--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/05/19 (Mon) 東京歌会

5月の東京歌会に、昨日参加させていただきました。

1月以来の歌会参加。
12月の初参加のド緊張が嘘のよう。

今回の感想をひとことで言うならば・・・(気の小さい私としては意外にも)

おもしろかった。です。


出詠48首、うち3名の方が欠席のため、
作者名を伏せてある45首を、4時間と少しかけて、席順に批評してゆきました。


歌会の詠草を、ご本人に無許可でブログに転載することは慎ませていただきますが・・・


私の評する1首が、なんと、48首中で一番好きなお歌に当たるという幸運。
さらに、最後に作者名が明かされてみたら、その歌を詠まれたのが、これまた
ここ最近ご縁のある方で。うれしかったです!



私の詠草についての評も、さまざまご意見を頂戴しました。
それがなんとも、楽しく面白く。




   なづきの襞はらわたの襞こころの襞わが身の裡に翳り足らざる




(すでに読み上げられた時点で、少し笑いが起きました・・別にウケ狙ってなかったですが;)

評者は男性の方。

この人は、脳の皺も腸の皺も足りないらしく、自分には心の襞も足りないと嘆いている。
 男性の歌という感じがします。
」(概要)

その後に女性の方々から活発な意見が飛び交いました。


本人が意識しているかどうかは別として、この作者は自分のことをこう反省しながらも、
 『そんなことないよ』と言ってもらうことを期待していると思います。
」(概要)

と、歌意に共感しつつ、ズバリ言ってくださいました。

たしかにそこまで意識していなかったけれど、言われてみると図星
歌会では、作者本人のたねあかしは無いのですが、思わず何度も頷いておりました。。


こういうことは私も思ったりしますが、自分の主観だけのこういう歌は作っちゃいけないと
 ずっと教えられてきたので、私はこういうのは作りません
」(概要)

は、、そうでしたか。そうかもしれませんね。。そう言われてみると・・・
そんな気持ちもあるから(実験的に)歌会に出してみた、という気もします。。。


だけど、こういうことを詠いたくなる時ってありますよね。
 時にはそういう気持ちを詠っても、いいんじゃないでしょうか。
」(概要)

ありがとうございます。やはり歌を詠むときにこういう思いを抱く方って多いのでしょうか。
少しホッとするような。。。


そして三井ゆき先生からシメのお言葉。

この人は翳りが足りないと嘆いているけれど、陰なんて、なければそのまま
 どーんと生きていけるんだから、無ければ無い方がいいんじゃないですか。
」(概要)

はい・・生きるには、たしかに楽だと思っております。
ただ・・歌を詠むにはちょっと。。。(--;)
と心でつぶやきつつ、励ましのお言葉として受け止めました。


最後に、男性の方から。

みなさんちょっと、この歌をまじめに受け止めすぎているのでは?
 作者は、遊び心で詠ったんじゃないでしょうか。
」(概要)

ハイ!そうなんです、それもあります!

あたしってつくづく、ココロの襞がたりないんだよなぁ・・・と思っていたところに、
最近脳も弱っちゃったみたいだし、腸も便秘したり下痢したりたぶん正常じゃないし。
なんてこと考えてて、洒落のつもりでふっと書いてみました。。

基本は実感ですが、歌にしたのは遊び心からだったかもしれません。。。


あと、「襞、襞、襞、と重なっているのが気になる」とのご指摘も。

これについては私も気になっていたのですが・・・
結局、それぞれの「襞」の質が違うということもあり、あえて重ねて使いました。




以上、具体的に挙げられるのは拙歌についてだけで残念ですが、
全体的に、なんだか和やかで(もちろん批評なので、優しい意見も厳しい意見もありますが)
楽しく終わらせていただきました。


それぞれの歌に対してさまざまな解釈があり、共感もあれば問題点の指摘もあり。
一つの場で、それを出し合って知ることができる歌会は、とても勉強になります。

運営に携わられているスタッフの方々そして参加者の皆様、ありがとうございました。




それにしても・・・・

繊細で美しい歌に惹かれてやまない私ですが(なにしろ憧れは、春畑 茜さん)、
一方で、谷村はるかさんのような切れ味鋭い斬新な作りの歌にも惹かれます。

で、今回の歌会では、谷村さんの読みにも「さすが!」と惹かれました。


・・・と、ここに書いてもご本人が読まれることはないだろうと思いますが・・・


私の一首も鋭く読み解いてくださり、ありがとうございました!




短歌・俳句 | trackback(0) | comment(10) |


<<交流戦第一戦 | TOP | 032:ルージュ(本田鈴雨)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

おぉ、皆さんからたくさんのコメントがあがって、それだけ人の心に呼びかける歌だということでしょうね!

歌会、やはり面白そうですね。
生の歌会は言葉に気持ちを乗せることができるので、少々辛らつでも悪い気はしないもので、却って納得できたりするけれど、書き言葉だけだと、なかなかこうはいかないものです。
皆さんの読みを聞いているだけで、面白く、そして勉強になります。

歌会記、細かく書いてくださって、ありがとう。

2008/05/19 21:56 | [ 編集 ]


文さんへ 

私の歌だけでなく、ご紹介したいお歌や歌評がたくさんあるのですが・・・
ブログという場は、微妙ですね。。

>書き言葉だけだと、なかなかこうはいかないものです

たしかに、そうですね。
私自身、相手の方の顔が見えないままコミュニケーションを取るのは不安になってしまう方で・・・

文さんともいつかご一緒できますように!

