 | 鈴雨 [ 編集 ]


あだやまさんへ 

ありがとうございます。おひさしぶりぶりです~^^
あだにーさんに選んでいただいた一首(046:凍)も入っております!

「歌葉」という短歌の出版社でhttp://www.bookpark.ne.jp/utanoha/index.asp
販売はまだ始まっておりませんが、いつかどこかで見かけられたときには、ぜひ手にとってご覧いただけたら嬉しいです。

またさすらってくださいね~~♪(あれ?もう「さすらい」なし??)


2007/11/08 15:41 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

こんばんはー。。。

おお! 音楽業界で言えばCDが出たー
って感じですかねー。。
美術業界ではなんですか?個展?
むむ。。それをまた音楽業界だと。。ライブかしらん。。???

んな事はどっちでもよく。。とにかくおめでとうございますー。

やっぱり縦書きですよね。。願わくば和紙かなんかで。。うっしっし。。

毛筆ですよね。。毛筆。。

ってなんて書いてあるんだか。。わからないかも。。笑。。

う~ん。。。

2007/11/08 22:09 | トム [ 編集 ]


おめでとう 

すごいね、本になったんだ・・・♪

カタチになるって、素敵だなあ・・って思う

書店に並ぶのかしら??
買ったら、裏表紙に、サインしてね♪

2007/11/08 23:04 | さすらいのぼたん [ 編集 ]


トムさんへ 

こんにちは~
ありがとうございます~!

>音楽業界で言えばCDが出たー

そうですねぇ・・・インディーズのコラボ盤・・・??
有名無名ミュージシャン入り乱れたジャムセッション???

>美術業界ではなんですか?個展?

グループ展?というには規模が大きいかしらん。。

>やっぱり縦書きですよね。。願わくば和紙かなんかで。。

>毛筆ですよね。。毛筆。。

そうそう!憧れですね~~~。。。

>ってなんて書いてあるんだか。。わからないかも。。笑。。

・・・同上。・・・情けなや。。。(--;

2007/11/09 15:41 | 鈴雨 [ 編集 ]


のぼたん 

ありがとう!

書店・・・短歌のエリアがあるような規模の書店なら・・並ぶのかな?(ゴメン、、わからん。。)

サイン!練習しておくわっ!!!(爆)

そうそう、のぼたんが選んでくれたうちの一首、実はここに選んでくださってあるの~^^

http://d.hatena.ne.jp/nishinaka/20061103

題詠百首の完走者の歌を選んでいって、最終的に題詠百首の百人一首を編む、という・・・
そんな、とっても面白い難事業を「お遊び(ご本人談)」で成し遂げられている方。
すごいなー。。尊敬です。。。

2007/11/09 16:02 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

鈴雨さん、おめでとうございます!
自分の作ったものが、人様に見ていただけるような形になるということは、とても嬉しいですね。

トムさん、はじめまして。
私は、縦書き・和紙・毛筆を愛するものです。

2007/11/10 22:28 | 都 [ 編集 ]


おめでとうございます!! 

やはりあの歌でしたね。いい歌です。
他の歌も心に響くものが多く、わたし、西中さん(?)と似た感性持ってるのかな、と思いました。読みながら、思わず、うむうむとうなずいてしまうようでした。これからも歌い続けてくださいね♪♪

2007/11/12 09:15 | よしこちゃん [ 編集 ]


都さんへ 

ありがとうございます!
うれしはずかし・・ですね。

毛筆・・・つくづく、やっていればよかったなぁと思います。

2007/11/12 19:59 | 鈴雨 [ 編集 ]


よしこちゃんへ 

ありがとうございます!

短歌会に入会し、会誌や歌集を読んだり添削を受けるようになってから、よく感じるのですが・・・
結社に所属し、短歌という世界の中での鍛錬をみっちり積まれてきた方と、
自由な感覚を大切にされて、ご自分なりに鍛錬を積まれてきた方とでは、
「よい」と感じる感性というか・・評価の置きどころ?が、違うような気がします。

どちらにしても、私にはすべてが「学び」です~^^

2007/11/12 20:09 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/545-97d4cfae

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。