--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/03/10 (Mon) 落語の壮絶

NHKハイビジョンで、立川談志10時間スペシャルを観た。
(全編録画しつつ、数時間をリアルタイムで)
夫が、先月から楽しみにしていた番組だ。


落語。


子供の頃から身近なものではあった。
祖母が好んで視聴していたし、当時はテレビやラジオから普通に流れているものだった。

中学3年のときにクラス委員を一緒にやった男の子が、古典落語の大ファンで、
「落語って、おもしろいんだぜ」と熱く語っていた記憶がある。


・・・が、今日(こんにち)いや昨日まで、特別な興味を持つには至らず。

落語はおもしろそうだ。一歩踏み込んだら、ぜったいハマるだろうな。
と思いつつ、一歩踏み込む機会もないままに来てしまった。


立川談志。

番組を見ているうちに、ああ、あの立川談志ね!と・・・
かの落語家に対し、私がその昔抱いていたイメージの記憶が、だんだん明確になってきた。

当時の私にとって、落語の語り口とは「のどか」で「平和」なものであるべきなのだった。
それに対して、談志は、ガシャガシャとうるさい、耳障りな語り口の落語家という印象。
語り口だけでなく、そのトンガリかたも半端でなく。
落語界の反逆児、異端者として、さらには政界に打って出て失敗・・・

などなど、落語の才よりも、話題性で名を馳せている人だという固定観念を持っていた。
落語をよく知りもしない私が、談志という名前には、うっすらとした嫌悪感を伴っていたっけ。

番組を見ながら、そんなことが思い出された。


そして昨日・・・

私は当時、本当に“印象”だけでしかこの人を見ていなかったんだな、と知った。
(それは、己にとって興味のない事柄へ向ける視線すべてに当てはまっていたかもしれない)

落語とは人間の業の肯定である。

この言葉さえ、私は初めて触れたものだった。

うーーーん。なるほど。

深く心に残る言葉だ。


すごい、本当にすごい人だな。

この人が表現したいことを解るようになるには、落語の深淵に、深く深く嵌らなければ無理だ。



さて、番組の中で、談志の高座をいくつか拝見。

中でも「芝浜」・・・女房が見えた。。落語でこんなに泣いたのは初めてだ。
人情噺というのは、ほろりとくるものだと思っていたけれど・・・
“ほろり”などという、なまやさしいものではなく。胸が詰まった。

単なる良妻・賢妻ではない、愚かさも弱さも持ち合わせた・・・
そしてそれゆえに可愛くせつない、女。

その女房が、そこに居たのでありました。


最後は、番組のための撮りおろし「居残り佐平次」。

その本番までを追ったドキュメンタリーも撮られており、ひとことで言えば・・・


鬼気迫る。



天才とは、狂気を孕んだものなのだろう。

壮絶に生きている人だ。



落語。

踏み込んでみるしか、ないか。




・・・・・・・・


人間の業の肯定。


短歌に於いては、いかに?


などということにも想いを馳せる、今日この頃。。。


できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(11) |


<<歌をつぶやく (推敲・追加) | TOP | ぎゃああぁぁぁ~~~~~~>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

私も落語にはかる~くふみこんでおります。
芝浜、いいっすよね~。(大学生時代にはわかりませんでしたが)

金曜は地元銭湯寄席です。
終わってから噺家さんと一緒に飲むのもこれまた楽しくて!

2008/03/10 21:24 | flower [ 編集 ]


 

おおー、あの番組ご覧になられたのね!
いいなぁ!我が家はハイビジョンはまだなので・・・「地上波でも放送してね」って要望しておきました(笑)

>最後は、番組のための撮りおろし「居残り佐平次」。

「居残り佐平次」見たかった!
談志師匠の「居残り」は、名演と名高いんです。
ああ、やっぱり地上波でもお願いしますm(__)m N○K様

2008/03/10 22:40 | 佐山みはる [ 編集 ]


 

うちの夫がその番組を観たい、撮りたいがために機器を買おうと色々調べたものの、アンテナ設置とか大変そうだし、ケーブルテレビをどうしようかとか考えていたら頭が混乱したらしくて、見送りました。

2008/03/11 14:25 | しのばる [ 編集 ]


 

>flowerさん

はいはい~、銭湯寄席たのしそうですね~^^
噺家さんと飲むなんてぇのはまた、おつなもんでしょうな。・・うんにゃ、逆ですな。
噺家さんが、寄席見に来たきれいなおねえさんと飲むのがおつなんでい。

さてさて、いずれは寄席へご一緒に♪


>みはるさん

いや~見応えありました!
あれだけの番組、反響も多いでしょうから再放送ありますよきっと!
地上波だと10時間の枠を取るのが難しそうですが、2部構成でしたし、
4回くらいに分割するとか深夜帯に持ってくるとかで、放映されるといいですね!

>談志師匠の「居残り」は、名演と名高いんです。
やはり、そうですか。あの迫力、圧倒されました。
ライブで観たくなってしまいましたが、これからいろいろな人のいろいろな演目を観て、勉強してから・・です。。
今度お会いしたら、落語のお話も聞かせてください~♪^^

2008/03/11 14:38 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

>しのばるくん

あれだけ力入れた番組だもん、きっと再放送されるよね。
まずはBS1か2か?
それとも、観に来る??

2008/03/11 14:42 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

NHKとの距離感も妙に似ている?談志と永ちゃんがカブるんです(笑)もちろん大リスペクトしてます。
人間の業の肯定!!!!!いいね!!!

2008/03/11 17:25 | イチ [ 編集 ]


 

なるほど・・・・言われてみれば・・???
NHKって微妙な関係多いですよね(笑)
談志師匠のことは、これから勉強しますです~~

2008/03/11 19:07 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

うん!ぜひいつか寄席ご一緒したいものです。
私も談志さん、なんだか好きなんですよ。
ま、今は馬吉っつあんに夢中なんですがー。

金曜の寄席には、もうすぐ真打の三遊亭好二郎さんがいらっしゃいます。
(飲むとさらにおもろいんですよ・・)
あとはイケメン、三笑亭 朝夢さん。

2008/03/11 20:58 | flower [ 編集 ]


 

いまどきの噺家さん、ほとんどわからなくてゴメンナサイ(^^;
まずはDVDから入りますかね・・・

野球シーズンも始まるし、寄席はいつになることやらですが・・そのうちぜひ~♪

2008/03/12 20:20 | 鈴雨 [ 編集 ]


 

落語、好きです♪
夫が、落語好きで。。車の中でも、聞くから。。
自然と、私も。。
「芝浜」いいよね。。。一番好きな演目かな。。
「甲府い」もいいよ♪

2008/03/13 13:02 | さすらいのぼたん [ 編集 ]


のぼたんへ 

うん、「芝浜」ね・・・
夫婦愛が、おたがい沁みるよね~(;;)
うちもこれからハマってみるわ~~♪

2008/03/13 13:12 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/603-452e9671

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。