2008/05/20 01:18 | 鈴雨 [ 編集 ]


ふむふむ 

鈴雨っちの日記はゆっくりと読みたいと思っていると、ちっとも時間がとれず、たまりにたまっちゃいましたが、、、楽しそうな歌会の記事でよかったです♪♪
自分だけが自分の作った歌とわかっているってのは、おもしろいもんですなー。でも、歌って、やっぱりこういうのは作っちゃいけない、とかって決まりがあるんだねー、ふむふむ。勉強になりますぜ(^^;ではまた

2008/05/20 09:12 | よしこちゃん [ 編集 ]


歌会 

この記事読みながら・・・
どんな批評が、出るんだろうって。。。
他人事ながら、ドキドキしちゃいました

そっか~~そうだね・・こういう批評も。。
顔を見ながら、人の声で聞くのと。。。
文字だけで、見るのとでは、全然、違うのでしょうね。。

それにしても、こういう世界を持っているって・・いいね・・

2008/05/20 09:23 | さすらいのぼたん [ 編集 ]


 

>よしこねーさん

おひさしぶりでございます~^^
お忙しそうで!お元気そうで!なによりです~~♪

また来てくださいよねっ!!!


>のぼたん

あ~らねーさんおみかぎり~~♪

こういう世界・・・
いっぱいいっぱい、あっぷあっぷの私だよ。。
もっと進歩できればねぇ。。。

のぼたんの新たな世界はどんなかな~?

また来てね!

2008/05/20 21:36 | 鈴雨 [ 編集 ]


うううう・・・ 

ごぶさたしていました。うううう(←文さんの洗濯機の歌より借用!?)、やっぱり野暮用は措いて歌会に出れば良かったなあ・・・、と唸りつつ楽しい報告を拝見しました。昨年4月に東京歌会に初参加以来、皆勤賞(!)だったのですが、今月でそれが途切れてしまいました・・・

>12月の初参加のド緊張が嘘のよう。

パチパチパチ!(←拍手)私も時に自作を酷評されることもありますが、こうして人は強くなるんだあ!と悟ってしまいました。

>私の評する1首が、なんと、48首中で一番好きなお歌に当たるという幸運。

あ、それはほんとうにラッキーでしたね。お隣にもう一人いればこの次の歌に当たったのに・・・というようなこともありますよね。

谷村はるかさんは、昨年4月に私が初参加した時に、歌会の後の研究会のレポーターでした。この方は短歌を楽しむのではなく短歌を闘っているんだ!と思って、ちょっとしたカルチャーショックでした。

2008/05/21 07:35 | tamaya [ 編集 ]


>tamayaさん~うううう・・・ 

洗濯機のううううは、クセになりますね。
(文さん、ひそかに流行っちゃってますよ!)

今回は、tamayaさんとみはる姉さまがいらっしゃらないのが寂しかったです。
そうでしたか、先月まで皆勤賞でいらしたとは、すばらしいです!(拍手喝采)

そうなんです、席順ですが、最初の見当よりも途中でずいぶん増えて大ズレだったんです。
それで、お向かいの列に回ってから考えればいいや、と思っていたら。りりんさんのだったんですよ~♪

ご本人からのご承諾をいただきまして、続編(歌評編)もupすることにしました。またお立ち寄りくださいませ。

谷村はるかさん・・・
「短歌を闘っている」、まさにそうですね。
凄みを感じるのは、それだからこそだったのですね。
そこまで自分を懸けられるか、と考えると、本当にすごいです。
・・・と、自分がまたひゅるるる~~と萎む心地でございます。。。

ちなみに、最後の発言(「真面目に受け止めすぎ」)の主とは・・・chitetsuさんです!

2008/05/21 18:27 | 鈴雨 [ 編集 ]


東京歌会 

鈴雨さん
お会いできて光栄でした!
ずっとりりんさんと一緒に背中を見てました。ふふ。
「おお、この方が鈴雨さんだあ~!」と。

お歌、コメントがたくさんあるのは、評判がいいわけで、よかったですね!

こんどは、二次会もきて頂いて、お話できたらいいですね。

2008/05/21 23:28 | chitetsu [ 編集 ]


 

鈴雨さん

どうもありがとうございました♪
とっても充実した歌会でしたね。
その空気感まで甦りました。

鈴雨さんのお歌と知ったとき,じぃんときましたよ。

次にお会いするのは,歌会が先かもしれませんね。
どうぞよろしくお願いいたします。

2008/05/22 23:29 | りりん [ 編集 ]


 

>chitetsuさん

光栄だなんて;もったいない、こちらこそ!でございます。
お声をかけていただき、ありがとうございました。

それにしても、背中・・・・後姿は人を語るといいますが・・
情けない背中をお見せしし続けていたかと思うと・・・今更ながら冷や汗が・・・・・。

今後ともよろしくお願いいたします。



>りりんさん

おお♪書き込みありがとうございます。

じぃんと・・だなんて・・・ありがとうございます・・・
皆様の中にいると、自分の歌が情けなく思えることがほとんどなので、うれしいです(;;)

6月歌会は残念ながら参加できませんが、再会を楽しみにしております~♪

2008/05/23 15:29 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/669-aa7be4ea

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。