--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/11/20 (Tue) 甲子園蔦・その後

あれから・・・
2週間前でしたか、根元をオットにすっぱりと切ってもらい、挿し木をしました。

2007y11m20d_200023603.jpg
(すでに発根していた源平蔓を植えたのも、一緒に撮影。)

以前アドバイスをくださった、ドロアシスコップさま。
また参考にさせていただきました。ありがとうございます!


源平ちゃんは、この画像を撮影して数日後には全部、新芽が出てきました。

蔦は・・・
全部で5本に分けたのですが、小さい方の仮鉢の2本は・・だめかも。。
そもそも本来は、いまごろ落葉する時期ですからねぇ。。
どうなることやら。春を待ってみるしかないのかな。。。



で、朝顔のあったプランターには、姉宅で爆発的に増殖した水仙の球根を植える予定ですが。
早くしないと。。




それから、ひとつショックなことを知りました。


この前がんばって植えた、チューリップ。

姉の話によると、分球でできた球根を植えても、次の春にはまだ花をつけないらしい。
咲かせるには、もう1年育てなければならないそうです。。
でも病気になりやすいから、難しいんだって。。。

だから、現在市販されているチューリップは、だいたい1年草扱いなのだとか。

分球させないためには、深く植えなければならないので、庭でないと無理らしいです。


チューリップの育て方を聞いてみたら、この話。
それを聞いて、かなーりがっかりしながら、植えたことを話したら・・・

あ~ごめん言わなきゃよかったね。。でも、せっかくだから咲くまで育ててみたら?
・・・それに、ひょっとしたら来年咲くかもしれないし


と、なんかとても申し訳ながられました。。。(←変な日本語???)
が・・・次のひとことに、同じO型の血を感じた妹なのでございました。

でもきっと、本金タンやさしいから、またチューリップくれるよ








というわけで。


めでたし、めでたし。






ベランダ園芸・庭 | trackback(0) | comment(10) |


<<還暦のおっさんは、がんばった。が・・・ | TOP | 西伊豆の海には白波が似合う>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

え、チューリップってそんなシステムだったんですか。地面にチョー浅く植えた私って…。

蔦育ってますね。それだけ付けば大成功じゃないですか?ふふふ。(もらえるかも~の笑い)

2007/11/20 21:47 | しのばる [ 編集 ]


 

鈴雨さん~増えてますね。(^_^)

蔦、どうなんでしょう。春になったら変化ありそうですよね。

チューリップ、私も好きなのですが
自分ではあまり育てたことがなくて
いつも頂き物を鑑賞しています。

上手に育てている方から、お花が綺麗にちょうど咲くか咲かないぐらいのちょうどいい時にもらってばかりです。


鈴雨さんはO型でいらっしゃるんですね。
同じく(笑)私もそうです。(笑)(*^_^*)

2007/11/21 12:05 | ゆめたん [ 編集 ]


しのばるくんへ 

ああ、球根育てて翌年も咲かせるつもりじゃなければ、別にいいんじゃよ。

蔦!よろしく!



2007/11/21 19:22 | 鈴雨 [ 編集 ]


ゆめたんへ 

>お花が綺麗にちょうど咲くか咲かないぐらいのちょうどいい時にもらってばかり

おお!私のように園芸に長けていない者には、それがいちばんなのですが~・・・(^^;

ゆめたんもO型ですか!(笑)
ちなみに、もうおひとりの大島弓子コミュ経由マイミクさんもです(^^;
高校時代の美術部仲間も、先生を始めほとんどが。。
やっぱりなんだか自然と集まるような・・・・?

2007/11/21 19:31 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

こんばんはー。。。

おっ! 小さい葉っぱ。。。頑張ってますね。。笑

なんとか大きくなって欲しいもんです。。

チューリップですかあー。。
へえ。。結構時間が掛かるんですねー。。
でも。。それだけ育てる甲斐があもんだと。。
うししし。。

お花業界も大変ですねえー。。う~ん。。

やっぱり生き物は大変かも。。

2007/11/21 21:43 | [ 編集 ]


トムさんへ 

とりあえず葉っぱは元気にしているんですが、根の方は見えないので・・どうなってるんでしょう。。

生き物はたいへんですねぇ。
でも生き物好きなんですよね。。。

2007/11/22 14:18 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

甲子園の蔦って、沢山増やして、フリマとかのときにでも売ってみたら、人気でそうですね♪欲しい人沢山いると思いますです。かく申すわたくしも、「欲しい」ですもん♪♪

2007/11/28 11:17 | [ 編集 ]


よしこねーさん・・・ですよね?? 

たくさん増やすのは・・そりゃまたそれなりに大変そうだということがわかりました~(^^;
たぶん、生き延びそうなのは3本だと思うので、ちょうどです。(もちろんねーさんも里親に入ってまっせ!)

2007/11/28 15:34 | 鈴雨 [ 編集 ]


ツタを室内に入れるかどうか 

お返事遅くなりました。

で、ツタ、もう、入れられました?

一般的に、外のものは外で越冬、ですね。

ですが、霜が降りると痛みます。霜柱なんかが立つと、根が浮き上がって、小さいミニ盆栽なんかはイチコロです。
ですので、そういうおそれのある地域の方は、ムロに入れたりします。(発泡スチロールの箱とかですね。なんでもいいんです、直接冷気に触れなくするためのものです。ビニール袋かぶせるだけでも)

ですが、最も簡単なのは、室内に入れてしまうこと。
玄関など暖房けのないところ。
でも、マンションだとどうでしょうね~
あったかすぎるかな~

バルコニーだと暖かそうでそのままで十分越冬できそうに思いますね。


以上、しっかり根が出て、活着している場合。

頼りない状態なら、迷わず室内、暖房けのないところ、という答えでしょうね。


じゃ、また。

2007/12/16 12:08 | どろあし [ 編集 ]


どろあしさま 

こちらに書き込んでいただき、おそれいります~m(_ _)m
寒さが気になりだした当初2週間ほどは、夜間だけ部屋に入れていたのですが・・
「でも、蔦って普通に外で生きてるもんな~」と思い、結局出しっぱなしにしておりました。
霜が降りることもないので、これで大丈夫なのですね!
・・と、またまたどろあし様のアドバイスに安心いたしました。
ありがとうございました!

2007/12/17 14:46 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/551-8601a9db

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。