--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/02/13 (Wed) あれから1年

はやいもので、短歌会に入会して1年がすぎた。

先日、13回目の月例詠草を送付。(また速達で。。)



1年かぁ。

あまり進歩がないようにも思うし。

でも、歌を詠む姿勢というものが、それなりに・・少しは・・・身についたかな。とは思う。



ちょうど12回目となった前回の送稿では、添削の返信に、とても嬉しいコメントが書かれていた。

今までで一番感動しました。
挽歌だからではなく、心からの表現だからです。
添削はほとんど必要ありません。


と。



繊細さというかナイーブさに欠ける自分の感性は、いかんともしがたい。

(このオメデタイ性格は、どうしようもない。)

だから、私なりの歌を詠むしかないのだ。


私の場合・・・

憧れる歌と、自分が目指すべき歌とは、全然ちがうのだろう。


(夫より以前の私の恋愛において、好きになる相手と幸せになれる相手が、違ったように。)




「心からの表現」を、つねに心がけていきたいものである。






話は変わりますが・・・

寒さに弱いものたちを、部屋の窓際で越冬させているのですが。
花芽はつくわ、なんだか見たような芽が出るわ、どないしよ。ってかんじです。。

源平蔓の花芽。摘んだ方がいいのかしら???(でも咲かせたい気が。。)
2008y02m13d_150916590.jpg


昨年株分けし新たに育ったアジアン・タムの鉢に種子がこぼれたらしい、たぶん縷紅草の芽。
2008y02m13d_151021103.jpg

2008y02m13d_151125606.jpg
こ~んなひょろろ~~っと出ている双葉、どうせ育たないよね。。
と思いつつ、抜けずにおります。。。


短歌・俳句 | trackback(0) | comment(6) |


<<突如として、ライブづいてます。。 | TOP | 「死んだら土になる」>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

嬉しいコメントをいただきましたね。
励みになりますね。
私は選歌だけをお願いしているので、まだ一度も歌評をいただいたことがありません。きいて見たいような、ききたくないような…。

小さな芽、って、育たないと分かっていても何だか抜けないものですね(^_^)

2008/02/13 17:43 | 文 [ 編集 ]


 

私も最初は選歌だけだったのですが、添削というより、評やアドバイスがとても勉強になります。
すでに独自の詠風やコンセプトをしっかりとお持ちの文さんの場合、ブログにみえる方々のコメントも高度で・・・
私など、拝読するたび勉強させていただいてます!
(先日の文さんのコメントにも、教えられました。ありがとうございます☆)

芽・・・淘汰にまかせることにします。。。(^^;

2008/02/13 19:45 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

ごぶさたしていました。ちょうど同じ時に短歌人に入ったんですね。私も先日の稿が13回目でした。
「前回の送稿」を拝見して、とてもとても「繊細さというかナイーブさに欠ける」方の詠まれるものとは思えません。私などは、それこそ非・繊細さ加減をプラスに転じた詠風を目指すしかないかなあと思ってます。
しかし、ふりかえってみると「目指」したところでどうにもならず、なるようになってきた、変わるべくして変わってきたという感が、私の場合は強いです。舞い上がっている時は舞い上がっている歌を詠み、ドン底の時はドン底の歌を詠み・・・、と、まあこれからもそんなふうにやってゆくしかないかも・・・(^ ^;

2008/02/14 07:05 | tamaya [ 編集 ]


 

tamayaさん、おひさしぶりです。
そうでしたか、短歌人ではまさに同期なのですね!(などと失礼を;)

コメントありがとうございます。
私の場合、入会のきっかけとなった憧れの方が春畑 茜さん。そして、佐山みはるさんや文さんと、やはり繊細な歌を詠まれる方々に出会い、自分の心には襞が少なすぎると痛感した次第です。
1年たってやっと、「襞を増やす」ことではなく「自分の襞なり」の歌を詠めばいいんだ、と思い至ったところです。

>それこそ非・繊細さ加減をプラスに転じた詠風
tamayaさんのお歌は切り口が斬新で、男性の視点や表現の面白さを、毎月堪能させていただいております。
特に忘れられないのは、「ココアを練る」リアルな感覚(といっても想像ですが)の1首でした・・(^^;

同じ会員2欄でも私にとっては歌を詠む上で学ばせていただける方々と、こうしてお話できること、とても励みになります!

2008/02/14 15:28 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

ぱちぱち♪♪
嬉しいですね♪♪
これからも沢山歌ってくださいね♪♪

2008/02/15 09:12 | よしこちゃん [ 編集 ]


 

よしこねーさん、ありがとうございます♪
これからも見守ってやってくださいまし♪♪

2008/02/16 17:32 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/593-67434004

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。