--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/03 (Tue) 投稿詠草




  すんすんと薄の波にひかり棲み武蔵野線の鉄路冷えゆく


           薄/すすき (角川「短歌」2月号 公募短歌館 池田はるみ選 佳作)






  駅前に花屋ケーキ屋となりあひ硝子の内にハレを商ふ


                   (角川「短歌」3月号 公募短歌館 春日真木子選 佳作)  

    





投稿は現在、月刊誌(角川)「短歌」の公募短歌館に、
出せる詠草があるときだけ投稿しています。

上の2首とも、「短歌人」の月例詠草で採られなかったものでした。
(ちなみに「駅前に」の歌は、12月東京歌会での題詠「駅」で、提出しなかった方の歌です)

ボツになった歌を、推敲して又はそのまま、投稿用にしますが
1度に4首送るので、なかなか毎月とはいかず・・・

実際、上の2首も・・・
提出4首で選者4名×特選・秀逸・佳作の三段階中、
なんとかお一人の選者の方にぎりぎり採っていただけた、というところ。



・・・並べてみたら、歌のつくりがおんなじじゃん。。ワンパターン。。。



凡才ワタクシ・・・

現在これで、いっぱいいっぱいでございます。。。



短歌・俳句 | trackback(0) | comment(4) |


<<ひさびさの4コマです・・・ | TOP | 「短歌人」3月号詠草>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

いえいえ、まだまだいっぱいじゃありません。

頑張ってくださいね。応援しています。

2009/03/03 19:52 | さすらいのあだやま [ 編集 ]


 

>・・・並べてみたら、歌のつくりがおんなじじゃん。。ワンパターン。。。

と気付くことが、すでにすごい。
わたし、気付かない^^;

短歌公募館の佳作は、短歌研究詠草の佳作と違ってマジ佳作ですから!
わたし2年余り投稿し続けて、数回です。

鈴雨さんの歌はキレがあると思います。
それに、月例詠草は上限がありますから、採られなかった歌が、ボツ歌ではないと思います。

k池氏によると、s井佑子氏の歌など、頭から佳作なので、後ろのほうの歌を掲載できないことが、いつももったいないと思っていらっしゃったとか…。

2009/03/03 21:53 | 文 [ 編集 ]


 

こんばんは。3月号の公募短歌館は投稿4首すべて討ち死にいたしましたtamayaです。^^; かつてあの欄に投稿していたことがあり、しばし中断して(なぜ中断したかという話は長くなるので省略・・・)、最近また出すようになりました。ボツの時はずーっとボツだったこともありました。めげずに出していると拾ってもらえることもありました。
文さんの言われるように、あの欄の佳作は参加賞ではありませぬ。佳作1首拾われること自体価値あることと思います。
黒田英雄さんが、自信作の1首をあちこちでボツにされ続け、20何回目かの投稿で近藤芳美さんに拾ってもらった、近藤さんにはその一事をもって感謝しているという話を、ブログで何回か書かれていましたが、この歌はどうしても認めてほしいんだ、というような時は、そのぐらいの執念深さもあってよいのではないかと思います。そういう場合はボツの歌の使いまわしとは言わない。^^

2009/03/04 00:56 | tamaya [ 編集 ]


 

>あだにーさん

うう、、ありがとうござりまする。。
・・・なんか今回はシリアスでマトモすぎて調子狂いますが・・・(!?)
これからも見守っていてくださいね~♪


>文さん

わお!日本語入力できたのですね、うれしい~^^

「キレがある」なんて・・それも文さんから・・
元気出ました!
『短歌研究』も必読雑誌ですよね・・
と思いつつ、読むのも詠むのもそこまで手を伸ばす余裕のない私です・・・(--;

励ましのお言葉、ありがとうございます!胸に沁みまする~(;;)
めげずに継続していかねばと思います。


>tamayaさん

tamayaさんの作歌量にはいつも圧倒されております。
私など、月例詠草にはすでに題詠百首をごっそり使ってるわ(これがまた、会誌用の新しい作よりも採られるのです~(^^;)
毎月の送稿15首まで届かないわで、いつも欠乏症です(;;)
tamayaさんの余裕ある投稿とはレベルがちがうのでございます・・・。

とはいえ!
お言葉、励まされました!ありがとうございます!!

黒田さんのブログ(このところごぶさたしてました;)・・歌に対する真摯な姿勢というかストイックさが伝わってきて、いろいろ考えさせられます。
自分の歌にそこまでの思い入れをして、こだわりを持つくらい、真剣に歌と向き合え!ということですよね。
私もそれくらいの歌を詠めるようになれるように(まわりくどい;)亀のあゆみをつづけます~^^

2009/03/04 17:05 | すずぼん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/857-05a06991

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。