--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/12/19 (Wed) 本日は、ちょい不調。。。






      窓あけぬ一日(ひとひ)の午後に水槽の魚とわたしとゆらめいてゐる





短歌・俳句 | trackback(0) | comment(10) |


<<超ショックっす。。。(わたくしごとです) | TOP | はじめての歌会>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

水槽の魚と、硝子窓を閉ざした部屋の中の私と、イメージが重なって、読んでいる私も、ゆらめいてきます。

2007/12/20 00:02 | 文 [ 編集 ]


文さんへ 

おお~一言いただけて、うれしいです!

4句め、

魚とわたし「と」

の方がよいかな、と思いなおしたところです。

2007/12/20 09:42 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

不調ですか?
素人目には良いと思いますが。
「と」「が」と「と」「と」と「も」「も」とか、むずかし~。

2007/12/20 11:09 | しのばる [ 編集 ]


しのばるくんへ 

不調だったのは、例によってお腹からのやつで・・・
いつからこんなにチョー弱くなったんだか。。。

考えてくれてありがとう~
「も」ねぇ、それもあったか。

そおねぇ・・・
「が」が入ると、音が強調されて耳障りか?
「も」「も」だと、意味を限定しすぎるかんじ?
やっぱ「と」「と」に直してみようかな。

2007/12/21 02:26 | 鈴雨 [ 編集 ]


はじめまして 

はじめまして。黄菜子さんのブログにて紹介がありましたので、初めてこちらに参りました。15日の歌会の時に、黄菜子さんのお隣りにおられた方…ですよね? 人見知り(!)でご挨拶を申しあげないままでした。ごめんなさい。私も今年の1月に「短歌人」に入ったばかりです。新年歌会にも初参加の予定です。どうぞよろしく。
「一日にをれば」というような語法、ああ和歌の伝統に連なっておられるのだなあ、と感じます(黄菜子さんの作品にも同様の感想を抱くことが多いです)。私だったら「窓あけず一日籠れば」というような言い方しか出て来ないだろうなあと思います。
いつか私も、和歌をしっかり読んでみようという心境に…なるかなあ? ハテ…?

2007/12/21 07:48 | 斎藤 寛 [ 編集 ]


 

「魚とわたしと」よいですね。
「一日にをれば」のところを
「一日の午後に」でも?いいかなあとも?

2007/12/21 16:42 | はるはたあかね [ 編集 ]


斉藤 寛さま 

はじめまして。
お越しいただき、ありがとうございます。

歌会終了後、黄菜子さんとお話されていた方が斉藤さんでしょうか。ご挨拶もせず、失礼いたしました。
黄菜子さんのブログでもすれ違いでした、すみませんです。

和歌・・・いえいえ、とてもとても!
入会してから改めて「万葉集」「新古今和歌集」読まねばと購入しましたが、なかなか進まずです。。

「をれば」としたのは、水槽とイメージをだぶらせたいというだけの安直さで・・・(^^;
斉藤さんコメントの下に、はるはたさんが書いてくださったご意見に「なるほど!」です。

新年歌会でお目にかかれる方々が増えて、楽しみになってきました。
今後とも、よろしくお願いいたします。

2007/12/21 20:14 | 鈴雨 [ 編集 ]


はるはたさんへ 

わ~い♪いらっしゃいませ♪

なるほど。
そうそう、こういう気分になるの、午後なんですよね・・・
「午後」と時間を特定することで、けだるい感が出て結句が生きてくる気がします。

ありがとうございます~!

2007/12/21 20:21 | 鈴雨 [ 編集 ]


Kです(笑) 

はじめての歌会の記事で紹介していただき、ありがとうございました(^^)


>窓あけぬ一日(ひとひ)の午後に水槽の魚とわたしとゆらめいてゐる


いい歌ですねぇ。なんだかしっとりしてきます。

私の場合なら、猫とだらだら眠りつづけてしまうでしょう。


>歌会終了後、黄菜子さんとお話されていた方が斉藤さんでしょうか。

そうです。
鈴雨さんをご紹介しようかと一瞬思ったんですが、文さんブログで、まだお話されていなかったかも?
と、思っていました(^^;)
失礼しました。


どちらかといえば、私は“「万葉集」育ち”(?)かなぁ。
万葉集、大好きでしたから。

2007/12/22 13:48 | 黄菜子 [ 編集 ]


黄菜子さんへ 

おほめの言葉うれしいです、ありがとうございます~♪

あっ、、、またやっちまいました。。
斉藤さんとすれちがったのは、文さんじゃなくて黄菜子さんとこでした。。。
失礼いたしました・・・(--;

万葉集、真剣に読むのは20うん年ぶりです。。。。

2007/12/25 14:17 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/565-18c0bd03

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。