--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/03/12 (Thu) 月夜のドナドナ




     レッカー車に載れる車にわが乗りて月の川辺をゆくドナドナと




詳細は省略しますが。

昨日夜8時前。

燃料系のトラブル(私の名誉にかけて申しますが、ガス欠ではありゃあせん)により

共和橋下から水元方面へ、中川沿いを某ロードサービスのレッカー車に送られていったのは、

私とヴィッツちゃんです。



車と一緒にレッカーのお世話になるなんて、生まれて初めての体験。

本当は私はレッカー車の助手席に乗るべきだったのですが、

座席の高い車に乗るには、段差をクリアできそうもない。

ということで、不可抗力(なのか?)による珍道中。


ま、本心を言えば、レッカーの上に乗ってみたい!!!

という欲求を、うま~く実現させてしまった。ともいえますが。。。



左の低空にお月様。

右は眼下に光る川。

なんとも忘れがたい光景でございました。




しかし、実感しましたね。



ロードサービスという救助隊がいてくれて、よかった。

●●Fに入ってて(家族会員)、よかった。

故障地点がディーラーと程遠くない場所で、よかった。

ディーラーの閉店時間に間に合って、よかった。

携帯電話という文明の利器があって、よかった。(非常時は素直にそう思ってしまう)

携帯電話を携帯していて、よかった。

オットが連絡取り合える状況で、よかった。

携帯電話のバッテリーが足りていて、よかった。



あとは・・・


かわいいヴィッツちゃんが、早く元気になって戻ってくれますように。。。






*なおこの記事は、事情により予告なく削除する場合があります。



できごと・こばなし・雑感 | trackback(0) | comment(9) |


<<コメント欄設定変更しました | TOP | ふたりのあはひをみづはながるる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

速攻見つけてしもた(笑)
削除したらあかんでー。

それはいい経験をしました(^-^)
ほんま、なんでも経験やからなー。
歌もでけたし。


しかし、携帯のない時代、
どうやって待ち合わせとかしてたのか、
今では幕の(膜の?)かかった遠い世界…。
●●Fとかも、昔からあったけど、
どうしてたんだっけ?
公衆電話?ですよねー?たぶん。
そういえば、昔熊野古道のそばで座礁(私の名誉にかけていいますが、運転手はわたしじゃありません!)したとき、「圏外」でしばし呆然。近所の家の門を叩けど留守(というか、もしかして廃屋?)。やっとの思いで電話を借りている間に山から下りてきた樵のおっちゃんがたすけてくれたつけ…。

2009/03/12 18:35 | 禰子 [ 編集 ]


 

eheh,えへへ、わたしもメッケ!
しかし、ものすごい経験をしましたね。
レッカーに引かれたことないなぁ。

禰子ちゃまも、経験豊富ね^^

わたくし、もうすぐ、手を引かれるようになるでありませう。

ここに書き込むテクニックをメッケたよ♪

2009/03/12 19:54 | 文 [ 編集 ]


おおさっそくにおふたかた♪ 

>禰子たん

そうそう、昔は公衆電話がなければ民家、それがなかったらアウト?な感じだったよね~。

にしても、熊野古道で座礁とは!
さすが禰子たんは格がちがうで!!!(なんの?)
しかしその樵のおっちゃん、この世の者でしたんやろか?(関西弁は伝染弁;)

そうだわ、むかし私も樵の翁に助けられたんだった。
女二人北山杉を求めて京の山で遭難。
日は暮れてくるわ人はいないわ、深い深い杉林の中細々と続く道で、戻ろうか先へ行こうかと泣きそうになっていたところに、地下足袋の翁がどこからか音もなく現れ、方向を示して黙々と先を歩いてくれはった。
ほんの10分か20分か行った所で「あとはもう、すぐ町に出る」と言ったかどうか・・・
ただお礼を繰り返す私たちを残して、来た道をさっさと戻って行きなさった。。

そしてあっけなく市街に出ましてん。
いやしかし、私たちに合わせてくれたとはいえ、軽々と音もなく歩くあの速さは本当になにか別世界の人みたいだったなぁ。。

キコリって、なんか異次元へのキーワード?
・・とか思いたくなってしまう。


>文ねーさま

はは、、私すでに手を引かれるのは経験済みですが・・(^^;

レッカー、よかったですよ~♪
昼日中に環七を・・なんて状況だったら絶対乗らなかったと思いますが・・・意地でも座席に乗り込んだことでしょう。。

私も!書き込むテクわかりました!
文ねーさんときっとおんなじかも・・
うれしい~~(*^o^*)

2009/03/12 20:55 | すずぼん [ 編集 ]


 

ドナドナとな!?(笑)

なんともまぁ。滅多にない経験しましたねぇ!
まだそんな光景見たことないです。
見たかったなぁ。
そしたら、私も歌にしたかも(笑)

ご無事で何より。

2009/03/12 20:58 | みはる [ 編集 ]


 

おー!レッカーですか。。こりゃ大変でしたわねー。。。

しかし、ホント車って動かないと
ただの面倒くさい大きな物体と化してしまいますね。

JA○はすぐれもんですかねw


2009/03/12 22:04 | トム [ 編集 ]


