--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/06/26 (Thu) 挽歌 (1首追加)

真弓



   老衰のうつつをあはく眠りゐる猫の鈴の音なき五月闇


   唸るごと声しぼりつつ前足のふるへは床(とこ)の囲ひを掻きて


   仔猫なりし汝を愛でにし夫の手にただいつまでも撫でられてあれ


   死にちかき猫の泪をぬぐひしにかそか粘性ありてかなしも


   汝が面(おも)の遺影となるはかなしきにせめて汝が爪三日月を撮る


   おやすみとこころの裡につぶやきて汝を離れて玄関を出づ


   息絶ゆと知らせたまへる姑(はは)の声のかなしみに滲む疲労と安堵


   慰むることばよりなほ姑欲(ほ)るはねぎらふ言葉といたく思ひぬ


   夫おくり三とせを待たず猫看取り姑は介護の日々を終へたり


   さまざまの想ひをしづめ夜明かせば水槽に稚魚のなきがらふたつ


   水無月の底をなまなま横たはるこころに銀鱗生えくるを待つ






2008y06m26d_165021358.jpg






短歌・俳句 | trackback(0) | comment(2) |


<<続 じぶんでちっくん。 | TOP | 051:熊(本田鈴雨)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

何にも言えないや。
私も2年前にblueをおくったばかりだから。

2008/06/26 19:37 | [ 編集 ]


文さんへ 

・・・・文さんにとってのblueくんと、私にとっての真弓とでは・・・
その存在の大きさは、とても比べられるものではありませんから・・・

それなのにコメントくださって、ありがとうございます。

2008/06/26 23:27 | 鈴雨 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/708-94364810

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。