 

おお、大難が小難でよかったよかった。(←これ、なくなった祖母の口癖でごさいました。^^)
昨日、たまたま阿佐ヶ谷駅前で、昔ながらにロープで引いてもらっている車を見かけました。引いてる方の車のブレーキランプがついたら、引かれてる方のドライバー、急いでブレーキ踏まないと追突しちゃいそう、でした。
レッカーってそんなおっかないものではない・・・んですよね? 「載れる」だもんね。なんせ車のことはよくわかりませぬので。自慢じゃありませんが、このトシになるまで救急車に乗ったこともありませぬ。いわんや霊柩車・・・^^;

2009/03/13 07:19 | tamaya [ 編集 ]


 

わはは、笑ろた、笑ろた(^^)/
ええ歌できましたやん??
情景がきっちり見えるええお歌ですがな~♪
きゃはははは

でも、少しの間は心細かったかな、とすると、子牛ちゃん可哀想でしたね。

あ、そのまま車ごと廃車処理で圧縮されてたら・・・ぞぞぞ~まさしくドナドナでしたね。
あ、先日古紙処理場で同様のいたましい事故が・・・
不謹慎な想像でした(;;)ごめんなさい(__)

2009/03/13 08:48 | よしこちゃん [ 編集 ]


ドナドナ 

私も、レッカーに引かれたことあります

ゴールデンウイーク真っ只中の

しかも、旅先の

しかも、高速道路上の

しかも、料金所目前のところで

車、止まりました

しかも、当時、J○○に入っていなかった為

かなりの料金を取られました

それを機に、J○○に入りましたが

あれから、十数年・・・

一度も、J○○のお世話になったことはないです・・・(-"-;A

2009/03/13 10:21 | のぼたん [ 編集 ]


正しくは「車積載型レッカー車」なんですよね… 

>みはるさん

もぉ~~やっぱりねーさんも駄洒落世代!^^

ありがとうございます。
しかしお見せしとうございました!
やんごとなきおかたのように手を振って。

また機会がありましたらぜひ!
・・というのは真っ赤な嘘です。非常事態はもういいです~(^^;


>トムさん

いやほんと、車は動かないと。

いまどきは保険にもロードサービス付いてますが、どうなんでしょう。
やはりJ●●が万全なんでしょうかね?


>tamayaさん

ありがとうございます、大難が小難でほんとよかったです~^^
しかし、いまどきロープで引かれるというのも珍しい風景ですね(^^;二次災害なければよいですが。。

そうそう、JAFに連絡したとき、オペレーターが「レッカー出しますので」と言っていたので疑問もなく「レッカー車」としたのですが、とりあえずエンジンかかって(すぐ止まるけど)積載できたので、私も乗っていられたんですよね。
レッカー移動だったらありえないことですよね。

でも歌に詠み込むには「積載型」と入れるのも無理があるし、ただの「積載車」では状況がわかりませんよね・・・
うーん。どうしましょう・・・

救急車、私も乗ったことないんですが、まぁ乗らずに済んで最後に霊柩車、ならいいのではないかと~(^^;


>よしこねーさん

ああ、心細かったのは、JAFさんが来てくれるまででした!
ドナドナ中はもう、うれしくておもしろくていい気分でした~♪(こんなんだから深い歌詠めへんのや;)

う、う、、不謹慎な想像の部分はスルーです。。。


>のぼたん

わぁ~~のぼたんも素敵な経験してたのね~♪(*^^*)
せっかくだから、そろそろまた何かやらかした方がさぁ♪(以下自粛)

まぁ保険みたいなものだよね・・・私は結婚して家族会員になっただけだけど。
数年前に自宅駐車場でバッテリー上がっちゃったことがあったから、2度目のご利用です!って両方私だ(^^;
まぁオットも、若い頃は助けられたことあるんじゃないかと思うけど~・・事故で。

ちなみに今回の車両運搬、15km以内だったので無料でした。
それを過ぎると1km600円って言ってたなぁ。よかったよ。。(^^;

2009/03/13 19:45 | すずぼん [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://hondasuzume.blog27.fc2.com/tb.php/861-97c2865a

| TOP |

プロフィール

本田鈴雨(ホンダスズメ)

Author:本田鈴雨(ホンダスズメ)
愛称:すずぼん(鈴凡)

昭和に生まれ育ちました。
ゆるゆると生きております。
本館「鈴雨のお宿」にも、
ぜひおいでくださいませ。
(リンク集からどうぞ。)

なお、土日祝日はPC休業日
とさせていただいております。
亀レスになりましたら、
なにとぞおゆるしを。m( _ _ )m

★スパム対策のため
コメントおよびURLの欄に
「http」を記入できない設定です。
リンク先をご記入いただく場合は
「h」を抜かし「ttp」以下を
コメント本文中に表記くださいませ。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

03  02  01  10  09  03  02  01  12  10  09  07  04  03  01  12  09  08  07  02  01  04  01  04  01  11  09  07  05  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。